かゆみ・かぶれが出た時のシャンプーの選び方

シャンプーやコンディショナー・化粧品などのコスメを使用していて

かぶれ・かゆみ等が出たときに、

次に購入する商品をどれを選べばいいか迷うことってありますよね?

 

よくあるのは、

「オーガニックならやさしくていいかな?」

「無添加ならかぶれないでしょ!!」

などと考えてしまいますよね?

 

でもこれが大きな間違いであることは、

今まで

「口が酸っぱくなるくらい・・・」

「耳にタコができるくらい・・・」

言ってきましたねww

「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」
「オーガニックって意味あると思います?」
「安心安全なシャンプーは市販のシャンプー?」
「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」

 

【スポンサーリンク】

 

 

まずは

かゆみ・かぶれが出たら同一メーカーを避ける

まずは前提としてアレルギーが出て顔がはれたり等

重篤な症状が出た場合は自己判断ではなく、

病院でしっかり原因を追究してくださいね。

 

で、もう少し軽めの症状というか、かゆみ・かぶれの場合にどうするか?

まぁこういう軽い症状が出たまま、ずーっと同じものを使用し続けたときに

花粉症のようにリミットがはずれて重篤な症状に見舞われることもありますので

気を付けていただきたいのですが、

 

そんな場合にどう回避していくかといえば、

同一メーカーの商品を避ける事です。

 

たまに付き合いで

デパートの化粧品コーナーの美容部員さんや

ドラッグストアの薬剤師さん?店員さん?

等と会話することや、隣で会話しているのを聞いてることがありますが、

ぶっちゃけ知識のない人がほとんどです(>_<)

 

というか、ホントに正しい知識を持っている人に会ったことはほぼありません。

だいたいどこのお店の方も、メーカーの宣伝通りの事しか言わないですし、

商品の特徴的な成分にのみ詳しいだけで、

その商品の本質である主成分に何が配合されているかを

理解されているような方と僕は出会ったことがありません(>_<)

 

ですので、

主成分の洗浄成分の質が悪いから、

もうどうにもならないクレンジング剤なのに

「こちらのクレンジング剤にはアルガンオイルが配合されていまして。アルガンオイルとは・・・・。だからすごい良いクレンジング剤なんですよ♫」

とか言われても・・・。

そりゃアルガンオイルは良いでしょうよ・・・。でもね、その商品の本来の目的。

洗顔料としての、洗浄成分がひどい作りだってことはちゃんと理解している?

って思っちゃうんですよね(・.・;)

 

まぁ中にはわかっている上で、売る為に伏せているということも多々あるし・・・

もちろん美容師でもシャンプーの成分なんてほとんど理解せずに

「オーガニックです」とか「ノンシリコンです」とか

恐ろしい宣伝方法で販売している人も多いですからね(;一_一)

 

それはカリスマサロンでも同じですね・・・。

だってカリスマサロンほど、メーカーさん業者さんには

「美容師さんは技術や理論の追求して下さい。商品や使う薬剤に関してはこちらにおかませください」とか言うんですよ。

僕はそう言われると、「この人、美容師にケミカル詳しくなられるとやっかいだなと思ってるんだろうなぁ◎o◎」と疑ってしまうんですよねww

 

と、話を戻しますと

美容部員に「前回これでかゆみ出たんだけど・・・。」

といえば

「それなら、こちらの方が優しい処方でいいかもしれませんね♫ほら!パッケージに敏感肌用って書いてあります!!」

みたいな・・・。

 

その判断だけを鵜呑みにしたら危ないです(゜o゜)

だって商品に記載の成分表示で判断できていないわけですからね。

 

【スポンサーリンク】

 

かゆみ・かぶれが出たら同一メーカーを避けた方がいい理由 

何度もこのブログで書いていますが

ほとんどのメーカーさんは基本の作りは「違うシリーズ」でも大体同じです。

ですので、そのメーカーの商品でかゆみ・かぶれが出たときは

スパッと違うメーカーの商品を試した方が無難です。

 

かゆみ・かぶれってシャンプーの場合だったら

洗浄力が強すぎるからなるとかそういうことではなくて

”あなた”にとって相性が合わない成分が配合されているからなるんです。

 

まぁ頭皮に傷があって(自分では気づかないような乾燥しすぎてなども含む)

って場合に洗浄力が強いだけで

ピリピリかゆいなんて感じることもあるかもしれませんが。

 

ですので、同一メーカーで優しい処方の商品をチョイスしたとしても、

基本の作りが似ていますので、

”あなた”にとってかゆみ・かぶれを発症させた成分が

配合されている可能性が高いのです。

 

例えばクラシエというメーカーの「いち髪」「HIMAWARI」シャンプー

この2つは同じメーカーの商品だけに基本の作りが似ています。

 

「いち髪の成分」
ラウロイルサルコシンTEAパーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、コカミドメチルMEAコカミドMEAジステアリン酸グリコール、塩化Na、コメエキス、コメヌカエキス、コメ胚芽油、加水分解コメタンパク、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、ムクロジエキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、クエン酸、カエサルピニアスピノサヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10エタノールポリクオタニウム-7、BG、デキストリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

「HIMAWARIの成分」
,ココイルメチルタウリンNa,パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン,コカミドメチルMEA,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルサルコシンTEA,コカミドMEA,ジステリアン酸グリコール,ココイルグルタミン酸2Na,ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,ヒマワリ種子油,ヒマワリ種子エキス,ヒマワリ花エキス,ヒマワリ芽エキス,アセチルグルコサミン,グリセリン,塩化Na,ミリスチン酸,ココイルトレオニンNa,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ココイルグルタミン酸Na,クエン酸,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-49,ポリクオタニウム-7,エタノール,EDTA-2Na,安息香酸Na,香料,カラメル

 

黄色で囲っている成分が同じ成分ですね。

成分表の上位と下位側が集中的に同じ成分で

中間部の成分には違いがありますね。

 

これがどういうことかといえば

成分表示の最初の方でかぶっていない部分が

シャンプーで一番大事な洗浄成分の配合部分です。

HIMAWARIの方が上位クラスのシャンプーなだけに、

いち髪の洗浄成分も使いながら、

よりやさしい成分(ココイルメチルタウリンNa)などを

多く配合することでシャンプーとしての質を高めてる作りになっています。

 

そして表示の中間のあまり成分がかぶっていないところ。

ここがコンディショニングや補修剤の成分の配合の違いです。

つまりHIMAWARIはひまわりを謳うために

ひまわりオイルなどとここに表示されていますね。

 

多くの場合個々のコンディショニング成分の配合を変えることで

同じメーカーでも違うシリーズとして出しています。

 

そして同じメーカーの場合は、

補助剤(粘度を調節など)や防腐剤の配合は似ています。

上記、2種の表示だと最後の方にかぶっている成分たちがそれにあたります。

安息香酸Na等ですね。

 

で、かぶれ・かゆみなどで多いパターンは

この補助剤や防腐剤の組み合わせによることが多いです。

 

ちなみにクラシエの場合はそれにプラスして

洗浄剤のラウロイルサルコシン酸TEAが

人によってはかゆみを起こす成分です。

 

そしてやはりラウロイルサルコシン酸は

いち髪にもHIMAWARIにも配合されています。

 

ですので、

いち髪でかゆみが出ればHIMAWARIは避けた方がいいかな・・・。

クラシエじゃないのを試してみた方が無難。

となるんです。

(ラウロイルサルコシン酸はごくまれにかゆみを感じる人がいるだけで基本的には全然心配する必要はないですよ。そしてクラシエは市販シャンプーメーカーでは良い作りをしている方だと思います)

 

HIMAWARIもいち髪もその値段に対しての

コストパフォーマンスという意味では

良いシャンプーの部類に入ります。

「HIMAWARI(ひまわり)シャンプーは美容師おすすめ?」
「市販のアミノ酸系シャンプー「いち髪」」

※あくまでも低価格にしては良い。と言うだけでダメージヘア。シャンプージプシーにお薦めだと言っているわけではありません。

あくまでも、本気で髪のダメージや頭皮のことを考えればもう少しコストはかかってきてしまします。
「アットコスメで1位獲得のmogansシャンプーの実力は?」
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプーの成分は?」
「口コミで評判のharu黒髪スカルププロを解析」
「さらさらになりたいなら美容院専売「精炭酸ザクロシャンプー」」
「最高級アミノ酸系シャンプー「アミノシールドソープD」はおすすめ」

 

それ以外でも

コーセー

  • オレオドールボタニカル
  • ジュレームディープモイストノンシリコン

この2つの成分の上位と下位を少し見てみると

「オレオドール ボタニカル」
水,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,コカミドプロピルベタイン,PPG-2コカミド,ココイルメチルタウリンNa,ココアンホ酢酸Na、アンズ核油~~~トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル,ポリクオタニウム-10,ラウリン酸PEG-2,塩化Na,サリチル酸,メチルパラベン,安息香酸Na,香料,カラメル

「ジュレームディープモイストノンシリコン」
水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、アンス核油、~~~トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリクオタニウムー10、ラウリン酸PEG-2、塩化Na、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

このコーセーの2つのシリーズの中のこの2つ。

洗浄成分と、補助剤や防腐剤が完全に同じですね。

じゃぁ何が違うの?ってコンディショニング成分というか

 

ちょいと調べるのサボりますが(-_-;)

この2つの商品が特徴として挙げている

成分やキャッチコピーって違うと思うんですけど

その違いが成分表の中間部に記載されているのですが、

 

要はシャンプーの作りにおいて一番重要ではない部分であり、

消費者に印象的なキャッチコピーを響かせたいときに

この中間部分の成分をいじくるってかんじですね。

 

で、基本の作りはほぼ同じになる。

これがかゆみ・かぶれが出て、次を選ぶときに

同一メーカーの商品を外した方が無難だと思う理由です。

 

今回の話は、

そのシャンプーや化粧品のモノがいい・悪いという話とは違いますので

悪しからずm(__)m

 

”あなた”にとって合うか合わないかの話です。


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ