「ヘアレシピ シャンプー ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピの成分解析です!!

 

今日ドラッグストアに行ったんです。

ネタになるようなシャンプーないかなぁ。って。

 

もちろん美容院ジプシーなお各様にお勧めできるようなシャンプーを探しに行ったんです。

 

そこで見つけたシャンプーが「ヘアレシピ」

 

解析していきます<m(__)m>

 

【スポンサーリンク】

 

 

口コミで評判のヘアレシピ シャンプー ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピの成分は?

【成分】
水,ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na,コカミドプロピルベタイン,塩化Na,クエン酸,クエン酸Na,キシレンスルホン酸Na,香料,コカミドMEA,安息香酸Na,EDTA-4Na,エチレンジアミンジコハク酸3Na,PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,硝酸Mg(キ),ハチミツ,黄4,PG,メチルクロロイソチアゾリノン,塩化Mg(キ),メチルイソチアゾリノン,赤227

 

ヘアレシピ シャンプー ハニーアプリコットエンリッチモイスチャーレシピの解析

で、そのドラッグストアで大体的に売り出していました↓

ヘアレシピシャンプーを解析

 

読みづらいですかね(-_-;) 書き直しますね。

================

”美”や”健康”のために”食”へこだわる様に髪にごちそうを与えてきれいな髪を目指しましょう。栄養士とヘアエキスパートの共同開発コンセプトだから心強い!!原材料・調理法・レシピへのこだわりはスゴイ☆イイコトがギュっとつまったヘアケアです♫ぜひお試しください!!おすすめです。

 ================

だそうです<m(__)m>

 

ちなみに僕の第一印象は、「費用対効果が非常に悪いシャンプーかなぁ」と思いました。

 

シャンプーで一番大事な洗浄成分が「ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na」の2つ。
(成分の読み方を知りたい方はこちら→「シャンプーのおすすめを見極める方法」)

つまり、安い洗浄成分であり、且つ、脱脂力が非常に強くて頭皮・毛髪の負担になりやすいNO1.2がメイン洗浄成分として配合されているシャンプー

================

※なんでこんなに洗浄力強いの??

って、この背景には「水の問題」があるのではないかと思います。

P&Gは海外メーカーですが、海外は硬水の地域が多く、やさしい洗浄力の洗浄成分だとほとんど洗えないこともあります。(日本は軟水です)

「どの国でもしっかりと洗浄できるように」と考えると、この2つの組み合わせになってしまうのかなぁ・・・と個人的には思っています。

現に海外メーカーは国内メーカーに比べて洗浄力が強いものが多いですので、背景にそういうことがあるのかなぁ・・・なんて。

================

 

洗浄成分以外の成分で、特筆すべき成分は特に配合されていません。

 

この価格の高さは、「高価な成分を配合しているから」というよりは、パッケージデザインや、香りへの研究費や、宣伝費など、どちらかというと女子力に訴えかけるような部分にお金を投入したからなのかなぁ・・・と感じます。

 

 

この商品のキャッチコピー。

栄養士とヘアエキスパートの共同開発

ということなのですが、

 

栄養士さんが関わってそうな成分は、イチジク果実エキス、キウイエキス、キンカン果実エキスくらいです。でもこの3つのエキスはそれぞれ1%未満しか配合されていません。

確かに1%未満の配合で効果を出す成分もありますが、ただのフルーツエキスが1%未満配合されて如何ほどの効果を与えてくれるのかは未知数です(>_<)

 

まあそもそもこれを言ったらおしまいなんですが、、、

「髪にごちそう♪」って・・・髪の毛って死んだ細胞なので何も食べませんけど(;^ω^)

ってことなんですよね。

 

そうなると、栄養士さんって必要だったのかなあぁ・・・って。

 

ヘアエキスパートというのもかなりあいまいな肩書ですね(名乗ったもん勝ちですし)。

まあここでいうところのヘアエキスパートってのは、要はシャンプーを研究製造しているヒトのことだと思うのですが、だとすればどこのメーカーさんでもいますので特別感はありませんし・・・。

 

 

あと、ドラッグストアの薬剤師さん。

少なくとも上記の宣伝を書いた薬剤師さんは、シャンプーの成分にまったく詳しくなさそうですよね。

 

このドラッグストアでは、ほかにも、

  • シリコンは頭皮をフタして薄毛になるとか
  • この成分は石油由来で出来ているから発がんの危険がある

などなど

ネットで調べたガセ情報を垂れ流してるなぁ・・・と感じる部分が多かったです。

 

でも、そんなことを書かれたら消費者の方は信じちゃいますもんね(>_<)

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は」
「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」

 

そして信じた方がまた誰かに「ねえ知ってた?」と伝えていくことで伝言ゲームのように拡散されていっちゃうんですよね(>_<)

 

同価格帯の人気シャンプー
 

 

ワンランク上のおすすめシャンプー

 

サンプルでお得に試せるおすすめシャンプー

 

【スポンサーリンク】

 

ヘアレシピの口コミは?

某口コミサイト「●コスメ」でヘアレシピシャンプーの投稿を見ていて、気になる口コミがありました。

まさにこの口コミがヘアレシピに限らず市販シャンプーの多くで起きている”あること”を差している内容だなぁと思ったのですが・・・。

 

以下一部抜粋↓

シャンプーきしきし!!でもコンディショナーをするとツルツルっと指通りが良くなり、一安心。乾かしてみると、うーん。指通りが凄くいいとは言えない。広がらず、まとまらず。な感じでイマイチ。でも、頭皮の痒みやこれといってダメとも言えなかったのでそのまま使うことに。
(2日目)
乾かしたあと、あれ?昨日乾かした時より指通りいいかも。でも劇的に良いとも思えず、悩む。
(3日目)
なんだかまとまりが良くなってきた!明らかに指通りが良くなってるし、髪にツヤが出てきた!旦那にもいい感じだねと言ってもらえて上機嫌☆
その後、一週間経ちましたが問題なく、毎日うきうきです。

髪質は細く、ロングで、パーマとカラーリングでボロボロ。トリートメントは欠かせないダメージヘアです。

 

上記と下記、色で見分けてください

突っ込みどころ1

シャンプーきしきし。でもコンディショナーでツルツルって・・・。

シャンプーっとして駄目じゃないですかね。

ラウリル硫酸とラウレス硫酸のダブルパンチで毛髪にかなりの負担がかかったんですよね。

で、コンディショナーでツルツルってそれはシリコンのおかげです。

 

・突っ込みどころ2

「日に日に仕上がりがツルツル」って、それこそシリコンのビルドアップってやつなんですよ。

シャンプーはノンシリコンで、トリートメントにシリコンが入っていますが、このトリートメントに配合のシリコン「ビスアミノプロピルジメチコン」ってのは、流しても流れずに毛髪に吸着しやすい成分。

つまり毎日つけるごとに落としきれなかった「ビスアミノプロピルジメチコン」が積み重なっていきます。

 

1段1段積み重なってビルが出来上がっていくように、毎日毎日シリコンが積み重なってビルドアップされていくんですね。

 

その結果、日に日に仕上がりはツルツルになっていきます。

でもこれは毛髪内部が修復されたわけではなく、毛髪表面がシリコンで強固にコーティングされたことで人工的に手触りを良くしたにすぎません。

 

基本的にシリコンは悪者ではないと、何度も書いてきていますが、このビルドアップされすぎたシリコンってのは確かにパーマの邪魔をしたりします。

 

これが美容師を悩ます1番の問題なのですが・・・次の突込み3で書きましょう。

 

↓一応これがトリートメントの成分です。

水、セタノール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリルアルコール、ビスアミノプロピルジメチコン、クオタニウム-18、香料、ベンジルアルコール、ヒドロキシプロピルグアーガム、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ポリソルベート60、クエン酸、EDTA、PG、オレイルアルコール、硝酸Mg(キ)、キウイエキス、キンカン果実エキス、イチジク果実エキス、黄4、メチルクロロイソチアゾリノン、塩化Mg(キ)、メチルイソチアゾリノン、青1

 

突っ込みどころ3

髪質は細く、ロングで、パーマとカラーリングでボロボロ。

で、このトリートメントで日に日にツヤツヤ・・・。

 って美容師にとって最悪なコンディションってことじゃないですか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

美容師の不可抗力で美容院ジプシーになりやすいタイプと言えます。

 

この口コミの人がジプシーかはわかりませんが、ボロボロの毛髪がトリートメントでツヤツヤになった状態って「ストロー毛」って言ったりします。

 

傷んでいて中身スカスカなのに、表面にシリコンが毎日くっつくことで表面がだんだん固くなる(よく言えばハリコシ?)。

その状態がストローみたいなのでストロー毛。

 

 ストローのように表面はツヤツヤで硬い。=シリコンコーティング

& 

中が空洞=髪の内容成分流出しまくりのハイダメージ毛

 

こういう髪の事ですね。

 

で、毛髪は海苔巻きのようになっています。

表面の海苔がキューティクルで、中のお米がたんぱく質などの毛髪内部成分。

 

つまり、

海苔の表面に何度も糊(ノリ)みたいなもんを重ね付けすることでツヤも出て固さも出てくるけど、中のたんぱく質は流出した状態です。

 

で、例えば

美容師がダメージしてる毛を見て、「傷みすぎててパーマかかりませんよ」って言われたことないですか?

 

これって、海苔巻きでいうとパーマはお米にかけるのですが、傷みすぎててそもそもお米がないと掛けようがないってことなんですよね。
「パーマがかかる仕組み」 
「パーマ失敗の原因は毛髪コンディションにあり?」

 

だからこの口コミを投稿した人。自分では傷みが修復できてると思っているじゃないですか?

で、「修復されたからパーマ掛けよう♪」って美容院でパーマかけても、かからないんです。

 

しかもパーマ液は表面のシリコンはがすので、 本来のダメージがまた顔を出すんです。

 

 この事情分からないとパーマ後の感想はどういったものになると思いますか?

 

 「せっかく髪の毛を修復させたのに、パーマはかからないわ、髪はスゴイ傷んだわ、この美容院最悪<(`^´)>」って思うんじゃないですかね。

 

で、「また修復させないと」って高濃度シリコントリートメント製品で「ツルツルになることはあっても、修復されることはないんです!!」

 

ただ、それがダメだとは一概には思いません。

結果としてツヤツヤの毛髪は手に入りますので、それはそれでハッピーですよね♪

なるべくコーティングをしない様なシャンプーやコンディショナーを使うことで毎日パサパサでストレスを感じているのなら、コーティング力でツヤツヤを手にするのも全面的に否定する気はないというか・・・。

理解したうえで使用される分には全然ありだとは思います。

「メイクヘア(整形髪?)とスッピン髪。あなたはどっち派?」

 

僕たちは分かるんですよ(美容師なら誰でもわかるのかはわかりませんが)

髪の毛触れば、髪にハサミいれれば・・・。

 あっストロー毛だって。

 

でも伝え方って難しいですよぉ。

 

そのお客様は良かれと思ってやっていて、それで修復できていると思っているんですから、どうやって「修復しているわけではないんですよ」ということを伝えるべきか・・・。

どうオブラートに包んで伝えようと思っても受け取られ方によっては、「気分を害されてしまうと思うんですよね」・・・。

 

ヘアレシピシャンプー
【メーカー】
 P&G
 

 

P&Gのシャンプーって・・・。

このシャンプーの成分見た瞬間に思いました・・・。
 
あっこのシャンプーのメーカーP&Gだ!!って。
 
  • パンテーン
  • ヴィダルサスーン
  • h&s
  • ハーバルエッセンス
  • クリニケア

とかと一緒のP&Gだっ!!

ってすぐにわかりました。

 

ホントに。メーカー見る前にわかりました・・・。

 

シャンプーメーカーってブランド名が違っても同じメーカーであれば、ほぼ主成分の作りって一緒なんですよ。

 

で、P&Gってのは、大体この作りですので・・・。

 

シャンプーや化粧品の口コミについて

っていうか、あの〇コスメという有名口コミサイト

 

上位にランキングされているものは、「成分の良いもの」ではないんだなぁとつくづく感じます。

 

「使用感の良さ」=「その製品の良さ」につながらないのがシャンプーの怖いところだなと思います。 

使用感の良さってのは表面上のこと、つまりシリコン感ですからね。

 

極端な話、シリコンをうまく配合して毛髪表面をツルツルに仕上げれば、「使用感は良い」のでアットコスメの口コミは高評価になってしまうという(-_-;)

 

「使用感の良さ+そのうえで成分が良い」というときに初めて良い製品と言えるのではないかなぁ・・・と思っています。

 

成分解析&使用感共にgoodなおすすめシャンプー一覧

 

シリコン以外でも、シャンプーを例に出すと、(以下の話はもうヘアレシピとは関係のない話ですのでご了承ください<m(__)m>)

シャンプー洗浄中やその後の仕上がりがサラサラするように、シャンプーにリンス成分(4級カチオン界面活性剤)が配合されている製品があります。

リンス剤(トリートメント・コンディショナーを含む)には大抵これが配合されていて、リンスで感じる効果はこの成分の効果と言ってもいいような成分です。ですのでシャンプーに配合されている場合は、リンスインシャンプーです。(性能はリンスインシャンプーだけどシャンプーとして販売してるものがほとんどです)

 

で、このカチオン界面活性剤を頭皮に付けるとどうなるか?

皆さんが大嫌いなラウレス硫酸等よりも頭皮の刺激になると言われている成分です。リンスは頭皮につけないと言われているのはこの成分が配合されているからです。

 

ですが脱脂力の強い洗浄成分で起きる軋みを緩和してサラサラにしてくれるものでもあります。

(実際のところ大抵の人は、カチオン界面活性剤が配合されていてもリスクは高まるけども、実際に頭皮トラブルが起きることは少ないです。)

 

どう思いますか?

口コミ的には、仕上がりがサラサラになる良いシャンプー♫

でも、それって誤魔化されているだけってこともあるんです!!

この場合、長い目で見てどう考えても良いシャンプーには思えないですよね?

 

もちろん成分的にも優れていて、シャンプーだけでもサラサラといい感じになる上に成分的にも申し分のないものもあるんですよ(個人差はありますが)。

 

こういうマジック(カラクリ)が起きるので、口コミだけでは何とも言えないんですよね。

もちろん逆に言えば、自分でいうのもなんですが、成分解析だけでは使用感はわからないんですけどね・・・。

つまり「使用感&成分解析」両方に優れている場合に「優秀なシャンプー!!」と言えるのかな、と思います。

 

◆当ブログでおすすめしているシャンプーは、実際に試して使用感も良かったシャンプーです。
「おすすめシャンプー解析」

 

市販製品だとどうしても、「使用感&成分」の両立はコスト的に厳しいでしょうから、その場合、成分の中身より仕上がりを重視した方が消費者ウケは絶対に良いので、そういう作りの製品が増えていくんですね。

 

特に最近はインスタの流行によって、実際の中身よりも製品のおしゃれさ、仕上がりのツヤ感など写真として訴えかけやすいものを目指して開発しているメーカーさんが多いですので、より中身よりも見た目重視の時代に突入しているような気がします<m(__)m>

 

成分が良い上で使用感も良ければ二重丸(◎)なんですけどね♫

 

※1000円以上出す気があるなら、今現在僕の思うコスパNO1のシャンプーは「ハーブガーデン さくらの森シャンプー」です。

 

そのほかのおすすめシャンプ-解析一覧はこちら

 

とその前に

※市販のCMシャンプーの立ち位置をご理解下さい。

まずはこちらを一読⇒「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

 

※シャンプーを選ぶときのコストの基準はこちら

「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?