女性でよく起こることですが、40代に入ってきて最近、美容室でカットしてもらってもなんか違う・・・希望の髪形にならない!!

昔はそんなことなかったのに・・・。

 

そんな時に、疑うべきは髪の毛が昔よりも

  • 細毛・痩せてきていないか?
  • クセが出てきていないか?
  • ボリュームダウンしてきていないか?

です。

これは残念ながら老化現象です。

この症状を放っておくと「薄毛」になります。

 

老化が原因で昔よりも毛髪コンディションが悪くなったせいで、希望の髪質にならないんですね。

 

もちろん「美容師の腕が落ちた」そういう可能性も否定できないですが、今回の記事では

  • 「長年同じ美容師さん」
  • 「ずっと気に入っていた」

なのに、最近髪型が決まらない・・・そういう時は「髪の毛の老化を疑った方がいい」という話です。

 

※「美容師に非はない!老化してんだから希望の髪型にならなくてもしょうがない!!」という話をしたい訳ではありませんのでご了承ください。早めにご理解いただくことで出来る対策はいっぱいあるよ!という話です<m(__)m>

 

もちろん対策することで「毛髪コンディション」が改善していきますので、ぜひ40代以降のおしゃれのためにも、頭皮・毛髪コンディションを改善させていきましょうね!!

 

【スポンサーリンク】

 

最近髪の毛がまとまらないのは美容師が手を抜いているから?いえ、常連さんに手は抜きません!

もし長年同じ美容師さんにカットしてもらっていて最近髪型が決まらなくなってきた場合、疑うのは「常連になりすぎて手を抜かれてる!?」ということですよね?

 

これは僕の経験則であってすべての美容師さんに当てはまるわけではないと思いますが、基本的には仮に10年も気に入って担当してもらっていた美容師が、ここ最近になって手を抜き初めることはないと思います。

 

通い始めて5回目くらいからだんだん手を抜き出すダメ美容師さんが実際にいることは否定しませんが・・・(-_-;)

 

でも・・・何年も長いこと担当していて、手を抜き始めるってのはそんなにないと思います。

 

なぜかというと、そんだけ長く担当しているってことは、相思相愛なんです。

 

長ーい期間美容師していると、似たような雰囲気のお客様が多くなってくるんですよね。

 

スタッフにも「takaさんのお客様って似た感じの方多いですよね」って。

 

これって、やっぱり会話していて気が合うとか、逆に会話がなくても居心地が悪くないとか、つまりフィーリングが合ってるんですよね。

 

そんな、常連さんは美容師にとっても特別なお客様ですので手を抜くなんてことはないですよ・・・多分・・・。

(中には・・・(-_-;)って人もいるかもですが)

 

もし、その美容師を信頼・信用しているのなら、

  • 昔よりも髪型がまとまらないな

と感じたら、髪の毛のコンディションについて相談してみてください。

 

そうしたら、「実は・・・最近○○様の髪が痩せてきていて・・・こんな対策もありますよ!!」なんてアドバイス&改善してもらえるかもしれませんよ♪

 

【スポンサーリンク】

 

美容院で薄毛の相談をする必要性

ヘアカタログと違う髪型になる理由

繰り返しになりますが、30代中盤以降の方で、「最近希望の髪型にならないな」と思ったら、美容師に頭皮や毛髪コンディションはどうか相談してください。

老化はデリケートな話なので、なかなか美容師側から急に「お客様の頭皮が老化していて、その影響で髪質がパサパサになっているので、今まで通りにカットしても上手くまとまりません」とは言えません(>_<)

 

僕も実際の美容院の現場で、「いつもと同じ様にカットをしているのに、うまくまとまらなくなってきたな」と感じる事ってあるんです。

 

この原因のひとつが、「お客様の髪質が変わった」です。

 

昔なかったクセがある。ボリュームがなくなった。毛が細くなった。パサパサになった・・・etc

(この症状を放っておいて、さらに進行すると全体的に薄毛になる「びまん性脱毛症」という薄毛になります。⇒「直撃LIVEグッディ!で女性薄毛(びまん性脱毛症)について~」)

 

こうなると、以前と同じようにカットしても、同じ髪型にならないんですよね(>_<)

 

もちろん髪質が変わってきた初期のころは、その変化に応じてカットの技法も少し変えて対処していくのですが、だんだん同じにするには対処ができなくなるくらい髪質が変わってしまうときがやってきます。

 

そんな時悩みます。「どう伝えようか?そもそも伝えていいものか??」

 

でも、伝えられれば、今の髪質に合わせた髪型のアドバイスもできますし、毛髪コンディションを改善するアドバイスも出来るんですよね・・・。

 

でもね、なかなかデリケートな問題ですからね・・・僕は伝えるのが苦手です(-_-;)

 

だからこそ、お客様からきっかけを作っていただけるとありがたいです。

「最近の私の頭皮・毛髪のコンディションはどうですか?」と。

 

 

美容師に相談したことで髪質が改善した30代女性の実例

10年前くらいに、僕のお客様(35歳ほどの女性)で、以前よりも髪質がパサパサ&くせ毛になってしまったお客様がいたんです。

しかも、全体にパサついて無駄にボリュームが出てしまっていたので、それを改善しようと自己判断で、CMに騙されて逆効果のトリートメントをベタベタと付けてしまっていたんです(-_-;)

 

僕もずっと気になっていたのですが、まだ35歳の女性に髪の毛の老化について伝えることが出来なくて・・・。

 

そしたらお客様から聞いてきてくれたんです。「最近髪質が~」って。

 

僕は「これはチャンスだ!!」と思って、

「このシャンプーがいいですよ。あれは使わないでね。頭皮のマッサージがいいですよ。うちで月1でスパなんてしないでいいから毎日自分で2.3分でも頭皮マッサージしてね」って。

 

これで、無事改善しましたよ)^o^(

 

まずは頭皮からよくなっていき(美容師は頭皮を見ればわかります)、頭皮が良くなると生えてくる毛が、健康な良い毛になってきて、実際にそのお客様が改善を実感されたのは1年後くらい・・・。

ロングヘアだったので実感するのに1年かかりましたが、35歳で薄毛対策に取り組めたので、改善までのスピードも速かったと思います

これが40歳、50歳と年齢が上がってから(薄毛が進行してから)対策しようとしても、中々改善するのに時間がかかり、根気が必要になってきます。

ですので30代から薄毛対策、育毛体験をしていくことは非常に大事なんですね!

 


ちなみにその時にしたことは、

  • 優れた育毛シャンプー
  • 毎日2~3分の頭皮マッサージ
  • お勧めの育毛剤

です。

2008年ころの話ですので、この当時のシャンプー・育毛剤はもうありません。

 

今お勧めするとしたら

 

先ほども書きましたが、1年で改善できたポイントはずばり、「進行しすぎる前に、早めの対策ができたことです」

 

頭皮の異変&毛髪のパサツキやクセが出てきたくらいの症状で対策が出来たので、比較的簡単に改善できました。

ですので悩んでいる人は、今すぐに薄毛対策を始めるべきだと思います!! 

 

終わりに

終わりに

こういう事例も実際に体験している僕としては、長年担当してもらっている美容師さんの作る髪型が突然気に入らなくなったら、美容院を変える前に、まずはその担当美容師さんに

  • 「最近髪質が変わった気がするのよね」
  • 「薄毛になった?ボリュームなくなった気がする」

と相談してみてください。

 

僕と同じようにその美容師さん。

「待ってました!!言いたくても言えないことを話せるときがきた!!」

と思うかもしれません。

 

ホント、美容師側から「薄毛の話」は言いづらいんです(-_-;)

 

美容院 クーポン

 

実はこの記事を書くきっかけも、つい最近似たようなことがあったから・・・。

50代中旬のお客様(女性)。半年に1回来店される方なのですが、「あれ??頭頂部が薄くなってる???」って思ったんです。

で、そのお客様が「最近髪がまとまりづらくなったのよね。ちょっと薄くなってるかしら?どう思う??」って聞かれたんです。

 

もうここぞとばかりにチョーいろいろ説明して、

これから僕の、そのお客様の育毛プログラムが始まるところなのです(笑)

 

って、うちでなんかやるわけでも、うちの商品を売りつけるわけでもなく、「家でこのシャンプーして、これつけて、アレしてください。」

みたいな説明をするだけですけどね。

 

先ほども説明した以下の内容です。

 

 

そして女性でしたら、プラスアルファ「サプリメント:ルグゼバイブ」がおすすめです。(僕が聞いた生の声は「相当高評価ですよ♪」)

「「ルグゼバイブ」は、女性の育毛サプリ「パントガール」の進化版!」
女性の薄毛対策。発毛に期待の飲む育毛剤「パントガール」とは?

 

 

◆その他女性の薄毛関連の話もご確認ください

「美容師に薄毛の相談をしてみましょう」

「女性の薄毛/細毛の悩みは深いです。美容師takaは育毛を応援!!」