ジュレームアミノシュープリーム

  • ベルベットメロウ(しっとりなめらか)
  • サテンスリーク(さらさら)

の成分解析&口コミ評価、ベルベットメロウとサテンスリークの違いも検証していきますね。

 

元々ジュレームアミノシリーズは当ブログの1000円未満のおすすめシャンプーの一つです。

 

今回のジュレームアミノシュープリームはなんと!!

1320円!!

強気の価格設定ですね(゜o゜)

 

ジュレームシリーズは今まで全シリーズ1000円未満だったので、それらとどう違うのかも気になるところですね!

 

それでは成分解析をしていきましょう!

 

■ジュレームアミノシュープリームは、「ベルベットメロウ」「サテンスリーク」共に、「ノンシリコンシャンプー×高濃度シリコントリートメント」です。

 

ジュレームアミノシュープリーム公式

 

■松潤のCMが印象的

ジュレームシリーズの成分解析&口コミ一覧

 

【スポンサーリンク】

 

ジュレームアミノシュープリームの成分解析

それでは、ジュレームアミノシュープリーム

  • ベルベットメロウ
  • サテンスリーク

の成分解析と違いについて検証していきます。

 

と、その前に一番コアな成分について…

「エクトイン」とは?ジュレームアミノシュープリーム全製品共通成分

ジュレームアミノシュープリームのエクトインとは?

成分解析をする前に先に「エクトイン」という成分について。

 

エクトインは、今回のジュレームアミノシュープリームの「ウリの成分」で、

  • ベルベットメロウ
  • サテンスリーク

のシャンプー&トリートメント共通で配合されている成分です。

 

今話題のエクトインとはどのような成分なのでしょうか?

エクトインとは

エクトインは温度変化・紫外線・塩濃度および乾燥といった過酷な生育環境である砂漠(エジプト)の塩湖に生息する微生物(学名Halomonas elongata)を由来とする環状アミノ酸。塩や温度のストレスに対する耐性があり、紫外線や乾燥のようなストレスから皮膚を守る働きを持つといわれています。

■出典:ポーラ化成工業株式会社

  • お肌には、超保湿成分で肌を守る効果がとても高い成分
  • 毛髪には、毛髪内部ケラチン補修

という効果がある成分です。

 

特に毛髪補修効果は注目すべき部分で

エクトインは、毛髪ケラチンが損傷を受けた部分に有効に作用すると推測され、損傷を受けた毛髪に対し毛髪強化効果を発揮する。更に、そうした毛髪に対するエクトインの結合状態は安定していると推測され、毛髪強化効果の持続性も良好である。特に、この毛髪強化剤を含有した毛髪化粧料組成物は、染色された毛髪に対して適用しても、その色が退色する等の影響を与えにくく、そうした毛髪の損傷に対し、毛髪強化効果及びその持続性を十分に発揮することができる。 

■出典:毛髪強化剤、該毛髪強化剤を含有する毛髪化粧料組成物およびそれを用いた毛髪強化方法

つまり

  • 毛髪内部のケラチンの損傷を補修&持続力がある
  • 褪色防止になる

という効果があります。

 

さらに…

窒素含有重合体は、エクトインとの相乗効果により毛髪強化効果を更に向上させるとともに、持続性を向上させるため、毛髪強化剤の有効成分であるエクトインに加えて毛髪化粧料組成物に含有させることが好ましい。

毛髪強化剤の有効成分であるエクトインとともに含有させることで、窒素含有重合体が皮膜形成能を十分に発揮すると推測され、毛髪強化効果の持続性がより発揮される。

■出典:毛髪強化剤、該毛髪強化剤を含有する毛髪化粧料組成物およびそれを用いた毛髪強化方法

窒素含有重合体を加えると相乗効果が期待できるよ!

その相乗効果とは、表面を十分被膜することで、毛髪内部に浸透したエクトインが流出しづらくなり、持続性がさらに上がるよ。

 

ということですね。

 

ジュレームアミノシュークリームは、トリートメントに窒素含有重合体の1種である「シリコン:アモジメチコン」が配合されています。

 

ということで「エクトイン」は

  • かなり優れた保湿力
  • かなり優れた毛髪補修(ハリコシ系)

と、超保水と毛髪補修の両方に優れた「オールインワン」な新規機能性成分です。

 

それでは、シリーズ全てに「エクトイン」を配合しているジュレームアミノシュープリームの成分解析と口コミをチェックしていきます!

 

ベルベットメロウシャンプーの成分解析

ジュレームアミノシュープリームベルベットメロウシャンプーの成分解析

それではジュレームアミノシュープリーム ベルベットメロウ(しっとりなめらか)シャンプーの成分解析からしていきます!

【成分】

水・ラウロイルメチルアラニンTEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・PPG-2コカミド・ココイルメチルタウリンNa・ラウリルベタイン・ココイルグルタミン酸TEA・エタノール・グリセリン・アスパラギン酸・アマモエキス・エクトイン・グリコシルトレハロース・ハマナス花エキス・腐植土抽出物・BG・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・クエン酸・グリセリルグルコシド・ピロ亜硫酸Na・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ラウロイルサルコシンNa・塩化Na・加水分解水添デンプン・炭酸水素Na・フェノキシエタノール・安息香酸Na・香料

シャンプーで一番大事な洗浄成分、メインどころは以下

※成分をタップすると特徴が表示されます。

ラウロイルメチルアラニンTEA
アミノ酸系|低刺激&適度な洗浄力
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
やや刺激&強洗浄力
コカミドプロピルベタイン
ベタイン系|低刺激&低洗浄力

ラウロイルメチルアラニンTEAベースなのでアミノ酸系洗浄成分ですが、組み合わせ的には低刺激だけど結構洗浄力は強くなっています。

 

「ベルベットメロウはしっとりタイプなのに洗浄力が強い」

 

その心は…

トリートメントの油性成分やコーティング力が濃いことで「しっとりタイプ」と銘打っているので、それらをしっかり除去するために洗浄力が強くなった

という感じですね。

 

 

そして全成分共通の「エクトイン」

 

それ以外には保湿成分

  • グリセリン
  • アマモエキス
  • グリコシルトレハロース
  • グリセリルグルコシド

 

頭皮ケア成分のフルボ酸(腐植土抽出物)が特徴的な成分です。

 

ということでジュレームアミノシュープリームシャンプーの成分解析をまとめると

  • アミノ酸系シャンプーながら洗浄力は強め
  • 毛髪補修&保湿に優れている
  • 退色防止効果がある

というシャンプーです。

 

ちょっと洗浄力が強めなので軋むのかな?と口コミをチェックすると「軋む」というキーワードは見かけないので、なかなかバランスよく作られているんでしょうね。

 

なかなかおすすめできるシャンプーではないでしょうか。

ベルベットメロウトリートメントの成分解析

トリートメントは簡単に…

【成分】

水・ジメチコン・グリセリン・セテアリルアルコール・ベヘニルアルコール・エチルヘキサン酸セチル・ベヘントリモニウムクロリド・水添ヤシ油・ジステアリルジモニウムクロリド・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク・アマモエキス・アルギニン・イソロイシン・エクトイン・グリコシルトレハロース・グリシン・システイン・シトルリン・セリン・ハマナス花エキス・バリン・ヒスチジン・プロリン・リシンHCl・腐植土抽出物・BG・EDTA-2Na・アモジメチコン・イソプロパノール・エタノール・オリーブ脂肪酸エチル・グリセリルグルコシド・ステアリン酸グリセリル・ピロ亜硫酸Na・加水分解水添デンプン・水添パーム油・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料

まずは、ドドン!!と

「シリコン;ジメチコン」が最も多く配合されています。

そして2番目に多いのがグリセリン

 

もうこの2つで、

  • がっつり被膜コーティング
  • 保水力

をキープできるので、しっとりタイプ!という感じです。

 

シャンプーの洗浄力が強いのは、「これらの油分をしっかり除去する必要があったから」ということがよくわかりますね。

 

そして全成分共通の「エクトイン」+「シリコン:アモジメチコン」の組み合わせで「毛髪補修」+さらに被膜力がアップします。

 

ここまででかなりのコーティング力なので、相当まとまりは良いだろうな…と予想されます。

 

その他の特徴的な成分は


■(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シリコンとシルクの特徴を併せ持ったダメージ部を選択して吸着するキューティクル補修成分。脆くなった毛髪の強度を回復させ、さらっと軽い感触に仕上げます。


 

他には、

■各種アミノ酸・アマモエキス・グリコシルトレハロース・グリセリルグルコシドによる保湿効果

■フルボ酸による頭皮ケア効果(トリートメントは頭皮につけないのであまり関係ありませんが)

などです。

 

トリートメントの解析をまとめると、

  • かなりのコーティング力
  • 毛髪内部補修(ハリコシ)
  • キューティクル補修(サラサラ)
  • 各種保湿

と、仕上がりは相当いい感じになるのでは…という感じです。

実際口コミはかなり良さそうですね。

 

ただ繰り返しますが、これだけトリートメントのコーティング力が強いということは、それを除去するためにシャンプーの洗浄力が強くなり、結果毛髪の負担になるのでは??(厚塗りメイクを除去するのに肌に負担になるイメージです)

というのがちょっと気になりますが、市販製品の中ではジュレームアミノシュープリームベルベットメロウは中々おすすめなシャンプー&トリートメントです

 

【スポンサーリンク】

 

サテンスリーク(さらさら)シャンプーの成分解析

ジュレームアミノシュープリームサテンスリークシャンプーの成分解析

続いて、ジュレームアミノサテンスリーク(さらさら)シャンプーの成分解析をしていきます。

【成分】

水・ココイルグルタミン酸TEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・PPG-2コカミド・ココアンホ酢酸Na・グリセリン・アスパラギン酸・アマモエキス・エクトイン・グリコシルトレハロース・ハマナス花エキス・マルチトール・腐植土抽出物・BG・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・エタノール・クエン酸・グリセリルグルコシド・ココイルグリシンK・ポリクオタニウム-10・ラウロイルメチルアラニンTEA・加水分解水添デンプン・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

いつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分でメインどころは以下です。

 

※成分名をタップすると詳細が表示されます。

ココイルグルタミン酸TEA
アミノ酸系|低刺激&低洗浄力
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
やや刺激&強洗浄力
コカミドプロピルベタイン
ベタイン系|低刺激&低洗浄力

 

「アミノ酸系で低洗浄力のココイルグルタミン酸TEA」+「強洗浄力のオレフィン(c14-16)スルホン酸Na」という、旧来のジュレームアミノと同じ組み合わせになっています。

低・強の組み合わせでバランスの良い感じ。

適度に洗浄力がある感じですね。

 

後はベルベットメロウとほとんど同じで…

 

全成分共通の「エクトイン」

 

それ以外には保湿成分

  • グリセリン
  • アマモエキス
  • グリコシルトレハロース
  • グリセリルグルコシド

や頭皮ケア成分のフルボ酸(腐植土抽出物)が特徴的な成分です。

 

ということでジュレームアミノシュープリームサテンスリークシャンプーの成分解析をまとめると

  • アミノ酸系で適度な洗浄力
  • 毛髪補修&保湿に優れている
  • 退色防止効果がある

というシャンプーです。

 

口コミをチェックしてもあまり「軋み」というキーワードはないので洗いあがりもよさそうですね。

 

なかなかおすすめできるシャンプーではないでしょうか。

 

サテンスリークトリートメントの成分解析

続いて、ジュレームアミノシュープリームサテンスリーク(さらさら)トリートメントの成分解析も簡単に。

【成分】

水・ジメチコン・セテアリルアルコール・エチルヘキサン酸セチル・ベヘニルアルコール・ベヘントリモニウムクロリド・水添ヤシ油・ジステアリルジモニウムクロリド・グリセリン・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク・アマモエキス・アルギニン・イソロイシン・エクトイン・グリコシルトレハロース・グリシン・グルタミン酸・シトルリン・セリン・ハマナス花エキス・バリン・ヒスチジン・プロリン・リシンHCl・腐植土抽出物・BG・EDTA-2Na・アモジメチコン・イソプロパノール・エタノール・オリーブ脂肪酸エチル・グリセリルグルコシド・ジココジモニウムクロリド・ステアリン酸グリセリル・ステアルトリモニウムクロリド・セテス-20・ヒドロキシエチルセルロース・ポリクオタニウム-7・加水分解水添デンプン・水添パーム油・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

こちらもベルベットメロウ(しっとり)と同じように、最も高濃度に配合されているのが「シリコン:ジメチコン」。

次が「しっとりタイプ」のベルベットメロウだと、グリセリンなのですが、サラサラタイプのサテンスリークはグリセリンは9番目の配合。

 

この差が「しっとりタイプ」と「サラサラタイプ」の差かな…と思います。

 

そして、その分だけシャンプーの洗浄力がサラサラタイプのサテンスリークの方が少し弱めになっているんですね。(美容師的にはこっちの方が好き)

 

以下、それ以外の成分は、ほぼベルベットメロウと同じです。


全成分共通の「エクトイン」+「シリコン:アモジメチコン」の組み合わせで「毛髪補修」+さらに被膜力がアップします。

 

その他の特徴的な成分は


■(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シリコンとシルクの特徴を併せ持ったダメージ部を選択して吸着するキューティクル補修成分。脆くなった毛髪の強度を回復させさらっと軽い感触に仕上げます。


 

他には、

■各種アミノ酸・アマモエキス・グリコシルトレハロース・グリセリルグルコシドによる保湿効果

■フルボ酸による頭皮ケア効果(トリートメントは頭皮につけないのであまり関係ありませんが)

などです。

 

トリートメントの解析をまとめると、

  • かなりのコーティング力
  • 毛髪内部補修(ハリコシ)
  • キューティクル補修(サラサラ)
  • 各種保湿

と、ここまではベルベットメロウと同じ。

 

で、グルセリン濃度が少ない分だけサラサラ気味…ですね。

 

【注意】

サラサラタイプと言っても、高濃度シリコン処方です。なので、ジュレームアミノシュープリームの2種の中での「サラサラ」と「しっとり」の違いなだけで、他のブランドと比べればどちらもしっとりタイプです。

 

しっとりさせたいけど、「ベルベットメロウを試したらしっとりしすぎた」という場合にサテンスリークにするといいのではないでしょうか。

 

一般的に口コミではよりしっとりタイプの方が評価が高い傾向があります。で、アットコスメの口コミを見るとやはりしっとりタイプのベルベットメロウの方が若干口コミ評価は良いですね。(サテンスリークも高評価です)

 

いずれにせよ「仕上がりのツルツルサラサラ感」は良い感じだと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ジュレームアミノシュープリーム「ベルベットメロウ」「サテンスリーク」の違いは?

ジュレームアミノシュープリームの

  • ベルベットメロウ(しっとり)
  • サテンスリーク(さらさら)

の違いをご案内していきます。


■ベルベットメロウは、トリートメントのしっとり感が強い(グリセリン濃度が濃く油分が多い)、その分シャンプーの洗浄力が強くなっている。

その結果、口コミ上は評価が上がりやすいが、ハイダメージ毛などはもう少しやさしく洗いたいので、「ノンダメージ~ややダメージがある」くらいの人におすすめ。


■サテンスリークは、トリートメントのしっとり感(グリセリン濃度)がベルベットメロウに比べて穏やかな分だけ、シャンプーの洗浄力も少し穏やか。

その結果、ハイダメージ毛にもお勧めできます。


美容師的感覚では、サテンスリークくらいの作りの方が好印象です。

 

ジュレームアミノシュープリームの口コミ評価

最後にジュレームアミノシュープリームのアットコスメ上の口コミを評価していきます。


ベルベットメロウ

ジュレームアミノシュープリームベルベットメロウのアットコスメの口コミ

口コミ48件中「★5.6」


サテンスリーク

ジュレームアミノシュープリームサテンスリークのアットコスメの口コミ

口コミ45件中「★5.3」


どちらも良いですね♪

 

■2種を両方使用した人の口コミ

サテンスリークと使い比べるために10mlのを購入し、2回使った感想です。
香りはサテンスリークと同じで、大人っぽい花の香りです。個人的には好きな香りでした。
ブロー後の仕上がりはサテンスリークよりもしっとりしています。ちゃんと使い心地が違っていてすごい!と感動。
ベルベットメロウの方が「使った!」という感じがして好きです。
髪が多め・硬めで広がるタイプの人はこっちの方が気に入るんじゃないかなと思いました。

非常にわかりやすいですね!!

やはり、ベルベットメロウの方が仕上がりのしっとり感は強いようです。

ポイントは

ベルベットメロウの方が「使った!」という感じがして好きです。

コレです。

 

これこそまさに先ほど書いた、同一シリーズで「しっとり」と「サラサラ」がある場合に、しっとりの方が評価が上がるポイントです。

 

しっとりタイプの方が油分が多くなり被膜力が上がるので「使った=纏った」感が上がるんですよね。

ですが、その分洗浄力も上がるので、美容師的な感覚ではサラサラタイプの方が洗浄力が穏やかなので好みなんですけどね…感触が大事な消費者と毛髪への負担を気にする美容師との感覚の違いだと思います。

(偉そうなことを言いたいわけではなく、パーマやカラー施術するときに少しでも毛髪ダメージがない方が良いので、仕上がり感よりも負担感をメインに考えてしまうんですよね。)

 


他の口コミはイメージ通り

■両タイプとも、「シャンプー後の軋みがない」というコメントが多い(もちろん人によって軋むという意見もありますが少数派です)

■それぞれの仕上がりは、ベルベットメロウはしっとり。サテンスリークはさらツヤ。とメーカーの狙い通りの仕上がりコメントが多い

■香りは両タイプとも同じ「ローズ&ジャスミン」の香り。香りの良さ&持続性があり評判が良い。香りは強そうなのでほのかな香りを好む人には不向き。

という感じですね。

 

いずれにしてもなかなか評判が良いので、市販シャンプー&トリートメントで製品を探しているのなら試してみても良いですね。

【そのほかの口コミもチェック】

Twitter

Instagram

LIPS COSME

 

 

ジュレームアミノシュープリームのまとめ

ここまでジュレームアミノシュープリーム

  • ベルベットメロウ
  • サテンスリーク

の「成分解析&口コミ&2種の違い」を見てきました。

 

ここまでをまとめると…どちらも高評価です。

 

メーカーの狙い通り

  • ベルベットメロウはしっとり
  • サテンスリークはサラサラ

も表現できているようです。

 

個人的にはしっとり系はトリートメントの被膜力が上がる分、洗浄力が上がってしまうので、サラサラタイプのサテンスリークの作りの方が好きです。

サテンスリークも2種の比較ではサラサラタイプなだけで、一般的なシャンプーと比較すればしっとりタイプですしね。

 

市販製品としては1320円と高めの設定ですが、「試してみてもいいのでは?」と思います。

 

従来のジュレームアミノとの違いは?

「従来のジュレームアミノ」と「今回のジュレームアミノシュープリーム」の違いについて最後に簡単に。

 

個人的な見解ですが、仕上がり感(シリコン感)はほとんど変わらないのでは、と思います。

 

違いはシュープリームで初登場した「エクトインの有無」くらいではないでしょうか?

 

エクトインはそれだけ高価格原料なのかな…?

 

従来品と約300円程価格差がある割には、そこまで大きな差は感じないので、

  • 価格的に迷っているなら従来品。
  • ほんのわずかでもいい方を使いたいならシュープリーム

という感じですかね。

 

まあお値段よりも、なるべくいいものを使いたいならそもそもこれじゃない感もありますが…

当ブログおすすめシャンプー

■コスパNO1シャンプー

「ハーブガーデンさくらの森」


■育毛シャンプーNO1&リンス要らずの時短シャンプー

「haru kurokamiスカルプ」


■THE美容院シャンプーNO1

「アンククロス」


■ダメージケアNO1

「ラスティーク」


■大注目!泡立たないクリームシャンプーならこれ1択

「KAMIKA(カミカ)」


■シャンプージプシーに終止符をうちたい!最後の手段は…オーダーメイドシャンプー

「メデュラ」

【1500円前後の市販シャンプー一覧】

【1000円以内のおすすめ市販シャンプー】

ジュレームシリーズの成分解析&口コミ一覧

 

各種おすすめシャンプーランキング

市販込!女性に人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング|成分解析順に評価!

美容師おすすめ育毛(スカルプ)シャンプーランキング!ハゲたくない人必見!!

市販込|ノンシリコンシャンプーランキング|アミノ酸系などタイプ別に厳選!

市販込み|シャンプー・トリートメント共にノンシリコンのおすすめランキング

【女性】市販込!頭皮のニオイにおすすめシャンプーランキング(実はアミノ酸じゃない!)

女性用|良い香りでモテる!香り別おすすめシャンプー(市販~サロン専売品まで)

【女性用】白髪予防シャンプーおすすめランキング!成分・効果面から徹底評価

市販込|ヘアカラー・パーマのダメージの違い別おすすめ補修シャンプーランキング

市販込|無添加シャンプーおすすめランキング|美容師が無添加のウソ暴きます

ヘアカラーの色落ち(退色・褪色)防止!色持ちにおすすめシャンプーランキング

オーガニックシャンプーおすすめランキング|誰も言わないオーガニックの真実公開中

市販込|薬用(医薬部外品)シャンプーおすすめランキング|薄毛・フケかゆみに効果的?

アトピー・敏感肌・乾燥肌の肌が弱い人におすすめの低刺激なシャンプーはコレ!

乾燥で頭皮カサカサ|乾燥によるフケ・かゆみにおすすめのシャンプーランキング

おすすめクリームシャンプーランキング|解析&口コミ評価順

男女兼用|ドラッグストアの市販育毛(スカルプ)シャンプーでおすすめは?

ラウロイルメチルアラニンNa系おすすめアミノ酸シャンプーランキング

美容師厳選!芸能人は出演しているCMシャンプーおすすめランキング

 

 

 

【ジュレームアミノシュープリーム】

Amazon

楽天

ヤフーショッピング

ビックカメラ

LOHACO