美容院ってどういうところに出店したらいいでしょうか?

 

初めて美容室を出店される方には「えっ!?」と驚く方もいると思いますが、美容室が競合している場所や、人気の美容院の近くが狙い目です!!

 

いや、ホントに・・・。

 

【スポンサーリンク】

美容室出店場所の選び方。おすすめの場所とは?

 

競合場所・人気サロン近くがおすすめな理由

まず一つは、「そこに人が多く集まっているから」という事です。

 

例えば、駅のロータリーから2本(A・B)の道が伸びていたとして、

  • Aの道は1000人が毎日通勤で利用する道・・・美容室が4店舗出店中
  • Bの道は100人が毎日通勤で利用する道・・・美容室が1店舗出店中

この時「どちらに出店するか?」という事ですが、

  • Bに出店すると、2店舗になるので、100人を2店舗で分けるので50人づつ。
  • Aに出店すると、5店舗になるので、1000人を5店舗で分けるので200人づつ。

それなら美容室が多く出店しているとしても、Aの道に出店した方が需要があるという事になります。(ネット集客や、口コミなど計算しきれないことももちろんありますが、単純計算の話です)

ですので、仮にAの道沿いの方が家賃が高いとしても、そちらを選んだ方が成功確率は上がるんですね。

 

安くて上手いチェーンの美容院はあるか?

 

次のポイントは、

人気店・美容室が密集しているからこそのメリット

についてです。

 

美容室に限らずですが、お店を出店するときに一番大事なことって、店を知ってもらうことだと思います。

知らなければ候補にも挙がりませんので。

 

だからまずは多くの方に「そこに美容室があるんだ」という事を知ってもらうことが集客の近道です。

 

だからこそ、人気店や美容室密集地帯に飛び込むんですね。

 

だって、日常生活で美容室のことなんか目に入らない人って多いと思いますよ。「毎日、目の前を通っているのに美容室があるなんて気づかなかった・・・」って。

でも、美容室に向かっているときって、ほかの美容室の事も目に入るんですよね。「あっ!!ここにも美容室ってあるのね」って。

だから、人気店・美容室密集地帯に出店しておくと、勝手に美容室の存在を知ってもらいやすいんですよね。

 

「でも、それだと結局違う美容室のお客さんだから集客に結び付かないのでは?」って思いますよね?

 

”あなた”の今務めている美容室の再来率ってどれくらいですか?

100%じゃないですよね?

必ず失客ってあるじゃないですか?

 

 

その失客したお客様。「次どこ行こうかなぁ」って思いますよね。

その時に「あっ!!あそこにいい感じの美容院あったなぁ」って思いだしてもらえるかもしれませんよ。

しかも、元々そこに長く通っていたお客様って「自分が通いやすい道沿いにあるから」って理由でそこの美容室に通っている方も結構います(勿論美容室が気に入った上でですが)。

 

その場合、その通いやすい美容院の近隣に出店していれば、その美容院が嫌になって他に移ろうと思った時に、”あなたのサロン”が選択肢になりやすいんですよね。

 

などなどの理由で、

僕は美容室を出店するとき人気店・美容室密集地帯への出店をおすすめします。

 

※注意点がひとつ。そのエリアの美容室の価格が”あなた”の予定している価格より安いのであればそこは避けてくださいね。元々安い美容室に通われていた方が、いきなり高価格サロンに移る可能性って低いですので。あくまでも自分が想定している価格帯と同じか、むしろ高めの価格の場合に上記の内容ってさらに効力を増すと思います。「他に変えようかなぁ。あっこの美容院は価格も同じくらいだから通えるな♪」って。

 

【美容室出店関連記事】
「美容室を開業するまで」
「ビューティガレージを有効理由・美容機器を探しましょう!!」
「ビューティーガレージのデメリットも理解しよう!!」
「美容ディーラー(材料屋)の選び方」

 

【スポンサーリンク】

 

【独立開業白書】

「美容室を開業するまで」

「ビューティガレージを有効理由・美容機器を探しましょう!!」

「ビューティーガレージのデメリットも理解しよう!!」

「美容ディーラー(材料屋)の選び方」

「美容室出店場所の選び方。おすすめの場所とは?」

「美容室の居抜き物件を探すときの盲点」

「美容室の居抜き物件で注意すること」

「居抜き物件の売却理由の嘘!?」

「美容室開業の時に外観で注意すること」