ここ最近アウトバストリートメント関係の記事を多く書いていますが、自分で書いていても「これ読んでいる人混乱するだろうなぁ(>_<)」と思っていることがありまして、一度整理しておこうと思っています。

「洗い流さない(アウトバス)トリートメントの必要性」
「おすすめのアウトバストリートメントの種類とは?」
「アウトバスオイルトリートメントについて考察すると」
「美容院で使用中の洗い流さない(アウトバス)トリートメント一覧」

 

【スポンサーリンク】

 

シリコンでべたつく?天然オイルでべたつく?どっち???

何のことかと言うと、僕の記事を見ていると

「アウトバスとして天然オイル系を使用すると、使用量を間違えるとべたべたするけど、シリコンオイルはベタつきづらいから扱いやすい」

とか、逆に全く別の話で

「シリコンオイルはビルドアップ(積み重なる)されやすいので、しっかり毎日シャンプーで剥がしてあげないと毛髪がベタベタしてくる。天然オイルの方がビルドアップはするもののシリコンほどではない」

みたいな・・・。

 

これ意味わかります?

全く逆のことを言っているように聞こえちゃいますよね(^_^;)

 

ってことでこの辺の事を整理しておきますね。

 

 

シリコンの場合

シリコンオイルは、通常のアウトバストリートメントの使用では、ある程度塗布量が多くなってもベタつくことはないです。

 

しかし、毎日のシャンプーでちゃんとシリコンを剥がせていないと、ビルドアップ(積み重なる)されていきます。

そうすると、ある日シャンプーしたあとなのにベタベタしたり、毛髪が束に固まったり、硬くなっていたりという現象が起きるんです。

 

つまり、通常のアウトバストリートメントとしての使用中にはトラブルは起きづらく、代わりに日々のお手入れによっては、ある日、「毛髪の根元側がベタベタしてる。」という事が起きます。

 

 

天然オイル・オーガニックオイル系の場合

天然オイル・オーガニックオイル系の場合は、通常のアウトバスの使用の時に塗布量を間違えるとベタベタ

 

そうなると、もう”そのベタつき”は洗い落とさないと取れませんので、もう一度シャンプーをすることになってしまいます。

 

でも、逆にシリコンほどのビルドアップ(積み重なり)は起きづらいので、シリコンほど毛髪の根元側が日々の積み重ねでベタつく事はありません。

 

※天然オイル系でも全くビルドアップしないわけではなく、当サロンのお客さんでも良かれと思ってオーガニックオイルをべたべたにつけているせいで、毛髪の硬化などのトラブルを起こしている人もいます。

 

【スポンサーリンク】

 

最後に

シリコンのベタベタと天然オイルのベタベタにはこういう違いがあります。

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

ここ最近記事書きながらいつも気になっていた部分なんですよね。

 

あ―スッキリしました♪

 

今回は以上ですm(__)m

 

◆シリコンや天然オイルのつけすぎによるパサつきなどの感触低下を毛髪ダメージと勘違いしていませんか?
「毛髪ダメージ?シリコンなどのオイルのべたつき?よくある勘違い。」

 

◆おすすめアウトバストリートメント一覧
「リシリッチ利尻ヘアクリームを美容師が解析すると」
「スプリナージュ セラムスパオイルの成分解析」
「アミノシールドCMCLEOの成分解析」
「BOTANISTボタニストボタニカルヘアオイルの成分解析。おすすめ?」

===========

「おすすめノンシリコンシャンプーランキング」

「市販のノンシリコンシャンプーおすすめランキング(1000円以内)」