低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

ドライヤーに関しては過去記事も参考にして下さい。

「ドライヤーは使わず自然乾燥の方が髪に良い?」
「ドライヤーで髪が傷む理由」 
「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」

 

過去の記事をお読みいただくと、

ドライヤーで髪を傷めないためにはどうしたらいいか。

がわかってくると思うのですが、一旦まとめますと

  • ドライヤーは半乾き(80%ドライ)も過乾燥(110%ドライ)もダメで100%乾燥がベスト
  • 毛髪に高温のドライヤーを近づけたり、同じとところにずっと当てていると重度の熱ダメージを受けてしまうので危険
  • マイナスイオンドライヤーは、マイナスイオンとしての効果は怪しいが(◎_◎;)実際しっとりとツヤは出るので使用したほうがベター

ということになります。

で、以前これらを解消するために作られたドライヤーを紹介したことがありましたが
「「PON」で紹介/美容師おすすめクレイツイオン首振りドライヤー」

これの場合は、ドライヤーが自動で首ふりをするので、

美容院で美容師が乾かしているときのように

ドライヤーを振って熱を分散して熱ダメージから守りながら乾かさなくても

「勝手に首を振ってくれるから楽できる!!」というものでした。

(もちろん元々ドライヤーを振って使用されている方には必要のない機能なのですが・・・。)

 

で、今回記事にしているのは、低温トリートメントドライヤーというもので↓↓

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

 簡単に言えば通常120℃程の温度まで上昇する

一般的なドライヤーに比べて60℃までしか温度が上がらないので

「熱ダメージをかなり軽減しながら乾かせる」というドライヤーです。

 

で、さらに風量がしっかりあるので

ドライにかかる時間は通常のドライヤーよりも短い

とメーカー説明では書いてありますね。

 

で、マイナスイオンが出ます・・・。
(前回記事で説明しているように、マイナスイオンという存在自体はかなりきな臭いものなわけですが(。-_-。)⇒「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」)

 

この通りであれば、

まさにドライヤーによるダメージのほとんどを

解消することができるわけですね。
 

で、僕はこのドライヤー(たぶん正確には前身タイプ)を

何年か前にお試しでレンタルして1週間ほど使用したことがありますので、

その辺のことも踏まえてご説明しますね。

 

低温マイナスイオンドライヤーのレビュー

まずはざっくり感想的には、「一般の方にはかなり良い」と感じました。

確かに仕上がりは「しっとり」というか「さらさら」というか、

とにかくいい感触の乾かし上がりになります。

 

マイナスイオンの記事でも書きましたが、

実際はマイナスイオンの効果ではないのでしょうが、

その代わりに出ているオゾンか何か?のおかげで

間違いなくしっとりとした仕上がりになります。

 

そして低温ですので、確かに一般家庭で使う場合にはいいのでしょう。

高温のドライヤー(通用のドライヤー)をうまくコントロールできない場合に

熱ダメージを負ってしまいますからね。

 

正直美容師の立場から言えば、

高熱のドライヤー(普通のドライヤー)でも

うまく熱を分散して乾かすことができますので

わざわざ低温のドライヤーにこだわる必要はない。

と感じています。

 

でも、一般の方がご自分で乾かす場合には、

うまく熱を分散できずに熱ダメージを負っている方も多いですので

かなり手助けになるかなと思います。

 

熱ダメージは来店されて一目、目視すればすぐわかります。

結構こだわってドライヤーで仕上げている方などで

多く起きるダメージですね。

 

ですので、

低温というのはこのドライヤーをおすすめする一番の理由になります。

(以前の記事でずっとクールモードで乾かすのが一番ドライヤーのダメージから守れる。しかし恐ろしいくらい乾くのに時間がかかる(>_<)という話をしましたが、そのクールモードに近づけながら乾かす時間も長くならないように作られたドライヤーという感じですね⇒「ドライヤーで髪が傷む理由」)

 

で、一つ注意していただきたいのは、低温といっても60℃ですからね。

かなり熱いですよ(>_<)

 

50℃のお湯に手を突っ込んだら結構熱いじゃないですか?

熱めの温泉とか、手を入れただけで

「熱っ!!」って感じるものもあると思いますが

あれでも60℃ではないと思うんですよね。

 

それよりも熱いですからね。

低温だからって涼し気な風ではないですからね。

 

さらに言えばデジタルパーマで使用が許可されている温度の上限は

本当は60℃までという決まりがあります。

(本当は、と書いている理由はもっと高い温度のほうがきれいにかかるので実際はもっと高い温度で施術している美容院も多いからです。あと時短になるという理由で)

 

ですので、あなたの行かれている美容院でも

ちゃんと60℃までしか使用していないかはわかりませんが(。-_-。)

僕の美容院では60℃までしか使用していません。

というか資生堂のシステムキュールという機械だと

60℃までしか設定がないんですよね(>_<)

だからそもそも上げようがないだけなんですがw

(本当はちょっと高くしたいなと思うときもありますw)

 

ほかのメーカーのは、

もっと高い温度まで上がるようになっていますので、

高い温度でしている美容院もあるんですよね。

当然ダメージリスクは上がるわけですが。

(海外でも販売する場合は、他の国では上限がないかもっと上の温度まで上げてもいいらしいので、そちらに合わせて高い温度まで上がるようになっているそうです。)

 

で、話は戻りますが、

デジパーをされたことがある方はわかる人もいるかもしれませんが

 

デジパーは、ロッドを巻いて、

そのあと、そのロッドにコンセントを指して通電させ

60℃にロッドを熱くして、その熱でウェーブをつけるわけですが、

通電させる前にロッドが直接頭皮につかないように、ロッドと頭皮の間に

スポンジのパッドを挟みます。

 

なぜなら、

60℃に上がったロッドが直接肌についたら火傷をするからです(>_<)

普通に手に持っても「熱っ」ってなるレベルの温度ですからね。

 

それが60℃という温度の熱さです。

 

ですので、一応このドライヤーは低温と書かれていますが、

それは今までのドライヤーに比べたら半分くらいの温度というだけで

十分熱い温度でもあるということはご理解しておいて下さいね。

 

でも逆に言えば、デジパーなどで60℃までと言われているように、

60℃というのは一つの熱ダメージにおける境界線なんだと思います。

 

ですので、そこまでの温度しか出ないようにしてあるというのは

非常に重要で価値のあることなんですよね。

 

ですので繰り返しますが、

「低温である。」=「60℃までである。」

というのは、このドライヤーをおすすめする一番の理由になるんですよね。

 

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

※公式ホームページはこちら⇒低温トリートメントドライヤー 低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

 

 

低温トリートメントドライヤーのトリートメント効果とは?

まあこれはこの商品のご愛敬なところだと思っていますがww

トリートメントとは何のことを指すのですかね?

 

説明を見るとマイナスイオンでサラサラしっとりになることを

トリートメントと言っているだけですね。

 

マイナスイオン効果=トリートメント効果

ということですね。

 

トリートメントとはどういう意味でしょうか?

僕のイメージでは修復される。という感覚があるのですが

別にただ一時的にサラサラになることをトリートメント効果

と名付けるかどうかはメーカー側の勝手ですww

 

ですので、マイナスイオンの効果をトリートメント効果と言ったって

別にいいんですよね。

 

で、このドライヤーで説明されているトリートメントは

僕が思うところのトリートメント効果ではありませんね。

つまり修復されるということですね。

 

まあこれも僕がよくよく記事で書いているイメージ戦略ですね。

商品の良い悪いは別にして、この言葉が入るかどうかで

売れる量って変わってくると思うんですよね。

 

低温ドライヤー低温トリートメントドライヤーだと

後者のほうが響きがいいですよね。

だからマイナスイオンの効果をトリートメント効果という言い方に変えて

宣伝しているんですね。

 

そのほうが売れるから。

で、このドライヤーは物自体が良いか悪いかでいえば

かなりいいものであると思います。

 

ですので、トリートメントと書いてしまったところは、

このメーカーのご愛敬というところではないでしょうかww

※僕がお勧めしているシャンプーでもご愛敬なところが多々あるようにwオーガニックとか無添加とかノンシリコンとかそういう響きのことなわけですが・・・。良い製品でも売れなくては意味がないですので、本当の成分の質とは別に、売るための謳い文句は必要ということですね。
「シャンプーの真実/見分け方」 
「おすすめシャンプー解析」

※マイナスイオン効果と書いていますが、以前の記事でも書いているようにマイナスイオンという言葉には議論の余地がありますが、この場では単純にマイナスイオンの効果と書かせていただいています。

 

※公式ホームページはこちら⇒低温トリートメントドライヤー 低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

 

低温トリートメントドライヤーがおすすめな本当の理由

ですので、僕はこれをトリートメント効果があるからおすすめです。

なんてことを言う気はサラサラありません。

 

マイナスイオンに関しても

確かに効果は感じますがおまけと言っちゃあおまけの効果です。

(それはどのマイナスイオンドライヤーでも同じことですが)

 

じゃあなんでおすすめなの?と言われれば低温だからです。

で、その割に普通に乾いてくれるからです。

 

ドライヤーもシャンプーと考え方は似ていて、

ドライヤーもシャンプーもすればするだけ、毛髪にダメージを負います|д゚)

 

ですので、シャンプー記事の時によく話になりますが、

シャンプーは洗浄成分が一番大事。

なぜなら毛髪は一度ダメージをしてしまうと基本的には元に戻ることはない。

ですので、いかに傷ませずに洗えるかが大事。

で、洗浄力が粗悪だと、その激しい洗浄力が汚れだけでなく

キューティクルをはがしたり、毛髪内部の必要な成分まで

奪っていってしまうのが問題なわけです。

 

で、それを誤魔化すためにシリコンを入れたり、

あるいはノンシリコンと銘打って

シリコンとほぼ同じ役割を持たせるために

オーガニックオイル等を配合するわけですよね。

「市販シャンプーと美容院シャンプーの違い」

 

これとドライヤーの何が似ているかというと、

同じように熱ダメージは一度負ってしまえば元に戻ることはないんです。

むしろシャンプーでのダメージよりも断然たちが悪いです(>_<)

 

熱ダメージによるパサつきは何かで誤魔化すしかできません。

ですので、いかに傷ませずに日々ドライヤーをしていただけるかが

非常に重要。

 

ですので、

低温である=熱ダメージを負いづらい

その割に乾かす時間にもストレスがない。

ということが、

このドライヤーを僕がお勧めする最大であり唯一の理由であると言えます。

 

だって、マイナスイオンでしっとりサラサラになったって、

それってその日一日だけの話ですよね?

 

別にマイナスイオンのおかげで毛髪が修復するわけではないのですから。

ですので、まずはダメージを負わせないこと。これに神経を集中させましょうね。

そうなるとドライヤーでのダメージの原因である

「熱」が低いものを使用するというのは最大のメリットになりますね。

ってことでした<m(__)m>

 

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

※公式ホームページはこちら⇒低温トリートメントドライヤー 低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

 

 

で、その乾燥時間の話についてちょっと詳しく書きますね↓

低温トリートメントドライヤーでの乾燥時間は?

メーカーの説明を読んでいると

通常のドライヤーよりも早く乾くそうですね。

 

僕も試したことあるといいましたが、どうだったかな・・・。

そんなに早く乾いた記憶はないのですが・・・。

というか、温度が低いのに普通に乾いたので

「すごいっすねぇ(*’▽’)」

っと材料屋さんと話した記憶はあるのですが、

もしかしたら普通よりも早く乾いていたんですかね??

 

あんまり意識していませんでしたが、

少なくとも美容院で通常使用するドライヤーと

遜色なく普通に乾いた記憶はあります。

 

ですので、乾き的にも問題なく使用できると思います。

 

低温トリートメントドライヤーの重みは??

あと、問題は重み・重量ですよね。

 

以前も書きましたが

参考までに僕が美容院で使用しているドライヤーはこちら

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

【 送料無料 】 ノビィ マイナスイオンヘアードライヤーNB3000 ブラック 【 サロン専売品 美容室 美容院 美容師 プロ 愛用 】 【 マイナスイオンドライヤー ヘアアイロン ドライヤー 関連 】

価格:12,830円
(2015/11/7 10:48時点)
感想(1件)

マイナスイオンドライヤーに効果はある?で、この時も書きましたが、これ重いんですよ(>_<)

重量が860gですので|д゚)

 

美容院で座っているお客さんに立ってる美容師が

ドライヤー使うならこの重みでもいいんですけど、

自分で手を頭の上までもっていって乾かすには

結構負担になるのではないですかね。

だから、おすすめはしないのですが。

 

で、例えばこの僕の扱っているnobbyというブランドは

美容院ではおそらく一番多く使われているドライヤーだと思います。

 

その中でも僕が使っているのが一番風量もあって値段も高いヤツなのですが

もう少し下のグレードのやつで↓

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

NOBBY NB2503 マイナスイオンヘアードライヤー 1200W 【ホワイト】

新品価格
¥6,800から
(2015/11/8 16:41時点)

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由こんなものでも720g程します。

 

それに対して低温トリートメントドライヤーは580gです。

ですので、業務用ドライヤーと比べると軽いタイプの商品だと思います。 

 

ただ、おそらく市販の安いヤツよりは重いのではないでしょうか?

例えば適当にマイナスイオンドライヤーで検索したら出てきた安いヤツ↓

ドライヤー マイナスイオン ヘアードライヤー テスコム TID305【 マイナスイオンドライヤー tescom 】【 送料無料 あす楽対応 】

価格:2,570円
(2015/11/8 16:45時点)
感想(2679件)

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由これだと420gですからね。

 

で、市販の中ではもっとも有名な?パナソニックのナノケア↓

【送料無料】 パナソニック ヘアードライヤー 「ナノケア」 EH-CNA97-P ピンク[EHCNA97P]

価格:22,464円
(2015/11/8 16:49時点)
感想(4件)

これなんかは575gします。

 

ですので、美容院のドライヤーに比べると軽いですが

市販の中では重い部類に入るのかな?

とは思いますので、ここも勘違いはされないほうがいいと思います。

 

市販のいいドライヤー(ナノケア等)を使用していて、

重くて嫌でもっと軽いのが良いということであれば

これは重いかもしれませんね。

 

まあこの辺が気になる方は、今ご自分で使用中のドライヤーのスペックを

ネットで調べればすぐわかると思いますので重量を調べてみて

比べてみるといいと思います。

(もし自分で測りで調べるときは、この重量はコードもすべて乗っけた状態の重量ですのでお間違えの無いようにしてくださいね。)

 

この重みも問題ない。そもそも気にしていないということであれば。

そしてさらに今現在ドライヤーお探し中なのであれば

こちらのドライヤーは僕の中では一番おすすめの

ドライヤーだと思います。

※ちなみに僕は、ドライヤーの耐年数と重みはイコールの関係になっているような気もしますので 、長く使うのであれば少し重い物の方が持ちが良い様な気がしています(完全に「個人の感想です」ってやつですが(^_^.))

 

まあ何度も繰り返しますが、おすすめの理由は低温なのに普通に乾く。

もうこれに尽きると思います。

 

そしてそれが、このドライヤーをおすすめする一番の理由になるんですよね。

 

低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

※公式ホームページはこちら⇒低温トリートメントドライヤー 低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由

 

 

あっ最後になりますが、

ドライヤーだけでは解消できない、

ドライヤー使用時のダメージと言えば

毛髪同士の摩擦です。

 

こちらのドライヤーにしても風量を上げることと、熱をうまく分散させることで

乾かす時間が短くなるということなのですが、風量が上がるということは

毛髪同士が擦れてしまう|д゚)

という新たなダメージの種ができてしまうということはあるんです・・・。

 

まあこれはマイナスイオン効果でしっとりと仕上がりますので、

普通のドライヤーで風量が強い場合と比べれば

気になるレベルのダメージではないですが

ダメージの種になるとは思っています。

 

だったらそこも取り除いちゃいましょう!!

というのがアウトバストリートメントの役割の一つなわけですね。

※個人的にはアウトバストリートメントは修復よりも防御というイメージが強いんですよね。ドライヤーの熱や摩擦からの防御や、日中の生活の中でのいろんな外的要因(紫外線や強風)からの防御、という感じで。もちろんその上でさらに毛髪補修成分などが配合されていればパーフェクトなわけですが。

ということでアウトバストリートメントについても後日記事にしていきますね!!

 

ちなみに僕の今までの記事の中でアウトバスとしておすすめなのは

ハーブガーデンさくらの森シャンプーのコンディショナーです。

コンディショナーがアウトバスとしても理由出来ますが、

かなり優れていると思います。

 

で、今後紹介予定の、当店でも使用しているアウトバストリートメントですと

リシリッチ 利尻ヘアクリーム

こちらもかなりおすすめです。記事にするまでもう少しお待ちください<m(__)m>

「美容院で使用中の洗い流さない(アウトバス)トリートメント一覧」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ