今回はALLNAオルナオーガニックシャンプー&トリートメントの成分解析とアットコスメの口コミをチェックして評価していきます!

 

ALLNAオルナオーガニックシャンプー&トリートメントは、アットコスメで上位にランキングされています。

 

美容院専売品クオリティと謳われていますが、美容師として20年間美容院専売シャンプーを見てきた身としては、「強洗浄力シャンプー+高濃度シリコンコーティングトリートメント」という組み合わせなので、パっと見は市販品クオリティと言う印象です。

 

【注意】

■美容室専売品クオリティを謳っているだけで、美容室専売品ではありませんのでご注意ください!!

 

アットコスメでの評価が高いのもトリートメントの配合成分中、最も多く配合されているシリコン「シクロペンタシロキサン」の特徴「サラサラにまとまる」が効いていると思われます。

 

ただこれだけ高濃度にシリコンを張り付けるということは、それをはがすために強力な洗浄力が必要になるわけで・・・

 

と、成分解析&アットコスメの口コミをチェックしていきましょう!!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ALLNAオルナオーガニックシャンプーの成分

水,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ペンチレングリコール,ヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,加水分解コラーゲン,ヒアルロン酸クロスポリマーNa,アセチルヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,サクシノイルアテロコラーゲン,セラミドNP,セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス,トウキンセンカ花エキス,フユボダイジュ花エキス,ヤグルマギク花エキス,ローマカミツレ花エキス,ユズ果実エキス,ユキノシタエキス,キュウリ果実エキス,アルガニアスピノサ核油,マンダリンオレンジ果皮エキス,オウゴン根エキス,イタドリ根エキス,ソメイヨシノ葉エキス,オリーブ果実油,カンゾウ根エキス,チャ葉エキス,ヒメフウロエキス,ラベンダー花エキス,カミツレ花エキス,ローズマリー葉エキス,ツボクサエキス,アルテア根エキス,ボタンエキス,キハダ樹皮エキス,イザヨイバラエキス,ノイバラ果実エキス,ティーツリー葉油,ローマカミツレ花油,オレンジ油,ラベンダー油,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na,シア脂,カラメル,グリチルリチン酸2K,リン酸アスコルビルMg,アスコルビルグルコシド,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,エチドロン酸,ポリクオタニウム-10,サリチル酸,クエン酸Na,BG,クエン酸,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,塩化Na,ステアリン酸PEG-150,ラウリン酸ポリグリセリル-10,フェノキシエタノール

 

ALLNAオルナオーガニックシャンプーの解析

それではいつものように

に分けてチェックしていきますね!

 

洗浄成分

洗浄成分は以下です。

成分クリックすると特徴が表示されます。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
スルホン酸系|強洗浄力で刺激性も少しある
コカミドプロピルベタイン
ベタイン系洗浄成分|低刺激&低洗浄力
 

メーカー説明では、

コカミドプロピルベタインにスルホン酸をブレンドした、弱すぎない適切な洗浄力。

と書かれているのですが、配合順を見ると逆ではないかなと…。

 

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Naにコカミドプロピルベタインをブレンドした強めの洗浄力」

と思うのですが…。

 

「コカミドプロピルベタインに~」と書いた方が印象は良いでしょうね。

 


ただオルナオーガノックのシャンプー&トリートメントの組み合わせ的には、洗浄力は「強い」で適切だと思います!

トリートメントで水の次に多い成分がシリコンとかなり高濃度配合なので、これを適切に除去するには強洗浄力が必要です。

 

 

※メイク落としを想像するとわかりやすいです。

ナチュラルメイクならやさしいクレンジング力で落とせますが、厚塗りメイクだと強クレンジング力が必要で、その分肌に負担がかかりますよね?

それと同じで、高濃度シリコン(厚塗りメイク)を除去するには、強力な洗浄力(クレンジング力)が必要で、その分毛髪に負担がかかりやすくなります。

 

 

毛髪は死んだ細胞なので一度負ったダメージが元に戻ることはありません。

なのでシャンプーで毛髪に負担をかけずに洗うことは長い目で見ると「ちょー大事」です。

 

taka

そのため当ブログのシャンプー&トリートメントの評価では「洗浄成分」を最も大事にしています。

で、洗浄成分の視点からオルナオーガニックシャンプーを見ると、市販でよく見かける成分構成なので市販クオリティのシャンプーと解釈しています。

 

※洗浄力が強いので、皮脂分泌過多のベタベタ頭皮、ワックスや、重めのアウトバストリートメントをしっかり除去するときにはお勧めです。

 

アミノ酸系シャンプー!?

メーカー説明では「アミノ酸系洗浄」と書かれていますが、通常言われているアミノ酸系洗浄成分は配合されていません!!

 

ここ最近の流行?で、メーカー側がコカミドプロピルベタインを「アミノ酸系」に分類するケースが増えています。

オルナオーガニックもコカミドプロピルベタインが配合されているので恐らくこれをアミノ酸系洗浄成分としていると思うのですが…

 

美容師歴20年の僕的に、20年前からコカミドプロピルベタインはプロの世界で「ベタイン系の分類」です。

 

そして、確認のために1年ほど前に「大手美容メーカーの元化粧品開発者」の方に

 

taka

今ってコカミドプロピルベタインは「アミノ酸系」に分類されるようになったんですか?

と聞いてみましたが、

いいえ。コカミドプロピルベタインはベタイン系です。

コカミドプロピルベタインは、古くから世界中の原料メーカーで製造されてきた原料なので、価格競争が激しく、価格が非常に安くなっています。

と、やはりプロの世界では今も昔も「ベタイン系」に分類されます。

 

それではなぜ最近アミノ酸系に分類されるようになったのか?

 

僕の知る限りきっかけは「モノクロ」という雑誌が「アミノ酸系」に分類したことから始まっている気がします。

雑誌モノクロは家電のガチ検証など僕も好きな雑誌ですが、ことシャンプーランキングに関しては、「言っている事がメチャクチャ」で「あちゃー」と思ったことがあります。

ここからは個人的な推察ですが、「コカミドプロピルベタイン」を「アミノ酸系」に分類できると、原料コストが安く抑えられる上にアミノ酸系シャンプーを謳えるので、何かと都合が良いのかなと・・・。

 

ちなみに、

  • コカミドプロピルベタインがアミノ酸系

という解釈で「アミノ酸シャンプー」を謳うなら、ほとんどの市販のシャンプーは「アミノ酸シャンプー」です。

 

だってほとんどの市販シャンプーはオルナオーガニックと同じく「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン」の組み合わせで出来ていますので。

 

でも、そのほとんどの大手市販シャンプーメーカーがこの作りで「アミノ酸シャンプー」を名乗っていないのが、そもそもの答えですね。

【ポイント】

■コカミドプロピルベタインをアミノ酸系と謳っているのは

  • 通販シャンプーメーカーの一部
  • 市販メーカーの中でも大手以外の中小メーカーの一部

だけです。

※アミノ酸シャンプーを謳うのに決まったルールはありません。

※コカミドプロピルベタインがアミノ酸系であろうと、ベタイン系であろうとコカミドプロピルベタインが「低刺激&低洗浄力」の洗浄成分であることに変わりはありません。

 

硫酸系フリー

オルナオーガニックは硫酸系洗浄成分が配合されていないことをウリにしていますが、そもそもオルナオーガニックシャンプーで水の次に多く配合されている「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」はラウレス硫酸Naなどとほぼ同等の洗浄成分です。

 

名称として硫酸系ではないだけです。

 

※硫酸系もオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも「危険な洗浄成分」ではありません。単純に洗浄力が強いだけです。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

毛髪補修成分

それでは毛髪補修成分を見ていきます!

 

「セラミドNP」「ユズ果実エキス」はCMC脂質の一つで、肌ケア成分であり、毛髪補修成分でもあります。

CMC脂質とは?(クリックで詳細表示)
元々毛髪に存在する「内部成分同士」「キューティクル同士」の接着など成分同士をくっつける脂質です。

イメージとしてはお米表面のベタベタをイメージするとわかりやすいと思います。

  • 炊いた米は、表面のベタベタでお米同士がくっつきますよね。
  • 逆に、炊く前のコメはサラサラでくっつきません。

このベタベタが毛髪で言うとCMC脂質です。

ですのでCMC脂質があることで、成分同士やキューティクル同士がくっついて固定されるので、成分が外部に流出するのを防ぐことが出来ます。

「ダメージケアの基本のキ」と言える成分です。

 

ですが、、、このCMC脂質は、カラーやパーマ施術で毛髪から最初に流出する成分です。

ですので、カラーやパーマなどのケミカル施術をする場合、CMCの補充は必須になります。

「市販込|ヘアカラー・パーマのダメージの違い別おすすめ補修シャンプーランキング」

セラミドNPなどのほか、

  • アルガニアスピノサ核油
  • オリーブ果実油
  • シア脂

等のオイル成分の組成の中にもCMC脂質が配合されています。

 

それ以外には当ブログにおいての毛髪補修成分は配合されていません。

 

頭皮ケア成分&保湿成分

頭皮ケア&保湿成分について見ていきます!


【ヒアルロン酸】

高い保水力を持つヒアルロン酸4種、大小さまざまなヒアルロン酸を組み合わせることで内部から表面まで保湿させます。

ヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸クロスポリマーNa


【コラーゲン】

肌の保湿、弾力や柔軟性を高めるコラーゲン3種、大小さまざまなコラーゲンを組み合わせることで内部から表面まで保湿させます。

加水分解コラーゲン,水溶性コラーゲン,サクシノイルアテロコラーゲン


【セラミドNP】

先ほどのCMCケア成分。セラミドは肌のバリア機能の働きがあります。


【ビタミンC】

アンチエイジングに必須の抗酸化作用のあるビタミンC誘導体4種が配合されています。

リン酸アスコルビルMg,アスコルビルグルコシド,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na


【薬用成分】

薬用成分とは定められた基準値を満たすと、薬用シャンプーとして「抗炎症やフケかゆみ防止効果」を謳える成分です。

オルナオーガニックでは薬用濃度までの配合ではないですが、薬用成分が2種配合され頭皮環境を整えてくれます。

グリチルリチン酸2K,サリチル酸


【そのほか保湿成分】

それ以外に多く配合されている植物エキスは、すべてひっくるめて保湿成分です。

植物エキスが多くの種類配合されている場合、それぞれの配合量は極小になります。基本的に1%未満です。

ですので植物エキスの総量は数%程度です。(植物エキスの種類が多い=植物エキスが高濃度で配合されているわけではないです)

 

シャンプー解析まとめ

ここまでのオルナオーガニックシャンプーの解析をまとめると、基本的にはよくある市販シャンプーの一つという感じです。

 

特に洗浄成分は、市販シャンプーの中でも凡庸、且つ洗浄力の強い作りになっています。

 

ただ、頭皮ケア成分はいろいろ配合されていて好感が持てます。

特に「保湿成分」のヒアルロン酸・コラーゲンや、「抗酸化成分」のビタミンC誘導体などは分子量が違う数種類の組み合わせで毛髪や頭皮の内部から外部までをまんべんなくフォローしてくれます♪

 

さらに「グリチルリチン酸2K,サリチル酸」などの薬用成分も配合されているので頭皮ケアには良い感じです。

 

「強洗浄力+保湿力+薬用成分」という作りなので、ベタベタ頭皮の方にお勧めできるかも・・・

オルナ オーガニック シャンプー 無添加 ノンシリコン アミノ酸系洗浄/トリートメント 500ml&500ml ヒアルロン酸 コラーゲン ビタミンC誘導体 セラミド 配合
ALLNAオルナオーガニック
 
 

 

ALLNAオルナオーガニックトリートメントの成分解析

トリートメントの成分解析は簡単にしていきます!

【成分】

水,シクロペンタシロキサン,BG,セテアリルアルコール,ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド,エチルヘキサン酸セチル,ジメチコン,ペンチレングリコール,加水分解コラーゲン,セラミドNP,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,ヒアルロン酸クロスポリマーNa,水溶性コラーゲン,サクシノイルアテロコラーゲン,トウキンセンカ花エキス,キュウリ果実エキス,アルガニアスピノサ核油,オリーブ果実油,アルテア根エキス,カミツレ花エキス,セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス,ボタンエキス,フユボダイジュ花エキス,ヤグルマギク花エキス,ローマカミツレ花エキス,ユズ果実エキス,カンゾウ根エキス,チャ葉エキス,ヒメフウロエキス,ラベンダー花エキス,ユキノシタエキス,ローズマリー葉エキス,マンダリンオレンジ果皮エキス,オウゴン根エキス,イタドリ根エキス,ソメイヨシノ葉エキス,ツボクサエキス,ノイバラ果実エキス,イザヨイバラエキス,ローマカミツレ花油,オレンジ油,ラベンダー油,ティーツリー葉油,シア脂,グリチルリチン酸2K,ベタイン,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na,リン酸アスコルビルMg,アスコルビルグルコシド,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,エチドロン酸,トコフェロール,クエン酸,セタノール,ステアリルアルコール,フェノキシエタノール,ジメチコノール

まずは、水の次に多く配合されている成分が「シリコン:シクロペンタシロキサン」です。

シクロペンタシロキサンはシリコンの中ではサラサラ系のシリコンです。

 

さらに7番目の配合で「シリコン:ジメチコン」が配合されています。こちらはしっとり感の強いシリコンです。

 

トリートメントの「まとまりの良さ・仕上がりの良さ」はこれらのシリコンの組み合わせで作られたものですね。(そのほかジメチコノールというシリコンも配合されています)

 

それ以外の成分はシャンプーの

  • 毛髪補修成分
  • 保湿成分
  • 頭皮ケア成分

とほぼ同じものがは配合されている感じです。

 

ということで、シャンプーと同じように保湿成分に優れていますが、仕上がり感の良さはほぼシリコンで作られている市販のトリートメントらしい作りになっています。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

アットコスメの口コミチェック!

非常に評価の高いアットコスメの口コミをチェックしながら、美容師的な考察をしていこうと思います。

 

アットコスメの口コミは「484件中★5.7」と非常に高いです。(2019年7月現在ランキング2位)

 

当ブログでいつも書いていますが、

アットコスメの口コミは「強洗浄力+高濃度シリコントリートメント」の組み合わせが一番高評価をもらいやすくなっています。つまり市販シャンプー&トリートメントの方が高評価をもらいやすい構造になっています。

 

なぜかと言うと基本的には一般消費者の★評価は「仕上がりに依存しているから」です。

そして、仕上がりの良さを簡単に作れるのがシリコンなどのコーティング成分なんです。

 

なのでコーティング成分に頼る作りの市販製品の評価が高くなる傾向があるんですね。

 

この大前提のもと、多い口コミを列挙してみました!!

 

■実際の口コミをチェックしたい方はこちら

アットコスメ

 

【良い口コミ】

  • シャンプーのすすぎ時に軋まない
  • 仕上がりサラサラ
  • 香りが良い

【悪い口コミ】

  • シャンプーのすすぎ時に軋み
  • 仕上がりパサパサ
  • 頭皮がかゆい

良い口コミ・悪い口コミで多い内容を抽出しましたが、圧倒的に高評価口コミが多く、悪い口コミはごく一部です。

 

香りが良い

「香り」に関しては、悪く言っている口コミは見かけませんでした。

ティーツリー・ラベンダー・オレンジを基調とした植物精油でオーガニックな香りに仕上がりました。

という香りです。

 

仕上がりサラサラ

「仕上がりのサラサラ感」口コミがとても多いです。

これこそまさに「シリコン:シクロペンタシロキサン」の特徴です。

ほかの高評価シャンプーの口コミでは「仕上がりがツルツル・しっとり」というコメントが多いです。これらの製品では、しっとりと重さのあるタイプのシリコン「ジメチコン」「アモジメチコン」が配合されていることが多いです。

 

このようにシリコンの種類によって仕上がりの印象は

  • サラサラになったり
  • しっとりになったり

と、「シリコンが仕上がりに与える影響は大きい」ということがわかりますね。

 

シャンプー時に軋まない

一部、「シャンプー流し中に軋む」というコメントもありますが、多くのコメントは「シャンプー中も軋まない」ということメントです。

この時、考えられるのは2点。


1、洗浄力が強く軋みやすいオレフィン(c14-16)スルホン酸Naベースのシャンプーですが、他の洗浄成分や保湿成分などとのバランスが良く軋みづらい。


2、トリートメントのシリコンが翌日のシャンプーのすすぎ時に、まだ除去できずに残ってくれている影響で軋みを感じない。

この場合、日に日にビルドアップ(シリコンが積み重なる)されることで、はじめは毛髪コンディションがよくなり、長く使用しているとパサつきや物足りなさが出てくる。


どちらの結果軋まないのかを確認する方法は「トリートメントやアウトバストリートメント」を使用せず、シャンプーだけの使用を1週間ほど試してみることです。

毛髪にこびりついたシリコンは1週間ほどで自然と除去されるので、その後のシャンプーの使用感が本当のシャンプーの使用感です。

 

この時に軋まなければ「1(調合バランスが良い)」の可能性が高く、軋めば「2(シリコンが除去できていないだけ)」の可能性が高くなります。

 

ただ、これは一般の消費者にはあまり興味がない実験でしょうから、僕個人が試す機会がありましたら、その結果を公開しますね。

 

■オルナオーガニックに限らず、「ノンシリコンシャンプー×シリコンイントリートメント」製品のアットコスメの口コミで

使っていくうちに、どんどん毛髪が健康に改善されていく実感をしています

というコメントを見かけるときがありますが、傷んだ毛髪が健康毛に戻ることはないので、特に短期間で「改善した」と実感したならそれはコーティング成分が張り付いただけの可能性が高いです。

 

そこに勘違いが起きると、美容院での施術に影響して「美容院ジプシー」になる可能性があるので注意が必要です

 

■詳しくは以下の記事をご確認ください。

「メイクヘア(整形髪?)とスッピン髪。あなたはどっち派?」

 

 

オーガニックシャンプーは洗浄力・泡立ちが悪い!?

育毛は自宅で。ハゲないシャンプーの仕方

オーガニック系シャンプーの口コミでよくよく見かけるこの口コミ

オーガニック系のシャンプーって洗浄力というか泡立ちがいまいちなことが多かったんですが、こちらの口コミを見てみると泡立ちも良いとのことで購入してみることに。

このブログでも何度も出てくる話ですが、

 

「オーガニックシャンプーは洗浄力・泡立ちが悪い」ということはありません!!

 

むしろ数えきれないくらいシャンプーの解析をしてきていますが、オーガニックシャンプーは洗浄力が強いものが多いです。

 

例えばオーガニックシャンプーはオイル成分の配合が多いのでオイルコーティング(厚塗りメイク)されている状態です。

ですので高濃度シリコンコーティングの時と同じ話で洗浄力の強さが必要です。だから必然的に洗浄力が強いものが多くなります。

 


 

泡立ちについては、オーガニック系は洗浄力が強いことが多いので、基本的に泡立ちが悪いことはないですが、一部「泡立ちが悪い」理由はあります。

 

それは「オーガニックシャンプーがやさしいから」という理由ではありません。

 

理由は油性汚れ(オーガニックオイルなど)をしっかり除去できていないからです。

 

これはとっても多い勘違いです。

 

オーガニックオイルなどの油性成分は皮脂や他の油汚れ(車の排気ガスなど)とも親和性があるので、シャンプー前の状態はかなり油性汚れのついている状態です。

この多くの油性汚れが付いている状態でシャンプーをするとかなり泡立ちは悪いです。

 

当美容院でもオーガニック製品のせいで泡立たないベタベタ状態になっている方がたまにいるので、上記の説明をしてオーガニックシャンプーを止めてもらって「悩んでいたベタベタコンディション」を改善した例は結構あります。

 

ということで、オーガニックオイルで泡立ちが悪い場合、「優しい洗浄成分だから」という理由よりも「油性汚れ」が原因のことの方が多いですよ。

 

この場合は、2度洗いするか、シャンプー前の湯洗いをいつもの倍してからシャンプーをしましょう!!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ・おすすめの人は?

最後にALLNAオルナオーガニックの”まとめ”と”おすすめの人や毛髪”についてご案内します。

 

まとめると

  • 「強洗浄力+高濃度シリコントリートメント」の組み合わせで市販シャンプーらしい
  • 保湿力に優れている

この2つの特徴を持っているので、おすすめの人は

  • 頭皮のベタベタが気になっている人
  • ワックスを多く利用している人

等の人です。

 

特に頭皮がベタベタな場合、

■ある程度の強洗浄力が皮脂を除去する

プラス

■「ベタベタ頭皮=水分量が足りない」なので、保湿成分を加えることで、油分と水分のバランスが保たれてベタベタが改善される

と2つの特徴が合わさって、ベタベタ頭皮におすすめできます。

 

いずれにせよ、市販シャンプーの中では2000円近くする割に、シャンプーで最も大事な洗浄成分は1000円以下の市販シャンプーと同じ組み合わせなので、当ブログのおすすめシャンプー一覧に掲載する予定はありません。

オルナ オーガニック シャンプー 無添加 ノンシリコン アミノ酸系洗浄/トリートメント 500ml&500ml ヒアルロン酸 コラーゲン ビタミンC誘導体 セラミド 配合
ALLNAオルナオーガニック
 
 

 

各種おすすめシャンプーランキング

市販込!女性に人気のアミノ酸シャンプーおすすめランキング|成分解析順に評価!

美容師おすすめ育毛(スカルプ)シャンプーランキング!ハゲたくない人必見!!

市販込|ノンシリコンシャンプーランキング|アミノ酸系などタイプ別に厳選!

市販込み|シャンプー・トリートメント共にノンシリコンのおすすめランキング

【女性】市販込!頭皮のニオイにおすすめシャンプーランキング(実はアミノ酸じゃない!)

女性用|良い香りでモテる!香り別おすすめシャンプー(市販~サロン専売品まで)

【女性用】白髪予防シャンプーおすすめランキング!成分・効果面から徹底評価

市販込|ヘアカラー・パーマのダメージの違い別おすすめ補修シャンプーランキング

市販込|無添加シャンプーおすすめランキング|美容師が無添加のウソ暴きます

ヘアカラーの色落ち(退色・褪色)防止!色持ちにおすすめシャンプーランキング

オーガニックシャンプーおすすめランキング|誰も言わないオーガニックの真実公開中

市販込|薬用(医薬部外品)シャンプーおすすめランキング|薄毛・フケかゆみに効果的?

アトピー・敏感肌・乾燥肌の肌が弱い人におすすめの低刺激なシャンプーはコレ!

乾燥で頭皮カサカサ|乾燥によるフケ・かゆみにおすすめのシャンプーランキング

おすすめクリームシャンプーランキング|解析&口コミ評価順

男女兼用|ドラッグストアの市販育毛(スカルプ)シャンプーでおすすめは?

ラウロイルメチルアラニンNa系おすすめアミノ酸シャンプーランキング

美容師厳選!芸能人は出演しているCMシャンプーおすすめランキング

 

 

 

投稿者プロフィール

taka
taka美容室オーナー兼美容師
美容室オーナースタイリスト(美容師)のtakaです。
美容師歴20年のわたくしtakaが今までに培った知識と経験を駆使して、「美容院のこと」「シャンプーのこと」「薄毛のこと」などについてご紹介いたします。
ご質問は「お問合せ」よりお願いします。

■詳しいプロフィール・運営者情報は「こちら