縮毛矯正で髪がチリチリに傷んだ理由

縮毛矯正で髪がチリチリに傷んだ理由

今回は言い訳のような要素もあるネタを(;一_一)

縮毛矯正等の最も傷むメニューをしている方で、毛先がチリチリに傷んじゃって悲しい思いをしたことがある人もいると思います。

 

基本的には美容師の腕の問題だし、混雑している中でお客様をお待たせしながら施術する場合等にこういう不幸が起こると思うのですが・・・。

「安くて上手いチェーンの美容院はあるか?」

 

違う理由もあります。

これは最近のホットペッパーネタを書いている時に、某美容院に書かれた口コミを見て「記事にしよう!!」と思ったのですが・・・。

「ホットペッパーの美容院の口コミはやらせ?本当?」
「ホットペッパーの美容院の口コミが削除される理由」
「美容院の口コミは信用できる?出来ない?」
「ホットペッパーの掲載順位は人気順ではない?」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

縮毛矯正でチリチリになってしまった原因の一例

その口コミにはこんな感じのことが書いてありました。

※新規のお客様です。

「ずーっと縮毛矯正を色んな美容室でやってきましたが、初めて毛先がチリチリになりました。」と。

 

この美容室は結構質の高い美容室なんですが(有名店)、この口コミ見て思ったことは、もう髪が限界だったんだろうなと。

 

一番傷む施術である縮毛矯正をずーっとやり続けてる髪なんですよね。

 

縮毛矯正と同じ「熱処理(施術中に高温処理をすること)」を含む施術であるデジタルパーマは、縮毛矯正よりも傷みは少ないメニューですが、メーカーの推奨は「同じ個所にデジタルパーマをするのは3回が限界です」と言っています。

 

それよりも傷む縮毛矯正を、もうずーっとやってるんですよ。

そりゃ限界迎えますよね(;一_一)

 

しかも毛先がチリチリになったということは、ずっと毛先まで繰り返し矯正をしていたということでしょうから、負担は相当なものだと思います。

※繰り返し矯正をされる場合、根元リタッチがおすすめです♪
「縮毛矯正で失敗しないためにはリタッチ施術がおすすめ♪」

 

そのような毛髪コンディションですので、多分そのお店でやったから毛先がチリチリになったんじゃなくて、どこでやっても次にやったらそういう運命だったと。で、その美容院はその「ババ」を引いてしまったんですね(>_<)

 

勿論それでも慎重にやる事で回避できるとは思いますが・・・。

だって、毛先までやらずに根元のリタッチだけにすればチリチリは防げたと思いますので。

ですので美容師側のミスがあったのも事実だと思いますが・・・。

 

◆縮毛矯正やデジタルパーマ等のダメージヘアにおすすめのシャンプー
「縮毛矯正後におすすめ!サニープレイスアプルセルマスクシャンプー」

 

以下の話は、どんな理由があれ施術をした美容師に一番の問題があることは重々承知しつつも、いろいろ難しい問題もあるんです;^ω^)

ちょっとその辺もご理解いただきたいなぁ・・・なんて思いながら記事にしています<m(__)m>

 

匿名で記事書いている僕だからこそ書ける記事だと思いますので 。

 

超ダメージ毛のお客様が縮毛矯正を依頼してきたらどうする??

もちろん美容師の経験で、次やったら「ババ引くな!!」ってわかりますw

 

だから、かなりダメージが進んでいるお客さんの縮毛矯正を依頼された場合は

  1. 今回はやめましょう
  2. 今回は根本の伸びてきたとこだけやりましょう
  3. 髪の保護剤付けてやってもいいですか?プラス〇〇円掛かるのですが?

ってパターンしかないんですが、1,2は新規のお客さんでやる気満々の方には伝えずらい時もあります。

 

しかも美容院的にも縮毛矯正で予約取るってことは、3時間はそのお客様の為にお時間空けてると思うんです。

で、髪が傷んでいるから何もしないでお帰り頂くってのは出来れば避けたい・・・。

そんな経営上の事情もあると思います。

 

そうなると3番を選択する美容院が多いんじゃないでしょうか?

「傷んでるから、やるならこの保護剤をプラス〇〇円でやらせていただければ・・・。」と。

 

でもそう言うと「あーーそういう手ね。単価アップね。はいはいはい。」って思う方多くないですか?(・.・;)

 

まあ結果としてプラスいくらか払って、特別な保護剤を付けて矯正するお客様もいると思いますが、保護剤って、髪がこれ以上傷むのを極力抑えるために使うトリートメントですので、これを使うと仕上がりがツルツルになるわけではないんですよ。

 

保護剤せずに施術したらチリチリになっちゃうところが、保護剤付けてやらせていただけたので、傷みがちょっとだけ進行しただけで済んだ!!ってトリートメントなんです。

つまり傷まないわけではないんですよね。

 ⇒「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」 
「美容院で前処理剤と施術後のトリートメントどっちが大事?」

 

 

ですので施術後に、美容師側は「保護剤付けてやったから、あれだけの傷みで済んでよかった♪」と思います。

 

でも、お客様は「プラス何千円で保護剤ってやつをやったのに結局傷んでんじゃない<`ヘ´>」って思われちゃったり(;^ω^)

 

 

ホントすごい難しい選択を美容師側は課せられているんですよね。

ホントに傷んでるから「保護剤しないと無理でしょ」って思って説明してもお金のかかることですから、お客様的には「単価アップね」って思われるじゃないですか?

 

で、口コミで書くじゃないですか(;^ω^)

すごい薦められて不愉快でしたとか(>_<)

 

確かに不愉快な薦め方する美容師が多いのも否定できないのですが(;一_一)

 

 

ちなみに僕の知り合いの安いチェーン店で働いている後輩。

ちょー傷んでいるのに、保護剤拒否する人ってのも多いみたいで、だから内緒でやるみたいです((+_+))

 

だってそのままやったら絶対失敗するってわかっててやらなきゃいけないってことですよ。

これは酷です((+_+))

 

読者の皆さま。

「じゃあ断ってもやってくれるんだ!!」ってことではないですよw

 

その後輩が言ってましたけど、そんなことしてるの自分だけだと。

他のみんなは、「絶対失敗するってわかってて、よくそのまま施術するなぁっ」て言ってましたww

 

まぁ安いお店は考え方、ドライですからねw
「安くて上手いチェーンの美容院はあるか?」

 

 

ちなみに僕の美容院は、始めから保護剤とかを使う前提でメニュー表示をしています。

つまり込々価格。これ以上は頂きませんよってことですね。

 

だから初めから価格がお高めです(・.・;)

 

うちは基本的には一見さんお断りで、常連さんとご紹介のお客様しか取っていません。

 

だからこの方法で通用しますが、普通は、いかにまずは集客するかですよね?

 

そうなるとなるべく安い価格を提示して、とりあえずお店に来店してもらって、それからお客様の髪に合わせてプラスメニューを組み込んでいくってことになりますね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ダメージ保護の考え方

薄毛の話を永遠に記事にしていた時にも何度か話になっていますが、ハゲってのは、なってから発毛させるのは難しいし、お金かかるし、精神衛生上も良くないですよね?

でも、なる前に対策しておけば、維持は発毛ほど難しくないし、精神衛生上もストレスなく過ごせますし、お金も長い目で見たら安く済みますよね。

(結構頑張った大作ですので、よかったら記事一つ読んでみて下さいw女性の薄毛問題なども取り上げています
「女性も薄毛が原因で美容院ジプシーになる理由」

 

髪の傷みも同じことが言えると思うんです。

傷んでから改善しようとしても、そもそも直らないし、ちょっとでも触り心地良くしようとしたらアイテムにお金かかりますし、傷んでいる髪の毛を毎日触るのってストレスですよね?

だったら、傷ませないように最初からちょっといいシャンプー。そして美容院では保護剤つけて施術して・・・。ってことがすごい大事。

 

だからせめて高いお店に行かないまでも、安いお店でも保護剤ってのは付けてもらうべきなんですよね。

「あっプラスメニューすすめてきたな!!」なんて色眼鏡で見ないで、自分の髪を守るためにやっていただきたいです。

 

だから美容院探しするなら、初めから組み込まれている美容院に行くか、プラスメニューでいくらかかるのかを調べて美容院を選んだ方がいいと思います。

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

 

※そもそも繰り返しの矯正の場合、根元リタッチがおすすめです♪
「縮毛矯正で失敗しないためにはリタッチ施術がおすすめ♪」

 

トリートメントと保護剤の違いは?

ちなみにトリートメントと保護剤ってのは違います。

トリートメントは施術の最後、つまり施術で傷んでからやるもの。

保護剤は施術前や途中に一緒に組み込むことで極力傷ませないもの。

 

髪の毛は元々死んだ細胞ですので、一度傷んだら元に戻ることはありません。

コンディショニング剤で疑似的に良くなったように見せることしかできません。

それがトリートメント。

 

だから保護剤の方が大事。元に戻らないんだから、元々傷ませないようにしないといけません。

 

 

でも先程も書いたように保護剤はお客様にはわかりづらい・・・(;一_一)

で、トリートメントの方が仕上がりがツルツルになるという結果が出るのでわかりやすい。

だからトリートメントをおすすめするサロンが多いんですよね。

 

だって保護剤で良いことしてるつもりなのに、お客様には「仕上がりがツルツルでもないし、プラスメニューで単価アップ狙われた<`ヘ´>」って恨まれる可能性すらあるんですから(;一_一)

 

トリートメントなら仮に単価アップと思われても、最終的にツルツルになりますからね、納得してくれますよね♪

 ⇒「美容院でトリートメントってオススメ?」

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

「美容院で前処理剤と施術後のトリートメントどっちが大事?」

 

最後になりますが、保護剤と言っているものは美容院によって言い方が違います。

僕も記事上は保護剤がわかりやすいかなと思って保護剤と言っていますが、お店では処理剤と言っています。

 

基本的には施術前に付けることが多いことから、前処理剤や前処理トリートメントなんて言いますね。

 

あとはお店独自のいい方をしているところもあります。「〇〇トリートメント」みたいな。

 

 

セルフ縮毛矯正は絶対お勧めしませんって記事はこちら
「自宅で市販の縮毛矯正(ストレートパーマ)剤で真っ直ぐに出来る?」 

縮毛矯正やデジタルパーマ等のダメージヘアにおすすめのシャンプー
「縮毛矯正後におすすめ!サニープレイスアプルセルマスクシャンプー」

 

「縮毛矯正で失敗しないためにはリタッチ施術がおすすめ♪」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ