美容室の縮毛矯正って高いですよね?

 

だからできる事なら自宅で市販の縮毛矯正剤でストレートパーマをしたいって気持ちはわかります。

 

では、実際自宅で市販の縮毛矯正剤を使用して出来るものなのか?

 

答えは

出来ます・・・。

 

知識があれば確実に出来ます。

 

あとは、まぐれが重なれば出来ます。

 

でも、運が悪いとハイダメージよりももっと先の向こう側のヤバい状態になります(>_<)もちろんこうなっては、もう元に戻りません(-_-;)

 

よく「チリチリ」になったとか、ボロボロバサバサのホウキみたいな状態なんてのはこれですね。

 

 

毛髪はそもそも死んでいる細胞ですので、一度ダメージを負った毛髪が元に戻ることは2度とありません。

 

こうなってから美容院に駆け込んでも治せないんですよね(-_-;)

お断りしてそのまま帰っていただくことになります。

(一部の美容院によってはひどさの程度によりますが、若干の手触りの向上などはしてくれます)

 

 

ですので、”あなた”が元美容師などではなく、知識がないのなら絶対に自宅で市販の縮毛矯正をするのはおすすめしません

 

今現在それで成功していたとしても・・・。

 

※記事の最後に縮毛矯正のケアにおすすめのシャンプー&トリートメント&アウトバス(洗い流さない)トリートメント&ドライヤーを少し紹介しておきますね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

市販と美容室で縮毛矯正のお薬の違いは?

勘違いしている方も多いかもしれませんが、縮毛矯正のお薬は、市販で販売されている縮毛矯正剤も美容院の縮毛矯正剤も大して違いはありません。

(正しく言うと語弊があるかもしれませんが、今のところこのようにとらえておいてください)

 

ですので、

美容院のどんなに良いと謳われているお薬を使っても失敗すればチリチリになります。

 

一般の方が「市販の縮毛矯正のお薬を使用しても、美容院の業務用のお薬を使用しても」チリチリになる人はなるし、成功する人はします。

 

なぜかというと、縮毛矯正でポイントになるのは一液。(アイロンも超大事ですが、アイロンは一般の方でも失敗するとやばいってことは想像つくと思うんですが、1液はそこまで大事だととらえてないのではないかと思うからです)

 

ここから先の説明は美容師さんは突っ込まないでくださいね(^_^;)

何となく一般の方にもわかりやすく?説明していますので。

 

 

縮毛矯正で真っ直ぐになる理由

1液が大事な理由を知るには、縮毛矯正でまっすぐになるメカニズムを知る必要があります。

 

ということで以下、簡単に縮毛矯正のメカニズムです<m(__)m>

 

まず一液で、髪の毛が言う事を聞くように「グニャグニャ」にします。

 

で、その腰砕けのグニャグニャ状態の毛髪を高温のアイロンで「この形になれ」って真っ直ぐにします。

 

そして最後、2液でその真っ直ぐの状態のまま固定させて、グニャグニャになっている毛髪を元の状態に戻す。

 

こうすることで半永久的にもつ縮毛矯正になるわけですね。

 

縮毛矯正で1液の処理がとても重要な理由

上記の話でいうと、この一液の処理で、グニャグニャになりきれていない状態で洗い流してしまうと(放置時間が足りない)、その後のアイロン処理でいくら真っ直ぐにしても施術終了後に元に戻ってしまうか、ちょっとだけ真っ直ぐになっただけという仕上がりになります。

 

逆に一液でグニャグニャ以上。

溶けちゃうくらいまでの状態に毛髪をしてしまうと(放置時間が長すぎ)、完全に毛髪が終わります(>_<)

 

つまり、「チリチリ」「ボロボロ」「ばさばさ」状態になります。

 

この状態でアイロンをすると、その時は真っ直ぐになりますが、2液終了後乾かすとホウキみたいな髪の毛になっています・・・そして、これはもう元に戻ることはありません(゜o゜)

 

或いは、一液で丁度良くグニャグニャにしてもアイロン施術の際に、自分の毛髪のダメージなどに適した温度&適した時間で処理が出来ないと「チリチリ」「ボロボロ」「ばさばさ」になります。これも当然元に戻ることはありません。

 

ですので、もちろんアイロンも超大事ですが、第一関門であり、ここをミスれば成功はないというのは一液の処理なんですね。

 

縮毛矯正の1液で髪が傷む!?

で、このグニャグニャになるってのがどういう事かというと、良いお薬を使うとグニャグニャになるとかそういう話ではなくて、毛髪をグニャグニャになるくらい、痛めつけるってことなんですよ(゜レ゜)

 

言い方悪いけどリンチですね(>_<)

 

「おいてめぇ、俺の言うこと聞けよ」

 

ボコスカ!!

 

みたいな・・・(・_・;)

 

 

 

で、痛めつけ方があまいと、結局いうこと聞かない。つまりクセのまま。

 

でも、痛めつけ過ぎると・・・。大変なことが起きますよね。もう目を開けてくれない状態・・・。

ちょっとここではその言葉を避けますが、ニュースになりますよね。

 

いずれにせよちょうど良いグニャグニャまで痛めつける必要がありますので市販でも美容院の薬でもダメージレベルに変わりないんです。

 

どれくらい適切にちょうどよく傷めつけられるかが勝負なんですね。

 

ですので、あなたが使ったお薬で、「チリチリになっちゃった」って人は、「そのお薬の質が悪かったから」ではなくて、お薬の強さとあなたの元々の毛髪のダメージと、置いた時間のバランスが悪い=つまり時間を置き過ぎた。

このせいでチリチリになってるんですね。

 

逆に真っ直ぐにならなかった人は、時間が短すぎたってことになるわけです。 

 

【スポンサーリンク】

 

美容院と市販剤の縮毛矯正剤の違いとは?

美容院と市販の縮毛矯正剤の大きな違いは、「市販剤はお薬が1種類」、「美容院では何種類ものお薬を駆使する」という違いです。

市販剤の1種類は、美容院の一番強い薬と似た薬です。

 

 美容院では簡単に分けても一液だけで3種類あります。

  • バージン毛用。つまり強いお薬(市販剤はこれ)
  • 少しのダメージ用。ちょっと優しいお薬
  • ハイダメージ用。かなり優しいお薬

と言う感じですね。

 

で、そのお客様の毛髪に合わせてお薬を使うんですね。

 

★根元から毛先までバージン毛なら強いお薬をまとめて塗布して15分とか。

★根元から10cmがバージン毛。で、その先はハイダメージ毛であるなら根元10cmは強い薬。毛先のハイダメージ毛はかなり優しいお薬を塗布してまとめて15分置くとか・・・。

 

みたいな感じですね。

 

ですので、万が一この後者側。

根元から10cmがバージン毛で毛先はハイダメージって方が、セルフで強いお薬を一発で根元から毛先まで塗布して15分置いたら・・・

根元10cmは丁度いいグニャグニャ状態になるかもしれませんが、毛先側はグニャグニャを通りこして溶けちゃう感じに(゜o゜)

 

もうこうなったら「アウト」なんです。

 

この状態で高温アイロンしたら・・・死にます(>_<)

いや、すでに一液で死んでいるのですが・・・(;^ω^)

 

「毛先が超傷んでホウキになっちゃった(>_<)」って状態になりますね。

 

 

もちろん美容院によっては、一つのお薬だけでコントロールするお店もあります。

 

そういう美容院の場合は、強いお薬を今の”あなた”の毛先のダメージに塗布すると、何分でちょうどいいグニャグニャになるかを考えて「3分だな。」と思えば、

 

バージン毛の根元10cmを塗布し10分ほど一度放置してから、毛先にまで同じ薬を塗布して3分置くとか・・・。

 

そういう方法で根元から毛先まで均一のグニャグニャになるようにするんですね。

 

ここを失敗すると、グニャグニャがあまい分には「まっすぐにならないだけ」なのでまだいいんですけど、グニャグニャを通り過ぎると「アウト」なんですね・・・。

 

もうその毛髪・・・終了です(;一_一)

 

ですので、繰り返しになりますが縮毛矯正で「良い薬使ったら傷まない」とか「悪い薬使ったから傷む」とかってないんですよ。

 

って言うか元がクセ毛の方が、まっすぐになったってことは、

超傷んだ

ってことなんですよ。

 

だって毛髪の形状をそれくらい変えちゃうってわけですから傷まないわけないですよね?

 

でも、クセの人がサラサラになるから傷んでないように感じちゃうじゃないですか?

 

それがどういうことかと言うと・・・

 

 

縮毛矯正で髪が傷むって?

今、観光地でイカをプレスしたイカせんべいって流行っていますよね?

こういう機械で↓

市販の縮毛矯正

 

イカをプレスすると↓

yjimage

こんな感じでぺったんこ↓

k699474692

 

あの・・・縮毛矯正ってのはこれと同じことをしているんですよ(笑)

 

プレスすることで、イカが真っ直ぐになっていますよね?

これと同じです。

 

 

この状態のイカ、元のイカに戻せますか?

戻せないですよね?

 

 

それと同じ理由で、縮毛矯正も元に戻せないので半永久的にもつんですね。

 

 

ですので、矯正があまくてクセが残ったと言うのは、「プレスをし切れずにイカがぺったんこになりきれなかった」ってのと同じってことです。

 

よく聞きませんか? 

 

縮毛矯正でアイロンする時のことをアイロンでプレスするって。

 

恐らく市販の商品で矯正のやり方とか説明している時にも「プレスします」とかって書いてありますよ(゜o゜)

 

同じですね。

 

イカのプレスと。

 

(;^ω^)

 

 

で、プレスされるとイカもぺったんこ。まっすぐじゃないですか?

これが毛髪の時はさらさらに感じられる理由ですね。

 

ですので、

サラサラになっても毛髪が傷んでないわけではないんです。

残念ながら・・・。

 

もちろん美容院でやっても、市販でしても、完璧にまっすぐになれば同じようにイカがプレスされたようになったと言うことです。

 

で、毛髪の場合はイカよりもいろいろ頑丈なので、お薬を付けずに高温アイロンで真っ直ぐにしても濡らせば元の状態に戻りますよね?

 

そうならないようにお薬を使ってイカのようにプレスすることでもう二度と元に戻らない状態に毛髪を変形させるんです。

 

 

そう考えるとかなりすごい酷なことを毛髪に強いているというのはわかると思うんです。

 

「大げさに書き過ぎなんでしょ!?」って思いますか?

 

そんなに大げさではないと思いますよ。

 

それくらいの施術です。

 

だから、慎重にやらなくてはいけない分、お時間がかかるので、タイムコストとしてお値段も高くつきます。

 

相当危険な施術をしているんです。

 

顔の原形をとどめないくらいフルで整形するようなもんです。

見た目は美しくなるかもしれませんが、相当の負担を顔に強いているんですよね。

それと同じですね。

 

 

ですので、ホームカラー等は、おすすめはしませんが、色々な事情でホームカラーをすることもあることは理解しています。

 

しかし!!

縮毛矯正に関しては全面的にご自宅で素人の方が施術するのはオススメしません。

 

いくら今まで成功していたとしても・・・。

いつミスが起きるかわからないですからね。

 

前回10分放置で上手くいったとして、今回の毛髪コンディションは前回と同じですか?

前回よりもコンディションが悪いのに同じように10分放置したら死にますよ。

では何分放置が適切か・・・ここを見極められない人が自宅で市販の縮毛矯正剤を使ってストレートにするのは、自殺行為です(>_<)

 

そしてたった1回のミスで髪の毛がお終いになりますので・・・そして、それはもう美容院でも治せない(>_<)

 

これがおすすめしない一番の理由ですね。

 

特に女性にとって髪の毛はすごい大事ですよね?

 

「髪は命」ですよね?

 

 

10回中たった1回のミスで毛髪が終わりを迎え、チリッチリのもう元には戻らない毛髪になるかもしれないリスクを背負ってまでやるもんではないと思いますよ。

 

当然それは美容院でやっても絶対リスクが0、チリチリにならないわけではないですが、ご自分でやるよりはミスの可能性は断然低いと思います。

(それなりの価格で施術をしている美容院はですが。安いお店はお客様を掛け持ちでやることが多いです。その場合、忙しくて1液の放置時間を適切におけなくて(放置しすぎて)とんでもないダメージを負う可能性もあるんですよね。)

 

 

基本的には、美容師は終了した髪の毛がどういう事になるか。

そして、なってしまったときに治すこともできない。

それを理解しているので、かなり慎重に施術をしています。 

 

ですので縮毛矯正だけは美容師に、しかも安さ爆発している美容院ではないところを選ぶべきだと思います。

 

 

勿論過去に美容院で縮毛矯正して失敗された方もいるかと思いますし、それによってトラウマになっている方もいるかもしれませんが、もう一度美容師を信じてみませんか?

 

PS:

ご自宅でのセルフ縮毛矯正に関するアドバイスやコツ等に関しては、申し訳ありませんが、お答えいたしませんのでご了承くださいm(__)m

 それくらいセルフですることをお勧めしておりません。

よろしくお願いします。

「縮毛矯正で髪がチリチリに傷んだ理由」

「美容院でトリートメントってオススメ?」

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

 

「髪が傷む原因と対策|毛髪ダメージに繋がるNG行動とは?美容師おすすめケア付き!」

「市販込|ヘアカラー・パーマのダメージの違い別おすすめケアシャンプーランキング」

 

 

 

縮毛矯正後のケアにおすすめのシャンプーとは?

縮毛矯正をするとサラサラになりますよね?

でもイカのプレスのようにサラサラだから健康毛ということではありません。

クセのある毛髪がまっすぐサラサラになってしまうくらい毛髪を変形させるわけですので、カラーやパーマなどよりも最も傷むケミカルメニューが縮毛矯正です。

つまり縮毛矯正をされるのであればそのケアとしてシャンプー&トリートメントも適切な製品を選ばないと、今は良くても長い目で見て取り返しのつかない事態に陥ることがあります(>_<)

詳しい話は今後書く「縮毛矯正のケアにおすすめのシャンプー○○選」という形で紹介予定ですが、先駆けて簡単な説明と何点かおすすめシャンプーを紹介しておきます。

 

【縮毛矯正後に必要なケア】には、

  • 酸化防止(すでに熱処理により熱酸化(サビ)を起こしている毛髪をこれ以上サビさせないための成分「ヘマチン」等が必要)
  • 美容院で最も傷む施術ですので、その傷んだ毛髪をそれ以上悪化させないために、優しい洗浄剤が良い(矯正の方はあまりスタイリング剤を付けないでしょうから、洗浄力は弱めで大丈夫です)
  • 施術後は何もしなくてもサラサラですので、シリコンはいらない。しかしシリコンは毛髪を守る役割もあるので、超ハイダメージな矯正毛の場合はトリートメントに少々シリコンが配合されているのも有り。

この辺りが縮毛矯正毛後のケアにおすすめのシャンプーの選び方です。

これらを考慮しておすすめシャンプー数点ピックアップしました!!

 

縮毛矯正におすすめのシャンプー

ハーブガーデンさくらの森シャンプー
ハーブガーデンアイキャッチ
  • 低刺激の洗浄成分
  • 酸化ケア成分の配合
  • 保湿系成分の配合
  • 油性成分の配合

と縮毛矯正後のケアに必要な条件をすべて満たしているシャンプーです。

矯正の中でも超ハイダメージの場合、サラサラだけどパサパサになりますので、その場合はシリコン処理が必要です。

その点ハーブガーデンはノンシリコンシャンプー&ノンシリコントリートメントですので、ミドルダメージの縮毛矯正毛に特におすすめです!!

 

市販込みノンシリコンシャンプーおすすめランキング|アミノ酸系・髪質などタイプ別に厳選!!

 

 

 

アビスタエイジングケアシャンプー
 
  • 低刺激の洗浄成分
  • 酸化ケア成分の配合
  • 保湿系成分の配合
  • 油性成分の配合

とこちらも縮毛矯正後のケアに必要な条件をすべて満たしているシャンプーです。

矯正の中でも超ハイダメージの場合、サラサラだけどパサパサになりますので、その場合はシリコン処理が必要です。

その点アビスタはノンシリコンシャンプー&ノンシリコントリートメントですので、ミドルダメージの縮毛矯正毛に特におすすめです!!

アビスタは980円ほどで1週間分のお試しサンプルを購入できますので、まずはこちらを試しても良いと思います。その場合、縮毛矯正をした次のシャンプーのタイミングから1週間分利用してみるといいですよ!(最初の1週間のケアが一番大事ですので)

  •  

 

 

haru kurokami スカルププロ

haru 黒髪スカルプ

haruはあらゆるランキングで顔を出すオールマイティなオールインワンシャンプーです。

こちらも

  • 低刺激の洗浄成分
  • 酸化ケア成分の配合
  • 保湿系成分の配合
  • 油性成分の配合

と縮毛矯正後のケアに必要な成分がしっかりと配合されています。

 

 

あなた専用にカスタマイズできる注目シャンプー

メデュラ

「メデュラ」は2018年5月23日プレスリリースされメディアでも話題になった今美容業界で注目されているシャンプーです。

なんと7つの質問(頭皮、毛髪の「悩み・ダメージレベル・希望)に答えることで”あなた専用のカスタマイズシャンプーが出来るんです!

一人一人のシャンプーを手作業で作っているため、現在注文殺到で届くまでに2~3週間かかっているそうです。

このような質問項目にどんどん答えていくと自分専用のシャンプー&トリートメントが勝手にできちゃうところがなんだかうれしいです♪

どのシャンプーを使用しようか決められない時は、質問に答えて自分専用のシャンプーを作るのも手ですよ!

現在デビュー記念でシャンプー&トリートメント6800円が4880円とかなりお得なので試すなら今がおすすめです♪

 

◆7つの質問に答えると、瞬時にそれに合ったシャンプー&トリートメントの製品説明と全成分表が表示されます。

この時点では商品購入になりませんし、変な勧誘が来るわけでもないので、興味のある人は一度以下リンクから7つの質問に答えて自分のシャンプーを作ってみてくださいね。

⇒「【日本初】あなたの為だけのカスタマイズシャンプー&リペアを作ってみる!

 

 

縮毛矯正でも特に超ダメージ毛におすすめのシャンプーはこれ!

KAMIKA黒髪クリームシャンプー

泡の出ないクリームタイプのオールインワンシャンプー(トリートメント不要)です。

  • 酸化ケアのためのヘマチン
  • 洗浄成分がとってもやさしい
  • シリコン配合でパサつき防止
  • 保湿成分が豊富で保湿力アップ
  • 油性成分の配合(矯正で硬くなった毛髪の柔軟性の付与)

という特徴のシャンプーです。

 

特に、「まっすぐなんだけどパサパサしている」・「カラーも一緒にしている」などで超ダメージを負った毛髪に負担をかけることなく、そして「縮毛矯正後に必要なケア成分が含まれているシャンプー」です。

シャンプーのコンセプト自体は「40代の~」ということが書かれていますが、要はアンチエイジング系の頭皮ケア成分が含まれているだけで、若い方にも何の問題なく利用いただけるシャンプーです。

 

 

市販で縮毛矯正後のケアにおすすめのシャンプーは?

基本的には縮毛矯正毛には市販シャンプーはおすすめしません。

それくらい非常に負担になる施術ですので、アフターケアが非常に大事になるからです。

でも予算の問題でどうしても市販シャンプーから選ばなくてはいけない人もいると思いますので、消極的にではありますが、以下市販で縮毛矯正後のケアにおすすめのシャンプー一覧です。

カウブランド無添加シャンプー

ヒマワリシャンプー

ジュレームアミノ

ジュレームリラックス

 

【縮毛矯正におすすめアウトバストリートメント】

リシリッチ利尻ヘアクリーム

リシリッチ利尻トリートメントは僕の一番お気に入りのアウトバストリートメントです。

ノンシリコンヘアクリームですが、毛髪内部補修&オイル系コーティング剤がカバーされています。

しかもγ-ドコサラクトンという熱に反応して毛髪内部のタンパク質と結合してダメージホールを埋める補修成分が配合されています!!

お試しタイプなども公式サイトでは販売していますので、ぜひ試してみてくださいね!!

 

【縮毛矯正などのダメージヘアにおすすめドライヤー】

リュミエリーナ レプロナイザー 3D plus

爆発的にヒットした”あの”ヘアビューザーの最新機種です。

美容業界でも圧倒的な仕上がりの高さが評価され、美容師の人気ドライヤーランキングで圧倒的1位です。

高いから迷っているなら、すぐに購入した方が良いですよ!

「早く買っておけば良かった!!」と思うほど後悔のないアイテムです<m(__)m>

リュミエリーナ レプロナイザー 3D plus(ヘアビューザーの最新モデル)

 

=====================

 

まとめ

自宅で縮毛矯正を自分でするのはおすすめしない理由はご理解いただけたでしょうか?

シャンプーの重要性もご理解いただけましたでしょうか?

 

何度も繰り返しになりますが(最も大事なポイントなので)、縮毛矯正は仕上がりがサラサラになるのでダメージを感じづらいですが、くせ毛がサラサラな毛髪に半永久的になるほど、髪質を変形しているわけですので、カラーやパーマとはダメージレベルが全然違います。(もっと痛む)

 

言うなれば、今までアイプチやアイライナーやツケマツゲを駆使して、目元を印象強く仕上げていたのを、整形で「二重術」「アイメイクのタトュー」をした状態です。

 

当然この方がかなりの負担ですし、施術後に適切なケアをしないといけないことは想像つくと思います。

縮毛矯正とは、髪の毛の整形ですので、それ相応のケアもしなくてはいけません。

 

ですので、シャンプー&トリートメントのケアには特に力を入れていただきたいなと思います!!