今回は美容院専売品のLebeL ルベル ナチュラル ヘアソープの成分解析です。

ルベルナチュラルヘアソープには、【SW】【MG】【JO】と3種類ありますが、まとめて解析した方がわかりやすいので一気に解析して違いを見ていきます!

 

【スポンサーリンク】

 

ルベル ナチュラル ヘアソープ【SW】【MG】【JO】の成分

【SW】「傷んだ髪に」

水、ラウレウス-4酢酸Na、コミカドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、クエン酸Na、褐藻エキス、カミツレエキス、銅クロロフィリンNa、レシチン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコ-ス、ポリソルベート80、香料、クエン酸、エチドロン酸、メトキシケイヒ酸オクチル、安息香酸Na、サリチル酸、プロピルパラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、エタノール、イソプロパノール、橙205、緑202

 

【MG】「オイリー地肌・健康髪に」

水、ラウレウス-4酢酸Na、コミカドDEA、コカミドプロピルベタイン、アルキル(C14-18)スルホン酸Na、トウキンセンカエキス、カミツレエキス、クチナシエキス、レシチン、パンテノール、メントール、BG,ポリオクオタニウム-10、ポリクオタニウム-6、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ポリソルベート80、香料、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、メトキシケイヒ酸オクチル、安息香酸Na、サリチル酸、エタノール、イソプロパノール、橙色206号

 

【JO】「乾燥しがちな髪に」

水、ラウレウス-4酢酸Na、コミカドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、PEG-7グリセリルココエート、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、BG、ホホバ油、カミツレエキス、クチナシエキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-6、トリオクタノイン、香料、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、エチドロン酸、メトキシケイヒ酸オクチル、安息香酸Na、サリチル酸、エタノール、黒色401号、橙色205号、紫色402号

 

★LebeL ルベル ナチュラル ヘアソープ ヘアトリートメント 1.6L 《 1600ml 》 x 2本 リフィル 詰替用 選べるセット

価格:5,500円
(2018/1/14 17:26時点)
感想(11件)

LebeL ルベル ナチュラル ヘアソープの成分解析

ルベル ナチュラル ヘアソープ【SW】【MG】【JO】の解析

まずは基本的にシンプルな悪くないシャンプーです。

3種類すべてで洗浄成分のメインは酸性石鹸系のラウレウス-4酢酸Naです。

「しっかりと洗浄できるけど、とても低刺激」というタイプの洗浄成分です。

 

【SW】の解析

【SW】は、このラウレウス-4酢酸Naとの組み合わせに「コカミドプロピルベタイン」と「ココイルグルタミン酸TEA」をチョイスしています。

特にココイルグルタミン酸TEAは、アミノ酸系の低刺激・低洗浄力の成分で且つアミノ酸部分が毛髪に残留しますので「傷んだ髪用」としているのかなと。

コカミドプロピルベタインも低刺激・低洗浄の両性界面活性剤です。

 

メーカーサイドでは

海藻エキス(なめらか成分)が傷んだ髪をつつみ込んで、「つややか」な輝きを与えます。

と書かれていて、「褐藻エキス」のことだと思いますが、これはワカメや昆布等から抽出されたエキスで、有名な美容成分「フコイダン」を含む成分です。

皮膚にとっては「抗酸化・血行促進・皮膚再生」等うれしい効果が期待される成分ですが、毛髪的には海藻類のネバネバ感が毛髪につくことによる「保湿効果」かなぁと思います。

 

ということで、ダメージ毛用というほど優れた毛髪補修成分が配合されているわけではないですが、「ダメージ毛にさらに負担になるような作りにはなっていない」という意味では「適切な作りのシャンプー」だと思います。

おすすめダメージ対策シャンプー

 

 

【MG】の解析

MGは、「オイリー肌・健康毛用」とあるように、この3つの中では一番洗浄力のある作りです。

シャンプーで一番大事な洗浄成分は、ラウレス-4酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、アルキル(C14-18)スルホン酸Na

 

シリーズ共通のメイン成分「ラウレス-4酢酸Na」に、低刺激・低洗浄のコカミドプロピルベタインと、強洗浄力のアルキル(C14-18)スルホン酸Naを付け加えた作りです。

 

先ほどの【SW】との比較でいうと、ココイルグルタミン酸TEAをアルキル(C14-18)スルホン酸Naという強洗浄成分に置き換えた作りです。

 

まさに「オイリー肌・健康毛用」

でも低刺激で、ほかの言い方だとスカルプシャンプーという感じ。

メントールも配合されているので実際以上に頭皮はさっぱりと感じると思います。

 

洗浄力が比較的強いので、毛髪コンディションによっては(ダメージ毛など)結構ゴワゴワ軋みが出ると思いますので、人を選ぶと思いますが「オイリー頭皮の悩みを抱えている人」にはおすすめできると思います。

他にもワックス等スタイリング剤を使用している短髪の男性などにもおすすめです。

おすすめ育毛シャンプー

 

 

【JO】の解析

最後は【JO】の解析です。

【JO】は「乾燥しがちな髪用」ということになっています。

 

まずは同じくメイン洗浄成分はラウレウス-4酢酸Naです。

で、それに続いてコカミドプロピルベタイン、ラウリルベタインと低刺激・低洗浄の両性界面活性剤が続きます。

両性界面活性剤というのはカチオン(プラス)とアニオン(マイナス)両方の性質を持っているので、カチオンの特徴である毛髪に吸着して毛髪柔軟化をさせる作用もあります。

それが2種配合されることで、シリーズの他の2種よりも「毛髪を柔らかくできるかな」と思います。

で、そこにさらに「ホホバ油」が配合されることで保湿力が高まり、「乾燥毛用」という処方にしてあるんだと思います。

 

まとめると毛髪補修成分は特別に配合されていないけど、悪くない洗浄成分にホホバ油という組み合わせで、シンプルなしっとり系のシャンプーに仕上がっていると思います。

 

おすすめしっとりシャンプー

 

アレルギー・敏感肌におすすめ?

成分数が少なく、使用している成分も昔から使用されているような凡庸な成分が多い。

さらに成分的にも低刺激なものが多いので、アレルギーや敏感肌に悩まされていて、「いろいろ試しているけどなかなか私に合うのがない」という人には試してみる価値はあるシャンプーではないかと思います<m(__)m>

 

【スポンサーリンク】

 

総括

このルベル ナチュラル ヘアソープ3種を総括すると、悪くない組み合わせの洗浄成分で出来たとてもシンプルなシャンプーという印象です。 

すごい良いシャンプーというイメージではないですが、「市販シャンプーよりもいいものを使用したいけど、高すぎるのは無理」というときに、容量から考えたらとても安いですので美容院専売品の導入部分、入口的なシャンプーかなと思いました。

積極的におすすめする気はないけど、使っていて悪いものではないかなと。

★LebeL ルベル ナチュラル ヘアソープ ヘアトリートメント 1.6L 《 1600ml 》 x 2本 リフィル 詰替用 選べるセット

価格:5,500円
(2018/1/14 17:26時点)
感想(11件)

LebeL ルベル ナチュラル ヘアソープの成分解析

 

最後になりますが「ダメージ毛用」「健康毛用」「乾燥肌用」というのは、同一シリーズ3種の中で振り分けたらこうです。という意味であって、「ほかのダメージ毛用シャンプーと比較した時に同等のものである。」ということではありません。

 

これは良い意味でも悪い意味でもで、これよりもまったくダメージ毛のことを考えていないような作りなのに、ダメージ毛用を謳っているシャンプーもあれば、これよりももっとダメージ補修成分がふんだんに配合されている優れたダメージ用シャンプーというものもあります。

 

ダメージ毛用と書いていなくても、このシャンプーよりもダメージ毛用だなと思わせるシャンプーもあります。

 

ですので、「ダメージ毛用」「健康毛用」という括りは、このシリーズ内で比較してのものだということはご理解ください。

これは、ルベル ナチュラル ヘアソープに限らずすべてのシリーズ物のシャンプーに当てはまる話です。