前回、ご新規のお客様でこういう髪型の注文方法をされると困るんだよな・・・なんてことを書きましたが

⇒「美容院で困る注文の仕方」

 

今回もこんな髪型の注文は実は困るんですよ!!って話。

 

記事タイトルにすでに書かれていますが、

そう!!

「おまかせで!」って意外と困るんです( ゚Д゚)

 

自由にカットできるから楽しいんじゃない?なんて思うかもしれませんが、いやいやいや、意外と皆さん「おまかせ」と言いつつ「おまかせ」ではないんですよね(;^ω^)

 

と、今回はそんな話です。

 

 

【スポンサーリンク】

 

「おまかせ」なのに「おまかせ」じゃない!?

冒頭文を読んで「えっ!?おまかせって駄目なの( ゚Д゚)」と思う方も多くいらっしゃいますよね。

 

「おまかせ」の何が困るのか・・・

 

それは、

実はおまかせと言っておきながら、全然おまかせじゃないことが多いからです。( ゚Д゚)

 

 

こんなことがあります↓↓

仮に胸下くらいの長さのお客様

 

お客様

「おまかせでお願いします。」

 

taka

「じゃあショートも似合うと思いますのでバッサリとアゴラインのボブにしましょうか?」

 

お客様

「いや、肩より短くなるのは嫌なんですよね」

 

taka

・・・

じゃあ肩下の長さにしますね。

前髪作るのも似合いそうなので、作っちゃいましょうか♪

 

お客様

いや、前髪ある髪型は好きじゃないので作らないでください

 

taka

・・・

・・・

了解しました。じゃあ前髪は作らない方向で行きますね。

ちなみに今はほとんど段が付いていないスタイルですが、季節も暑くなってきましたしちょっと軽やかにレイヤーをお付けしましょうか♪

 

お客様

いや、あんまり段つけるの好きじゃないんですよね・・・・。

 

taka

・・・

・・・

(こころのさけび)

もうほとんど希望スタイル決まっとるやないけぇ!!

お任せじゃないじゃん!!!?

 

これは極端な例ですが・・・。

このお客さんって「おまかせ」ではないですよね?

 

元々胸下の長さのこのお客さん。

この人は、イメチェンしたいけど、

  • 短くしても肩下まで
  • 前髪は作りたくない
  • 段も入れたくない

この条件の中で「似合うようにして」と言っているんですよね。

 

こういう「条件付きのおまかせ」っていう方が、実はほとんどです。

 

「条件付きのおまかせ」とは!?

ですので、最初に「おまかせで!!」と言われても、ほとんど僕は信用しません(笑)

「そうですねぇ・・・どんな髪型がいいですかね・・・。」

なんて考えるふりをしながら、

「例えば最低これくらいは切りたいとか、逆にこれ以上は切りたくないとかってありますか?」

なんて聞くと、

 

多くの場合「5㎝くらいは切りたいけど、アゴよりは短くしたくない」とか、そんな感じで大体のイメージがあることが多いんですよね。

 

ですので、結局普通のカウンセリングのように質問していく感じになるんです(=゚ω゚)ノ

 

で、大体のイメージが出来た時点で、「その条件の中でおまかせ」なんですね。

 

ここを美容師側が理解していないと、、、つまり「本当におまかせのお客さんは実はほとんどいない」ということを理解していないと、「失敗された!!」と悪い口コミを書かれる原因になるんです(>_<)

 

【スポンサーリンク】

 

「おまかせ」の何が困る?

で「おまかせ」だと何が困るのか?

というと、僕はもうすでに、「本当におまかせの人はほとんどいない。」ということを理解しているのであまり困らないのですが、

 

昔は「おまかせ」と言われたから、ある程度のイメージだけ伝えて切り始めていくと、途中途中で、

 

 

お客様

あっもう少しこういう感じが好きです

とか

 

お客様

そこはあんまり切りすぎないでください

などと注文がつくことが多くて・・・

 

 

taka

結局おまかせじゃないじゃん!!

ってことが多かったんですよね。

 

 

切り始める前に最終的な仕上がりをイメージして切り進んでいますので、途中で注文をあんまり出されると、

  • もうその希望は叶えられない方向に進んじゃっているんだよな・・・
  • ここから軌道修正するとおかしくなっちゃうぞ・・・

ということが起こるんですよね。

 

ね??

これは困りますよね??

 

当然美容師も困るんです(◞‸◟)

 

ホント「おまかせ注文」ってのはこういうことが多いです。

 

美容師にとっては「あるある」の一つなんですよね。

 

「おまかせ」ならどうされても文句なし!?

そもそも、「おまかせ」と言われたからって、超ロングのお客さんをベリーショートに切っちゃったら怒る人って結構多いですよね?

 

一部の美容師の中には、「おまかせ」と言われた場合は、最終的な仕上がりのイメージも伝えずに「ハイわかりました」と勝手にどんどん切り進めていってしまう美容師もいます。

で、仮に超ロングだったのに耳見えるくらいのベリーショートにされちゃう可能性もあるんですよ?

泣いても怒ってももうどうにもなりませんよね?

そもそもその美容師だって「おまかせだったから、ベリーショートが似合うと思ったからバッサリ切った」ということであれば、なんの非もないですよね?

 

そういう悲劇や、お互いに嫌な思いをしないためにも、しっかりと希望を伝えることが大事だと思います。

 

こんな注文方法がおすすめ!!

仮にある程度「おまかせ」でカットしてほしい時は

  • ○○㎝以上は切りたい。でも、●●㎝以上は切らないでほしい
  • あんまり梳かないスタイルが好き。あるいはいっぱい梳いてほしい
  • 段はつけてもいいけど、あんまり極端には入れないでほしい
  • 前髪は~~

etc

ある程度の上限下限の条件を指定したうえで、その中でおまかせでお願いします。似合う感じにしてください。

という注文方法がおすすめです♪

 

先ほども書いたように、「おまかせ」の場合、細かくカウンセリングをしてくれない場合もありますので、バッサリとベリーショートにされる可能性だってあります。

それで満足ならいいですが、そうじゃない場合、もうどうすることも出来ません。

でも、「おまかせ」と言ってしまったのは”あなた”・・・。

 

そのような悲劇から自分の身を守るためにも、ちゃんと自分の希望・好みを整理して、美容師に伝えたうえで「条件付きのおまかせ注文」をしたほうが良いですよ<m(__)m>

 

※やっぱりおまかせ注文は困ると感じる美容師は多いみたいです。テレビでやっていました。

「やっぱり美容室で「おまかせ」オーダーは困る??」