ドライヤーは使わず自然乾燥の方が髪に良い?

ドライヤーは使った方が髪に良い?

お風呂上がりの髪の毛、ドライヤーを使って乾かすか?、自然乾燥が良いか?

 

答えは、ドライヤーで乾かす!!

 

なぜかというと、髪は濡れている時に一番弱い状態になっているので、そのまま放置してしまうと傷みやすいからなんです。

 

ですので湿ったまま寝てしまうのは一番良くないです。
(半乾きまでドライヤーで乾かしてから寝るという方もいますが。これも同じでダメージの元です。)

 

しかも、湿った頭皮のままでいると、細菌が繁殖して薄毛など頭皮トラブルの原因になったりもします。

「女性も薄毛が原因で美容院ジプシーになる理由」

 

【スポンサーリンク】

 

なぜドライヤーで乾かすと毛が傷むと言われているのか?

巷ではドライヤーで毛が傷むと言われたりもしていますが、それは間違ったドライヤーの使い方をしたらってことです。

 

例えば

  • ドライヤーと髪の距離が近い。  
  • 同じ個所に何秒間も当ててしまう。

等ですね。

=================

※これらを解消できるドライヤー

「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」

================= 

あとは、そもそも「ドライヤーで毛が傷む」と言われるようになった由来ですが、昔って、皆さんドライヤーとブラシを使ってブローしていたんです。

 

結局この時にブラシでガシガシ髪を引っ張りながら、髪のすぐ近くで高温当てていたわけですから、それで「ドライヤーで毛が傷む」と言われるようになったんでしょうね。

 

ですので、正確に言うと、「間違ったブローは毛が傷む」っていうのが正解。

 

今の時代はハンドブローの方が多いですので、そんなにダメージはないです。あるとすれば、狙った形にするためにドライヤーを使って悪戦苦闘しているうちに、100%ドライが理想なのに、120%ドライになってしまって過乾燥になってしまったりしたらです。

 

ですので、80%ドライでもなく120%ドライでもなく95%~100%ドライでフィニッシュできると一番いいんですね♪

 

コテやアイロンの熱ダメージは?

ちなみに最近はコテやアイロンで髪をセットされる方が増えてきていますが、あれは1番傷みます。

(コテ使うといい感じにセットできるので、止めて下さいとは言いづらいですが、せめて高温の熱に耐えられる仕様に作ってある洗い流さないトリートメントやコテの正しい当て方etc,是非一度美容室で相談してみてください。)

※一度熱で傷めた髪は元に戻りません。

 

ここでいう傷むというのは、

  • カットが決まらない。
  • パーマがかからない。
  • カラーが入らない。

という美容院ジプシーになるための要素になる事がいっぱいってことです。

 

熱で傷みがハイダメージまで進んでいる場合、どんな美容院に行っても、もうどうにもなりません。

※こちらの話と共通した話です
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

 

【スポンサーリンク】

 

美容師が教えるドライヤーでの乾かし方 

ドライヤーを離し、一か所にずっと当たらないように振りながら、そして、根元を乾かすかんじで使うと良いと思います。

※それを機械がやってくれるということで話題になっているのがこのドライヤー
「「PON」で紹介/美容師おすすめクレイツイオン首振りドライヤー」

或いは

※通常の半分の温度までしか上がらないことで、熱ダメージのリスクを激減させるドライヤーはこちら(個人的にはこちらの方がいいと思います)
「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」

 

 

髪は毛先の方が梳かれてあったり、外的要因などでダメージがあり、根元側より乾燥しやすいです。

その為、根元を乾かしていても、その余熱で毛先はだいたい乾いちゃいます。

そして最後に毛先をササッと乾かすと枝毛にもなりづらいです。

 

 

もう一つの注意点としては乾かす前に、洗い流さないトリートメント系をつけるということです。

(特にロングの方は。)

 

何もつけずに乾かすと、乾かすために髪をふりふりする時に、隣り合った髪の毛が擦られ摩擦を起こし、キューティクルが剥がされ、やはり傷みの原因になってしまいます。

※おすすめアウトバス(洗い流さない)トリートメント
「リシリッチ利尻ヘアクリームを美容師が解析すると」 

 

 

とか書きながら、

お風呂上がり洗い流さないトリートメントつけてドライヤーかけて・・・

「よしっOK!!」って、

ちょ~めんどいですよねぇ(-_-;)

 

でも、やるやらないでは

長い目で見たときの髪のコンディションに違いが出てきますよ。

確実に…。

 

「傷まないタオルドライの方法」

「ドライヤーで髪が傷む理由」

「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」

「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ