気になる美容院があったら、 その美容院のホームページを開くと思うのですが、

その時、どこに特に注目していますか?  

 

ベタですが僕はヘアカタログを確認します。  

 

最近のヘアサロンのホームページのヘアカタログって

各スタッフ毎に「私の作品はこれ」って感じで載ってるとこも多いですが、  

 

その時に見てほしい髪型はショートカットのヘアスタイルなんです。何でかというと、ショートカットの方が美容師の力量が出るから なんです。

 

髪が短くなればなるほど、髪の癖や生え癖の影響が出やすいですし、

コテやヘアアイロンでどうにかなるミディアム~ロングのヘアスタイルよりも、ショートヘアは誤魔化しがきかないんですよね。  

だからショートスタイルはロングスタイルよりも、 ヘアカタログ写真で腕の差が出やすいスタイルだと思います。

(男性の場合はまた話が違います)

 

※こんな衝撃の事実も存在していますので
「ヘアカタログと違う髪型になる”衝撃”の理由」

 

【スポンサーリンク】

 

 

ですので

美容師のカットの力量やセンスなどを判断するにはショートスタイルを確認するのが一番

ってことですね。  

 

担当者毎のヘアカタログ見て

  • 「このショートカットいい感じだな。」 
  • 「私はこんなにショートにしないけど、センスいい美容師さんなんだろうな」

って思った美容師がいたら、 その人を指名するのもアリですね。      

 

あとは

”一言コメント”とか、”得意なヘアスタイル”とかが載っている ホームページがありますが、そこにショートスタイルとかボブスタイルが得意って書いてあったら、うまい美容師の可能性があるかな!?

と思います。 

 

ショートとかボブの方がロングスタイルよりも ちょっと奥が深いし、

カット理論とかも結構掘り下げていかないと いけないスタイルですので、

極めている人ほど ショートからボブスタイルってテンションアゲアゲで切る人が多い気がします。

 

ロングスタイルだとテンション下がるわけではないですからね。
悪しからずm(__)m  

 

ロングスタイルは髪にいろんな癖があっても 髪の長さ=重み でどうにかなっちゃうもんですからね。  

 

それの証拠に、   カットモデルデビュー直後もスタイリストデビュー直後も、最初は長めの髪のお客様から入れていくっていうお店が多い ですよね。    

 

【スポンサーリンク】

 

最後になりますが、

ロングスタイルが得意って言ってる美容師が下手と言っているわけでもなく

当然ロングスタイルも奥はかなーり深いですので力量が問われることには変わりがないのですが、

相対的に比較するとこの記事みたいな場合が多いかなってことです。    

 

やっぱり自分の髪の長さと同じ長さの髪型が得意って美容師も多いですので

いつも髪が長めの美容師は「ロングスタイル得意です」って言いますしね。

 

まぁでも迷ったらちょっと参考にはなると思いますよ(^^)

 

「美容師に上手いカットと丁寧な接客をしてもらえる裏技♪」

「人気美容師を見つける裏ワザ(禁じ手?)」

「美容師のカットの上手さを見分けるなら後姿をチェック!!」

「上手い美容院の探し方」