ノンジアミンカラー剤についての詳細はこちらの記事をご覧ください<m(__)m>
「カラーアレルギーにおすすめのノンジアミンヘアカラーとは?」

 

簡単に言えば、通常のカラーリングにアレルギーを持っている方でも施術可能なカラーリングが、ノンジアミンカラーです。

 

※カラーアレルギーの多くは人工色素ジアミンの影響ですが、ほかの薬剤・成分にアレルギーを起こしている場合も少なからずあります。ノンジアミンカラーをされる場合も、カラーアレルギーがあることをサロン側に伝えたうえで必ずパッチテストを受けて施術することをおすすめします・・・というか絶対そうしてくださいね。 

 

※ノンジアミンカラーは、取り入れている美容院が限られていますので、どこのサロンでも施術可能なわけではありません。

 

※「黒髪は黒のまま、白髪にだけ色が入ればいい(ヘアマニキュアの様な染まり方)」という場合は、ご自宅でのヘアカラートリートメントをおすすめします。(ヘアカラートリートメントはノンジアミンでダメージ0です)
「ヘアカラートリートメント特集」
「ヘアカラートリートメントはおすすめか?美容師の解析」

 

【スポンサーリンク】

 

各地域ごとのノンジアミンカラー施術が可能なサロン

以下リンク先は、キーワード「ノンジアミンカラー」で検索した一覧です。

検索に間違って引っかかったサロンや、ごくまれにですが「ただの脱色剤」をノンジアミンカラーと謳っているサロンもあるようですので、詳しい詳細は各サロンでお問い合わせください。

 

●関東エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●関西エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●東海エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●北海道でノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●東北エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●北信越エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●中国エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●四国エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

●九州・沖縄エリアでノンジアミンカラーをしているサロン一覧

 

◆ノンジアミンはジアミンアレルギーの人にとってアレルギーが出ない点が優しいだけで、ノンジアミンカラーでも毛髪が脱色されて茶色くなるのであれば、毛髪ダメージや頭皮への刺激的には普通のカラー剤と変わりません。

ノンジアミンカラーだから毛髪にやさしくてダメージが少ないと勘違いして、アフターケアが疎かになるとダメージの進行を早めます。

通常のカラー剤と同じようにしっかりとアフターケアやシャンプーの見直しをしてくださいね。

「市販込|ヘアカラー・パーマのダメージの違い別おすすめケアシャンプーランキング」

 

いろいろな「毛髪が傷む原因」にしっかりと対策を講じることで、毛髪ダメージはかなり良くなります。以下の記事を参考にできるところからダメージ対策をしてくださいね、

「髪が傷む原因と対策|毛髪ダメージに繋がるNG行動とは?美容師おすすめケア付き!」