メイクヘア(整形髪?)とスッピン髪。あなたはどっち派?

メイクヘア(整形髪?)とスッピン髪。あなたはどっち派?

最近の市販のシャンプー&トリートメントの仕上がりはすごいおさまりよくて、つるつるのさらさら♪と感じますか??

 

僕も仕事柄兼このブログを書くようになって、実験がてら市販のシャンプーを試すことは多いのですが、恐ろしいくらいにしっとりというかぺったんこに収まって・・・

 

これって一般的には良いことのように受け止められるし、実際とてもうれしいことですよね♪

 

 

それはとてもわかるのですが・・・ 

 

美容師的には、

「ちょっと怖いなぁ・・・|д゚)」

と思います。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

メイク髪とは?

メイク髪なんて言葉は存在せず、勝手に僕がつけた名前ですが、要はシリコンやオイルで毛髪表面を覆うことでツヤ感を出していたり、コテやアイロンで仕上げているような髪形を勝手にメイク髪と命名してみました。

 

先ほど書いたように、市販シャンプーを試してしっとりおさまりがすごい良くなった状態ってのが、まさにメイク髪です。

メイクによって人工的に作られた感触ですので収まり自体はとてもいいです。

 (今流行りのオイルシャンプーも結局はトリートメントはがっつりシリコンで作られていますので同じです⇒「オイルシャンプーはシリコン入りシャンプー?ノンシリコンとの違いは?」)

 

一応美容師として20年弱、数多のシャンプーを試してきましたが、そして毎日多くの方にシャンプーをしてきてわかったことは、シリコンの配合されていない商品で「トュルン♪」という感触が起きることはありません。

 

ですので、最近のシャンプーが一昔前よりもすごいツルツルになると感じているとしたら使用しているシャンプー&コンディショナーによって以前より、よりメイクされているということです。

 

それだけツルツル=厚化粧をしているということですね。

 

想像してください。

メチャクチャ濃くメイクしたら、しっかりメイク落とすのって大変ですよね??

それと同じことですので、メチャクチャツルツルのしっとりになっているとしたら、超超濃いメイクをしているということですので、その厚化粧を落とすために洗浄力は強くしなくてはいけません。

ってことは毛髪への負担は増します(>_<)

 

だからと言って、洗浄力が弱ければその日のオイル&シリコン成分が取り切れず日々積み重なることでシリコンやオイルによる弊害が起きてしまいます。

 

ですので、オイルやシリコンが多く配合されているほど、それに比例して洗浄力を強くしないといけないので毛髪ダメージ的にはマイナスだと思うんですよね。(>_<)

 

でも、多くシリコンとオイルを配合することで感触や仕上がり感の満足度は高まるんです・・・難しいですね(>_<)

 

※強洗浄力+シリコンイン・オイルインの組み合わせは、毛髪表面は硬化して、内部成分は流出しやすいです。

これが以前も記事にしているストロー毛というもので、カットやパーマが思うようにならない原因になったりします(>_<)

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」 

 

 

コテ・アイロンも同じで、コテをすることでパーマでは実現不可能なきれいなウェーブも出せるし、アイロンを使用することでとても自然な直毛スタイルを作ることもできます。

ツヤ感も出てとっともきれいですよね♪

でも、高温にさらされた毛髪はとってもダメージを追います・・(>_<)

 

って感じで、メイク髪というのは、厚化粧をするので見た目の満足度はグッと高くなるかもしれませんが、内面からの美しさではないんですよね。

 

あっ!それが悪いと言いたいわけではありません。

ちょっと読み進めてみてください<m(__)m>

 

スッピン髪とは??

これはそのまんま何もついていない、コーティングもされていないし、コテもアイロンもしていない髪の毛の状態。

 

何の加工もせず、スッピンで良い状態の毛髪コンディションを保つには、優れた洗浄成分が配合されているシャンプーで、”シャンプーによる毛髪ダメージ”を極力抑えることが大切です

 

美容師的な立場から言っても、加工された髪(メイク髪)は施術がしにくいです。先ほども書いたようなことですが「ツルツルの内側に本当のダメージが隠れている」とでも言うんでしょうかね・・・。

そして毛髪に変な硬さがあるというか・・・。

 

すっぴん髪ならダメージの度合いがはっきりとわかるので、それに合わせてカラーやパーマのお薬の調合をコントロールしやすいですし。

 

お肌で考えても、メイクして美しいのも良いですけど、スッピンの状態が美しいってのが理想的ですよね・・。

 

ただ、ダメージがある毛髪ですっぴん髪を目指していくと、途中経過でシリコンのビルドアップ量が少なくなり、隠されていたダメージが見えるようになります。

そうなると収まりに難が出ることもありますが、使用し続けることで本来の健康な髪には近づいていけると思います。

美容師的にもこの方が髪の毛をコントロールしやすいですので助かります(;^ω^)

「注文した髪型と違う髪型になる原因はダメージにある?」
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

 

で、この記事の本題「あなたはどっち派??」って話です↓↓

「メイク髪・スッピン髪」好みはどっち?

ここまでを読んで「メイク髪とスッピン髪どちらが好みですか?どちらを目指しますか??」

 

一定数メイク髪を好む人はいますよね。

 

それでいいと思います。

 

否定する気は全くありません<m(__)m>

 

 

「整形する人は、なぜ整形するか」を考えると同じことだと思うんです。

 整形する人って「肌のコンディションが悪いから整形するわけではないですよね??」

どんなにスッピン肌がきれいでも、「自分の容姿に納得がいってなくて、加工したくなるんですよね??」(他の理由もあると思いますが)

 

要はどんなにお鼻周辺の肌コンディションがいい感じでも、根本的にぺしゃんこ鼻が嫌だから、鼻の整形をするんですよね。

 

で、この場合、整形後に必要なメンテナンス??も覚悟のうえで施術をしているんですよね。

 

だって、本来の状態を強引に変形させるわけですから、ダメージは当然追っています。

でも、見た目は満足いく容姿になったんですよね。

そのおかげで自分に自信が持てて、毎日が楽しくなったのだとしたらとても良いことだと思います。

 

 

毛髪も同じで、どんなにダメージも少なく洗えて、シリコンなどにも頼らずに本来のスッピン髪に戻ったとしても、そもそもその髪質が気に入らないこともあると思うんです。

 

そうなると、メイク(高重合なコーティングやコテ)をしてでもいいから自分の理想の見た目の髪型にしたい!!という願望がわくのも至極まっとうな話で。

 

ただ、その場合は顔の整形と同じように、、、というのは言い過ぎですが、ダメージのリスクがあるということも受け入れないといけないんだと思うんですよね。

 

見た目が美しくなっても、その内側が美しくなっているとは限りませんので。

 

で、その場合、カットやパーマ・カラーに悪影響があるかもしれないこともご理解いただきたいんです(あくまでも高重合されすぎたシリコンのことで、シリコンが入っていたら全部ダメという話ではありません。強い洗浄力+シリコンとオイルでコーティングしてツヤサラにするシャンプーなどのことです)

※必ず全員がそうなるわけではありません。

 

おそらく美容師も自然と「スッピン髪派」か「メイク髪派」かのスタンスで仕事をしていると思うんですよね。

 

例えば僕の記事でも紹介したことがある「DAIGO」さんという美容師。

rp_B009856951_164-219.jpg

「モテ髪師DAIGO(義永大悟さん)という美容師と美容院PEACE」

この方は、「仕上げ」はほとんどコテ仕上げのようですし、懇切丁寧に自分でコテを使用する方法もレクチャーしているみたいです。

 

ある日のテレビでは、海に繰出して、海にいる女性の髪の毛をその場でコテでセットしてきれいなスタイルに仕上げていました。

 

これって一方の側面から見れば、「大丈夫??むちゃくちゃ痛むんじゃない??海でアルカリに傾いている毛髪をそのまま高熱処理って考えられない・・・|д゚)」って思っちゃうのですが、

 

もう一方から見ると、セットされた女性は皆さんとっても喜んでいたんですよ♪(彼氏も喜んでいたし・・・。)

確かに海風にやられてバッサバサだった髪の毛がコテで仕上げることでツヤ髪に変身♪(内部ダメージは進んだとしても)

 

これはこれで女性も満足して喜んでくれているので、良いことだと思うというか、一番はお客さんが喜んでくれることが大切だと思いますので。

※ダメなのは、ダメージリスクを伝えないことであって、伝えて納得していただいたうえで見た目ビューティを目指すのは整形と同じでいいと思うんです。

 

 

本当の意味での健康な毛髪を追い求めすぎて、結果見た目ビューティー感がなければ楽しくないじゃないですか??

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

この話もひっくるめて、もう一度考えてみてください。

あなたはスッピン髪とメイク髪どちらがいいですか?

 

・・・

 

ちなみに僕は「この中間より少しスッピン髪派」です。

ズルイ(笑)

 

 

要は優れた洗浄成分などを利用することでスッピンきれい髪を目指していただきたいですが、そのスッピンの仕上がりに満足するかはわかりません。

 

ですので、優れた洗浄力などの前提は変えずに、シリコンイン、オイルインのものをうまく利用して満足のいく仕上がりになるとベストかなぁ・・・と思っています。

 

そして、そういうイメージのものをこのサイトではおすすめシャンプーとして紹介しています。
おすすめシャンプー解析

 

 

ずっと市販のシャンプーで慣れている方が、上記のおすすめシャンプーに変えると最初は違和感がある方もいます。今までより収まりが悪くなったように感じたり等ですね。(もちろん初めからいい意味で「全然違う♪」と感じていただける方も多々いると思いますし、収まりがよくなったと感じる方もいると思います)

 

でも一本試しに使い続けてみてください・・・いや・・・できれば2本くらいですが・・・。

 

そのあと市販のオイルシャンプーなどに変えてみてください。

 

そうすると僕が言っているメイク髪(厚化粧髪)という状態がわかると思うんです。

「あーこの感触かぁー」って。

 

 

で、結果として

「この仕上がりがやっぱり好きだ――――!!」と感じたのであれば、そういうシャンプーに戻したらいいと思います。(その場合はメイクヘアであるということはご理解しておいていただきたいのですが)

でも、逆に「あーこれが人工的な質感ってことかぁ。もう私にはこの感触は受け付けられなくなったな」と思ったら、そのままおすすめしているようなシャンプーを使用していただけると嬉しいです<m(__)m>

 

 実際は後者の方の方が当店のお客さんでも圧倒的に多いです<m(__)m>

 

ぜひ試して見てくださいね♪

⇒⇒おすすめシャンプー一覧

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ