2018年2月15日に、アミノメイソンシャンプー&トリートメントに新ラインアップとしてスムースタイプが発売されるようです。(明日ですね)

すでにメーカーサイトで成分一覧は掲載されていますので、一足早めに「成分解析&モイストとの違い」を検証しておこうと思います。

あとは「アメリカ1位」について探ってみました。

 

アミノメイソンモイストについてはこちら

 

 

【スポンサーリンク】

 

アミノメイソン スムースの解析

先に結論を書けば、1500円台の価格帯のシャンプーの中ではなかなか悪くないシャンプーです。

 

では成分解析を<m(__)m>

シャンプーの評価

まずはいつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分から見ていきます。

 

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ココイルメチルタウリンNa

辺りですね。

 

アミノ酸系のラウロイルメチルアラニンNaベースですので、適度な洗浄力&低刺激&サラッとした仕上がり。

そこにコカミドプロピルベタインという低刺激&低洗浄の洗浄剤でバランスを取っている感じです。

 

ちなみに「モイストタイプ」はここまでなんですが、スムースではデシルグルコシドという低刺激&高洗浄の成分と、ココイルメチルタウリンというラウロイルメチルアラニンに似た特徴を持つ成分が加わっています。

つまりモイストより若干強洗浄力にしてあるんですね。

 

いずれにせよさっぱり系の悪くない洗浄成分の組み合わせです。さらにハッカ水も加わってさっぱり感を演出している感じですね。

 

それ以外では「〇〇液・〇〇エキス・各種アミノ酸」などの保湿剤が数多く配合されています。これだけ多いということは、一つ一つの成分含有量は少ないんでしょうね。

ですので、全部ひっくるめて「保湿!!」という感じですかね。

 

毛髪補修剤としてはメーカー公式では「スーパーアミノ酸」というものがあるようです。

アミノメイソン2

要は、毛髪内部にアミノ酸(しっとり)とケラチン(ハリコシ)を補給して、そのままではすぐ流出してしまうので、表面をプラチナ(白金)で蓋することで流出しないようにした。

ということですね。

「アミノメイソンシャンプー&トリートメントの成分解析」より抜粋

 

【γ-ドコサラクトン】

別名:エルカラクトン

熱を加えることで毛髪内部成分と反応して結合する毛髪補修成分です。

「アミノメイソンシャンプー&トリートメントの成分解析」より抜粋

 

あとは、アミノメイソンの特徴として、シャンプーにクオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリドというリンス成分が配合されているのでリンスインシャンプーという感じですね。

リンス成分は、シャンプー後の軋みを緩和・帯電防止・毛髪柔軟性を付与するためにリンス剤(トリートメント・コンディショナー・リンス)にはほぼほぼ配合される成分群です。

 

ということで

シャンプーまとめ

低刺激ながらさっぱりと洗える悪くない作りの洗浄ベースに

  • 各種保湿剤
  • 毛髪補修成分「スーパーアミノ酸」「γ-ドコサラクトン」
  • リンス成分配合で感触向上

という作りですね。

以前アミノメイソン モイストを試した時にシャンプーだけだと軋みましたので、こちらもちょっと軋みはあるのかな・・・と思いますが、その辺りはサンプルを試し次第記事にしようと思います。

 

いずれにせよ成分解析上は1500円相応の悪くない作りのシャンプーです♪

 

アミノメイソン
【メーカー】
ステラシード
 

 

トリートメントの評価

トリートメントは実際の感触が大事なので、やはり実際に試してからレビューしていきますので、成分解析は簡単に<m(__)m>

  • グリセリン、セタノール、トリエチルヘキサノイン、セテアリルアルコールなどのベース油剤
  • シクロペンタシロキサン、アモジメチコン、ジメチコノールなどのシリコン
  • ベヘントリモニウムクロリド、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドなどの4級カチオン界面活性剤やクオタニウム-33、クオタニウム-18などのリンス成分

これらで基本的な仕上がりの感触を作っています。

特に揮発性のシリコン「シクロペンタシロキサン」がさらさら感を演出するキモになっていると思います。

 

それ以外には、

  • シャンプーと同じく「〇〇液」「〇〇エキス」「各種アミノ酸」による保湿。
  • スーパーアミノ酸による毛髪補修
  • γ-ドコサラクトンによる毛髪補修

 

そしてトリートメントだけに配合されるほかの注目成分としては、

セラミドNG、セラミドNP、セラミドAPなどの毛髪や皮膚にもともと存在するセラミドにセラミド様作用のあるラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)などの各種セラミド。

毛髪内部・外部で成分同士の接着や、キューティクルの毛羽立ちを抑える役目を担います。毛髪補修剤であり、ダメージの予防にもなる感じですかね。

 

【セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク】

これはベジタミドの一つですね。

Vegetamideは、毛髪のキューティクル表面に存在するバリア構造である「F-Layer(主成分:18-MEA)」に類似した構造を持つ、植物ペプチド由来のイオンコンプレックス素材です。

ダメージで失われたF-Layerを、その類似成分であるVegetamideが集中補修することによって、毛髪表面を健康な状態に修復することができます。

「アミノメイソンシャンプー&トリートメントの成分解析」より抜粋

要は、セラミドの様な働きをするセラミドよりも”より表面”で働く成分という感じです。

 

【スポンサーリンク】

 

ということで

トリートメントまとめ

感触はさらっと良い感じだと思います。

毛髪補修剤も各種セラミドとベジタミド・γ-ドコサラクトンとバランスよく配合されています。

 

まああとは試してどうかですが、サラッと収まりが良い感じだと思います。

 

アミノメイソン モイストとスムースの違い

アミノメイソンには先に発売されているモイストタイプもあります。

基本的にはどちらも1500円相応の悪くないシャンプーです。

 

で、それを踏まえて

  • シャンプーでは、モイストの方が洗浄力が弱め&リンス成分の量が豊富。つまりよりしっとりする。
  • トリートメントもモイストの方がシリコン含有量が多いのでその分しっとりする。

というところが特徴的な違いではないでしょうか。

 

まあ基本的にはベースは同じものでそこにちょっと特徴を加えた感じですかね。

 

  • よりダメージ毛・パサつきが気になるならモイストタイプ
  • 油性肌でさっぱりと洗いあげたいけど、ただただ洗浄力が強いだけの市販シャンプーはイヤ!!という場合はスムース

ということでどうでしょう。

 

おすすめシャンプーランキング

 

アミノメイソンスムースは全米1位??

前回の記事でも似たような内容を書いていますが、スムースに絞って簡単に<m(__)m>

◆前回の記事⇒「アミノメイソン・ボタニストに見る海外ランキング1位とは?」

 

アミノメイソン公式サイトでスムースについて確認すると以下のように書かれています。

2017年12月31日

「アミノメイソン スムース」シリーズが、「COSMEIST USA シャンプー・コンディショナー区分 月間ランキング1位」を獲得しました(2017年12月31日付)。

COSMEISTってどんなサイトなのか気になりませんか?

 

アメリカのサイトですが、まあ興味がある人はのぞいてみてください

⇒「COSMEIST

 

見ていただければわかりますが、アマゾンや楽天のような多くのお店が出店するECサイトではありません。

 

一つのお店なんですね。イメージ的には1店舗しかない町のドラッグストアみたいな感じ。(正確にはサイトですが)

で、シャンプーの出品数は50個ほど(2018年2月現在)・・・アマゾン・楽天などのECサイトと比較すると「少な!!」という感じですね。

 

 

しかも以下のように書かれています。

What is Cosmeist?
Cosmeist is a curated cosmetics shop selling cosmetics with an emphasis on Asian Cosmetics. Our line-up will continue to grow continuously so you can enjoy more effective, fun, cute cosmetics in one store.

つまり、「アジアの化粧品をメインに扱っていますよ」と書かれています。

 

確かに、当ブログでも解析しているような「ひまわり」 「いち髪」 「ジュレーム」 「アジエンス」 「エッセンシャル」など日本製シャンプーが販売されています。

 

つまり、アメリカにあるアジアの化粧品を扱っているサイトで50個前後のシャンプーの中で月間ランキング1位だったようです。

 

しかも×1、月間ランキング1位というのは、なんの1位なのかは記述がありません・・・。セールス1位ということではないのかな??

 

しかも×2、2017年12月31日に月間ランキング1位を取ったのに・・・レビューは「0」です(2018年2月14日時点で)

 

しかも×3、cosmeist社について調べると2016年8月にカリフォルニア州に「定款」が提出されています。日本の感覚通りであれば定款は会社の法律・憲法のようなものですので、設立のタイミングで提出するものかなと・・・ですのでこの頃に会社ができている?

仮にもっと以前からあるとしても定款を提出したのが2016年8月ということなら、本格的に始動したのはこの頃になると考えていいのかなと・・・。

そう考えるとめちゃくちゃ若い会社ですね。

 

しかも×4、cosmeistの社長さんは日本人みたいです・・・ってこれは別に関係ないか(笑)

日本のシャンプーばかり扱っているので「そうかなぁ」とは思いますもんね。

 

つまり、アミノメイソン スムースは

  • 日本製なのに先にアメリカのcosmeistというサイトで販売して
  • レビューは0件だけど、約50個ほどの日本製シャンプー達の中で、何のランキングかはわかりませんが2017年12月31日に月間ランキング1位を獲得して
  • 「全米1位を獲得した」という肩書を引っ提げて2018年2月15日に満を持して日本発売!!

ということですね。

 

※批判しているわけではありません。調べた結果「こうだった」ということです。

 

最近ドラッグストアでもホント「アメリカで1位獲得」「フランスで1位獲得」みたいな宣伝が増えてきましたよね。今日ちょうどドラッグストアに行きましたが、以前解析した「アミノレスキュー」とかもこういう宣伝がされていましたし。

 

日本人は「海外1位」に弱いですからね。

先に「海外1位」の肩書を得ておくと、日本で発売するときに爆発力が違うんでしょうね♪

 

まとめ

話はそれましたがアミノメイソンスムースシャンプー&モイストの成分解析のまとめです。

それぞれ1512円(税込)ですが、それ相応の悪くないシャンプー&トリートメントだと思います。

 

こちらはスムースタイプですので、さっぱりと洗いたいけど、洗浄力が強すぎて毛髪や頭皮に負担になるのは避けたい!! 

という人に向いていると思います。

 

おそらくシャンプーはちょっと軋むかなと思いますが、トリートメントはシクロペンタシロキサン(シリコン)でサラサラになるし、各種セラミドやエルカラクトンで毛髪補修もできますので、なかなか良い仕上がりになると思いますよ。

※当サイトのおすすめシャンプー一覧に掲載予定はありません。

実際の使用感はサンプルを手に入れ次第、検証後公開しようと思います。

 

アミノメイソン

 

 

アミノメイソン スムースの成分

シャンプー
水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、デシルグルコシド、ココイルメチルタウリンNa、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解乳タンパク(牛乳)、乳タンパク(牛乳)、キイチゴエキス、アンズ果汁、ローズマリー葉エキス、レモン果実エキス、ザクロ果実エキス、マカデミア種子油、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、カキタンニン、ハッカ水、ラベンダー花水、白金、加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、γ-ドコサラクトン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、アセチルヒドロキシプロリン、ヒドロキシプロリン、シスチン、ポリクオタニウム-10、レシチン、ダイズステロール、キサンタンガム、トコフェロール、乳酸Na、グリセリン、PPG-3カプリリルエーテル、クエン酸、安息香酸Na、EDTA-2Na、クオタニウム-18、タウリン、ベヘントリモニウムクロリド、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、クエン酸Na、塩化Na、BG、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール、香料

  • 450ml
  • 1512円

 

 

トリートメント
水、グリセリン、セタノール、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサノイン、セテアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解乳タンパク(牛乳)、乳タンパク(牛乳)、キイチゴエキス、アンズ果汁、ローズマリー葉エキス、レモン果実エキス、ザクロ果実エキス、マカデミア種子油、アボカド油、ホホバ種子油、アーモンド油、ラベンダー花水、白金、加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、γ-ドコサラクトン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、アセチルヒドロキシプロリン、ヒドロキシプロリン、シスチン、クオタニウム-33、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、トコフェロール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クオタニウム-18、コレステロール、ダイズステロール、タウリン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、EDTA-2Na、クエン酸、クエン酸Na、PG、BG、アモジメチコン、ジメチコノール、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール、香料

  • 450ml
  • 1512円