美容院で困るおまかせ注文

美容院で困っちゃう注文方法2

前回、「美容院で困る注文の仕方」を記事にしましたが、今回は他の困る注文方法の一つ。

 

「おまかせ」

 

についてです<m(__)m>

 

【スポンサーリンク】

 

「えっ!?おまかせって駄目なの( ゚Д゚)」

って思う方も多くいらっしゃいますよね。

 

「おまかせ」の何が困るのかをお答えしますね。

 

それは、実はおまかせと言っておきながら、全然おまかせじゃないことが多いということです。

 

 

こんなことがあります↓↓

仮に胸下くらいの長さのお客様

★お客様「おまかせでお願いします。」

◆僕「じゃあショートも似合うと思いますのでバッサリとアゴラインのボブにしましょうか?」

 

★お客様「いや、肩より短くなるのは嫌なんですよね」

◆僕「はぁ・・・。じゃあ、前髪あるのも似合うと思いますよ♪作っちゃいましょうか!?」

 

★お客様「いや、前髪ある髪型は好きじゃないので作らないでください」

◆僕「はぁ・・・。今はほとんど段の入っていないスタイルですが、少しレイヤーつけましょうか?」

 

★お客様「いや、あんまり段つけるの好きじゃないんですよね・・・・。」

◆僕「・・・。」

 

これは極端な例ですが・・・。

このお客さんって「おまかせ」だと思いますか??

全然違いますよね。

 

元々胸下の長さのお客さん。

この方は、イメチェンしたいけど、短くしても肩下までで、前髪は作りたくなくて、段も入れたくない。この条件の中で「似合うようにして」と言っているんですよね。

こういう「条件付きのおまかせ」っていう方が、実はほとんどです。

 

ですので、最初に「おまかせで!!」と言われても、ほとんど僕は信用しません(笑)

「そうですねぇ・・・どんな髪型がいいですかね・・・。」なんて考えるふりをしながら、

「例えば最低これくらいは切りたいとか、逆にこれ以上は切りたくないとかってありますか?」

なんて聞くと、

 

多くの場合「5㎝くらいは切りたいけど、アゴよりは短くしたくない」とか、そんな感じで大体のイメージがあることが多いんですよね。

 

ですので、結局普通のカウンセリングのように質問していく感じになるんですよね(=゚ω゚)ノ

 

【スポンサーリンク】

 

で、何が困るかというと、僕はもうすでに、本当の意味で「おまかせ」って人はほとんどいない。ということを理解したので、今となってはあんまり困らないのですが、

 

昔は「おまかせ」だからって、ある程度のイメージだけ伝えて切り始めていくと、途中途中で、「あっもう少しこういう感じが好きです」とか「そこはあんまり切りすぎないでください」とか注文がつくことが多くて・・・「結局おまかせじゃないじゃん!!」ってことが多かったんですよね。

切り始める前に最終的な仕上がりをイメージして切り進んでいますので、途中で注文をあんまり出されると、もうその希望は叶えられない方向に進んじゃっているんだよな・・・どうしよう・・・(>_<)

ということが起こるんですよね。

 

ね??

これは困りますよね??

 

ホントおまかせ注文ってのはこういうことが多いです。

美容師にとっては「あるある」の一つだと思います。

 

そもそも、「おまかせ」と言われたからって、超ロングのお客さんをベリーショートに切っちゃったら怒る人って結構多いですよね?

 

一部の美容師の中には、「おまかせ」と言われた場合は、最終的な仕上がりのイメージも伝えずに「ハイわかりました」と勝手にどんどん切り進めていってしまう美容師もいます。

で、仮に超ロングだったのに耳見えるくらいのベリーショートにされちゃう可能性もあるんですよ?

泣いても怒ってももうどうにもなりませんよね?

そもそもその美容師だって「おまかせだったから、ベリーショートが似合うと思ったからバッサリ切った」ということであれば、なんの非もないですよね?

 

そういう悲劇や、お互いに嫌な思いをしないためにも、しっかりと希望を伝えることが大事だと思います。

 

仮におまかせだとしても、

  • ○○㎝以上は切りたい。でも、●●㎝以上は切らないでほしい
  • あんまり梳かないスタイルが好き。あるいはいっぱい梳いてほしい
  • 段はつけてもいいけど、あんまり極端には入れないでほしい
  • 前髪は~~

etc

ある程度の上限下限の条件を指定したうえで、その中でおまかせでお願いします。似合う感じにしてください。

という注文方法をするのがいいと思いますよ。

 

だって、僕は「おまかせ注文」は多くの場合「本当の意味でおまかせではない」と理解している中でカウンセリングをするので、上記で書いたように普通にカウンセリングをしながら、その方の本当の希望を聞き出したうえでスタイルを決めますが、美容師によっては「おまかせ」注文の場合は、そんなに細かくカウンセリングをしてくれないかもしれません。

その結果、自分がイメージしていた髪型よりもウンと短くなる可能性もあるんですよね。

 

そのような悲劇から自分で身を守るためにも、ちゃんと自分の希望・好みを整理して、美容師に伝えたうえで「おまかせ注文」をしたほうが良いですよ<m(__)m>

 

※やっぱりおまかせ注文は困ると感じる美容師は多いみたいです。テレビでやっていました。

「やっぱり美容室で「おまかせ」オーダーは困る??」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


2 件のコメント “美容院で困るおまかせ注文”

  1. ぴんきー より:

    「美容院で困るおまかせ注文」という記事を見たいのですが、
    このページは前の記事「美容院で困る注文の仕方」と同じ内容になっていませんか?

    それともわたしが見たいページは存在してなかったのかな?

    • taka より:

      あっ( ゚Д゚)

      最近修正した時に間違えてしまったみたいです(>_<)

      あー一から書き直しです(;^ω^)
      ショックだぁ・・・。

      書き直しますのでしばらくお待ちください。

      教えて頂きありがとうございました<m(__)m>

      他の記事も同じ事例がありましたら教えてくださいね♪

      ※ほぼ同じ内容の記事がありますのでこちらをお読みください
      やっぱり美容室で「おまかせ」オーダーは困る??

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ