モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャインの成分解析

今回は吉高由里子さんの出ているCMシャンプー「モイスト・ダイアン オイルシャンプー エクストラシャイン」の成分解析をしていきます。

 

 

※モイストダイアン 他シリーズはこちら
「モイストダイアン オイルシャンプー ボタニカルダメージリペアリング成分解析」

※モイストダイアンを実際に試したレビュー記事はこちら
「モイストダイアン オイルシャンプー エクストラモイスト成分解析/口コミレビュー」

 

【スポンサーリンク】

 

 

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャインの成分

 

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャイン 400ml[モイストダイアン オイルシャンプー]

価格:905円
(2015/5/25 16:55時点)
感想(0件)

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャインの成分解析

「成分」
水、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、DPG、ココイルグルタミン酸TEA、ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、コロハヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、塩化ヒドキシプロピルトリモニウムデンプン、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、オプンチアフィクスインジカ種子油、水添アルガニアスピノサ核油、アンズ核油、水添アンズ核油、シロバナルーピン種子油、マンゴー種子油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、バオバブ種子油、プルーン種子エキス、テオブロマグランジフロルム種子脂、リンゴ果実培養細胞エキス、ピタヤ果実エキス、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、ミクロシトルスオウストララシカ果実エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、白金、ポリクオタニウム-10、ケラチン(羊毛)、セラミド3、セラミド2、セラミド62、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、加水分解ヒアルロン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、PCA-Na、クオタニウム-33、BG、尿素、加水分解コンキオリン、コラーゲン、イソマルト、塩化Na、ラウリン酸BG、乳酸Na、コレステロール、炭酸水素Na、キサンタンガム、セルロースガム、レシチン、クオタニウム-18、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、グリセリン、変性アルコール、PG、乳酸、クエン酸Na、トコフェロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

 

◆白のツヤ補修
プラチナファイバー※1でサロン品質みたいな圧倒的※2なツヤを実現。

◆「エクストラシャイン」最大の特徴はその補修方法。
新発想のキューティクル補修技術と浸透力に優れた補修成分が、 圧倒的※2に輝くツヤ髪を作り出します。

※1プラチナのように輝く艶を与えるファイバー(補修成分)
※2モイスト・ダイアンシリーズの中で

◆ツヤ髪2つのPoint
【Pint1】傷んだキューティクルをコーティング 独自処方の「プラチナファイバーネット」
独自処方の「ファイバー」が網のように髪1本1本を包み込み、キューティクルを補修。
美しいツヤ髪が続きます。

【Pint2】立体的なツヤ感 光を放つ「プラチナナノブースター」
自ら光を放つ「プラチナナノコロイド」と保湿成分を「プラチナナノブースター」に内包。髪を内部から潤し輝くツヤ髪へ導きます。

◆話題を呼んでいる「ヴァージンココナッツオイル」や、
美容効果が高いとされ、注目されているフルーツエキス3種類を追加配合しました。

 

【スポンサーリンク】

 

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャインの解析

結論は・・・どっちつかずな感じというか・・・。

 

すごい成分量ですね( ゚Д゚)これだけ成分数が多いということは、一つ一つピックアップすると「いいね♪」と思う成分も、少量しか配合されていない(エビデンス以下の配合の可能性が高い)ということになりますので、もったいないなぁ・・・と思います。

 

まあ良い響きの成分をいろいろ入れるのは消費者にはいいアピールになるんでしょうね。

 

で、解析ですが、一番大事な界面活性剤のメインがラウレス硫酸naとラウリルベタインですので、よくある市販の洗浄成分の安価なつくりのものと同じ感じです。

 

脱脂力の強いラウレス硫酸Naと、その強さを緩和するためのラウリルベタインという作りですね。

このままだとごわつきやすいところに、いろいろな保湿系&コーティング系の成分を組み込むことで感触の良さを出したのだと思います。

「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」
「ラウレス硫酸naは石油由来?ヤシ油由来」

 

響きの良い成分の数を減らして、節約した分でもうちょいいい洗浄成分で作られていたら結構評価も上がったのかな・・・と思うのですが。

やはり売るためには「響きが良い成分」に走るというのはしょうがないですよね・・・(;^ω^)

 

あっ!!あと、あのCMでの吉高由里子さんの「サラサラサラ」ですが、ヘアアイロンでまっすぐにセットすればだれでもあんな感じになりますのでww

 

昔はCMシャンプーって髪の毛モデルがいて、顔を出さずにCMしていたんですけどね。

ヘアアイロンが登場して、誰でもヘアアイロンで簡単にツヤツヤサラサラに出来るようになったのでCMに起用する人も有名な芸能人に変わってきましたね。

 

綾瀬はるかさんとかも、本当はクセ毛ですしね。

 

シャンプーだけであんなにサラサラになれるわけがないww

 

どんなに優れたシャンプーだったとしてもですよ。

 

※モイストダイアン 他シリーズはこちら
「モイストダイアン オイルシャンプー ボタニカルダメージリペアリング成分解析」

※モイストダイアンを実際に試したレビュー記事はこちら
「モイストダイアン オイルシャンプー エクストラモイスト成分解析/口コミレビュー」

 

◆その他、おすすめシャンプー解析はこちら

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ