• 頭皮が乾燥する
  • 頭皮がかゆい
  • フケが出る
  • アレルギー体質
  • アトピー体質

 

だから、「低刺激で頭皮にやさしい無添加シャンプーを使いたい」という方や、

 

  • 添加物には発がん物質があるので怖い

 

だから「安心安全な無添加シャンプー」を使いたい。

 

このような方々はネット上で「お勧めの無添加シャンプー」をググってみたり、「低価格の市販シャンプーにもおすすめの無添加シャンプーはあるのかな??」とドラッグストアや東急ハンズに行ってみたり・・・。

 

実は、ほとんどのサイトやメーカーさんの無添加シャンプーについての説明は「自分達の都合がいいように歪曲してあります!」

 

そしてその歪曲された情報をさらに美容師やブロガーさんたちが「本当だと信じて」広めていくことで、メーカーにとって都合がいいように「無添加シャンプーの意味」が操作されている印象があります。

 

このブログでは、ホンモノの美容師のプライドとして歪曲を一切せず、「無添加シャンプーの真実」をお伝えしながら

「ドラッグストアで販売している市販シャンプー~美容院専売シャンプー」まで含めて、無添加シャンプーの中からおすすめできるシャンプーをご紹介していきます!

 

この記事は無添加シャンプーをたたいている記事ではなく、偽物の無添加シャンプーをあぶりだして、本当におすすめできる無添加シャンプーを紹介しています。

ですので、記事前半は無添加シャンプーの批判のような形で書かれていますが、最終的にホンモノのおすすめ無添加シャンプーをご紹介していますので安心してお読みください!!


無添加についてお伝えしたいことが多すぎて長文になっております。
 
すぐにおすすめ無添加シャンプーを知りたい人は以下をチェックしてください。
(記事の途中にも「おすすめ無添加シャンプー」へのリンクを何か所か設置してありますので、読み疲れたらリンクで飛んじゃってください!)

 

無添加シャンプーとは?

旧表示指定成分とは

 

お客様

無添加シャンプーは頭皮にやさしいおすすめのシャンプーですか?

 

taka

お勧めの無添加シャンプーもあるし、おすすめできない無添加シャンプーもあります。つまりモノによります

 

無添加とは「何も添加していない」という意味です。

 

そうなると無添加シャンプーとは、「シャンプーの本来の目的である洗浄するための成分以外何も配合されていない」ということになりますが、そのようなシャンプーは存在しません。

 

基本的に無添加シャンプーとは「各メーカー基準の”良くない成分”が無添加」であるときに、各メーカーの判断で無添加シャンプーと呼んでいます。

 

つまり「無添加シャンプー」の呼称には共通のルールはありません。

 

各メーカーの判断基準で「無添加シャンプー」と呼んでいるので、無添加シャンプーの中に「低刺激な無添加シャンプー」も「刺激の強い無添加シャンプー」もあります。

 

頭皮にやさしい本物の無添加シャンプーの探し方

毛髪補修成分とは??

 

無添加シャンプーの中に「低刺激な無添加シャンプー」も「刺激の強い無添加シャンプー」もある

 

と書きましたが、「低刺激な無添加シャンプー」を探す際、「どの成分が無添加か?」を調べることはそこまで重要ではありません!!

 

大事なのは「こだわりを感じられるシャンプーか」です。

 

なぜかというと、

アミノ酸系シャンプーで、毛髪補修成分や保湿成分・育毛成分がしっかり配合された「とてもこだわって作られたシャンプー」なら、

  • 本当に添加しない方がいい成分
  • 消費者の方がネガティブなイメージを持っている添加物

は、必然的にほとんど配合されていません。

 

「今は真実よりも、仮にデマでもネットで広まる情報が真実になってしまう時代」なので、こだわって作ったシャンプーに「本当は安全でもネット上にデマ情報があふれている成分」を配合すると、そのせいでシャンプーが売れなくなってしまいます!

 

ですので、こだわったシャンプーを作る場合「真実かどうかは関係なく、ネット上でたたかれている成分は配合しない」

しかも、本当は安全だと知っていてもその成分を「○○フリー」と宣伝してしまう・・・。

そんな現象が起きています。

 

もちろん、こだわって作ったシャンプーなので「本当に配合しない方がいい危険な成分」も無添加です。

 

つまり無添加シャンプーで探すよりも、普通に優れたシャンプーを探した方が、消費者の方が想像する「頭皮にやさしい低刺激な無添加シャンプー」に近い製品が見つかりますよ!

 

もうおすすめの無添加シャンプーを知りたい!!という方は以下をチェック!(後で記事も読みに来てくださいね<m(__)m>)

 

無添加シャンプーは何が無添加?

危険な成分を回避する最も簡単な方法

こだわりシャンプーでも「無添加シャンプー」と銘打っているシャンプーは多いですが、宣伝では何を無添加と謳っているのでしょうか?

 

大体多いのは

  • 旧表示指定成分無添加
  • シリコン無添加
  • 防腐剤無添加
  • 石油系洗浄成分無添加
  • 鉱物油無添加
  • 香料無添加

辺りでしょうか?

 

これらの成分は本当に無添加にしないといけないほど危険な成分なのでしょうか?

見ていきましょう!

 

以下では一つ一つの項目について「真実を暴いていきます」ので、結構長文です。興味のある項目だけ読みたい人は、以下リンクからお読みください。

 

旧表示指定成分は危険!?

旧表示指定成分とは

1980年に薬事法によって、

ごくまれに重篤なアレルギー等の皮膚トラブルを起こす恐れのある成分として製品への表示を義務づけられた102種類の成分(香料も含めると103種類)

で、元々「表示指定成分」と言われていました。

この当時は、今のように成分の全表示義務はなく、表示指定成分を配合した場合だけ

「表示指定成分:○○、○○」

と記載する義務がありました。

(食品で「卵が使われています」などと記載があるのと同じイメージです。)

しかし、2001年に化粧品は全成分表示が義務化され、表示指定成分だったものは全成分表に紛れて一緒に記載されるようになり、「表示指定成分」として明記する必要はなくなりました。

そのため今では『旧表示指定成分』と言われています。

「旧表示指定成分とは」

 

つまり、もともと表示指定成分とは「重篤な皮膚アレルギーを起こす人がいる成分だから気を付けてね」というニュアンスのもので、「発がん物質だから危ないよ!」というニュアンスで指定されたものではありません!!

 

ですが、この103種類の旧表示指定成分の中には、確かに実際に発がんや環境ホルモンの指摘がされているものもありますが、当然これらの成分はすでに使われなくなっています。

(ネット上で囁かれている発がん物質ではなく、本当に指摘されている発がん物質についての話です。)

 

その一方、1970年代までの精製技術が甘く、混ざってしまった不純物が悪さをしていただけで、1980年代以降の精製技術の向上とともに成分そのものは安全だと見直されてきた成分もあります。

 

例えば「セタノール」というトリートメントに使う油脂は、まさに1970年代の精製技術で混ざってしまった不純物によってトラブルを起こしただけで、現在その不純物は取り除かれていてセタノールそのものは安全成分なので、こだわりシャンプーメーカーのトリートメントに配合されていることもある成分です。

 

セタノール以外にもこのように安全性が確認されて、現在は広く使われている旧表示指定成分もあるんですよ。

 

つまり今の時代によく配合されている旧表示指定成分は、その成分に「重篤な皮膚アレルギー」を持っている人が気を付ければいいだけで、それ以外の人には安全な成分です。

 

 

それなのに「旧表示指定成分フリー」を謳うメーカーでは、消費者に「旧表示指定成分は基本的に危険な成分」と勘違いするようにミスリードしています。

 


しかも・・・

1980年に1回だけ指定成分を決めて以来、一度も改正されていないので、その後新しく化粧品成分として登録された数多の新原料の中に、仮に旧表示指定成分よりも「危険性のある成分」や「重篤な皮膚アレルギーを起こす成分」があっても見過ごされてきています。

(1980年当時よりも化粧品に利用できる成分は何倍も多くなっています)

 

つまり旧表示指定成分無添加という宣伝は、ほとんど意味がありません。

「旧表示指定成分とは」

 



 

シリコンは危険!?

シリコンは毛髪表面をコーティングするイメージのため、

  • 「頭皮の毛穴をふさいで薄毛などの原因になる」
  • 「カラーが染まらない・パーマがかからない」

と言われています。

 

それは事実なのでしょうか?

・・・

 

デマです!!

 

※ちなみに本当は美容で使われるものは「シリコン」ではなく「シリコーン」です。(記事を書き始めた当初の頃「シリコーン」と書くと、「シリコーンとはシリコンのことですか?」と問い合わせが来ることがしばしばあり、一般的に浸透している「シリコン」と書くようにしています。)

 

シリコンは「元々とあるシャンプーメーカーが仕掛けたネガティブキャンペーン(毛穴に詰まって薄毛になる)が消費者に受けて、10年以上「悪者扱い」が続いている成分」ですが、

実際は超安全素材です。

 

缶コーヒーにも配合されていたし、コンタクトレンズや豊胸手術でもシリコンが使われますよね。

(缶コーヒーは昨今のアンチシリコンブームにより、配合しなくなったようですね・・・低コストで超安全な素晴らしい素材なのに・・・)

 

シリコンは、

  • 「アレルギーを持っている人がほとんどいない」
  • 「成分安定性に優れ酸化をしない」

 

だから超安全素材なんですよ!

 

シリコンにはアレルギーリスクがない!?

かゆみの出るシャンプーはダメシャンプー

シリコンは「アレルギーを持っている人がほとんどいない」超安全成分です。

 

植物オイル(オーガニックオイル)が何種類も配合されているシャンプーは多いですが、アレルギー体質の人が多い昨今、それらの植物オイルのどれかにアレルギーを起こす可能性があります。

 

その点シリコンは、アレルギー体質の人がほとんどいないからコンタクトの素材にもなるほど安全なんですよ♪

 

シリコンは酸化をしない!?

シリコンは、人工的に加工されているおかげで、酸化をしない成分安定性に非常に優れた成分です。
 
  • 太陽にあたっても
  • ドライヤーの熱にも
  • 時間が経っても

化学変化を起こさない(酸化をしない)から超安全なんです♪

 

それに対して植物オイル(オーガニックオイル)は、「太陽、熱、時間」による酸化リスクがあるので、付けた直後は安全な成分でも、日中に化学変化を起こして「毒」になる可能性があるんですよ。

 

オーガニックオイルが肌(頭皮)の上で酸化すると、「肌が錆びる=老化(シミ・シワ)」になるので注意が必要です。

 

まさに「天然だから安全」の勘違いです。

そう思わせるようにメーカー側がミスリードをしているのが原因ですが・・・。

 

と言っても、

シャンプーや化粧品として製造されている時点で、植物オイルの酸化リスクは極力解消されているので、「シャンプーに植物オイルが配合されていると危険!!」という懸念はないのでご安心ください。
 
アレルギー体質の方は植物オイル(オーガニックオイル)が多数配合されているシャンプーにはお気を付けくださいね。

※天然100%のオイルを洗い流さないトリートメントの代用として毛髪につけている場合は、酸化リスクが高まりますのでご注意ください。

 

シリコンで薄毛になる!?

薄毛の坊主を目立たなくする方法

「シリコンが毛穴をふさいで薄毛になる」ことはありません!!

 

シリコンで薄毛になるなら、シリコン入りシャンプーで「ヒゲ、わき毛、すね毛」を洗ったら、少しづつ脱毛できるということですよね?

本当にそのようなことが起きると思いますか?

絶対にありませんよね。

 

さらに、シリコン入りシャンプーで薄毛になるなら、全体に薄くなるはずですが、基本的にハゲは「前頭部~頭頂部」だけが薄毛になります。

 

このことからわかるように、「シリコンで薄毛になることはありません!!」

「シリコンのせいで抜け毛・ハゲ・薄毛になる?」

 

【男性】

頭頂部ハゲは「AGA:男性型脱毛症」が原因です。

「男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)が原因?」

 

 

【女性】
 
女性は男性の様に頭頂部ハゲではなく、まんべんなく薄毛になる「びまん性脱毛症」の症状が起きますが、この原因も「AGA:男性型脱毛症」や、女性ホルモンなどの影響が大きいです。

「女性の薄毛/細毛の悩みは深いです。美容師おすすめの育毛対策教えます!!」

 

 

 

 

シリコンでカラーが染まらない!?パーマがかからない!?

毎日カラーやパーマ施術をしている美容師として「責任をもってお伝えします!」

シリコンが髪に付着していても、基本的には「カラーは染まるし、パーマもかかります!」

 

だってカラー剤にもパーマ液にもシリコン配合されているし・・・。

まさかその事実を知らない「メーカーに踊らされている美容師」はいませんよね・・・(皮肉)

 

※シリコンやオーガニックオイルが毛髪に何層にも重なりすぎているときには、カラーの染まりやパーマのかかりに影響が出ますが、レアケースです。
 

「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

ただのイメージですね。


 

ここまで読むとわかるように、シリコンは基本的には超安全な成分ですので、シリコン無添加という宣伝はあまり意味がありません。

 

シリコン入りシャンプーが懸念されているのは、シリコンが悪いのではなくて「ツルツルに仕上がるシリコンを入れて誤魔化さないといけないほど、シャンプーとしての質が悪い」という意味です。(超ハイダメージ毛用シャンプーではこだわってシリコンが配合されているシャンプーもあります。)

 

※最近のシャンプーにはシリコンが配合されているものはほとんどありません。

「ノンシリコンシャンプー」×「シリコンイントリートメント」の組み合わせが多いです。

 

 



 

防腐剤は危険?

危険な成分と言われたら疑ってみましょう!!

 

無添加シャンプーやオーガニックシャンプーで「合成防腐剤フリーやパラベンフリー」という謳い文句をよく見かけます。

合成防腐剤は配合されていると危険なのでしょうか?

 

合成防腐剤にはパラベン(メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベン、以下パラベンとのみ記載)やフェノキシエタノール等があります。

 

このうち特に「悪者」として扱われるパラベンに焦点を当てて見ていきます。

 

パラベンの刺激は強い!?

まずは結論から言うと

  • 合成防腐剤のパラベン
  • パラベンより低刺激と言われる合成防腐剤フェノキシエタノール
  • 無添加メーカーが防腐剤代わりに配合する成分(例えば「BG」「アルコール」「プロパンジオール」「ヒノキチオール」等)

など、防腐剤や防腐剤代わりに使われる成分すべてで同じことが言えますが、

「十分な防腐をする=抗菌・殺菌・静菌作用」ですので、少なからず刺激にはなります。(”あるか”ないか”で言えば”ある”だけで刺激自体はいずれにしてもあまり強くありません。)

 

例えば、低刺激と言われるBGは、BGだけで十分な防腐力を持たせようとすると製品に対して10%以上の配合が必要になります。

逆にパラベンは、同じように十分な防腐力を持たせるのに「0.015%~0・03%」で充分です。

 

このとき、

「パラベン0.03%」と「BG0.03%」を比較すれば、BGの方が圧倒的に低刺激

 

ですが、

その製品を防腐させるのに十分な量「パラベン0.03%」と「BG10%」を比較した場合、「実はパラベンの方が刺激性は低い!!」
 

と言われています!!

 

これはBGに限らず、ほかの成分でも同じことが言われています。

 

つまり、「パラベンよりも低刺激。」というのは、同じ濃度で比較した時に低刺激だというだけです。

それぞれ十分な防腐力を発揮する濃度で比較すれば、実はパラベンの方が低刺激ということもあるんですね。

 

しかもパラベンでも特に「メチルパラベン」は低刺激且つ少量でもしっかり防腐力が発揮される優れものです。

 

つまり!

 

taka

パラベン配合シャンプーを気を付けないといけない人は、実は「パラベンのアレルギーを持っている人だけ」なんです。

 

だってパラベンが旧表示指定成分になっているのは、「ごくまれに重篤なアレルギー反応を起こす人がいるから」ですので。

 

なので

  • パラベンにアレルギーを持っている人は注意してください。
  • パラベンにアレルギーがない人は、そこまで心配する必要はありません。

 

◆製薬会社や原料メーカーでもパラベンについて「安全」とアナウンスしているところがほとんどです。

パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)の安全性については数多くの試験が行われており、メチル・エチル・プロピル・ブチル等のエステルについては、その毒性の低いことが知られています。4種類のエステルをラットに0.9から1.2g/kg/日投与した場合、96週間の長期にわたっても中毒現象は何らみられませんでした。 また、犬に1.0g/kg/日を1年間投与しても、中毒現象は現れません。このいずれの場合でも、血液障害をはじめ腎臓・肝臓・心臓・肺臓・脾臓・膵臓などに病理的な変化はないことが明らかになっています。 一方、人体の皮膚に塗布した場合は、5%以下の濃度ではどのエステルも刺激を生じることはなく、反復塗布してもなんら悪影響はありません。このほか種々のテストの結果、パラオキシ安息香酸エステル類があらゆる分野で安全性に使用されえることが確認されています。

上野製薬株式会社「パラベンについて」


 

刺激性・頭皮への負担とアレルギー性は全く違う!!

モテ髪師義永大悟

防腐剤の話でもよく出てくるキーワード「刺激性」や「アレルギー」について少し触れておきます。

  • 刺激性がある
  • 頭皮への負担になる

ということと

  • アレルギー性がある

ということを、同じ意味にとらえている人が非常に多いです。

 

というか、わざとメーカーさんがミスリードをして消費者が勘違いしてくれるように仕向けているとも言えますが・・・。

これらの言葉は全く違う意味です。


イメージとしては

◆「刺激性がある」「頭皮への負担になる」というのは、”たわし”で頭皮をこすったら傷が出来るイメージ。

◆アレルギー性とは、優しくこすっても、それ自体にアレルギーを持っていれば、炎症を起こしたり腫れるなどの反応を起こすイメージ


 

こう考えると全く違う意味ですよね。

 

で、先ほどのパラベンの話で

それぞれ十分な防腐力を発揮するだけの濃度で比較した場合は、実はパラベンの方が低刺激ということもあるんですよ。

と書きましたが、それはまさにアレルギーではなく、「刺激や頭皮への負担面について」の話です。

 

●ゴリマッチョな人(刺激の強いパラベン)が、すごいやさしい力(極小の配合濃度)で頭皮をこする。
●ヒョロヒョロの人(低刺激な抗菌剤)が、渾身の力(濃い目の配合濃度)で頭皮をこする。
 
どちらの方が頭皮に刺激・負担があるかといえば、ヒョロヒョロの人が渾身の力で頭皮をこする方が「刺激がありそう」ですよね。

 

だから、ほんの少しの量で事足りるパラベンの方が刺激性でいえば安全ということになります。

 

 

taka

つまり「合成防腐剤無添加」という宣伝にはあまり意味がありません。

「安全・危険な防腐剤は?パラベン?プロバンジオール??」

 



 

石油系洗浄成分は危険??

石油系洗浄成分でよくやり玉に挙げられるのがラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naですね。

ここではラウレス硫酸Naをベースにしてお話を進めていきます。

 

まず結論から言うと、今現在石油由来のラウレス硫酸Naを利用しているメーカーさんはほぼ皆無なんだそうです。

 

taka

当ブログで何度も出てくる「化粧品製造&原料メーカー」の社長さんから伺った話です

その社長さん曰く、

ヤシ油からラウレス硫酸Naを抽出するよりも、石油(正確には廃油)からラウレス硫酸Naを抽出する方が不純物を取り除くための手間がかかるので「原料価格が高い」んだそうです(゜o゜)

 

そもそもその会社は原料卸もしていますが「石油由来のラウレス硫酸Naを卸すことはまずない。だから石油由来のラウレス硫酸Naが配合されているシャンプーはほとんど存在しない」と言っていました。

 

これが真実なんですよ!

 

しかもそもそもラウレス硫酸Naが石油由来だとしても、今の精製技術で抽出されているので安全です。

 

お客様

じゃあラウレス硫酸Naがメインで配合されていても良いのね♪

 

taka

そういうわけではありません!!

ラウレス硫酸Naは安全性には問題ありません。

しかし単純に洗浄力が強いので、それが負担になって、頭皮が乾燥したり、毛髪の絡まりにつながる可能性があるので、当ブログではラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naがメイン洗浄成分のシャンプーは、評価が低くなっています。

 

でも、決して「石油由来で危ないから」ではありません。

 



 

鉱物油は危険?

鉱物油は簡単に言えば、「石油由来の油」です。

代表的な成分に「ワセリン」「ミネラルオイル」等があります。

 

何度も同じような話になりますが、

1970年代以前は、石油(廃油)から鉱物油が抽出されるときに精製技術の甘さから不純物(廃油の一部)が混入し、それが原因で「肌にシミが出来たように黒くなる黒皮病」のトラブルが起きたことで、鉱物油が敬遠されましたが、それは過去の話。

 

現在は不純物の混ざらない純度の高いワセリンやミネラルオイルが基本ですので、危険性はありません。

 

むしろワセリンは敏感肌で乾燥している方の、乾燥防止(超保水力)用として病院で処方されますし、ミネラルオイルも子供用や赤ちゃん用の製品によく配合されているように非常に安全性の高い成分です。

全く心配する必要はありません。

 

無添加メーカーさんは、本当に危険だからではなく、「石油由来フリー」というキャッチーなワードを使いたいから「鉱物油」も「石油系洗浄成分」も除外しているんですね。

 



 

香料は危険?

香料に利用される500種類以上の成分の中には「発がん性・環境ホルモン」などが危険視されている成分や「重篤な皮膚アレルギーを起こす成分」があります。

 

しかしながら、「香料(香り)のブレンド」は企業秘密なので、香料の中にどのような成分がブレンドされているか我々消費者が知ることはできません。

 

ここで冒頭の話に戻りますが、

「無添加にこだわるよりも、こだわって作っているシャンプーを探した方がいい」

 

と言ったのはまさにこのことで、

 

「洗浄成分・毛髪補修剤・保湿剤・育毛成分」と完璧にこだわっているシャンプーメーカーが「香料ブレンドは公表する必要がないから、悪いもの入れちゃえ!!」とはならないと思います。

 

逆に市販のプチプラメーカーなどは、コストカット重視で安全性は低くても安い原料を調合する可能性が考えられます。

 

そう考えると、そもそも香料フリーを選択する手もありますが、それよりは「こだわりシャンプーメーカーの製品をチョイスする」方向が良いと思います。

 

「香料と書いているけど、その調合はすべて天然100%オイルで合成香料は使っていない」ということも多々あるので、「香料=危険」ではありませんよ。

 

 



ここまで

について説明してきましたが、どれも「安全性」や「シャンプーのやさしさ」において重要な要素ではないことがわかっていただけたと思います。

「発がん・環境ホルモン」或いは「刺激性」について、そこまで危惧する必要はないんですね。

 

アレルギー体質の人は、アレルギー成分には気を付けてくださいね。

 

 

 

合成成分よりも天然成分の方が安全?

 

「天然成分をなるべくチョイスしたい!合成成分は危険!!」というイメージを持っているけどそれって本当??
「天然成分でも合成成分でも安全なものも、そうじゃないものもあります」

無添加シャンプーの宣伝で「無添加」以外に、よく謳うのが「植物エキス」「天然100%」などの文言。

 

シリコンの項目でも話になりましたが、天然オイル(植物オイル)は、比較的酸化しやすいです。

肌に塗った天然オイルが、紫外線などの影響で酸化した場合、その酸化(サビ)が原因で肌にシミが出来るなどの悪影響が起きるときがあります。(酸化しづらい植物オイルも、酸化しやすい植物オイルもあります。)

 

逆に人工の油「シリコン」は、不活性で酸化しないので超安全素材です。

 


ほかにも、

不安定で酸化しやすいけど、非常に優れた機能を有する天然成分があるとします。

そのような成分を優れた機能面だけを残して、不安定で酸化しやすい欠点を修正したハイブリッドな合成原料が出来たとき、それは合成だから避けないと危険ですか??

そんなことないですよね?

天然成分のままだと危険だから、合成して安定性の高い安全な成分にしたんですよね。


 

このように「天然成分だから安全・合成成分だから危険」というのは、まやかしなんです。

 

勘違いしないでいただきたいのは「天然成分が危険」と言っているわけではありません。

 

化粧品成分登録されていて、現在世の中で広く使われている成分なら「天然でも合成でも」危険なものは基本的にはありません。

 

本物の無添加シャンプー!?SORAスカルプGOLDシャンプー

SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析

 

  • 現在どのシャンプーを利用しても「頭皮のトラブル」が解消しない。
  • どのシャンプーを利用してもアレルギーの様な症状が出て困っている。

 

という現在切実な悩みで無添加シャンプーを探している人のために、本物のおすすめ無添加シャンプーをご紹介します!


お客様

今現在大きなトラブルはないけど、毎日使うものだからなるべく安全で低刺激なものを使用したい!!安全なシャンプーはどれ!?

というスタンスで無添加シャンプーを探している人は、無添加シャンプーランキングをチェックしてください!


 

切実な悩みにおすすめの無添加シャンプーは「SORAスカルプGOLD」ですが、本物の無添加だから「要冷蔵です!!」

 

合成防腐剤が無添加で、防腐作用のある低刺激な保湿剤なども少量配合されているだけなんです!

 

防腐剤フリーのシャンプーに隠れてパラベンが配合されている!?

ヘアカタログ参考になるのはテレビドラマ?

「防腐剤無添加」と宣伝しているシャンプーでもキャリーオーバー成分としてパラベンが配合されていることがあることをご存じですか?

 

キャリーオーバーとは・・・

ほとんどの原料(成分)は、原料の保存のために、原料自体に防腐剤が添加されています。その場合の防腐剤はキャリーオーバー成分といい、シャンプーの成分表には記載しなくていいルールがあります。

仮に”あるシャンプー”の配合成分に「○○エキス」と記載がある場合、このエキス自体に防腐剤としてパラペンが配合されていても、防腐剤フリー・パラベンフリーを謳えるんです。

 

ですので防腐剤無添加と宣伝しているシャンプーでも、本当に防腐剤が0である可能性は結構低いんです。

 

仮にパラベンにアレルギーを持っている場合、パラベンフリーと書かれているのにパラベンが隠れて配合されていたらどうすることも出来ませんよね(>_<)

 

ではキャリーオーバーの防腐剤にまでこだわって作られているシャンプーはあるのでしょうか?

・・・

と、その答えが「SORAスカルプGOLDシャンプー」なんです。

キャリーオーバーで混入してしまうパラベン等の防腐剤ですら極力排除している無添加へのこだわりがすごいメーカーです。

 

つまり、このSORAスカルプGOLDは、多くの消費者の無添加シャンプーのイメージそのもののシャンプーです。

 

 

SORAスカルプGOLDの無添加はここがすごい!

ただSORAスカルプGOLDは非常に高額です。定価7800円/200mlですので。(定期購入で割引有り)

 

でもこれが答えなんです!

 

消費者の方がイメージする無添加で、製品としても優れたものを作ろうとすると高額になってしまうんです。

 

しかもキャリーオーバーでの防腐剤すら排除する形で作っているので、もうそれは「生もの」なので基本的に要冷蔵です。

SORAスカルプシャンプー要冷蔵

※うちの冷蔵庫です。一番手前にある白に銀のラベルの貼ってある容器がSORAです。

 

夏場は2~3日分、冬で1週間分だけ小分け容器に移してお風呂場に持っていきます。

使い切ったらまた冷蔵庫保管中のSORAを補充する。と、とても手間がかかります。

 

そりゃそうなんです。

防腐剤フリーで防腐効果(抗菌・殺菌作用)のある成分を本当に配合していないから腐りやすいです。

要冷蔵にするなど管理するのはめんどくさいです。

 

これが億劫でお風呂場にそのまま保管した場合、無添加シャンプーに菌が添加されてしまいますね(;^ω^)

 

※SORA以外にも、キャリーオーバーの防腐剤も排除しているこだわりメーカーはありますが、お風呂場放置OKのシャンプーがほとんどです。

ということは、防腐剤の項目でお知らせしたように、刺激の弱い抗菌作用のある保湿剤を大量に配合することで、結局パラベンよりも刺激のあるシャンプーになっている可能性があります。

SORAは、その懸念すら排除するために防腐剤代わりの抗菌作用のある保湿剤の配合もごく微量になっています。

だから要冷蔵しないといけないんですね。

 

このように消費者の方のイメージする無添加シャンプーに極力近いシャンプーは存在しますが、価格面も利用方法も一筋縄ではいかないんですね。

 

無添加シャンプーがおすすめの人は!?

ですので本物の無添加シャンプーを僕がおすすめしたい人は、

  • 今まで多くのシャンプーを利用してきたが、頭皮のトラブル改善に至っていない人。
  • 「アレルギー持ち」や「アトピー持ち」ですごい”敏感肌”だから、極力余計な成分は避けて無添加のものを利用したい!!という切なる思いを持っている人。
  • 「これは発がん成分だ!これは危険だ!!」とウェブ上で批判されている成分は精神衛生上使いたくない人

このような方には、SORAスカルプGOLDシャンプーはとてもおすすめです!

 

もちろん価格と要冷蔵という利用方法がクリアになるなら、シャンプー自体の質も「洗浄力はgood!毛髪がとてもよくまとまり、頭皮環境改善に優れ、育毛成分も豊富に含まれている」ので、誰にでもかなりおすすめできるシャンプーです。

 

 

 

おすすめの無添加シャンプーランキングの基準はこれ!!

ここまでを読んで、「無添加シャンプーの真実」をお分かりいただけたでしょうか?

そのうえで「無添加シャンプーが欲しい!!」という方におすすめのシャンプーは・・・

 

冒頭でも書いているように、

「洗浄力にも毛髪補修にも保湿性にも頭皮環境にも育毛にも優れたこだわりシャンプー」
 

です。

 

こだわりシャンプーメーカーだと、「本当は安全とわかっていてもネット上で叩かれている成分」を配合すると消費者が購入をためらう可能性があるので、これらの成分の配合を避ける傾向があります。

 

つまり

こだわったシャンプーだと、「ネット上でたたかれやすい成分”無添加”」+「本当に配合しない方がいい成分”無添加”」の無添加シャンプーです。

 

このようなシャンプーが、本物の無添加シャンプーですね♪

 

 

以下「おすすめ無添加シャンプーランキング」では、その考えに則って数種類厳選して紹介しています!

 

厳選!!おすすめ無添加シャンプー6選!!

それではおすすめ無添加シャンプーを紹介していきます!!

SORAスカルプゴールド

メーカー 株式会社SORAコスメプロ
容量 200ml
価格

■定価;7800円

■割引後;初回4800円

  • 防腐剤フリー
  • 石油原料フリー

記事中でも紹介しているSORAスカルプGOLDシャンプー。

消費者の方が想像する無添加シャンプーに最も近いシャンプーがこちらです。

非常に低刺激に作られているだけではなく

シャンプーでは考えられないほど高濃度の馬プラセンタの配合&馬の胎盤エキス(各種アミノ酸が豊富に含まれ保湿&頭皮環境が整う)、さらに育毛剤リアップの有効成分「ミノキシジル」の3倍の毛髪成長率を誇るキャピキシルが配合されるなど頭皮ケア・育毛・薄毛予防としてもとても優れているシャンプー

と、シャンプーとしての性能もピカ一です

 

しかも記事内でもお伝えしている酸化リスクのある「植物エキスやオイル」もほとんど配合していない作りなので、超低刺激処方です。

 

価格面&要冷蔵という手間さえクリアできれば、最もおすすめの無添加シャンプーです!!

 

香りも強すぎない柑橘系の香りで誰にでも好評な香りですよ。(個人差はあります)

 


 

haru kurokami スカルププロ

haru 黒髪スカルプ

 

メーカー 株式会社nijiito
内容量 400ml
価格

■定価:3600円

■割引後:2880円

  • シリコンフリー
  • 合成ポリマーフリー
  • カチオン界面活性剤フリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • 合成香料フリー
  • 合成着色料フリー
  • 鉱物油フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 合成防腐剤フリー
  • 合成保存料フリー

haruシャンプーはアットコスメのシャンプーランキングで

  • 総合部門:3位~5位前後
  • 頭皮ケア部門:1位~2位

と、かなり評価の高いシャンプーです。

頭皮ケア部門で上位のシャンプー=無添加シャンプーに求めるモノに近い

と思いますので、無添加シャンプーとしてもおすすめできます。

こちらはオールインワン処方、リンス要らずですので、今まで紹介した2つのシャンプーよりもかなりコスパが良いです♪

 

しかも「オールインワンでリンスなし」なのに・・・

アットコスメの総合ランキングで3位~5位前後に長らくランキングされているのは異例です!。

総合ランキングは、シャンプー×トリートメントセットでの仕上がりで評価されている節があるので、シリコンがたっぷり配合されている市販シャンプーが上位をほとんど占めています。

そんな中で、「市販シャンプーの倍以上の値段」×「ノンシリコンのオールインワンシャンプー」の作りで、3位~5位前後にランクインしているのはちょっと驚異的です(゜o゜)

それだけ口コミ評価も高く、当ブログでの成分解析・実際の使用感のトータルでも最もおススメしているシャンプーの一つです。

 


 

ハーブガーデンさくらの森

ハーブガーデンアイキャッチ

 

メーカー さくらフォレスト株式会社
内容量 300ml
価格

■定価:4000円

■割引後:2000円

  • 石油系界面活性剤フリー
  • シリコンフリー
  • 合成香料フリー
  • 着色料フリー
  • 防腐剤フリー

当ブログの「各種おすすめシャンプーランキング」で毎回上位にランクインするオールマイティに優れた天然100%素材で作られたシャンプーです。

こちらも無添加シャンプーに求めるモノに近いシャンプーです。

しかも、価格も2000円と、このレベルのシャンプーとしては非常にコスパが良いのも上位にランクインする理由です。

アミノ酸系洗浄成分+内部補修&キューティクルケア+保湿+頭皮環境改善とすべての悩みを網羅しているシャンプーですので非常におすすめなオールマイティシャンプーです!

 


 

ドットエヌ
 
メーカー 株式会社オーガニック
容量

■シャンプー:250ml

■トリートメント:200g

価格

シャンプー・トリートメントセット

■定価:5600

■初回:3600円

  • DEA・TEA・MEAフリー
  • 硫酸系原料フリー
  • PEG原料フリー
  • 合成香料フリー
  • 合成着色料フリー
  • シリコンフリー
  • 合成防腐剤フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 遺伝子組み換え原料フリー
  • 動物原料・製品の動物実験フリー

ドットエヌは、欧州のオーガニック団体「COSMOS(コスモス)」の認証を受けた正真正銘のオーガニックシャンプーです。

オーガニックシャンプーと無添加シャンプーは、一般消費者に与えるイメージ的には「やさしそう・低刺激」と比較的似ているジャンルです。

オーガニックシャンプーは洗浄力が強くギシギシするものが多いですが、ドットエヌはアミノ酸系シャンプーで仕上がりもしっとりとまとまりも良いので、オーガニックのカテゴリーの中ではとてもお勧めなシャンプーです。

「オーガニック認証を受けた本物のオーガニックシャンプー=良いシャンプー」ではありません。オーガニックシャンプーの中に「お勧めできないシャンプー」もあります。そんななかドットエヌはおすすめのオーガニックシャンプーです。


 

マイナチュレ

 

メーカー 株式会社レッドビジョン
内容量 200ml
価格

■定価:3360円

■割引後:2884円

  • 合成香料フリー
  • 着色料フリー
  • シリコンフリー
  • パラベンフリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • 合成ポリマーフリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • サルフェートフリー
  • タール色素フリー

洗浄成分good!内部補修もキューティクルケアも完ぺき!頭皮環境を整えることが出来る成分も豊富に含まれているなどすべてにおいて優れた欠点が見つからないシャンプーです!

実際、アットコスメの口コミを見ても、この価格帯のシャンプーで、ほぼほぼ高評価というのは相当すごいです。(価格で期待値が変わりますので、この価格帯で期待するイメージに相違なかったということですので。)

さらに、口コミをよく見ると、多くの方で「頭皮のかゆみや炎症の改善、ニオイが消臭された」などの口コミを見かけます。

これはまさに無添加シャンプーを求めている人の頭皮コンディションの悩みに繋がる口コミですので、おすすめできる無添加シャンプーです!


 

ウェリナシャンプー

メーカー 株式会社ウェリナ
内容量

275ml

価格

■定価:2200円

■定期購入で2回目以降:1980円

知る人ぞ知るオーガニックブランドが「ウェリナ」です。

ウェリナのウリは、オーガニックよりも一歩先に進んでいると言われている「ワイルドクラウト農法」にこだわっていることです。(個人的にはオーガニックの方が有名なのは、響きの問題(おしゃれな響き)だと思っています)

こちらもかなり無添加シャンプーのイメージに近いシャンプーですのでおすすめです♪

■アミノ酸系(タウリン系)シャンプー+各種オイルの保湿で非常に滑らかな仕上がりになります。オーガニックにありがちなツッパリ感などは全くないですよ♪

 

 


 

以上、消費者の方のイメージに近い無添加シャンプーでおすすめできるシャンプーを厳選しました。

 

ドラッグストアで販売している市販(1000円以内)無添加シャンプーでおすすめは?

上記の厳選6種のシャンプーの中にもドラッグストアや東急ハンズなどで販売している市販無添加シャンプーはありますが、総じて価格は高いですので、1000円以内の市販無添加シャンプーを紹介いたします!

カウブランド無添加シャンプー
カウブランド無添加シャンプーしっとりの成分解析
メーカー 牛乳石鹸
内容量 500ml
価格 1000円
  • シリコンフリー
  • 防腐剤フリー
  • 着色料フリー
  • 香料フリー
  • 品質安定剤フリー
  • アルコールフリー

1000円以内で無添加シャンプーと言ったら、カウブラン無添加シャンプーですよね!

DPGを防腐剤の代替え品として利用しています。

成分数が少ないので、アレルギー持ちの人がアレルギー成分にあたる可能性もぐっと下がりますし、洗浄成分もやさしい処方なので、1000円以内の無添加シャンプーとしては最もおすすめできます!

 

カウブランド無添加シャンプー
【メーカー】
 牛乳石鹸共進社
 

 

ピジョン泡シャンプー
ピジョン 泡シャンプー
 
メーカー ピジョン
容量 350ml
価格 オープン価格(Amazonで700円)
  • パラベンフリー
  • 着色料フリー
  • 香料フリー

ピジョンのベビーシャンプーです!

こちらも成分数が少ないのでアレルギー体質の人が、アレルギー成分にあたる確率がウンと低いです。

アミノ酸系洗浄成分ラウロイルメチルアラニンベースのさっぱりとした洗浄力のある低刺激なシャンプーです。

赤ちゃんのために作られているので、低刺激性には優れています。

※大人が使うには少しパサつき等まとまりは悪いかもしれません。

ピジョン 泡シャンプー ボトル 350ml (0ヵ月~)
ピジョン泡シャンプー
 
 
ミヨシ 無添加せっけんシャンプー

ミヨシ 無添加 せっけんシャンプー

メーカー ミヨシ石鹸
容量 350ml
価格 600円

ミヨシ無添加せっけんシャンプーは基本的にはおすすめしていません!!

なぜなら石鹸そのものだからです。

石鹸は「アレルギーリスクがほとんどない」のでどのシャンプーを利用してもアレルギー症状が出る人にはお勧めですが、乾燥肌・敏感肌で頭皮トラブルが起きる人だと、その洗浄力の強さゆえに症状が悪化する可能性があります。

しかも毛髪も「ギッシギシ」になるので、毛髪への負担も相当強いです。

ですが、成分が「水・カリ石けん素地」だけと、圧倒的な成分数の少なさなので、繰り返しますが、アレルギー体質の人がアレルギー成分にあたる確率がほぼないです。

ですので今まで普通のシャンプーでアレルギー症状が出てしまって自分に合うシャンプーが見つからない人にはおすすめです!!

無添加せっけん シャンプー 350ML
ミヨシ無添加せっけんシャンプー
 
 

 

そのほかのおすすめ無添加シャンプー一覧

イオニートシャンプー

イオニートシャンプ-成分解析

メーカー 株式会社バンインターナショナル
内容量

500ml

価格

■定価4600円

シンプルイズベスト。余計なものは配合していない好感の持てるシャンプーです。

ただ、「シリコンを発がん性の疑いのある成分」などミスリードがひどいところは気になります。

自分の製品に配合していない成分を悪く書いて、自社製品の価値を上げる手法はあまり賛成できません。

シャンプーとしては、アミノ酸系洗浄成分がメインで低刺激。成分配合数も他社シャンプーよりも圧倒的に少ないのでアレルギーリスクも下がります。

 

イオニート エッセンス V シャンプー モイスト(しっとりタイプ)1000ml
イオニートシャンプー
 
 

 

まとめ

お勧め無添加シャンプーランキングはいかがだったでしょうか?

今まで抱いていた無添加のイメージがだいぶ変わったのではないかと思います。

インターネットで多くの情報を素早く得られる時代ですが、そのすべてが正しい情報ではありません。

 

特に厄介なのは、多くのサイトで記述されているからと言って正しいとも限らないところですね。

 

今回は、無添加への歪曲した情報をなるべく正したうえで無添加シャンプーを紹介させていただきました。

 

今現在頭皮のトラブルに悩んでいる人も、そうじゃないけど長い目で見て安全なシャンプーを使いたいと思っている人も、ぜひこの無添加シャンプーランキングを参考に、あなたにピッタリのシャンプーを見つけてくださいね♪

 

かなり長文でしたので、まだ読んでいない項目がありましたら、時間のある時に全部の項目を読んでみてくださいね。