これは美容師の方向けの記事です。

 

僕は元々ほとんど腰痛がないのですが、ある時に整形外科に行ったんです。

で、僕が美容師だと知ってお医者さんが「美容師さんの腰痛に簡単で効果のある対策があるよ♪」と・・・。

※この話はサイドシャンプーが原因の腰痛対策の話です。

 

【スポンサーリンク】

 

ありがちな腰痛対策

ありがちな腰痛対策というか、ネットで美容師の腰痛対策的なキーワードで検索すると

  • 正しい姿勢でシャンプーをしましょう!!
  • シャンプーの時は腰を落とすのではなく、膝を落としましょう!!
  • ストレッチをしましょう!!
  • 筋トレをしましょう!!

まあこんなようなことが書かれていますよね。

 

でも実際これらのことってわかっちゃいるけどめんどくさくなったり、ついつい忙しい時には正しい姿勢を忘れてしまったり・・・などなど。

なかなか出来ないですよね。

というかそもそもこれらができたら本当に腰痛が治るのか?

これらの対策は昔から言われつくしたような内容ですが、これらを実践することで改善したスタッフってほとんど見たことないというか・・・。

 

どちらかというと、アシスタントからスタイリストに昇格してシャンプーをする機会が減っていくうちに腰痛も改善されていく・・・そんなことの方が多くないですか?

んで、アシスタントから抜け出す前に腰痛がひどくなってしまった子は、美容師を辞めちゃう(>_<)

 

本当にもったいないですよね。

 

で、前置きが長くなりましたが、当時うちのスタッフでも腰痛の人が何人かいましたので、僕はそこの整形外科の先生に言われたとおりにしたら、軽度の腰痛の子なんかは「全然痛くない!!」って・・・。

しかもとっても簡単な方法なんです!!

 

【スポンサーリンク】

 

段差がとっても大事!!

なんとこの整形外科の先生に教えてもらった対策は、サイドシャンプー時に

「片足だけ10cmほどの高さの足場に置くだけ」

 

特に”どっちの足”とかもないそうです。

 

少し段差を付けて足を置く高さにギャップを付けることが腰痛対策に非常に有効なんだと教えてもらいました。(足が揃っているのが良くないそうです)

 

まあ騙されたと思ってやってみてください。

僕もその先生に「騙されたと思ってやってみてよ」って。

「腰痛で受診しに来る美容師さんにこの話をするんだけど結構やってくれないんだよね(;^ω^)あなたは腰痛がないかもしれないけど、従業員には腰痛のスタッフもいるでしょ?騙されたと思ってやってみてよ!!」と言われました。

 

で、騙されたと思ってやってみたんです。

僕の台の作り方は捨てる予定の雑誌を10cmになる高さまで積んでガムテープで固定して、それをサロンの雰囲気に合った防水系の布でくるんで終了です。

 

で、サイドシャンプーの時に片足をそれに乗せる。僕は左足を載せていますが、どちらでもいいそうです。

 

たったそれだけ。

 

10cmの台の上に片足を置いてシャンプーをするだけ。

 

それだけでかなり腰が楽になるみたいです。

 

腰痛が軽度なスタッフは、その台を使い始めてすぐに痛みがなくなっていました。

 

ちょっと重度のスタッフも治ることはないながらも「結構楽になった」と言ってくれます。

 

ぜひ悩んでいる人は騙されたと思ってやってみてください。

 

だって超簡単ですので。

 

ちなみに他店の知り合い美容師によっては「この話を働いているオーナーさんに言ったら、その台をシャンプー台すべてに置いたら見た目的に変だからダメ!!」と断られてしまったそうです(>_<)

 

ぜひオーナーさんも騙されたと思って腰痛のスタッフがいたら、この方法やってみてください<m(__)m>

 

少なくとも僕&僕の周りではとっても好評です<m(__)m>

 

全く効果がなければすぐに撤去すればいいだけですし・・・。

 

※ちなみにこれはシャンプー中に限らず、台所での料理中などの場面でも台に片足を置くことで腰痛対策になるそうですよ。

 

筋トレ動画に見る腰痛対策

美容師の腰痛対策

こっちはおまけの話ですが、筋トレで高付加トレーニングをするときは正しいフォームでしないと腰痛になってしまうリスクがあるのですが、結構これが日常生活でも腰痛を悪化させないヒントになるかなと・・・。

 

デッドリフトという筋トレがあります。(上の画像)

これは体の前で何十キロもあるバーベルやダンベルをもって腰を曲げて元に戻す(直立する)という筋トレ。

考えただけ腰痛になりそうなメニューですよね(;^ω^)

だから正しいフォームでやらないととっても危険な筋トレです。

で、詳しいフォームの話は置いておいて、簡単なポイントの一つに「顔が絶対に下を向かないこと」があります。(上記画像の女性もしっかりと前を向いていますよね)

顔が下を向いたまま高付加でデットリフトをすると、腰やります(>_<)

超危険。

 

で、これが日常生活でも結構役立つと思うんです。

よくぎっくり腰になるパターンで、ものを拾って立ち上がろうとしたときにやっちゃうとか聞きますよね。しかも軽いものだったのに・・・。

こういう時に顔が下を向いたまま立ち上がらないように、物を持ったら先に顔だけ前を向いてそれから立ち上がるようにするだけで、結構腰痛対策になりますよ。

もちろん重いものを「ヨイショ!!」と持ち上げる時も、持って立つときに顔は正面を向いてください。

ホント全然違います。

 

これもちょっと意識してみていただくと結構違うのではないかと思いますよ!!

※美容師に照らし合わせると、ワゴンの下に置いてある何かを取るときなどに前屈姿勢で取ってそのまま起き上がるのではなく、しゃがんで取って立つときに顔は正面を向く。という感じです。

 

まとめ

ということで

  • シャンプー中は片足を10cmほどの台に置く
  • モノをもって立ち上がるときは顔は正面を向く

これを意識してみていただけると、ちょっとは腰に負担がなくなるのではないかと。

もちろん重症度によってはどれほどの効果があるかは何とも言えませんが、僕的にはかなり簡単で且つ結構結果の出る腰痛対策かなと思います。

色々試してもなかなか改善しない美容師さんは藁をも掴む思いで対策方法を探していると思いますが、これらの対策をまだしたことがないのであれば、試しに一度やってみてください!!

 

腰痛が改善して末永く美容師として活躍できることを願っております<m(__)m>