極力ダメージをさせずに髪の毛を早く伸ばす方法

ダメージをさせずに髪の毛を早く伸ばす方法

「髪の毛が早く伸びるシャンプーなんてない!!」なんて記事を前回書きました。
「髪の毛を早く伸ばすシャンプーって本当??」

 

じゃあ「髪の毛を早く伸ばすためにはどうしたらいいか?」と聞かれれば、「極力ダメージを負わせないことが髪の毛を早く伸ばすコツです」と答えます。

 

その「こころ」は・・・。

 

【スポンサーリンク】

 

髪の毛を早く伸ばすにはダメージを避けることが一番!!

なぜ、髪の毛を早く伸ばすためにはダメージを避けるのが一番かというと、結局ダメージがあると、伸ばす道中でメンテナンスのためにカットをする回数が増えます。

 

ということは当然「メンテナンスのためのカット」をした回数分だけ目標の長さにたどり着くまでに時間がかかるということです。

 

あっ!!もちろん大前提として、「髪の毛を目標の長さまで伸ばしたい!!」という願望には当然「きれいな状態で~」という枕詞が付きますよね??

 

その場合にメンテナンスが増えるということです。

 

目標の長さまで伸びてくれればダメージしていようがパサパサでも何でもいいなら、ただただ、ほーっておくのが一番早く目標まで伸びますよ。

 

でも「きれいな状態で目標まで伸ばしたい」ということなら、なるべくダメージがない状態で伸ばしていくことが最も早く伸びる方法です。

 

だって、髪の毛が早く伸びる魔法のお薬なんて存在していないんですから!!

 

前回の記事でも書きましたが、髪の毛が早く伸びる魔法のシャンプーなんてあったら、美容院で絶対に取り扱いがあると思いませんか?

だって、美容院的には髪が早く伸びて、カットやカラーの来店周期が縮めば、それだけ売り上げアップになりますからね。

でも、当然そんなものは存在しないので、そのようなシャンプーを美容院で取り扱いすることもありません。

 

 

ということで、

「髪の毛を早く伸ばすコツ」

「髪の毛をダメージさせない」

 

 

では、その方法は??

 

【スポンサーリンク】

 

毛髪をダメージさせないために

毛髪をダメージさせない方法となると、

などなど多岐にわたってしまうのですが、今回の話で強調したいのは以下の2点。

 

というかうちのお客さんで「今まで何度髪の毛を伸ばそうとチャレンジしても結局毛髪ダメージがひどくなっちゃって伸ばせない」とご相談頂いたときに、以下の2点を守っていただければかなりの確率で今までよりもダメージなく伸ばせますよ。

と提案し、実際にその結果「髪の毛を伸ばすことに成功している方法」です♪

 

その2つは

  • シャンプー選び
  • カットでなるべく削がない・段を入れない

というものです。

 

以下詳しく<m(__)m>

 

髪の毛を早く伸ばすためのシャンプー選び

繰り返しますが、髪の毛が早く伸びるシャンプーなんて存在しないと思います。

ですので、髪の毛を早く伸ばすためにはなるべくダメージを少なく洗浄できるシャンプーが大事ということです。

つまり洗浄成分がポイントになります。

 

洗浄力が強く、それが毛髪の負担になっていると、結果として枝毛ができやすいなどの弊害があると思います。

 

そうなると、途中でメンテナンスで枝毛のカットなどをする必要が出てきますので、その分「目標の長さになるまでに月日がかかる」ということです。

 

ということで、洗浄成分が優れたシャンプーを利用することをおすすめします。

 

僕のブログで「おすすめシャンプー一覧」に記載してあるものは、基本的に洗浄成分が優れたものをピックアップしていますので、参考になると思います。

「おすすめシャンプー解析一覧」

 

カットでなるべく削ぎ・段・レイヤーを入れない

そして本日の最も語りたかった部分。

カットでなるべく削ぎ・段・レイヤーを入れない方が良いということです。

 

これはヘアデザインとしてお客さんが好むかどうかという話ではありませんのでご了承ください<m(__)m>

 

極論で言えば、削ぎを一切入れないワンレングスボブが一番ダメージなく髪の毛を伸ばせます。

「ちびまる子ちゃん」ワンレングス

 

そして段・レイヤーが多く入っている。削ぎがいっぱい入っている。そんな髪型ほど伸ばす過程でダメージが進行するので、メンテの回数が増えなかなか伸びるまでに時間がかかると思います。

 

軽い・段が入っている状態でメンテをせずにそのまま伸ばすと、かなりパサパサになってきますので、結局目標の長さになったころに、見た目が悪くて「10cmくらい傷んでいるところを切りましょう(>_<)」ということになってしまうかもしれませんからね。

 

それはなぜかというと、髪の毛の摩擦と関係があります。

ワンレングスで全く削いでいないと、毛と毛の間に空間がないので、毛はまとめて一定方向に動きます。ということはあまり摩擦は起きません。

 

しかし、削ぎやレイヤーが多く入っていると毛と毛の間に隙間が多く空いているので毛髪は1本1本好き勝手に動きます。その時に隣り合った毛髪同士が擦れることでダメージレベルは進行していきます。

 

ですので、俗に「空気感を作る」とか「無造作に動くようにする」というような表現で作るヘアデザインほど、毛髪の負担は増えるんです(>_<)

 

だから、毛髪ダメージを気にかけながら髪の毛を伸ばすのであれば、なるべく削がない・段・レイヤーを付けないというのが大事です。

 

ただ、もちろんこれもケースバイケースで、「伸ばすためとはいえワンレンはイヤ」という人もいるでしょうし、すでに結構なレイヤーが入っている人が、伸ばすためにいったんワンレンに切ろうとしたらすごい短くなってしまいます(>_<)

 

ですので、「今よりも少しだけレイヤーを控えめにする」とか、「毛先はなるべく削がないようにする」とか、今までの髪型のイメージも残しつつ、ダメージしづらいカットをしていく。

ということがとっても重要なポイントです。

 

ですので、髪の毛を早くきれいに伸ばしたい人は、なるべく削ぎ・段を入れないスタイルで伸ばしていった方が良いですよ♪

 

 

ぜひお試しくださいね♪

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ