今回はダヴモイスチャーケアシャンプーの成分解析です。

「うるおい」をウリにしている製品ですので冬の乾燥対策になるかが気になるところですよね。

解析していきますね。

 

【スポンサーリンク】

 

ダヴモイスチャーケアシャンプーの成分

【成分】

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、ジメチコノール、コカミドプロピルベタイン、加水分解ケラチン、トレハロース、シア脂、グリセリン、アルギニン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、カルボマー、コカミドMEA、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、塩化Na、TEA、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸N、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

Dove ダヴ モイスチャーケア シャンプーポンプ 500g

新品価格
¥580から
(2017/12/16 00:57時点)

ダヴモイスチャーケアシャンプーの解析

成分解析をしていきます。

まずはシャンプーで一番大事な洗浄成分がラウレス硫酸Na。

低刺激・低洗浄のコカミドプロピルベタインも配合されていますが、その前にジステアリン酸グリコールという製品にパール感を出す&粘りを出す成分と、ジメチコノールというシリコンの仲間が配合されているので、そうなるとラウレス硫酸Naの特徴が強く出ると思います。

 

ということは、強洗浄力で刺激もちょいとある感じですね。

 

洗浄成分は極力安く・・・を目指したような感じですかね。

 

で、このままだとごわつきやすそうなので、そこにシリコンがドカッと入って手触りを良くしてます。

 

それ以外にも特筆するような成分は僕的にはありません。

 

ダヴはイメージとしてミルク感があったのですが、成分を見ると特にそういう感じでもないんですね・・・。

 

珍しくシャンプーにシリコンが配合されていますのでラウレス硫酸Naの強さを緩和というか・・・シリコンが4番目に配合とかなり多く入っていますが、ということは、それだけ入れないといけないんだな・・・という印象を持ってしまいます。

 

気になる成分??

旧表示指定成分・・・TEA、EDTA-2Na、安息香酸N、メチルクロロイソチアゾリノン

と4つの旧表示指定成分が配合されています。

 

詳しくはこちら(旧表示指定成分とは)で確認いただくとして、基本的に僕のスタンスは旧表示指定成分はその成分にアレルギーを持っている人が気を付ければいいだけで、今現在使用されている旧表示指定成分に特別恐れる必要はないと思います。

が・・・多くの種類が配合されているということはそれだけアレルギー反応を起こす人が増えるということですので、アレルギー体質の人はお気を付けください。

 

で、もう一つ気になるのが「メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン」の2つ。この2種は欧州では「洗い流さない製品」への配合が禁止になっています。「洗い流す製品」でも配合上限が決められています。

この辺の話はこちらで詳しく書いています。(ラックス ボタニカルピュアシャンプーの成分解析の目次「皮膚刺激について」をご確認ください)

 

と、いろいろ気になる成分が配合されているのでそれらに反応を起こす人や気になる人は気を付けくださいね<m(__)m>

 

【スポンサーリンク】

 

うるおう?冬の乾燥対策に効果的??

このクラスのシャンプー(500円くらい)は大概が洗浄力が強いです。安価なラウレス硫酸Naなどに頼る作りです。

でダヴもその例にもれずその作りなのですが、ダヴには多くのシリコンが配合されています。ということは同じ500円台のただ洗浄力が強いだけのシャンプーよりはコンディショニング力は上だと思います。

ということでこの価格帯の中では「潤い感」や「乾燥していない感」をシリコンのおかげで感じることができるのではないかと思います。

 

まとめ

ということで、僕の基準ではお勧めする要素があまりないシャンプーです。

ただ、相当安いのでそこは家計の味方になってくれると思います。

詰替ですが1Lでこの値段ですよ( ゚Д゚)

【大容量】 Dove ダヴ モイスチャーケア シャンプー つめかえ用 1kg

新品価格
¥702から
(2017/12/16 00:57時点)

ですのでかなり安いシャンプーの中から選ぶのであれば、成分的にはほとんど同じですのでそれならシリコンインのおかげで仕上がりが良いであろうダヴを使うのはありかもしれませんね。