AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアシャンプーの成分解析

AROMA KIFIダメージケア

今回は、AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアシャンプー&ダメージケアトリートメントの成分解析です。

 

アロマキフィは、結構人気の通販シャンプー?ですかね。

 

◆実際の使用感・レビューはこちら
⇒「アロマキフィ ダメージケアシャンプーの使用感・口コミレビュー

 

【スポンサーリンク】

 

 

AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアシャンプー&ダメージケアトリートメントの成分

【AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアシャンプーの成分】

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、(カプリリル/カプリル)グルコシド、ココアンホ酢酸Na、アルガニアスピノサカルス培養エキス、y-ドコサラクトン、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロパンジオール、レシチン、イソマルト、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、クエン酸、香料、フェノキシエタノール

 

【AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアトリートメント】

水、水添ナタネ油アルコール、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、ビス(ダイズ油脂肪酸/ナタネ油脂肪酸)エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、プロパンジオール、ラウリン酸メチルヘプチル、セバシン酸ジエチルヘキシル、(C13-15)アルカン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリルグルコシド、ヒメフウロエキス、y-ドコサラクトン、アンズ核油、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、キャンデリラロウ、イソステアリン酸イソステアリル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、(水添ロジン/ジイソステアリン酸)グリセリル、トコフェロール、香料、BG、DPG、フェノキシエタノール、エタノール

 

【2本セット】AROMAKIFI アロマキフィ ダメージケア シャンプー 500ml・トリートメント 500ml

価格:2,190円
(2017/4/17 18:02時点)
感想(4件)

 アロマキフィ ダメージケア シャンプーの成分解析

 

AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアシャンプーの解析

まずはいつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分はこちら。

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、(カプリリル/カプリル)グルコシド、ココアンホ酢酸Na

===========

ラウロイルメチルアラニンNaがアミノ酸系で低刺激なのに、洗浄力が比較的ある洗浄剤。それにコカミドプロピルベタインという低刺激・低洗浄でマイルドに仕上がる洗浄剤を加えることでバランスをとっています。

それ以外の洗浄剤は補助として少々配合されている感じだと思いますが、いずれも低刺激な洗浄剤です。

ですので総合的に洗浄成分を見ると、適度に洗えて低刺激な悪くない組み合わせだと思います。

 

それ以外の成分で、毛髪補修系と言えば「y-ドコサラクトン(ラクトン誘導体)」です。

こちらが、毛髪内部&外部の補修剤です。簡単に言えば、熱に反応して毛羽立っているキューティクルをきれいに整えてくれます。

(この記事を執筆している本日の時点でなぜかアロマキフィのホームページ上では「g-ドコサラクトン」と記載されていますが、商品パッケージには「y-ドコサラクトン」と記載されているので、ホームページの「g」は間違えているのだと思います。)

あとは各種アミノ酸が保湿を。

アルガニアスピノサカルス培養エキスが賦活作用があるようですので、頭皮の環境を整える働きがあると思います。

 

オイル系がほとんど配合されていないので「ダメージケア」という商品名でイメ―ジするしっとり感よりは、さっぱりとした仕上がりになるのかなと思います。

 

シャンプーを総合的に見ると、悪くないシャンプーだと思います。

ただ、アラニン洗浄剤系はアミノ酸系でもさっぱりとした洗い上がりなので、「しっとーり」が好きな人には向いていないかもしれませんね。

 

 

AROMA KIFI(アロマキフィ)ダメージケアトリートメントの解析

ベース油剤は、水添ナタネ油アルコールで、これは自然派やオーガニック系のメーカーが良く利用する安全性の高い油剤です。

 

毛髪補修剤は、シャンプーと同じようにg-ドコサラクトンが配合。さらにジラウロイルグルタミン酸リシンnaが配合されています。

(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa=30秒~1分ほどで毛髪内部に浸透し、すすいでも流されず吸着してくれる毛髪補修剤)

 

トリートメントは悪いものではないですが、ちょっと特徴を見つけずらい感があります。

 

【スポンサーリンク】

 

ベヘントリモニウムクロリドの皮膚刺激・アレルギーについて

こちらのシリーズにはシャンプー&トリートメントともに、ベヘントリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤の一つ)という成分が配合されています。(シャンプーは少量・トリートメントはメイン使いです)

 

これは、毛髪のきしみ緩和・帯電防止等の理由で配合される成分です。リンスのリンスたる所以のような成分です。

 

しかし逆に言えば、「リンスは頭皮につけない」と昔から言われている理由は、この「ベヘントリモニウムクロリド」に皮膚刺激があると言われているからです。

 

 

さらに「極まれにアレルギー症状を起こす人がいるから注意してくださいね」と言われていた旧表示指定成分の一つでもあります。

 

まあ旧表示指定成分だから「危ない!!」とか「ダメ!!」という気はさらさらないんですが、肌が弱い・アレルギー体質の人で、仮にアロマキフィダメ――ジケアシャンプー&トリートメントでかゆみが出たときはこの成分の可能性がありますので、一応注意喚起しておきますね。

※旧表示指定成分だからってそこまで気にしなくていい理由はこちら
「ヘアカラートリートメントと旧表示指定成分と「かゆみ・炎症」について」

 

 

ただこのベヘントリモニウムクロリドは本当に皮膚刺激・アレルギー性が高いのでしょうか?

僕もそのように習ってはいるのですが、よくよくいろいろな製品を見ると結構頑張っているメーカーさんの商品でも配合されていることがあります。

 

んで、口コミを見ると特別「かゆい」「炎症起こした!!」というコメントが多いわけでもありません。(もちろん0ではありませんが、そのほかの製品と比較して特別多くないということです)

 

そのことから考えると、やはりごく一部の人にはかゆみや炎症・アレルギー症状が出るかもしれませんが、それ以外の人が神経質に気にする必要もなさそうですね。

 

まとめ

結論としては、この価格帯で購入できるシャンプーの中では候補になるシャンプーだと思います。

 

ただ、「ダメージケアという名称がつくほど「ダメージケア」かなぁ・・・」という感想も持ちます。

これはほかのアロマキフィに比べたら「ダメージケアですよ」ということなんだと思います。

よくある「当社製品の中での比較では・・・」ってやつですね。

 

そしてベヘントリモニウムクロリドについて触れたように、仮にかゆみや炎症が出るようでしたら即刻使用を控えてくださいね。

【2本セット】AROMAKIFI アロマキフィ ダメージケア シャンプー 500ml・トリートメント 500ml

価格:2,190円
(2017/4/17 18:02時点)
感想(4件)

 

◆実際の使用感・レビューはこちら
⇒「アロマキフィ ダメージケアシャンプーの使用感・口コミレビュー

 

 アロマキフィ ダメージケア シャンプーの成分解析


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ