BOTANISTルース ボタニカルスカルプセラム ストレートのシャンプー&トリートメントを成分解析と口コミで評価していきます!

BOTANISTルースシリーズは

の2タイプあります。

 

今回はストレートを解析していきますね。

 

その他、アウトバストリートメント2種
ー ルース ボタニカルインシャワーヘアセラム
ー ルース ボタニカルマルチオイル

もまとめて解析していきます!

 

最後にストレートとエアリーの違い、どっちが良いのかも解説します。

 

先に結論としては

なかなか良いシャンプー&トリートメントです。

シンプルな作りでスカルプ系っぽい感じです。

ただ、シンプル且つノンシリコンな分、仕上がりに物足りなさが残るかもしれません。

逆に、これで満足出来れば、敢えてシリコンイントリートメントを使う必要はないでしょう。

 

それでは成分解析からしていきますね!

 

 

当ブログおすすめシャンプー

■「haru kurokamiスカルプ

「薄毛&白髪ケア+毛髪補修」のオールマイティNO1!&リンス要らずの時短シャンプー


■「ハイビスカスヘアシャンプー

超低刺激で安心安全!なのにしっとり♪このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!


■「ラサーナプレミオ―ルシャンプー

超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!


■「ボタニスト プレミアムシャンプー

ダメージケアNO1!市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪


■「アンククロスシャンプー

美容室シャンプーNO1/香りでモテる♪


■「KAMIKAクリームシャンプー

大注目!クリームシャンプーならこれ1択


■「メデュラシャンプー

シャンプージプシーの終止符は…オーダーメイド

 

 



【最も老舗のシャンプー解析サイト】

読者様に支えられ開設から2023年で満8年

いつもご来訪頂きありがとうございます

これからも有意義な情報を執筆致しますので今後とも宜しくお願いします



【PICK UP】

harukurokami-more 



 

 

ボタニスト ルース ボタニカルスカルプセラムシャンプー ストレートの解析

botanistroothストレートシャンプーの成分解析

【成分】
 

水、ココイルメチルタウリンNa、グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ウコン根茎エキス、チョウジエキス、トウシキミ果実/種子油、コメヌカ油、スクワラン、加水分解ヒアルロン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ルイボスエキス、マヨラナ葉エキス、グリチルリチン酸2K、シラカンバ樹液、加水分解野菜タンパク、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解コラーゲンK、デシルグルコシド、セテアレス-60ミリスチルグリコール、コカミドMEA、DPG、BG、リンゴ酸、塩化Na、エタノール、メントール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

  • 490ml/1760円
  • 詰替400ml/1375円

ルース ボタニカルスカルプセラム「ストレート」シャンプーの成分解析をしていきます。

 

いつものようにシャンプーで一番大事な洗浄成分は以下↓↓

■成分をタップすると詳細が表示されます。

ココイルメチルタウリンNa
タウリン系|低刺激&適度な洗浄力
ラウラミドプロピルベタイン
ベタイン系|低洗浄力&低刺激
ラウロイルメチルアラニンNa
アミノ酸系|低刺激&適度な洗浄力
コカミドプロピルベタイン
ベタイン系|低洗浄力&低刺激
ココアンホ酢酸Na
アミノ酸系両性界面活性剤|低刺激&低洗浄力

※その他にも洗浄成分は配合されていますが、極小量なので割愛

その他の洗浄成分と比較してかなり多い割合で配合されている「ココイルメチルタウリンNa」の特徴が強く出る形になっていると思います。

つまり、低刺激且つ適度に洗浄力のある作りですね。

全体的な組み合わせもよく、良い洗浄成分群だと思います。

 

 

 

 


 

洗浄成分以外で特筆すべき成分は以下。

■瞬間的に毛髪内部補修出来る

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

別名「ペリセア」

1分ほどの短期間で毛髪内部に浸透吸着してダメージをケア。吸着するので湯洗いでは流されずに毛髪内部に残留するアミノ酸系の毛髪補修成分です。

■ハリコシ、毛髪のなめらかさ・まとまり、水分量アップ、、皮膚のダメージケア

アロマキフィオーガニックモイストシャインシャンプー配合成分「ペリセア」

■出典元:旭化成「ペリセアについて」

 

■本物の頭皮ケア成分

グリチルリチン酸2k

グリチルリチン酸2Kが、国の定めた一定量以上配合されたシャンプーは医薬部外品扱いになり「効果効能を謳って良くなります。」

グリチルリチン酸2kの効果効能としては「ふけ・かゆみ・炎症」に効きます。

今回の場合は化粧品としての配合ですので効果効能は謳えず、「頭皮環境を整える」成分という感じです。

一見いろいろな種類が配合されていると頭皮によさそうに感じる各種エキス類に対して、こちらが本当の頭皮ケア成分というイメージです。

(各種エキス類をいろいろ配合するのは、”本当の頭皮ケアのため”というよりはイメージ戦略の色合いが強いのでは?)

 

その他、

  • トウシキミ果実/種子油、コメヌカ油、スクワラン

などがキューティクルケアをしてくれますね。

 

 

シャンプーまとめ

シャンプーの成分解析をまとめると、

シンプルで結構良い作りです。

 

  • 洗浄成分は優秀
  • 頭皮も毛髪もシンプルにケア出来る。

という作りのやさしいスカルプシャンプーですね。


【当ブログおすすめシャンプー一覧】

■育毛ケア&毛髪補修が出来るオールマイティNO1!

&リンス要らずの時短シャンプー

「haru kurokamiスカルプシャンプー」


■超低刺激で安心安全!なのにしっとり落ち着く!

このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!

ハイビスカスヘアシャンプー


■ダメージケアNO1!

市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪

ボタニスト プレミアムシャンプー


■超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー
「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!

「ラサーナプレミオ―ルシャンプー」


■THE美容院シャンプーNO1

美容室帰りのツヤツヤサラサラ仕上がりに~

「アンククロスシャンプー」


■大注目!泡立たないクリームシャンプーならこれ1択

「KAMIKA(カミカ)クリームシャンプー」


■シャンプージプシーに終止符をうちたい!最後の手段は…オーダーメイドシャンプー

「メデュラシャンプー」

【1000円以内のおすすめ市販シャンプー】


 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ルース ボタニカルスカルプセラムトリートメント ストレートの解析

botanistroothストレートシャンプーの成分解析

【成分】

水、セタノール、イソペンチルジオール、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、コメヌカ油、ミリスチン酸オクチルドデシル、ベタイン、PPG-3カプリリルエーテル、シア脂、ウコン根茎エキス、チョウジエキス、トウシキミ果実/種子油、スクワラン、加水分解ヒアルロン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ルイボスエキス、マヨラナ葉エキス、グリチルリチン酸2K、(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ、加水分解コメタンパク、シラカンバ樹液、加水分解野菜タンパク、グルタミン酸、マカデミア種子油、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、パルミチン酸デキストリン、エチルヘキサン酸セチル、BG、グリセリン、ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エタノール、イソプロパノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

  • 490g/1760円
  • 詰替400g/1375円

ボタニスト ルース ボタニカルスカルプセラムトリートメント ストレートの成分解析は簡単に~

 

ノンシリコントリートメントです。

 

基本的には、シャンプーのように

  • ペリセア
  • グリチルリチン酸2K

などは同じく配合されているうえで、

 プラスアルファ

油性成分を多く配合することでまとまりを良くするような作りになっています。

 

ただ、ノンシリコンの分、仕上がりのまとまり感はどうなるかな?

 

というのが一つだけ懸念されますが、試してみてその点がクリアされるようでしたら悪いところはないので長く使っていけるトリートメントですね。

 

こちらもシャンプーと同様、シンプルでやさしい作りだなという印象です。

 

 

【当ブログおすすめシャンプー一覧】

■育毛ケア&毛髪補修が出来るオールマイティNO1!

&リンス要らずの時短シャンプー

「haru kurokamiスカルプシャンプー」


■超低刺激で安心安全!なのにしっとり落ち着く!

このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!

ハイビスカスヘアシャンプー


■ダメージケアNO1!

市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪

ボタニスト プレミアムシャンプー


■超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー
「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!

「ラサーナプレミオ―ルシャンプー」


■THE美容院シャンプーNO1

美容室帰りのツヤツヤサラサラ仕上がりに~

「アンククロスシャンプー」


■大注目!泡立たないクリームシャンプーならこれ1択

「KAMIKA(カミカ)クリームシャンプー」


■シャンプージプシーに終止符をうちたい!最後の手段は…オーダーメイドシャンプー

「メデュラシャンプー」

【1000円以内のおすすめ市販シャンプー】

 

【スポンサーリンク】

 

ボタニスト ルース ボタニカルインシャワーヘアセラムの成分解析

ボタニストルースヘアセラム成分解析

【成分】

水添ポリイソブテン、ジメチコン、ジメチコノール、コハク酸ジエチルヘキシル、ウコン根エキス、チョウジつぼみ油、トウシキミ果実/種子油、コメヌカ油、スクワラン、(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー、γ-ドコサラクトン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、香料

{80ml/1980円}

ボタニスト ルースシリーズのアウトバストリートメント2種も解析していきます。

 

まずは一つ目。

ボタニカルインシャワーヘアセラムの解析からです。

 

成分的には

最も多く配合されている「水添ポリイソブテン」はほぼシリコンの様な成分です。

それに続く2種「ジメチコン、ジメチコノール」はシリコンです。

 

つまり、ほとんどシリコン様成分とシリコンで作られてオイルです。

 

※美容製品に配合されるシリコン(正確にはシリコーン)はそもそもオイル状です。

※以前、シリコーンと正式な形で書くとよく「シリコンとシリコーンは違うものですか?」という質問が来たので一般的になじみのある”シリコン”と記載しています。

 

 

シリコン系以外で特徴的な成分は

■ドライヤーなどの熱に反応して毛髪補修をしてくれる持続型補修成分「γ-ドコサラクトン(エルカラクトン)」

エルカラクトンとは

ドライヤー、ヘアアイロンなどの熱により、毛髪と反応、結合して補修する植物由来(菜種)のヘアケア成分です。毛髪のキューティクルのめくれ上がりを改善し、「うねり」、「絡まり」、「まとまらない」、「ハリコシがない」などの加齢により増加する毛髪の様々な悩みを改善します。
毛髪と結合していることで、使用直後だけではなく、シャンプー等で洗い流した後でもこれらの毛髪改善効果が持続します。

出典元:日本精化

つまりお風呂上り乾かす前に使うことで、ドライヤーの熱に反応して”毛髪に吸着して防御&補修をしてくれる”優れものです。

 

taka

ちなみに高濃度シリコン処方だから悪いということは全然ありません

むしろ、シリコンオイルであるがゆえにベタベタせずにサラサラ仕上がりになります。

 

ただ、多くのアウトバストリートメントはほとんどこの作り(ほとんどシリコンオイルで出来ている)なので、

  • ボタニストが好き・香りが好きだから同じシリーズを使いたい

ならこちらを使えばいいし、

  • ほとんど同じ作りなら、もっと安いやつでいいや!

と思えば、ドラッグストアで販売している数百円のアウトバスオイルも似た作りのものが多いので、それを選択するのも有りかなと思います。

 

 

※ディスっているわけでは全くなく、もっと高い美容室専売オイルでも多くの製品は「ほとんどシリコンオイルで出来ている」ので、当美容室のお客様には上記の様に説明して「必ずしも美容室で購入する必要もないですよ」と説明しています。

 

一つだけ言うならば、美容室の高いシリコンオイルや、解析中のボタニストルースヘアセラムは、ほとんどシリコンオイルで出来ているうえで、毛髪補修成分なども加わっていることことに優位性はあると思います。

 

 

個人的には、ヘアオイルに2000円近く出すなら、まずはもっとグレードの高いシャンプー&トリートメントにお金をかけてあげて、ヘアオイルは数百円のものを使用した方が長い目で見た場合は良いのかなと思います。

 

BOTANISTで選ぶならプレミアムシリーズがあるので、シャンプー&トリートメントはそちらを選択して、アウトバスは数百円のものか、そもそも使わなくてもいいかも??

 

という手もありますよ♪

 

BOTANISTプレミアムの成分解析

 

【スポンサーリンク】

 

ボタニスト ルース ボタニカルマルチオイルの成分解析

ボタニストルースマルチオイル成分解析

【成分】

コメヌカ油、スクワラン、ウコン根エキス、チョウジつぼみ油、トウシキミ果実/種子油、トコフェロール、香料

{60ml/1980円}

最後にボタニスト ルース ボタニカルマルチオイルの成分解析もしていきます。

 

マルチオイルは「ボタニカルインシャワーヘアセラム」と違い、コメヌカ油などで作られているので「天然ヘアオイル」ですね。

というと、

 

お客様

天然オイル!?じゃあこっちの方が安心で良いものね♪

  • 天然
  • 自然(ナチュラル)
  • ボタニカル
  • オーガニック
  • 植物

などのワードに条件反射的に「こっちの方が良い!!」と飛びつく方がいらっしゃいますが、全然そんなことはありません。

 

例えば、コメヌカ油は酸化しづらいオイルですが、それでも人工オイルであるシリコンの方が酸化しづらいと思います。

よく言われる「成分安定性に優れている」というやつですね。

 

天然成分は、酸化することで化学変化を起こしやすく、酸化する前は「良い成分」だったはずが、酸化して「毒化」することもあるわけです。

 

人工的に作られている成分はそういうリスクが極力排除されるように作られているので「成分安定性に優れているんですね。」

つまり、「化学変化をしづらい」ということですね。

 

とても良い成分だけど、天然のままだと酸化して悪くなるから、科学的に合成して「その成分の良いところは残して、酸化しづらいように作成する」

 

と考えれば、「天然が良い」「合成は悪」とは一概には言えないと思っています。

 

と、話しはだいぶ脱線しましたが、もちろん天然成分や、ましてやコメヌカ油が悪いという話をしているわけではなく、むしろ天然オイルとしては酸化しづらいオイルだと思います。

 

ただ「天然とかボタニカルとかオーガニック」というシャンプーや化粧品を評価するうえでほとんど意味のない、消費者に「良さそう♪」とイメージさせるためのイメージ戦略に踊らされないでほしいなと思っています。

===========

ここから解析に戻ります。

 

最も多く配合されているのがコメヌカ油、というかほぼコメヌカ油で出来ているオイルだと思います。

※基本的に1%未満しか配合しないエキス類が3番目に記載されているので。

 

コメヌカ油は紫外線吸収能をもつオリザノールを含むので日焼け止めオイルなどのベース基剤に使われることもあるので、毛髪の日焼け対策にもなるかなと思います。

 

ちなみに、ほぼ天然オイルで出来ているオイルは好き嫌いがはっきり分かれます。

 

それは付ける量をちょっとでも間違えるとベタベタ・ギトギトになって、「何日か頭を洗っていない人」」の様になってしまいやすいからです。

 

逆に言えば超乾燥毛や、超剛毛で普通のヘアオイル(シリコンオイルのこと)では物足りない、という方には、ずっしりと重くなる天然オイルはおすすめとも言えますが・・・

 

正直美容師になって23年以上、天然オイルじゃないと対応できない毛髪には出会った記憶がありません。

 

そう考えると、イメージ的に「天然オイルを使いたい!」というこだわりがない限り、僕からはおすすめしません。

 

さらに言えば、天然オイルでギトギトな毛髪は、パーマなどのケミカルメニューに影響必須なので美容師的にはその点も天然オイルをお勧めしたくない理由だったりします汗

 

その点、シリコンオイルの優れているところは、付ける量を間違えてもベタベタになりづらく安定的にツヤツヤサラサラな仕上がりになれることです。

 

と、個人的にはあまりお勧めしない天然オイルですが、、、

「ボタニスト ルース ボタニカルマルチオイル」はアウトバスとしての利用だけでなく、「マルチ」と書かれているだけあって

  • シャンプー前の頭皮に塗布してマッサージするオイルとして
  • 手肌用ボディオイルとして

という使い方もあるので、そちらの目的で使用する分には良いのではないでしょうか。

 

いずれにせよ、マルチオイルでも、ヘアセラムでも、使用後はしっかりシャンプーをして除去してあげないと、取り切れていないオイルが日々積み重なっていき、毛髪コンディションの悪化を招くのでご注意くださいね。

 

※メイクをしっかりした後は、しっかりクレンジングしないと、メイク残りがある上から翌日さらにメイクを重ねていくと、お化粧もよれるし、肌も悪化していくし・・・と同じ感覚です。

オーガニックシャンプーの真実・本当におすすめのシャンプーとは?
【スポンサーリンク】

 

ボタニスト ルース ボタニカルスカルプセラム ストレートの口コミチェック

ボタニストルースストレートの口コミ

最後にボタニスト ルース ボタニカルスカルプセラム ストレートの口コミをアットコスメでチェックしていきます!

 

「588件中★5.8」

 

ノンシリコンシャンプー&トリートメントでこの評価なら高評価と言っていいのではないでしょうか。

 

口コミを見るとシャンプー&トリートメント共にノンシリコンでありながら

  • まとまりがある
  • 指通りが良い

 

そして、

  • デザインがおしゃれ
  • 香りが良い

と、実用的にも見栄え的にも評価が高いところは、さすが現在のシャンプー業界で一番乗っているボタニストシリーズなだけあるなという印象を受けました。

 

 

ボタニスト最高峰はボタニストプレミアム

ボタニストプレミアムの成分解析はこちら

 

■口コミサイトやSNSで口コミをチェック

 

【当ブログおすすめシャンプー一覧】

■育毛ケア&毛髪補修が出来るオールマイティNO1!

&リンス要らずの時短シャンプー

「haru kurokamiスカルプシャンプー」


■超低刺激で安心安全!なのにしっとり落ち着く!

このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!

ハイビスカスヘアシャンプー


■ダメージケアNO1!

市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪

ボタニスト プレミアムシャンプー


■超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー
「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!

「ラサーナプレミオ―ルシャンプー」


■THE美容院シャンプーNO1

美容室帰りのツヤツヤサラサラ仕上がりに~

「アンククロスシャンプー」


■大注目!泡立たないクリームシャンプーならこれ1択

「KAMIKA(カミカ)クリームシャンプー」


■シャンプージプシーに終止符をうちたい!最後の手段は…オーダーメイドシャンプー

「メデュラシャンプー」

【1000円以内のおすすめ市販シャンプー】

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

BOTANISTルース ボタニカルスカルプセラム ストレートの総合評価

ここまで

  • BOTANISTルース ボタニカルスカルプセラム ストレートシャンプー&トリートメント
  • ボタニスト ルース ボタニカルマルチオイル
  • ボタニスト ルース ボタニカルマルチオイル

を成分解析してきました。

 

シャンプー&トリートメントは、シンプルで且つ悪いところはほとんどないので、使ってみて問題なければ長く使い続けられる製品だと思います。

 

もし、物足りなさが残る場合、シンプルが故に

  • カラー・パーマダメージに対応をしきれていない。
  • クセや剛毛で広がる毛髪に対応しきれない

ということだったり、ノンシリコンによる仕上がりの低下が考えられます。

 

その場合は、同じボタニストシリーズであれば、その辺をすべて解消してくれるであろう「ボタニストプレミアム」、或いはその他、当サロンおすすめシャンプー辺りを選択いただけると良いと思います。

【当ブログおすすめシャンプー一覧】

■育毛ケア&毛髪補修が出来るオールマイティNO1!

&リンス要らずの時短シャンプー

「haru kurokamiスカルプシャンプー」


■超低刺激で安心安全!なのにしっとり落ち着く!

このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!

ハイビスカスヘアシャンプー


■ダメージケアNO1!

市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪

ボタニスト プレミアムシャンプー


■超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー
「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!

「ラサーナプレミオ―ルシャンプー」


■THE美容院シャンプーNO1

美容室帰りのツヤツヤサラサラ仕上がりに~

「アンククロスシャンプー」


■大注目!泡立たないクリームシャンプーならこれ1択

「KAMIKA(カミカ)クリームシャンプー」


■シャンプージプシーに終止符をうちたい!最後の手段は…オーダーメイドシャンプー

「メデュラシャンプー」

 

「ボタニスト ルース」ストレートとエアリーどっちがおすすめ!?  

ボタニストルース

  • ストレート
  • エアリー

どっちが良いでしょうか?

 

結論から言えばどっちでもいい。

 

正直大きな枠組みは大体同じです。

 

で、最後の仕上がりの部分で重めになっているか軽めになっているかの違いだけですね。

 

成分も含めて言うと

  • ストレートは、オイル成分が多めで重めに仕上がるので、つまりクセが若干伸びやすい
  • エアリーは、アミノ酸系成分などの保湿成分で軽めの仕上がりなので、軽い⇒フワフワ⇒エアリー

という感じですね。

 

ちなみに同じシリーズで何種類かある場合、比較対象は、そのシリーズの中でのことなので、

 

例えば、

■「Aシャンプー・Bシャンプー」それぞれ「サラサラ・しっとり」の2タイプがあった場合

 

A.Bそれぞれのブランドの中でのサラサラ、しっとり比較なので、

もしかしたらAのしっとりタイプよりも、Bのサラサラタイプの方が、「実はしっとり仕上がる」ということもあります。

 

それでいうとボタニストストレートは、ストレートという名称ですが、シンプル+ノンシリコンなので、他メーカーのしっとりタイプの方がストレート気味になりやすい可能性があったりします。

当ブログおすすめシャンプー

■「haru kurokamiスカルプ

「薄毛&白髪ケア+毛髪補修」のオールマイティNO1!&リンス要らずの時短シャンプー


■「ハイビスカスヘアシャンプー

超低刺激で安心安全!なのにしっとり♪このシャンプーが気に入ればこれ以上のシャンプーなし!


■「ラサーナプレミオ―ルシャンプー

超ハイダメージ(ブリーチ毛)にはシリコンシャンプー「シャンプー難民」の方にもおすすめ!!


■「ボタニスト プレミアムシャンプー

ダメージケアNO1!市販でも大人気!補修成分たっぷりでしっとりツヤツヤ♪


■「アンククロスシャンプー

美容室シャンプーNO1/香りでモテる♪


■「KAMIKAクリームシャンプー

大注目!クリームシャンプーならこれ1択


■「メデュラシャンプー

シャンプージプシーの終止符は…オーダーメイド

【1000円以内のおすすめ市販シャンプー】