オーガニックカラーとは。普通のカラーとの違いは?

オーガニックカラーとは

今回は美容院で増えてきているメニュー「オーガニックカラー」についてです。

 

先に結論から言っちゃいますね。

オーガニックカラー≒普通のカラー剤

です(-_-;)

 

「≒」は、ほぼ同じってことです。

 

はい、そうです。

オーガニックカラー剤と普通のカラー剤はほぼ同じです

・・・

・・・

「えっ!?じゃあ美容院でプラス1000円でオーガニックカラーにしてもらっているんだけどしなくてもいいの??」

って疑問も湧いてきますよね。

 

一つ一つ説明していきますね。 

 

★ボタニカルカラーについてはこちら
⇒「ボタニカルカラーとは?オーガニックカラーとの違いは?

★美容院のおすすめメニューについてはこちらにまとめてあります
「美容院ですすめられたら断るメニュー・やるべきメニューは?」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

オーガニックカラーと普通のカラー剤との違い

簡単に言うと、このフラスコに入っている液体が普通のカラー剤だとします

オーガニックカラーと普通のカラー剤の違いとは

 

ここ↑↑に、

  • ハーブエキスを数滴たらすと・・・「ハーブカラー
  • ヒアルロン酸を数滴たらすと・・・「ヒアルロン酸カラー

 

そして×2

  • オーガニックオイルを数滴たらすと・・・「オーガニックカラー

 

以上です・・・

 

いかがですか?

ほぼ普通のカラー剤ですよね(´・ω・`)

 

=============== 

 ※更新しました

最近は上記のことを説明したうえで、「当社のオーガニックカラー剤は~」と説明しているメーカーさんもあるようですが、黒髪が茶色くなるカラー剤であれば、どんなうんちくを述べようがほとんど普通のカラー剤と同じダメージを追います(>_<)

あまり明るくならないカラー剤なのであれば、あまり明るくならない分だけ低刺激・ダメージレスです(それは普通のメーカーさんのカラー剤でも同じですが)

仮に安全性ということであればオーガニックカラーという響きよりも、ノンジアミンカラーの方がアレルギーリスクはないので安心ではないですかね。
「カラーアレルギーにおすすめのノンジアミンヘアカラーとは?」

海外のオーガニック認証を受けていてもダメージが少なくなるわけではありませんよ。だって脱色されるんでしょ?茶色くなるんでしょ?じゃあ傷むじゃん( ;∀;)ってことです。

 

まあこの話は、とある大手美容メーカーが取り扱っている海外初のオーガニックカラー剤の話で、普通のオーガニックカラー剤とは違うということを前面に出しているのですが、この内容を更新するにあたって、僕の勉強不足で全く新しいオーガニックカラー剤の理論・考えがあって、本当に素晴らしいものなら当然紹介しようと思って取引先(材料屋さん)に聞いてみたら、なんてことはない、いつも通りのオーガニックカラー剤でした・・・はい(;^ω^)

===============

 

 

以下ではもう少し詳しく解説していきますね。

 

「ほぼ同じってわかったからもういいや!!」って人は、こちらも確認くださいね。

 

★その他、美容院のヘアカラーについての記事はこちら
⇒「美容院ジプシー」記事一覧(施術の項目にあります)

★美容院のおすすめメニューについてはこちらにまとめてあります
「美容院ですすめられたら断るメニュー・やるべきメニューは?」

★オーガニックカラーが気になる理由がカラーアレルギー持ちだからということであれば、オーガニックカラーではなくノンジアミンカラーがおすすめです。
「カラーアレルギーにおすすめのノンジアミンヘアカラーとは?」

 

 

カラーで髪が傷む理由

オーガニックカラー剤なんて書いてあると、「なんかやさしい薬でダメージとかも少なくてすむのかなぁ・・・・。」と漠然と感じますよね。

 

でも実際は、上記に書いたようにほぼ普通のカラー剤と同じなんです。

 

カラー剤でダメージする理由は

  • キューティクルを開くことによる、キューティクルのダメージ。
  • 毛髪内部成分を漂白(茶色く)することによるダメージ(洋服を漂白すると傷むのと同じイメージです)
  • キューティクルを開いて作業中に、毛髪内部成分が流出することによるダメージ

などがあります。

 

これらのダメージって色の明るさに比例してダメージ度が増すんです(特に漂白)。そして、髪が茶色くなるタイプのカラー剤全て同じリスクなんです(゜o゜)

 

だって10レベルに色を抜くってことは、どのメーカーのお薬を使うにしても同じ様にキューティクルを開いて、10レベルになるまで漂白しますので傷む量も同じなんですよね。

 

これは、例えオーガニックカラーであろうが無かろうが、普通のカラー剤と同じように茶色くなるなら、ダメージは同じなんですよね。

 

だってオーガニックカラー剤は、普通のカラー剤にオーガニックオイルをたらしただけなんですから・・・(・_・;)

 

★ダメージを極力抑えるなら、シャンプー後の乳化という作業をきちんとした方がオーガニックカラーにするよりもよっぽどいいです。
「ヘアカラー後のシャンプーで良い美容院かを見分ける方法」

★カラー施術関係の記事一覧はこちらから
⇒「美容院ジプシー」記事一覧
(美容院ジプシー記事内にカラー施術の話の一覧があります)

 

 

【スポンサーリンク】

 

オーガニックカラーとは

上記で書いたフラスコの話

オーガニックカラーと普通のカラー剤の違いとは

それをもう少し詳しく書いていくと

 

カラー剤には、

  • キューティクルを剥がす力
  • お米をブリーチ(漂白)する力
  • 人工の色のついた米(ジアミン)

(髪の染まる仕組みより)

 が、入っています。

 

この3つは全ての茶色くなるお薬(全メーカーのカラー剤)にほぼ同じものが入っています。(オーガニックカラーでもハーブカラーでもなんでも同じです)

 

 で、人工のお米(ジアミン)を毛髪内に入れる時に、一緒に響きの良さそうな成分も入っていきます。

(全体量のほんの数%だけですけど(・_・;))

 

この”ほんのちょっと”の”響きの良いモノ”としてオーガニックオイルが配合されているとオーガニックカラー剤

・・・

そう思うと、ほとんど意味ないと思いません??

 

============

ちなみに、話少しそれますが

これらの響きの良いモノと一緒に「シリコンが配合されていることが多い」という事はご存知ですか?

 

よく言われていますよね。 シャンプーにシリコン入っていると「カラー染まりません。」「パーマ掛かりません」とかって。(美容師でも言ってる人いますよね)

この人たちってカラー剤にシリコンが入っていることを知っていて言ってるのだろうか(笑)シリコン入りのカラー剤で色染まってますけどね。((+_+))

 

確かに、大量のシリコンにさらされている髪は染まりづらいし、掛かりづらいのは事実。

でもそれって、別にシリコンじゃなくてもオーガニック系のオイルでも同じようにベタベタに髪にくっついてると掛からないリスクは同じじゃないですか??

 

まあいずれにしてもベタベタになってなければ心配する必要はありません。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」

「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

===========

 

話戻りますが、

この数%の響きのいい成分に何が入っているかで各メーカーは他メーカーとの差別化を図ります。

”ネーミングの差別化”ですね。

 

それらが

  • 「ヒアルロン酸カラー」
  • 「ハーブカラー」
  • 「オーガニックカラー」

だったりとするんです。

 

 

数%なんていうと、

「アレ?私が見たオーガニックカラーのホームページに当店のオーガニックカラーは86%天然成分で出来ています

って書いてあったからここのはホントに良いやつなのかな??

なんて思いますよね・・・。

 

・・・。

 

よく言われつくしてる言葉で、言いたくなかったんですが・・・。

 

石油だって元を辿れば天然成分(-。-)y-゜゜゜

 

”あるある”ですね(・_・;)

 

って言うか

ほとんどの成分って、元をたどればほぼ天然成分ですよね。だって天然成分を合成して色んな成分が出来るんですから、合成する前の元の成分は天然成分ですよね。

 

シリコンだって元は珪石って言う石なんですから。石から抽出したものがシリコンで、重合されてシリコーン(皆さんが知っているシリコンはこっちですね)

 

だからシリコンだって言いようによっては天然成分由来ですね。

 

つまり何が言いたいかというと、耳触りのいい言葉には惑わされず、明るくなるなら、それは明るくなった分だけダメージのあるお薬なんだと思って頂ければ良いと思いますm(__)m

 

12レベルのハイトーンカラーなのに「オーガニックカラーだからダメージレスです。」なんてことはありません<m(__)m>

 

ハイトーンに染まらないオーガニックカラー剤なら安全?

ネットを見ていると、「普通のカラー剤に数滴オーガニックオイルを垂らしただけのオーガニックカラー剤じゃないよ!!」って謳っているカラー剤を紹介しているサイトで、(上記でも出てきた大手美容ディーラーが取り扱っている海外オーガニック認証の海外カラー剤の話ですが)

オーガニックカラーのデメリットは、ハイトーンには対応していないので、髪色を明るくしたい方には不向きです。

ということが書かれていますが、逆に言えば茶色くはなるんですよね?ハイトーンにならないだけで。

ってことは9レベルまでしか染まらないこのオーガニックカラー剤と普通の9レベルのカラー剤はほとんどダメージは同じですよね(>_<)

 

当然11レベル(数字が高くなるほど明るい)に染まる普通のカラー剤で11レベルまで染めるのと、このオーガニックカラーで9レベルで染めるのなら11レベルまで染めた方がダメージがありますが、それはカラー剤の違いによるダメージではなくて、どのレベルまで脱色したかによるダメージですので、オーガニックカラー剤だからダメージが少ないわけでもないです。

 

この点からもオーガニックカラー剤だから安全だとは言えないと思います。

 

カラーアレルギーの方にオーガニックカラーはおすすめ??

もしかしたら、オーガニックカラーに興味がある人の中には、「普通のカラー剤だとカラーアレルギーでかぶれ・かゆみ・炎症が起きてしまうけど、オーガニックカラーなら大丈夫なの??」っということで、この記事を読んでいる方もいるかもしれませんね。

先に結論を書くと、オーガニックカラーでも、カラーアレルギーは発症します。

ですので、「おすすめではない」ではなく「絶対にしないでください!!」

※カラーアレルギーの多くの原因は人工色素「ジアミン」の影響です。ですのでノンジアミンカラー剤ですとカラーアレルギーの方でも安心してカラーができます。(まれにジアミン以外でアレルギー症状が起きている方もいますので必ず染める前にパッチテストはしてください)

「カラーアレルギーにおすすめのノンジアミンヘアカラーとは?」

 

※オーガニックカラーメーカーによっては、ノンジアミンになっているメーカーもありますので、その場合は問題ありません。ただ、それは「オーガニックカラー剤=ノンジアミン」なわけではなく、「単純にそのカラー剤がノンジアミンなだけ」です。

 

美容院ジプシー

 

オーガニックカラーが生まれた背景

特に今は、消費者の一部がオーガニック信仰・無添加信仰を叫ぶもんですから、

ネット社会の今の時代、問題ない多くの合成成分も、合成って言うだけで無駄に叩かれるんですよ。

そして売れなくなる・・・(>_<)

 

どこのメーカーだって商売ですからね。売らないといけないんです。

 

そうしたら、オーガニック・無添加信仰の方たちに合わせるしかないんですよね。

 

だって、たまたまこのブログを読んで頂いた方には、理解頂けていると思いますが、ネットの世界では「問題ないですよ。」「大丈夫なんですよ。」なんて声よりも、

「アレって悪いらしいよ。」って話の方が、例えデマだとしても拡散してしまう世界ですからね。しかもすごい勢いで(・_・;)

 

合成成分って敵にされやすいですからね。

「すごい良い成分なんだけど、天然のまま使うと不安定な物質でリスクも付きまとう」から合成して、安定した安全なものに変える。

これっていけないことなんですかね。

 

★これらの話です↓↓
「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」
「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」
「肌が弱い、アトピーの方にオーガニックシャンプーはおすすめ?」

 

だからメーカーの人を僕は一概に否定できない。

 

そして美容師もわかっててオーガニックカラー剤を使うならいいと思うんですよ。

だって別に他のカラー剤よりも劣っているんじゃなくて、同じだけなんですから。

 

 

やっぱり商売の為に

「うちのカラー剤はオーガニックカラー剤ですよ」

って書いたっていいじゃないですか?

 

 

ただ、「オーガニックカラー剤だから安心です。傷みません」

って書くのは僕はイヤですね。

 

だって 嘘 だから。

 

まぁそう言ってるお店は勉強不足?

或いは知っててそのようにアナウンスしてるサロンもありますけどね。

 

まぁ、うちもオーガニックカラー剤を使用していた時は、「オーガニックカラー剤を使用しています」とは書いていましたし・・・。

でも、常連のお客さんには「実は意味ないんですけどねぇ。一応新規のお客様用のイメージ戦略です(笑)」って言っちゃってました。

 

もちろん、その変わり色んなアイテムを駆使して傷ませないようにカラーしていることもお伝えしていましたけどね♪

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

 

ということでオーガニックカラーそのものには期待しないでください(笑)

 

あくまで傷ませないかどうかは、美容師の腕と、カラー剤周りのアイテムをいかにうまく使えるかにかかっていますので。

⇒「美容院ジプシー」記事一覧(ジプシー記事一覧内の「施術」をご確認ください)

 

 

ですので、

「オーガニックカラーにするとプラス○○円なんですがいかがですか?」

って聞かれたら断ってもいいかなー。

 

★そんなものにお金を使うなら処理剤にお金を使った方が良いですよ。
「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

★あるいは浮いたお金で「良いシャンプー」を使用してください。オーガニックカラー剤を毎回するよりも良いシャンプーを毎日使用していた方がダメージレベルに大きな差が出てくると思いますよ。
おすすめシャンプー&各シャンプー解析」一覧

 

 ●同じくカラー剤のお話。こちらも一緒にご確認ください
「ハーブカラー/香草カラーとは」

 

 ●オーガニックコスメ全体の話はこちらから
「オーガニックって意味あると思います?」
「肌が弱い、アトピーの方にオーガニックシャンプーはおすすめ?」

 

★⇒「美容院ですすめられたら断るメニュー・やるべきメニューは?」

 

★ヘアカラー用シャンプーについてはこちらから
「ヘアカラーの褪色/色落ち防止におすすめのシャンプーは?」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


8 件のコメント “オーガニックカラーとは。普通のカラーとの違いは?”

  1. サヤ より:

    takaさん

    初めまして。

    他の記事も読ませていただきましたけど、
    思い当たることがありすぎて…(´Д`;)

    私のどこの美容院に行って、どこのシャンプー使えばいいんだろ。

    takaさん教えてー!!

    • taka より:

      サヤさんww
      お困りのようですね(笑)

      コメントありがとうございます。

      お問い合わせの方からもうチョイ詳しくご質問いただければ、
      わかる範囲で、美容院やシャンプーのことお伝えできますので、
      ご希望があれば、お問い合わせ下さいね

      シャンプーに関しては、こちらのまとめを読んでみて下さい
      シャンプーまとめ

  2. 小夏 より:

    この3連休中に美容院でカットとカラーをしようと思って美容院探しをしています。ある美容院で「通常はカラー料金3980円に+1000円のオーガニックカラーが通常料金の3980円で施術できます」というのを見かけました。
    でも、takaさんのブログを見ると「オーガニックカラーなんて意味がない」とおっしゃっていますが、行かない方がいいのでしょうか?

    • taka より:

      小夏さん

      コメントありがとうございます。

      行かない方が良いかどうかはわかりませんが(^_^;)
      普通のカラーとオーガニックカラーで大きな差は有りませんので、逆にいえば、値段の差がないんであればオーガニックカラーで染めてもらっても悪いわけではありませんよ。普通のカラーとほぼ同じなだけで、劣っているわけではありませんので。
      (僕が記事で書いているような、普通に髪も茶色くなるようなオーガニックカラーであるならです。恐らくこの美容院は普通のカラーにプラス1000円でオーガニックカラーになると言っていることから、この茶色くなる普通のカラーに毛が生えただけのオーガニックカラーのことだと思います。価格的にもそうでしょうね。)

      あとは、カラーリングが3980円と言う低価格をどう考えるかだと思います。
      僕の他の記事でも書いているように、美容院ジプシーなわけでもないし、今までもその辺の価格のお店に行かれているようでしたら、全然行かれていいと思いますし、もし美容院ジプシーなのであれば毛あ少し高い価格帯のお店を選んでもいいのでは?と思います。
      「価格の安い美容院をおすすめしない理由は価格の決め方にあり」「価格が高い美容院と安い美容院の違いは?」

  3. りりぃ より:

    めっちゃ分かりやすい解説ありがとうございます^^

    最近、良く聞く『イルミナカラー』って、
    あれもやっぱり痛みますか??

    痛まない!やればやるほど髪に艶!
    透き通るような外国人風のカラーに!!

    とか、謳っていますが、、、しかも施術料が高い!

    これも通常のカラーと変わらないのであれば、、、意味無いなぁ~と思いまして。。。

    taka先生!教えてください!!

    • taka より:

      りりぃさん

      コメントありがとうございます。

      イルミナカラーについてですが、一応通常のカラー剤よりはダメージが少ないと言われています。それは毛髪に付着している銅イオンがカラー剤と過剰反応してダメージになるのを防ぐからということなのですが、、、
      あくまでもダメージの一要因を除去できるだけで、そもそも髪を明るくするという行為自体がダメージを起こしますので、「傷まない」ということはあり得ません。

      外国人カラーということですが、ネットで出ているビフォーアフターを見てください。黒髪から一発で外国人風になっているモデルさんはいませんよね。みんなブリーチをしないでもということを謳っていますが、でも結構明るい色からのトーンダウンでツヤ感を出しています。
      確かに明るい色からトーンダウンして外国人風の色にするのであれば、昔のカラー剤よりも外国人風にしやすいように色味が調節されています。

      僕もサンプルで何色かイルミナカラーを試していますが、確かに最近のニーズに合っているカラー剤だとは思いますよ。ツヤも出ます。見た目の仕上がりはとてもきれいです♪

      でも、傷まないわけではないです。

      昔のカラー剤よりも簡単に外国人風のカラーにしやすい調合になっていますので、特別な技術を必要とせず簡単に外国人風に染められるということでは、失敗されずらいカラー剤ともいえると思います。

      でも、特別なカラー剤ではありません。普通のカラー剤の中で一つの特徴を出しているだけです。

      イルミナカラーだから施術料金がとても高いというのはちょっと考えられないです。仕入れ値は普通のカラー剤より少し高いくらいですので。

      恐らくイルミナカラーを使用してダブルカラーで外国人風にするメニューを見ているのかもしれませんね。その場合はダブルカラーだから料金が高くなると思いますので。

      一発染めなら普通のカラー料金とあまり変わらないような気がするのですが(プラス1000円くらい?)、間違っていましたらすいません。

      まとめますと、イルミナカラーで染められてもいいと思います、確かにツヤも出るし、色味も流行り風だし。でもダメージに関して言えば過剰な期待はしない方がいいと思います。

      コメントありがとうございました。

      • りりぃ より:

        takaさん

        ご返答、誠にありがとうございます^^/

        イルミナ一発染めで、通常カラーの約2倍弱の施術料金となっていました!!!

        ギョエーーーーーです;;

        カラー施術を選ぶ際に、いただいたアドバイスをしっかり参考させていただきます!!!
        勉強になりました!!

        ありがとうございます!

        • taka より:

          りりぃさん

          そんなに施術料金が高いんですね。

          他店のことを勉強不足でした(^^;)
          正確な仕入れ値は控えますが、少しだけ高いだけですので、+1000円くらいまでかなぁと個人的には思っていたのですが。

          繰り返しますが?悪いものでは全然ないんです。
          ただ、ネットで書いている内容は、ダメージ0みたいに書いているサイトがありますので「んなことあるかい!!」とは思います。

          色味の仕上がりとつやはとてもいいですよ。
          でも、毛髪ダメージ、特に内部ダメージは従来と変わらないと思います。

          メーカー説明でもキューティクルダメージを減らす(銅イオン関係のことで)と書かれていますので、内部ダメージは変わらないということでしょうね。
          要は明るくすればそれだけブリーチをしているということですので、その分内破壊は当然のように起こる。

          ただ、キューティクルダメージを減らせるので(実際どこまで減らせるかは謎ですが)、カラー後の内部成分流出によるダメージは幾分違うのかもしれませんね。

          特にお金が問題なければ試されてもいいかもしれませんね。

          同じダメージレベルであれば、ツヤも出しやすいし良い仕上がりになりやすいイルミナも有りだと思いますよ。

          ただおそらくこういうのは流行りだと思いますのでまた5年後には新し○○カラーに散って変わられるんだと思います。

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ