美容室の居抜き物件で注意すること

美容室の居抜き物件の注意点

最近は美容室開業の際に、居抜き物件を利用して安く開業する。と言う方法もスタンダートになっています。実際に僕もそういう方法で開業したサロンもありますが、その時に注意してほしいことがあります。

 

今回は、何個かポイントを挙げて、次回以降それぞれについて詳しく解説していきますね。

※いつもながらしつこいですが、美容師オーナーとして開業に携わっているだけで、専門家ではありませんので、あくまでも専門業者の意見を一番にして、プラスアルファ「こういうこともあるのかー」と言うくらいで読んでくださいね<m(__)m>

 

美容室の居抜き物件で注意すること

 

居抜き物件の注意点

などなど。

今思い出せるのはこれくらい。

初めて美容室をオープンするときって、ちょっと浮かれているというか、冷静に判断できない時があると思いますが、注意深く検討してくださいね。

 

特に、固定のお客さんをお待たせしているときって、「早く美容室開業しないとご迷惑がかかる」って焦っちゃいますよね(´・ω・`)

でもそんなときでも冷静さを失わずに、じっくりと検討してくださいね。

 

※今の時代、都心部のホットペッパーの強い地域ですと(ホットペッパーの掲載店舗数が多い地域)ホットペッパーに上位表示させちゃえば、居抜きでもどんな立地でも関係なくネットで集客できちゃう。という時代ではありますので、そういうことならこの話は関係ないかもしれません。ただ、その場合、とてつもない月額費用が掛かるということですが|д゚)

この辺は地域差がありますので、ご自分で判断してくださいね。

 

 集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

 

【独立開業白書】

「美容室を開業するまで」

「ビューティガレージを有効理由・美容機器を探しましょう!!」

「ビューティーガレージのデメリットも理解しよう!!」

「美容ディーラー(材料屋)の選び方」

「美容室出店場所の選び方。おすすめの場所とは?」

「美容室の居抜き物件を探すときの盲点」

「美容室の居抜き物件で注意すること」

「居抜き物件の売却理由の嘘!?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ