ケラスターゼ NU バン ニュートリテルミックの成分解析

ケラスターゼシャンプーシリーズの評価、第10弾!!

ケラスターゼ NU バン ニュートリ テルミックの成分解析です。

 

◆ほかのケラスターゼシリーズや、おすすめシャンプー一覧はこちら
「おすすめシャンプー解析」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ケラスターゼ NU バン ニュートリ テルミックの成分

KERASTASE ケラスターゼ NU バン ニュートリテルミック 250ml 【シャンプー】

価格:2,754円
(2015/6/9 10:05時点)
感想(2件)

ケラスターゼ NU バン ニュートリテルミックの成分解析

 【成分】

水、ラウレス硫酸Na、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドMIPA、シクロデキストリン、ポリクオタニウム-10、PPG-5セテス-20、安息香酸Na、ネオペンタン酸イソステアリル、カルボマー、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパク、サリチル酸、ヘキシルシンナマル、リノール酸グリセリル、窒化ホウ素、イソプロパノールアミン、オレイン酸グリセリル、α-イソメチルイオノン、シトロネロール、ベンジルアルコール、キシロース、サフラワーグルコシド、リノレン酸グリセリル、水酸化Na、クエン酸、フェノキシエタノール、香料

 

【商品説明】

乾燥が進み乾ききって、広がり、パサつきに悩む髪に。新開発(サーモ インテンス システム)により、髪の芯まで潤いで満たし、蓄え、乾燥の連鎖を断ち切ります。ブロードライ後は、まとまりのある憧れの手触りへ。 毎日クレンジングしながら深刻な乾燥をケア。広がりを抑え、なめらかな仕上がり。

 

 

ケラスターゼ NU バン ニュートリ テルミックの解析

これ一応 美容院専売品らしいんですが、やっぱり僕はラウレス硫酸ベースのシャンプーは好きにはなれない(=_=)

 

勘違いしないで頂きたいのが、「ラウレス硫酸は石油由来の発がん性物質で危険ですよ!!」とかっていう、一部の自然派信者のネガティブキャンペーンの一環で「ラウレス硫酸は危険!!」なんてくだらないことを言っているわけではありません<m(__)m>

「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」

 

単純に洗浄力が強いので、やっぱりごわつくんですよね(=_=)

で、ラウレス硫酸×コカミドプロピルベタインという組み合わせは、一昔前の日本のCMシャンプーでよく見かけた作りです。

で、この作りに批判が相次いだことで、今ではラウレス硫酸naフリーなどのシャンプーが増えてきているわけですが、これはその一昔前の組み合わせを利用しているんですね・・・そうなると僕的にはなかなかおすすめできる要素が見つからないんですよね(;^ω^)

 

※海外のシャンプーって今でもこういう作りのシャンプーが多いです。これって硬水と軟水の関係もあるんだと思うのですが・・・海外は硬水が多く、日本は軟水地域です。硬水地域の方が単純に洗浄力が落ちるイメージがありますので、海外シャンプーは日本で使用しようと思うとどうしても強洗浄力になっているものが多いように感じます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ということで、ケラスターゼ NU バン ニュートリテルミックは僕的にはおすすめする要素が見つからないシャンプーです(>_<)

 

これを使用するなら市販のシャンプーでも良いような気がしちゃいます(>_<)

 

 

◆そのほかのシャンプー解析やおすすめシャンプーはこちら

「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ