(ひまわり)ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の成分解析と口コミレビュー

ヒマワリ1

今回は、(ひまわり)ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の成分解析と口コミレビューです。

と言っても以前も成分解析をしている商品ですが、実際に試してみましたので口コミレビューも含め改めて記事にしていきますね。

 

以前の記事はこちら
⇒「HIMAWARI(ひまわり)シャンプーは美容師おすすめ?
⇒「青のヒマワリシャンプー ボリューム&リペアの成分解析

 

【スポンサーリンク】

 

ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の成分解析

ディアボーテひまわりシャンプーリッチリペアの成分解析

以前解析したディアボーテひまわりシャンプーからリニューアルされた製品です。(と言ってももうかれこれ立つのですが)

※以前のヒマワリの解析はこちら⇒「HIMAWARI(ひまわり)シャンプーは美容師おすすめ?

 

見間違いでなければ、違いは「サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス」という成分が追加されたくらいです。

サッカロミセスとは「酵母が~」というような成分ですので、「最近の流行り風のものをプラスしておいた」ということなんでしょうね。

ほかのヒマワリ系の各種エキスと同様に少々の保湿作用があるくらいかな・・・と。いや、もう少し優れているのかもしれませんが・・・。

 

=============

 

それでは成分解析です。

 

シャンプーで一番大事な洗浄成分は、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン辺りがメインです。

◆ココイルメチルタウリンNa・・・適度に洗浄力&低刺激&仕上がりしっとり(アミノ酸系?タウリン系?)

◆パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン・・・低刺激・低洗浄・仕上がりしっとり(ベタイン系)

それ以外にも、補助としてココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEAなどのアミノ酸系洗浄成分が配合されています。

 

市販でこの組み合わせであれば文句ない感じです。

 

それ以外には特別毛髪補修成分として特筆すべき成分はありません。

 

各種ヒマワリエキスが保湿力を高めている感じですね。

 

シャンプーで一番大事な洗浄成分にかなりこだわった作りに見えますので、それ以外の部分で特筆すべきところがなくても、市販のシャンプーの価格帯で作るのであれば十分なのではないかと思います。

 

【シャンプー全成分】

水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ヒマワリ種子油、サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキス、アセチルグルコサミン、グリセリン、塩化Na、ミリスチン酸、ココイルトレオニンNa、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-49、ポリクオタニウム-7、エタノール、EDTA-2Na、BG、安息香酸Na、香料、カラメル

ディアボーテ オイルインシャンプー詰替用 360ml[ディアボーテ シャンプー ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用]【あす楽対応】

価格:648円
(2017/5/4 00:46時点)
感想(5件)

ディアボーテ オイルインシャンプー成分解析と口コミレビュー

 

ディアボーテ オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)の成分解析

ディアボーテひまわりシャンプーリッチリペアの成分解析

基本的には市販の一般的なコンディショナーですが、大きく違いのある所は、リンス・コンディショナー・トリートメント(以下「リンス剤」と表記)では必ず配合されるカチオン界面活性剤の違いです。

 

カチオン界面活性剤は、シャンプー後のきしみを緩和して毛髪柔軟性を高めたり、帯電防止に役立つ毛髪表面に吸着する成分です。まさにリンスがリンスたる所以ともいえる成分です。

 

洋服の洗剤に対する柔軟剤のようなものです。

 

ただ、カチオン界面活性剤は吸着性の高いもの(リンス剤としての効果の高いもの)は刺激が強く「かゆみ・炎症」などを起こす可能性があります。(4級カチオン)

逆に吸着性の弱いもの(リンス剤としての効果が弱いもの)は低刺激で安心感は高まりますが、毛髪コンディションに物足りなさを感じることが多いです。(3級カチオン)

 

で、よくある作りは4級カチオンを配合してコンディショニング力を高める方法。その方が簡単かつシンプルな作りになりますので。その代わり刺激性などでリスクがあります。

 

その点ヒマワリは、3級カチオンの「PPG-1/PEG-1ステアラミン・ベヘナミドプロピルジメチルアミン」が使われています。

この2つは、3級カチオンの安全性を保ちつつも、コンディショニング力も以前の3級カチオンよりも向上させたものです。

これらを利用して「なるべく刺激になる成分を避けている」というところに、こだわりを感じますね。

と言っても結局、少々ではありますが、ステアルトリモニウムクロリドという4級カチオンも配合されているのですが(;^ω^)

まあ少々です。そしてそもそも市販メーカーではメイン使いしているところも多いですので、それに比べればなるべく4級カチオンに頼らない作りにしようと頑張っているのだと思います。

 

===============

 

その他の成分で注目の成分は、ポリクオタニウム-107です。ナノゲル粒子で優れた保湿力・毛髪吸着性があり、滑り感の向上に役立ちます。

 

そしてこのシリーズの名称にもなっている各種ヒマワリエキスですが、これは基本的には保湿成分です。

 

あとはシリコンですね。

ジメチコン・アモジメチコン・フェニルトリメチコン・(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー・(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマー

これらのシリコン系成分が、質感作りに役立っています♪

 

ということで、低刺激にこだわりつつも、そのためにコンディショニング力が低下しすぎると、満足度が下がってしまうので、そうならないようにバランスをとったコンディショナーだなぁ・・・という感じです。

 

ディアボーテ オイルインコンディショナー詰替用 360g[ディアボーテ リンス ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用]【あす楽対応】

価格:648円
(2017/5/4 00:47時点)
感想(5件)

【コンディショナー】水、セテアリルアルコール、グリセリン、ジメチコン、PPG-1/PEG-1ステアラミン、パラフィン、DPG、乳酸、ヒマワリ種子油、サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキス、アセチルグルコサミン、ネオペンタン酸イソデシル、ハチミツ、ポリクオタニウム-107、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、グリコシルトレハロース、アモジメチコン、フェニルトリメチコン、加水分解水添デンプン、ヒドロキシエチルセルロース、(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー、(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマー、PEG-160M、(C12,13)パレス-23、(C12,13)パレス-3、BG、ステアルトリモニウムクロリド、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、カラメル

 

 

ディアボーテひまわりシャンプー&コンディショナーの口コミレビュー

ヒマワリ1

それでは、実際の使用感などをレビューしていきます。

◆シャンプー↓↓

ヒマワリ4

ジステアリン酸グリコールという増粘&パーム化剤が配合されていることで、白っぽい光沢のある液体になっていますね。

香りは・・・僕の個人の感想ですが、一昔前のシャンプーの香りがします。そこに「これがヒマワリなのかな??」というような花っぽい香りが混ざっています。

正直いい香りだとは思わないです

 

泡立ては良好&滑りも悪くなく気持ちよく洗えます。

 

シャンプー後の流しも、軋むなく流せたので、やはり市販品としてのクオリティは高いです♪

 

それではコンディショナーを↓↓

ヒマワリ5

かなりかたーいです。粘度強めです。

香りはシャンプーと同じで好みではないです。

僕はいつもノンシリコン系のシャンプー&トリートメントを使用しているので、シリコンインを使用すると、「ヌルヌルして嫌だなぁ・・・(>_<)」と感じるのですがヒマワリはそこまでシリコン感が嫌じゃないです。

 

さらっと作られている感じがします。

市販の他のメーカーのシリコンインリンス剤だと、もっと重ーいというか・・・。

よく言えばツルツル感・まとまり感がすごいということなんですが・・・。

 

そういう作りに慣れていない僕的には、この人工的なツルツル感には抵抗がありますので、これくらいのシリコン感なら良いかな♪

 

と思える仕上がりでした。

 

【スポンサーリンク】

 

まとめ

成分解析的にも、実際の使用感的にも、やはり市販品の中ではかなり優れているシャンプー&コンディショナーだと思います。

◆市販品の立ち位置の確認もお願いします<m(__)m>
⇒「市販のCMシャンプーのおすすめ度

 

ただ、僕の言う「優れている」というのは、決して「ツルツルサラサラでまとまりがある」という意味ではありません。

 

シャンプーは本来、髪を傷めるものです。

Tシャツも、どんなに優れた洗剤で洗おうが必ず傷んでくるし、色落ちしていくのと同じです。

 

ですので、どれくらい毛髪に負担なく洗えるかが大事になります。

 

僕の解析やレビューで気をつけているのは、この毛髪への負担がどれくらい少ないかを一番重要視しています。もちろんそのうえで仕上がりもまとまりが良ければ言うことないですけどね♪

 

ですので、超ツルツルサラサラになる市販の他の製品に比べればヒマワリは全然ツルツルサラサラになりません(>_<)

(悪いわけではなく、あくまでも人工的にツルツルサラサラにするような製品に比べると自然な仕上がりになるということです。)

でも、多くの市販の製品よりも毛髪への負担は少ないと思うので市販品の中ではおすすめできる製品だと思います。

 

◆市販品の立ち位置もご確認ください
市販のCMシャンプーのおすすめ度

◆ノンシリコンのおすすめシャンプーはこちら」
⇒「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析

 

◆毛髪への負担も少なく、且つツルツルサラサラまとまりのある毛髪に導いてくれる製品もあります・・・
⇒「ミネコラパーフェクト3成分解析

 

おすすめシャンプー一覧

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


2 件のコメント “(ひまわり)ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の成分解析と口コミレビュー”

  1. 匿名 より:

    気になる商品があるとこちらを拝見しております。
    「市販シャンプーに期待しない」ことや炭酸スパなど、勉強になります。

    今日、店頭でディアボーテの新作(スカルプ&リペア)を見かけました。
    一瞬「おっ」と思いましたが、すぐ飛びつかず(※期待しない[笑])、
    今度成分をじっくり見てこようと思っています。

    • taka より:

      コメントありがとうございます。

      そうですね。「市販シャンプーに期待しない」というスタンス・・・ありだと思います(;^ω^)

      僕もそういう体で市販シャンプーは見ていますがだからこそ「おっこれはいいぞ!!」というものに当たれば「ちょっとうれしい」です(笑)

      そういう点では、ヒマワリのリッチリペアは悪くないです。そしてクラシエ自体が価格的に考えればいい作りで作っていますので、新作も期待はできるかも知れませんね♪

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ