オーガニックって意味あるんですかね?

今回はオーガニックについて考えていきたいと思います。

 

※長文です(>_<)

 

【スポンサーリンク】

 

オーガニックとは

オーガニック=有機栽培

有機栽培とは

化学肥料や化学合成農薬を使わずに、有機肥料等を使用する農法のこと。

 

有機栽培で作られた農産物や農産物加工食品で認定を受けたものは有機JASマークが貼ってあります↓

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」・「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

農林水産省のホームページより

 

簡単にいえば2年以上化学肥料などが使われていない土壌で、農薬などを撒かずに育てることで認定を受けた事業者が育てた農産物や農産加工食品が有機JASマーク認定を取得出来る。

ってことですね。

 

で、次が大事で

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」・「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

 

この部分、皆さんはどう読み解きますか?

 

僕は、「食品じゃなければオーガニックって勝手に書いてもいいですよ」って読み取れちゃうww

 

つまり化粧品やシャンプーでオーガニックと呼ぶことには規制も何もありません。

 

で、そもそも

オーガニック野菜の方が良いの?

ということになると野菜とかならオーガニックの価値ってちょっとだけわかるんですよ。

その野菜に農薬が付いているかどうか。

成長段階で、その土壌から合成肥料を吸収しているかどうか。

とか。

 

まあでも僕は「ほとんど気にしない」というか、オーガニック生活をしたら体が良くなると思ってないので・・・信じている人ならプラシーボ効果くらいで本当に体調が良くなったりするのかもしれませんが。

===========

※更新しました

たまたまお客さんで東京農大の学生さんがいますが、オーガニックに関する授業があったみたいで、その授業で教授が「オーガニック野菜などはあまり意味がない。ほぼ商売販促のために使われているだけのワードにすぎない。」ということを習ったそうです。そして「オーガニック畑は手間はかかるけど、良い値段で売れるからうまくやるととっても儲かる。だから副業でやっている人も結構いる。」

ということなんだそうですよ。

===========

 

じゃあシャンプーやコスメはどうなんでしょうか?

オーガニックコスメの実態

雑誌でもテレビでもデパートでも、よく見かけますよね。

オーガニックコスメ。

実際どうなんでしょう。

 

特別にオーガニックと表記する為の基準があるわけではないんです。

だからオーガニックオイルを1滴その化粧水、シャンプーに垂らしただけで

  • オーガニックコスメ
  • オーガニックシャンプーと

書くこともできるんです。

 

企業の勝手です。

 

だからオーガニック信奉者の嫌いな化学物質が大量に入っていてもオーガニックと名乗れるんです。

 

「1滴は入ってるもんね♪」って。(これは極端な話ですが)

 

とはいっても、最近の消費者はそこまで馬鹿ではないので、全成分がオーガニックではないにしろ、ネット上で悪者と書かれている成分(鉱物油・シリコン・防腐剤)を避けながらメーカー側も作りますよね。

 

  • 石油由来成分は危険
  • シリコンは危険

と煽って、「当社のシャンプーは石油由来成分フリー・ノンシリコンのオーガニックシャンプーです。」と。

 

これに乗っかって美魔女ブロガーさんがネットで「アレが危ない。」「コレが危ない。」と・・・。

 

あんまり信じちゃだめですよ。

 

どんなにきれいな美魔女でも(笑)

美魔女が言うとホントっぽく聞こえますもんね。

 

◆この辺も読むと「ホーー」ってなります
「ラウレス硫酸naは石油由来?ヤシ油由来」
「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」 
「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

 

ただその美魔女。その化粧品使ったから綺麗なんですか?

元々綺麗なんじゃないですか?

 

化粧品のCM出てる女優さん。

その化粧品使ってるから綺麗なのではなくて、元々肌がきれいなのでオファーされたのでしょう。

 

で、 

ちなみに海外では、オーガニックと名乗る為の基準作りや認定等をしている国や団体はあります。

そして日本でも、団体作りをしているところがありますね。

 

一応海外の団体は結構厳しい基準作りをしていることは間違いないんです。 

 

なのでオーガニックの化粧品が欲しければ

  • フランスのエコサート
  • ドイツのBDIH
  • オーストラリアのACO

などからオーガニック認定を受けた製品なら、皆さんが想像しているオーガニック製品に出会えるとは思います。

 

まあそもそもオーガニック化粧品が良いのかどうかは置いておいて。

 

◆オーガニック認定を受けているシャンプーはこちら
「オーガニックシャンプー「ドットエヌ」の成分解析」

↑オーガニック認証を受けるための制約の中で作られたシャンプーです。制約を取っ払っちゃえば、世の中にはもっといいシャンプーがあると思いますけどね。
「おすすめシャンプー解析」

 

【スポンサーリンク】

 

オーガニックシャンプー、オーガニックコスメってホントにいいの?

 実際オーガニックシャンプー・コスメってどうなんでしょうか?

 

答えはモノによる

 

例え、さっき紹介した

  • フランスのエコサート
  • ドイツのBDIH
  • オーストラリアのACO

等の認定シャンプーだとしてもです。

 

ラウレス硫酸Naという洗浄成分があります。

ラウレス硫酸Naは、石油からでもヤシ油からでも抽出できます。(最近ほとんどはヤシ油由来です)

 

では石油由来かヤシ油由来で違いはあるのでしょうか?

由来がどちらであろうと「ラウレス硫酸Naはラウレス硫酸Na」ですよね。

もうラウレス硫酸Naとして取りだされた以上由来って関係ありませんよね。

 

泥水でも水道水でも「水」だけを抽出したら H₂o ですよね。

水(H₂o)だけになった状態なら、泥水由来でも水道水由来でも同じ「水」ですよね?

 

じゃあ例えばオーガニックシャンプーにラウレス硫酸naが入っていて「オーガニックのヤシ油から得られたラウレス硫酸naです。」と書かれていた時に、「じゃあ髪に良いね」って思うんですか?

 

ラウレス硫酸Naは、巷でいわれるような経皮毒みたいなもんはないですが、

脱脂力が強く、髪にも頭皮にも負担になやすいです。ですので、これが水の次(全成分の2番目)に配合されていた場合、僕的にはおすすめいたしません。

 

でも、ラウレス硫酸Naがオーガニック由来なら、髪にも頭皮にも優しいと思っちゃいます??

 

もう思いませんよね??

 

という感じにオーガニック由来だから「優れている」とかそういうことではないんです。

 

オーガニック由来のラウレス硫酸Naよりも、オーガニックというキャッチーな言葉はなくても、アミノ酸系のラウロイルメチルアラニンTEAがメインの洗浄成分のシャンプーの方が圧倒的に良いシャンプーだと思いますけどね。

 

そう考えると、オーガニックって意味ないの??

となってきますよね。

 

オーガニックシャンプーやコスメの防腐剤フリーとキャリーオーバー

よくオーガニックコスメって防腐剤フリーって書いてあるじゃないですか。

でも、よく考えて下さいよ。

 

防腐剤が入っていないモノ(生モノ)を、何カ月もお風呂に置いといても腐らないんですか?

 

こういう製品は

  • 殺菌作用のある各種エキス
  • 殺菌作用のあるエタノールやBG
  • プロパンジオールなどの保湿剤の殺菌作用

などを頼りに防腐力を高めていますが、実際本当にこれだけで普通にそのままお風呂に置いておいて腐らないのでしょうか?

たぶんなかなか厳しいのではないかと。

というのもオーガニックではないシャンプーで「SORAスカルプゴールドシャンプー」というものがありますが、これがまさに上記の感じで防腐剤フリーにこだわっているのですが、そのため現物は要冷蔵です。

SORAスカルプシャンプー要冷蔵

 

なんとキャリーオーバー成分もなるべく防腐剤フリーにするというこだわり。

ただ、そこまで防腐剤を排除するとすぐに腐るので要冷蔵で使う分だけ小分け容器に詰めてお風呂場にもっていくという形になるんですね(>_<)

 

でも、オーガニックメーカーでも要冷蔵の製品ってそこまで多いわけではないと思うんです。

 

ね?

オーガニックメーカーではないメーカーの中に、オーガニックのイメージに求める安全性・やさしさをオーガニックメーカー以上に追及している会社が実はあるんですよ。

「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

 

ちなみにキャリーオーバーについて

キャリーオーバーとは

原料が腐らないように、原料自体に防腐剤が含まれていることがあります。この場合、原料に含まれる防腐剤については記載の義務がありません。こういう場合にキャリーオーバーと言われます。

 

ですので、防腐剤フリーと書かれていても、実はキャリーオーバー成分として防腐剤が含まれていることがあるんです。

 

逆に言えばこれを逆手に取って、キャリーオーバー成分として防腐剤が配合されている原料でシャンプーを作れば、防腐剤フリーなのに防腐力がしっかりあるシャンプーができるかもしれませんね。

 

 

 

オーガニックの商品の方が肌荒れリスクは高い

オーガニックコスメの方が肌荒れリスクが高いというのは言い過ぎなんですが、「オーガニックコスメだから安全」なんて思っていたら危ないですよ!!

 

これはオーガニック製品に限らずですが、最近は「〇〇種類のオーガニックオイルと〇〇種類の植物エキス配合」とか種類の多さアピールで「なんか良さそう♪」とマインドコントロールしているメーカーが多いです。

 

でもですよ、成分数が増えるということは単純にどれかに反応して炎症を起こすリスクが増えるということですよ。

特に肌が弱い・アレルギー持ちの人は「オーガニック製品は優しい」と勘違いしがちですが、そんなことはありません。

だって成分数が多いだけリスクが上がるわけですので。

そういう人は成分数が少なくシンプルに作られている製品が一番安全だと思います。

 

※先ほども記述のSORAはエキスやオイル類もほとんど入れず、「優しい無添加商品が欲しい」というイメージに最も近いシャンプーの一つですよ。
「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

 

 

ちなみに精油って、直接肌に触れると刺激物ですよね?

 

刺激物なんですよ!!

 

要は「オーガニックの〇〇オイル」のことです。

 

実際僕は「自分のお店をアロマの香りにしよう♫」と精油垂らしてたことあるんですが・・・。

何かだんだん咳が止まらなくなって。

病院行ったらアロマが原因の可能性が高いと言われて、止めたら治りました。

 

もちろんちゃんとした高いアロマ使ってたんですよ。

それが3年前くらい。

その頃からですよね。

精油とかオーガニックって響きに裏があるって調べ始めたの。

 

合成成分だから危ない??そんなことないんですよ。

合成だから安心なんじゃないですか?

植物のままだと不安定で危険だから、合成して安定させたんじゃないですか。

 

当然、合成成分にも危ないものもあるかもしれませんが、それはオーガニック成分も同じです。

 

オーガニックシャンプーの方が良いシャンプー?

オーガニックシャンプーは優れたシャンプーか?

もう先ほどもちょろっと出ましたが、まぁ関係ないですね。

 

もちろんオーガニックだとダメなわけでもないです。

 

オーガニックであるかないかでシャンプーの良し悪しは決まらないということです。

オーガニックかどうかは、評価基準に1mmも関係しません。

 

だって同じ成分がオーガニック原料由来の場合と、そうじゃない場合で、効果は変わりませんから。

あまり良くない成分がオーガニック由来になったとたん優れた成分に代わるわけでもありませんからね。

 

もちろんオーガニックの良いシャンプーってのもあるんですよ。

 

実際、僕のお気に入り、このブログでも特におすすめしているシャンプーはオーガニックをウリにしていますし(笑)
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

 

まあほとんどの場合、オーガニックとか防腐剤フリーとかそういうのって、本当の製品の良し悪しにはあまり関係なくて、ただただ「宣伝文句に使いたいだけ、その方が売りやすいから」そんな理由が多いんではないですかね。

 

当然メーカーさんはそこは認めたがらないところではありますが。

 

 

ちょっと話は変わりますが、

防腐剤パラペンについての上手い宣伝も見たことがあります。日本のあるメーカー(有名な美容院で作っていますが)のシャンプーの説明で

私たちの製品はナマモノです。「無害」と認定を受けた医療用としても使われるパラベンを身体に安心なごく少量配合しています。

って書いてるんですよ。

 

パラペンは元々「1%未満なら安全だから入れていいですよ。」と決められています。

 

そう、ごく少量の配合です。

 

確かに国から認定を受けています。

 

ただ、それ以外の成分もすべて認定を受けています。

 

そもそも化粧品に配合していい成分は、国が認定したものしか配合できませんので。

配合されているすべての成分は認定されているんです。

 

で、実際成分表を見ると、メチルパラベンというごくごく普通の防腐剤が配合されていました。

 

でも、上記のように説明すると「とても安全で優れた防腐剤」という錯覚を生めますもんね。

「とっても上手な宣伝だなぁ」と思います。

 

と話が脱線しましたが、まとめると「オーガニックであろうがなかろうが製品の良し悪しには関係ない!!」ということですね。

 

でもそうなると不思議ですよね?

 

「なんでこんなにオーガニック製品が増えているの??」と。

 

  

 

なんでオーガニックコスメは増えてるの?

オーガニックコスメってファッションですよね。

 

おしゃれにスムージーを飲むようにオーガニックコスメを使う。

 

ステータスみたいなものですよね。

 

オーガニックコスメっておしゃれな感じがするじゃないですか?

 

実際匂いもいいですしね。

 

僕も匂いはすごい好きです。

 

だから、全くオーガニックを使うことを否定する気はないんですよね。

 

ここまで書いておいて何言ってるんだと思われるかもしれませんが・・・(;一_一)

 

オーガニックなうえに良い成分のシャンプーなら、匂いもいいし、気分も上がるし、所有欲も満たされるしと、こんなに良いことないじゃないですか!!

 

でも、オーガニックなだけでダメダメなシャンプーは使いたくないと思いませんか?

 

僕がこの記事で伝えたかったことは以下です。

  • 髪にダメージがあるから優しいものを使いたい
  • 頭皮が弱いから優しいものを使いたい
  • アレルギーを持っているから優しいものを使いたい

と思っている人が、何となくオーガニックは良いものだと思って手を出すことが多いように思いますが、オーガニック成分が特別優れているわけではないし、逆にそういう考えで製品探しをすると余計に悪い方に進むこともあります。

ですので、おしゃれ感や香り、所有欲を満たしたいなどの願望がないのであれば、オーガニックにこだわらずに製品を探してみては??

 

 

長文になりました。

ながーっくお付き合い頂きありがとうございますm(__)m

 

◆おすすめシャンプー一覧はこちら
「おすすめシャンプー解析」

 

◆衝撃!!オーガニック製品のパイオニア「ジョンマスターオーガニック」が成分表示不正をやらかしました(>_<)
「ジョンマスターオーガニックの誤表記の具体例」