旧表示指定成分とは

旧表示指定成分とは

今回は旧表示指定成分について。

前回の記事で全成分表示や無添加について書いてきましたが、
「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

 

その中でたびたび出てきた旧表示指定成分について詳しく書いていきますね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

旧表示指定成分とは?

1980年に薬事法によって、

ごくまれに重篤なアレルギー等の皮膚トラブルを起こす恐れのある成分として製品への表示を義務づけられた102種類の成分(香料も含めると103種類)

で、元々「表示指定成分」と言われていました。

 

ですので、その当時に商品パッケージをみると

表示指定成分・・・〇〇、〇〇

みたいに書いてありました。

 

逆に言えば、表示指定成分以外の成分は表示の義務がありませんでしたので、基本的には記載はありませんでした。

だからその当時にはシャンプー解析なんてしようがなかったんですね。

 

しかし、その後、

2001年に化粧品は全成分表示が義務化され、そのために『旧表示指定成分』といわれるようになりました。

 

旧表示指定成分に発がん性・環境ホルモンの疑いはあるのか

巷でよく聞く噂話。

「旧表示指定成分って発がん性とか環境ホルモンの疑いがあるらしいよ(・_・;)」

 

どう思いますか?

ホントだと思いますか?

 

答えは、

旧表示指定成分の中にもあるかもしれないし、でも、旧表示指定成分じゃないものにもあるかもしれない。

 

そして、旧表示指定成分の方が検証が進んでいますので、今現在化粧品に配合されている旧表示指定成分に関しては特に心配の必要がないと思います。

 

だって訴えられたらどうしますか?会社潰れちゃいますよ。

そんな下手しちゃう会社なんてないですよwww

 

「旧表示指定成分に発がん性がある」とかおっしゃっているのは、オーガニック商品などを売りたいメーカーや団体・あるいはそれらのメーカーと組んでいる研究者。そして、善意のつもりで発信しているオーガニック信者とか無添加信者の方のネガティブキャンペーンですよ。

 

(良い例がパラペン。世の中では「環境ホルモン」の疑いありと言われていますが、ちょっとした裏があるんですよね。詳しくは今度ですがとりあえずは、今使用されているパラペンは大丈夫ってことですね)

 

逆に、表示指定成分の管轄外にある、1980年以降に生み出された化粧品原料は、疑われていないだけで発がん・環境ホルモンの可能性があるものもあるんですよ。

 

だって、1980年以降、改訂はなされていないため、1980年以降に新しく作られた化粧品原料はそもそもアレルギーを起こす可能性があっても表示指定成分の分類から外れたまま今日に至っているんですよ(゜o゜)

 

ネット上や胡散臭い本で

「旧表示指定成分とは、アレルギーなどの皮膚障害を起こす物質で、なかには発ガン性、環境ホルモンであると疑われる物質もあるといわれています。 」

みたいな書き方を見かけます。

 

なんか基本的には「ごく稀に重篤なアレルギー等の皮膚トラブルを起こす可能性のあるもの」なだけである旧表示指定成分が、発がんの可能性を有するもの、他の成分より体に悪いもの。

 というように消費者が読み取ってしまうような書き方がされています。

 

 旧表示指定成分に限らず、「発がん性」や「環境ホルモン」への疑いがかけられている化粧品原料はあるんです。

 

なのに「旧表示指定成分とは、発がん、環境ホルモンの疑いがある成分」みたいに書かれ、

 

あたかも旧表示指定成分を外せば発がん、環境ホルモンの危険がなくなる。って思っちゃいませんか??

 

それとこれとは別の話なんです。

 

 

【スポンサーリンク】

 

旧表示指定成分:セタノールの危険な話

ちなみに、旧表示指定成分の話でよく出てくる怖ーい話にこんなものがあります。

 

セタノールはアメリカで精製されていたものが石油合成成分で、アメリカで1970年代に、この石油由来のセタノールが配合されている化粧品で「黒皮病」になった症例がでて問題になった。という話があります。

 

でも、日本は元々セタノールは鯨由来??とかで石油由来で作ってる原料メーカーはなく、安全上も問題なかったのですがどういうわけか表示指定成分に入れられてしまったそうです。

 

(一説にはわざとセタノールを表示指定成分に入れて、うちのセタノールは鯨由来のいいやつです、と差別化を図るために大手化粧品メーカーが政府に働きかけて入れさせた。なんて話も聞いたことがあります。うわさですけど…。)

 

つまり、セタノールは旧表示指定成分ですが何の問題もない成分です。

 

しかも他の成分でも、確かにその当時はアレルギー物質が入っていたとしても、その後の抽出技術の進化でアレルギー物質は取り除かれているのに、旧表示指定成分になっているが故に煙たがられる成分もあったりします。

 

しかも、1980年以降、改訂はなされていないため、1980年以降に新しく作られた化粧品原料はそもそもアレルギーを起こす可能性があっても表示指定成分の分類から外れたまま今日に至っているんです。

 

 

ですので、「この化粧品は旧表示指定成分無添加です」なんて書いてあっても、

 

この時に回避できることと言えば1980年前までにごくまれに重篤なアレルギーが起こると確認されている成分を回避したに過ぎないんです。

 

ということは、旧表示指定成分であろうがなかろうが、自分にはアレルギーが起きないなら自分にとっては全く問題がないですよね。

 

さらに言えば、「ごくまれにアレルギーをおこす成分」である旧表示指定成分が自分には問題ないけど、逆に、旧表示指定成分無添加化粧品の中に自分にはアレルギーを起こすものが配合されていることもあるんですよ。

 

まぁ、確かに旧表示指定成分の中で実際にいろいろ問題がある成分もあるでしょう。

 

ただ、そんなものは今の化粧品会社で入れているところなんてないと思います。

 

「茶のしずく」「カネボウ」じゃないけど、賠償責任が大変ですからね。

 

リスクのある成分はそうそう入れないと思います。

 

いいですか。

 

「茶のしずく」だって、「カネボウの白斑問題」だって原因になった成分は、旧表示指定成分ではないですからね。

 

なのに、「茶のしずくはアレルギー」、「カネボウは白斑」が起きたんですよ。

 

 

カネボウで問題が起きた成分「ロドデノール」は旧表示指定成分ではありませんので、それ以外の成分も旧表示指定成分を配合しなければ無添加化粧品と表示できるんですよ。

さらに、パラペンフリー・鉱物油フリーの製品でも「ロドデノール」は配合されている可能性はあったのですよ。

 

”あなた”は”あなた”にとってアレルギー成分ではない旧表示指定成分を避けて、あなたにとってアレルギーのある成分配合の化粧水をわざわざ使うのですか??

 

と、いうことです。

 

旧表示指定成分のまとめ

旧表示指定成分なんてのは過去の遺物。
(1980年前までの精製技術、1980年前までに存在した原料についての話なので)

 

今では旧指定成分であろうがなかろうが悪いものは悪い、良いものはいい。

ってことです。

 

消費者の方は、どれが良いかわからないから、

  • 表示指定成分フリー
  • 鉱物油フリー
  • パラペンフリー

って言葉を頼りに商品を選ぶって、メーカー側もわかっているから、こんな意地悪するんですよね。

 

騙されないようにしないとですね。

 

 

最後に・・・

これ大事です!!

旧表示指定成分無添加って書いてるメーカーは信用しない方が良いの?

旧表示指定成分無添加って書いて消費者を気持ち的に安心させてあげた上で、実際にも中身にこだわっているメーカーもちゃんとありますからね。

 

でも、そういう場合やっぱり高価格ですよ。

 

過去にも何度も言ってるように「〇〇無添加」とか「〇〇配合」とかってのは、消費者にアピールするための手段として記載があるだけで、実際のその商品の良し悪しには、はっきり言って何の関連もないことが多いです。

 

特にCMでやってる商品とかってのはほとんどそうですよね。

 

髪に良いシャンプー、お肌に良い化粧品ってのは良い主成分(原価の高い成分)を使いますので価格も高くなります。

 

ですので、CM系の商品は主成分は粗悪なもので、お飾りで入れるものを「〇〇配合」って宣伝で大体的にアピールして、実際それを使って感じる効果は、ほとんどシリコンのおかげ(或いはそれに付随するコンディショニング成分)ってものがほとんどですからね。

 

化粧水も・・・。

 

化粧水もですよ。

 

シリコンいっぱい入ってますよ。

 

だからダメってことではないですよ。

 

だから大丈夫。

 

「シリコンは大丈夫」ってことを言ってるんですよ。

 

多くの場合、シリコンが配合されていて問題になるのは、「シリコンに問題がある」ということではなく、「シリコンで質感をコントロールしないといけないくらいその製品のレベルが低い」ということが問題になるんではないですかね。

 

「一番しわに効く」と言われているSK-Ⅱにも入っていますからね

(ホントに効くみたいですよ。知り合いの原料メーカーの社長さんがいろいろなメーカーの製品の成分分析してて、これがやっぱり一番っておっしゃってましたから。)

 

↓これですね。シリーズでありますが、全部買うと高いので、1個だけ買うならこれが1番いいと思いますよ。

SK-II(エスケーツー) ステムパワー 80g

 

旧表示指定成分2種類買うなら、もう1個はSK-II[エスケーツー]フェイシャルトリートメントクレンザー 120gが良いと思います。

要は洗顔料ですね。

 

シャンプーと一緒で洗顔料が粗悪で肌を傷めてから、良い美容液付けても無駄とは言いませんが、「もったいない!!」

だから、2種類買うなら洗顔後につける化粧水関係を2種類よりも、洗顔を1個買った方が良いかなと思います。

 

と、恐ろしく話がそれましたが・・・(-。-)y-゜゜゜

 

つまり、

ネガティブキャンペーンに踊らされないでくださいね。

 

 

こだわって作っているメーカーさんも困っているんですよ。

巷でバッシングされているけど、ホントは悪くない成分Aがあったとして、成分Aを配合すると売りづらいからその代わりに成分Aと同じ効果があるけど、原価が高いので今まで使用してこなかった成分Bを配合する。

その結果、無駄に価格が上がっちゃうんですよね。

 

 

あっ!今ノンシリコンを謳っている市販シャンプーでちょっと高いやつってのは上記の理由みたいの多いですからね。

ノンシリコンだけど、シリコンと似た効果効能のあるシリコンよりもコストがかさむ成分を入れてるから価格がちょっと高くなっちゃった・・・みたいな(゜o゜)

 

「だってシリコンって書くと売れないんだもん」ってね。

 

実際、僕の知っているメーカーさんでも、「ホントは、ノンシリコンやら、無添加製品、オーガニックというのは何の意味もないけど、消費者がその響きを求めているから、求められているニーズの中でベストのものを造っている」とおっしゃっていました。

 

「だって、じゃないと、売れないんだもん・・・。」

 

結局、ネガティブキャンペンのせいで最終的に損をしているのは消費者の方なんですよね・・・。

だって昔よりも値上がりしているのに中身がよくなっているわけではなく、ネガティブキャンペーンが過ぎるせいで使用しづらくなった成分の代替え成分の原価が高いだけという・・・( ゚Д゚)

 

※ネガティブキャンペーンに流されずに各シャンプーを解析した一覧を確認くださいね。

おすすめシャンプー解析


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ