松潤が「アミノでパープルのジュレーム」って叫んでるCMありましたよね。

あれから3年、リニューアルされて2018年の新作「ジュレームアミノ ディープモイスト」の成分解析です。

 

先に結論を書くと、相変わらず市販シャンプーとしてはお勧めのアミノ酸系シャンプーです<m(__)m>

 

taka

「アミノ酸系ノンシリコンシャンプー」×「シリコンイントリートメント」の組み合わせです。

ジュレームの公式サイトを確認すると、エクストラモイストがなくなってディープモイストが加わっていますので、名称を変更したみたいですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 ジュレームアミノ ディープモイストシャンプーの成分

水・ココイルグルタミン酸TEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・PPG-2コカミド・ココアンホ酢酸Na・グリセリン・PCA-Na・アスパラギン酸・アセチルグルタミン・アセチルグルタミン酸・アセチルヒドロキシプロリン・アラニン・アルギニン・イソロイシン・グリシルグリシン・グリシン・システイン・シトルリン・セリン・トレオニン・バリン・ヒスチジン・フェニルアラニン・プロリン・リシンHCl・加水分解コラーゲン・BG・EDTA-2Na・PCA・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・イソプロパノール・クエン酸・グリセリルグルコシド・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・スクワラン・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ラウリン酸PEG-2・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

 

ジュレームアミノ ディープモイストシャンプーの解析

それでは解析をしていきます。

  • 洗浄成分
  • 毛髪補修剤
  • アミノ酸成分

などに分けて見ていきます。

 

洗浄成分

いつもながら一番大事な洗浄成分から見ていきます。

成分 配合順 成分特徴
ココイルグルタミン酸TEA 2 アミノ酸系/低刺激・低洗浄/しっとり仕上がる
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 3 強洗浄力
コカミドプロピルベタイン 4 ベタイン系/低刺激・低洗浄
PPG-2コカミド 5 洗浄補助/起泡剤・増粘剤
ココアンホ酢酸Na 6 両性界面活性剤/低刺激・低洗浄

基本的には低洗浄系ベースで、それだけだと洗浄力が弱すぎるので「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」という洗浄力の強い成分でバランスを取っている感じです。

市販としては良い組み合わせの洗浄成分の組み合わせだと思います。

メイン洗浄成分がアミノ酸系ですので、「アミノを謳ってOKかな・・・」と思います。

 

ちなみに以前のジュレームアミノは洗浄力の強い「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」と洗浄力の弱い「コカミドプロピルベタイン」の順が逆でした。

今の方が強くなっているんですね・・・その心は・・・トリートメントのシリコン力が上がった!?

 

いつも言いますが、市販のトリートメントのツルツル感とかトゥルントゥルンとかってのは、シリコンを組み合わせて作られた質感です。

 

で、以前のジュレームアミノはトリートメントのシリコン感が控え目だったのでその分シャンプーの洗浄力も控え目でした。

 

逆に最近のジュレームアミノは、トリートメントのシリコン感が強まった分だけ、それを除去するためにシャンプーの洗浄力が上がったのかな・・・という感じです。

 

まあその分、仕上がりはツルツル・しっとり感が増したので、満足度は上がると思います。

 

いずれにせよ、市販では悪くない組み合わせの洗浄成分です。

 

毛髪補修成分について

では今度は毛髪補修成分についてみていきます。

【ペリセア=ジラウロイルグルタミン酸リシンNa】が配合!!

ペリセアは1分で髪の内部に吸着してダメージ補修をしてくれます。

しかも流しても、流れず毛髪内に残ってくれる次世代高機能化粧品原料です。

 

アミノ酸系成分について

メーカー説明では、「18種のアミノ酸の贅沢ケア。蓄積ダメージまで全方位補修」と書かれていますが、18種のアミノ酸は以下

アスパラギン酸・アセチルグルタミン・アセチルグルタミン酸・アセチルヒドロキシプロリン・アラニン・アルギニン・イソロイシン・グリシルグリシン・グリシン・システイン・シトルリン・セリン・トレオニン・バリン・ヒスチジン・フェニルアラニン・プロリン・リシンHCl

で、実際アミノ酸の配合で何が起きるかといえば・・・補修というよりは保湿かな・・・という感じです。

アミノ酸系成分で保湿力が向上します。

 

解析まとめ

ここまでをまとめると

  • 悪くない洗浄成分
  • 毛髪補修成分「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」が配合
  • 18種のアミノ酸系成分の保湿力

という感じで、市販のシャンプーもかなり頑張ってるな・・・。

と思わせるシャンプーですね。

 

と言っても、

あくまでも「市販シャンプーでは」ということは強調しておきますw

 

当然もっと良いシャンプーはごろごろありますが、大概お高めなので、もろもろの諸事情でそっちは購入できない人にとっては「市販の中ではこちらを使用した方がいいですよ」と言う消極的なおすすめであることはご了承くださいねm(__)m

「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

 

 
ジュレームアミノ
【メーカー】
 コーセー
 

 

 

防腐剤について

ここからはメインの解析とはちょっと外れた話を<m(__)m>

オーガニック好きとか、自然派を自認している方は、「これ防腐剤いっぱいだから危ないよ!!」とか言っちゃいますか?

「オーガニックって意味あると思います?」

 

Q:防腐剤がいっぱい入っていると危険?

A;no問題ですからね。

 

このジュレームアミノシャンプーで防腐剤って言ったら

フェノキシエタノール・プロピルパラベン・メチルパラベン・安息香酸Na

ですね。

 

「4つも入ってるじゃない(゜o゜)危ない危ない」

って思っちゃいますか?

 

違いますからね。

 

パラペンは、配合量が決められていて1%までになっています。

要は「1%までは安全にご使用できますよ。」ってことです。

でも、日本のメーカーはもっと全然少ない量しか配合しません。(安全大国ですので)

 

で、例えばパラペン1種類で防腐力を求めた場合よりも、各種パラペン(プロピルパラベン・メチルパラベンetc)やその他防腐剤を組み合わせた方が、1種類の時よりもトータルの防腐剤含有量は少ないのに効果は最大化できるんです!!

 

つまり、色んな種類の防腐剤を入れることでトータルの含有量は減らせるんです。

 

 

ですので

「防腐剤いっぱい入ってるからダメ!!」とか言ってる人みると

ちーん・・・((+_+))

 

こんなこと言うと、防腐剤フリー信者の人には、

「パラペンは環境ホルモンの疑いあるのよ!!危ないじゃない!!」

って言われそう・・・。

 

でもね、パラペンってそれぞれのパラペンの種類の中にも(例えばメチルパラペンとか)水溶性と油溶性があって、どっちか忘れちゃったんですが、どっちかに環境ホルモンの疑いがあるんですよね。

 

で、もう片方はnoリスクなんですよ。

 

つまり「問題なし。」

 

 

だからね、「環境ホルモンかも」って言われてる成分を使ってて、将来的にそれが確定した時に消費者に訴えられるかもしれないってリスク背負ってまで、危険性のあるパラペンを使うと思いますか?

 

使わないでしょう。

 

だから基本的には安全ですよってね。

 

ってこの話は某化粧原料メーカーの研究者兼社長さんに直接聞いた話なんですよね。

 

話がそれましたが、

ということでジュレームにいっぱい防腐剤の種類入ってますけど全然問題なし。

むしろ少ない配合量で防腐効果はバッチリなんで、逆に安心◎ですね♪。

 

============= 

ついでに、

★防腐剤のことも含め、無添加とはなんぞやっと疑問に思われた方はこちらが参考になります
「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

★オーガニックでもひどいシャンプーがありますよってことを証明するシャンプーがこちらww
「乳幼児&敏感肌向け?「モップ ペアシャンプー」のおすすめ度は?」

 

【スポンサーリンク】

 

最後に

ジュレームアミノにはこのディープモイストのほかに、モイスト&スムースもあり、そちらも良いシャンプーです。

「ジュレームアミノ モイスト&スムースシャンプーの成分解析と口コミレビュー」

 

さらにジュレームリラックスも良いシャンプーです。

「ジュレーム リラックス シャンプー (ソフト&モイスト)の成分解析(2017~)」

 

ですが、これらはどれも似たような作りのシャンプーです。

もし仮に上記のどれかを試したときに「合わないな」と感じたら、他のジュレームを試しても合わないと思います。

その場合は、僕が市販で良いと思うもう一つHIMAWARI(ひまわり)シャンプーを使ってみて下さいね!! 

※もちろん市販で探すならです。市販シャンプーの立ち位置はこちらをご一読くださいm(__)m
⇒「「市販のCMシャンプーのおすすめ度」」 

 

★市販にとらわれず・・・おすすめシャンプー&各シャンプー解析」一覧

 

 

※更新しました。

同じコーセーの中でジュレームアミノの上位種はオレオドール ボタニカル オイルリペアシャンプーです。

「オレオドール ボタニカル オイルリペアシャンプーの成分と解析」

 

最後に何度も言いますが「美容院ジプシー」から抜け出すためにはシャンプー選びも非常に重要。

シャンプー選び一つでカットやパーマの仕上がりに影響することもありますので。
(粗悪な洗浄成分のシャンプーを使った場合)

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

まあでも、「良いの使った方が良いのはわかってるんだけど高すぎてなぁ」って人は、とりあえずこのブログで紹介してる市販シャンプー(1000円以内でおすすめのもの)

か、

上記でちらっと出ましたが、今現在(2018,4月)僕がコスパNO1だと思っている

ハーブガーデン さくらの森シャンプー(2000円しますので安くはないですが(>_<))をお使い頂くことで、「美容院ジプシー」からの脱却に近づけるかもしれませんので、是非お試しください。

ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析

 
ジュレームアミノ
【メーカー】
 コーセー
 
 

◆市販シャンプーの立ち位置をご理解下さい。まずはこちらを一読⇒
「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

◆シャンプーを選ぶときのコストの基準はこちら
「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?」

 

===========

コーセー「ジュレームシリーズ」解析一覧はこちら↓↓

コーセージュレームシリーズ成分解析・評価・口コミレビュー一覧

===========