髪萌ヘアカラートリートメントの成分解析と口コミレビュー

髪萌カラートリートメントアイキャッチ

髪萌ヘアカラートリートメントの成分解析と毛髪実験結果の比較を掲載していきます。

髪萌シリーズは、髪萌カラーアップ髪萌ヘアカラートリートメントの2種類があります。

※カラーアップは染色用。カラートリートメントはケア用(色味の維持用)という利用方法のようです。

 

髪萌ヘアカラートリートメントの特徴まとめ

200g 2592円

色味 マットアッシュ系
染色具合
低刺激性 〇or△
手触り・感触
コスパ 普通

【一言評価】

まとめて9種類のカラートリートメントの比較実験をしましたが、最も染まりが悪かったのが髪萌ヘアカラートリートメントです(>_<)
「ヘアカラートリートメントの比較実験(乾いた毛髪)・口コミレビュー」

 

ですが、そもそも髪萌ヘアカラートリートメントは、染色用ではなくケア用と書いてありますので、髪萌カラーアップでしっかりと染色した色を維持するためにちょっとだけ色味を加えるためのものなんだと思います。

※髪萌カラーアップは9種のカラートリートメント比較実験で最も染まりが良かったです。

「髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー」

 

そのためメーカーサイドでは、髪萌カラーアップとカラートリートメントを順番に使用することで、長く色味を維持するという方策をとっているようです。

髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

5分で染まる!頭皮も育てる白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」 髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

 

髪萌ヘアカラートリートメントの染色比較実験

まずは、髪萌ヘアカラートリートメントの染色比較実験です。

以下5種類の実験をしています。

  1. シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布10分×1回(その後流しのみ)
  2. シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布10分×2回(その後流しのみ)
  3. シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布10分×3回(その後流しのみ)
  4. シャンプー前ドライの状態で塗布30分×1回(その後シャンプー)
  5. シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布30分(その後流しのみ)

◆メーカー公式の使用方法は、シャンプー前の乾いた毛髪に適量塗布し5~10分程度放置後しっかりすすいでから通常のシャンプーです。シャンプー後十分にタオルドライした濡れた髪にもご使用できます。

ウェット10分1回~3回の実験結果

シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布して10分放置(その後流す)の1回~3回までの実験結果です。

【1回目】

カラートリートメントハツモエDB

【2回目】

カラートリートメントハツモエ2

【3回目】

カラートリートメントハツモエ3

※黒髪毛束に少し重ねた状態

カラートリートメントハツモエ毛束3

ドライ塗布30分の実験結果

今度はシャンプー前ドライの状態で塗布して30分放置。その後シャンプーのみをした状態の毛束です。

カラートリートメントハツモエD30

ウェット塗布30分の実験結果

シャンプー後タオルドライのみのウェット状態で塗布して30分放置後流しのみした状態の毛束です。

カラートリートメントハツモエ(W30)

 

 

 

実験結果を比較検証(口コミレビュー)

いかがですか?ドライ30分塗布が一番しっかりと色が入っていますが、いずれにせよ薄めの染まりです。

特にウェット10分塗布×3回の黒髪毛束に重ねた状態を見ると色の入りが物足りないことがわかりますよね↓↓

カラートリートメントハツモエ毛束3

と言っても繰り返しますが、髪萌カラートリートメントはそもそもカラーアップで深染めした後の色味の維持として利用するものですので、コンセプトとしてはこれくらいの薄付きでOKなんだと思います。

「髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー」

 

髪萌ヘアカラートリートメントの最大の特徴

髪萌カラートリートメントの最大の特徴は、毛髪のまとまりの良さです!!

以下ドライ塗布30分放置の毛束を自然乾燥した状態です↓

カラートリートメント18(D30)

カラートリートメント19(D30)

 

上の画像の左から2番目の画像が髪萌カラートリートメントですが、ほかの毛束よりもかなり収まりがいいのがわかりますか?(実際の肉眼では上の画像の一番右の毛束のエフキュアが最も収まり手触りが良いです)

 

髪萌カラートリートメントの最大の特徴はこの収まりの良さです。

ちょっとしたクセなどはきれいに収まってくれるので、加齢とともに昔よりも収まりの悪くなった毛髪をきれいに収めてくれる特徴があります。

逆に言えば、ボリュームアップタイプではありませんので年配の人向けではないと思います。(まあそれは髪萌という名前からも感じますが(;^ω^))

 

ですので、髪萌カラーアップ&カラートリートメントは、30代や40代前半の白髪が気になり始めたころの世代の人にドンピシャなカラートリートメントだと思います。

 

髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

5分で染まる!頭皮も育てる白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」 髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

 

 

髪萌カラーアップの成分

【成分】

水、ベヘニルアルコール、ジメチコン、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムブロミド 、DPG、イソプロパノール、加水分解クチナシエキス、クチナシ果実エキス、炭、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、アカヤジオウ根エキス、ガゴメエキス、アロエベラ葉エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、ユズ果実エキス、マグワ根皮エキス、シソ葉エキス、シャクヤク根エキス、ローズマリー葉エキス 、イチョウ葉エキス、レンゲソウエキス 、テオブロマグランジフロルム種子脂、ツバキ種子油、オリーブ果実油、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、アルギニン、トコフェロール、BG、ミツロウ、セテス-40、オレイン酸グリセリル、アミノプロピルジメチコン、コカミドMEA、乳酸、エチドロン酸、水酸化Na、エタノール、フェノキシエタノール、香料、(+/-)HC黄4、HC青2、塩基性赤76、塩基性茶16、塩基性青99、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

髪萌カラーアップの解析

こちらもカラーアップと同じで正直トリートメントとしての作りはごく普通で特別な特徴がないように映ります。(悪いということでなく、ごく普通・・・ということです。)

髪萌カラートリートメントの最大の特徴である収まりの良さは水も含めて3番目に多く配合されているシリコン(ジメチコン)のおかげだと思います。

そしてそのシリコンの補助として、各種エキスによる頭皮環境改善への期待や保湿力に加えて、俗に「リンス剤」と言われる4級カチオン界面活性剤のステアルトリモニウムブロミドが毛髪柔軟性や帯電防止に役立ちます。

まあ正直普通の市販のトリートメントと同じような組み合わせのトリートメントです。そのベースにカラー色素を添加してカラートリートメントになっています。

 

髪萌カラーアップが向かない人

髪萌カラーアップが向かない人がいます。

それは、市販のリンス・コンディショナー・トリートメント(以下リンス系と記述)で頭皮にかゆみや炎症などのトラブルが起きやすい人です。(シャンプーは別です)

頭皮の刺激になりやすい成分にカチオン界面活性剤「ステアルトリモニウムブロミド」というものがあります。これは市販のリンス系でよく利用される成分なのですが、髪萌ヘアカラートリートメントにも配合されています。

ですので、市販品でもシャンプーは大丈夫なのに、リンス系で頭皮のかゆみなどがある人は、「ステアルトリモニウムブロミド」等の4級カチオン界面活性剤の刺激による可能性もありますので、控えた方がいいかもしれませんね。

※多くの人はには関係のない話です。上記の話に思い当ることがありましたらお控えください<m(__)m>

 

 

髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

5分で染まる!頭皮も育てる白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」 髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

 

 

カラートリートメントのアレルギーについて

最後にこれだけは確認です。

「通常のカラー剤に配合されている色素「ジアミン」にアレルギーを持っている人は、カラートリートメントは「ジアミン」以外の染料で出来ているから安心です。」

という書かれ方をしていることが多く、基本的には僕もこれには賛成なのですが・・・

どんな色素でも、絶対に”あなた”にアレルギーがないということはありません。そして花粉症のように使い続けることで発症することもあります。(ジアミンもそういう人は多いですよね)

実際に欧米ではカラートリートメントの色素「HC染料」「塩基性染料」によるアレルギー報告もあります。

ですので、絶対なのではないということはご理解しつつ利用されることをおすすめいたします。

少なくともカラートリートメントはアレルギーがなければ全般的にどの商品も低刺激ですし毛髪ダメージもないので、染まり方に問題なかったり、”ジアミンにアレルギーを持っていて、でも白髪のカバーをしたい”という人にはお勧めできる選択肢の一つになると思います。

「ヘアカラートリートメントのHC・塩基性染料はアレルギーがなく安全?」
「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールの安全性・アレルギー性について」

 

 

まとめ・ランキング

髪萌カラートリートメントは、髪萌カラーアップのケア用アイテムです。ですのでこちらだけを利用するというのはおすすめしません。

利用されるのであれば髪萌カラーアップとセットでの利用が良いです。

「髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー」

 

そして髪萌カラートリートメントは、毛髪の収まりは非常に良いですので(逆に言えばボリュームダウン)、30代~40代前半の毛髪をまとまり良く収めたい人に向いているアイテムではないかと思います。

 

髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

5分で染まる!頭皮も育てる白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」 髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

 

 

素手でOK?手袋必要?染色実験

最後に気になる人もいるかと思いますので、「素手でやっていいのか?手袋必須か?」について。

おまけ実験です♪

髪萌カラートリートメントアイキャッチ

手に取りだして、まんべんなく手のひらに伸ばしました。3分放置↓↓

※テクスチャーは少し固めですが伸びは良いので、なじませやすいです。ただやはり色素量が少ないのかほかのカラートリートメントよりも色味の密着感はありません。

※香りも強くなく癖のある香りではないので「万人受け」というか良くも悪くも特に感じないと思います。

髪萌カラートリートメント手1

髪萌カラートリートメント手2

※以下髪萌カラーアップの画像と比べると、色味の密着感が弱いことがわかります↓

カラートリートメント髪萌アップ手3

 

 

↓↓お湯で流しただけの状態

美容師的に言うとお客様のメイクをするには失礼な状態(-_-;)

髪萌カラートリートメント手3

 

↓↓市販のハンドソープで洗浄中

髪萌カラートリートメント手4

 

↓↓1回目の洗浄を終えた状態。

※もう十分お客様のメイクができるくらいきれいになりました♪

髪萌カラートリートメント手5

 

ということで1回の洗浄で十分きれいに落とすことが出来ました。

 

髪萌カラーアップの価格と定期便

【定価】

2592円+送料

【定期購入】

1回目2073円+送料

2回目以降2332円+送料

※定期購入は3回以上利用しないと解約不可

※送料:沖縄・離島以外全国一律600円。沖縄・離島は1100円

以上です<m(__)m>

 

◆詳しくは公式サイトで確認する
⇒「5分で染まる!頭皮も育てる白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」 髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

髪萌カラーアップ成分解析と口コミレビュー

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ