ムコタ アイレ デューン EX シャンプー成分解析

ムコタアイレデューンシャンプーの成分解析

今回はムコタ アイレ デューン EX シャンプーの成分解析です。

●あらゆるダメージ毛に対応したMUCOTA AIRE ヘアケアシリーズの追加ライン。

●ハイダメージ毛、過乾燥毛、ごわつく髪、広がりやすい髪に対しても、毛先までなめらかに潤ってまとまる質感を実現。

ムコタ アイレ デューン EX シャンプー商品説明より

 

確かにそういうシャンプーです。

 

優れた洗浄成分+シリコンインという珍しいタイプのシャンプーです。

 

一部の方には、おすすめなシャンプーです。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ムコタ アイレ デューン EX シャンプーの成分

【11/5 P3倍】ムコタ アイレ デューン EX シャンプー 700ml(レフィル)【MUCOTA】【shampoo】

価格:2,330円
(2016/11/6 11:30時点)
感想(3件)

【成分】
水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ココイルメチルアラニンNa、DPG、ポリクオタニウム-10、クオタニウム-33、ホホバ種子油、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ローズマリー葉エキス、ヒスチジン、フェニルアラニン、イソステアラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、クエン酸、ステアルトリモニウムクロリド、ペンテト酸5Na、セテス-20、BG、PCA-Na、乳酸Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、ジメチコン、香料

 

ムコタ アイレ デューン EX シャンプーの解析

 まずは、いつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分は、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルアラニンNa。

この間にコカミドDEAが配合されていることから、配合比率的にかなりココイルグルタミン酸TEAが多く配合されているだろうと推察されます。

 

ココイルグルタミン酸TEAは、洗浄力やさしめ、頭皮に低刺激、仕上がりがしっとりというアミノ酸系洗浄剤です。

で、これだけだと洗浄力が弱すぎちゃうから、補助的にココイルメチルアラニンNaという同じくアミノ酸系でも洗浄力がある成分をプラスしているのだと思います。

ということで、やや優しめの洗浄力のなかなか優れた洗浄剤です。

 

で、それ以外に配合されているもので特徴的なのは「とにかく保湿・マイルドな仕上がり・・・」ということにかなりこだわった作りだということです。

 

まさに商品説明で謳っている部分ですね。

●ハイダメージ毛、過乾燥毛、ごわつく髪、広がりやすい髪に対しても、毛先までなめらかに潤ってまとまる質感を実現。

 

例えば、

クオタニウム-33は、毛髪表面に吸着するコンディショニング成分ですが、この中に18MEAというキューティクル同士を接着して毛羽立ちを抑える”もともとキューティクルに存在していた接着成分”が含まれていたり、各種アミノ酸系成分(アルギニン、アスパラギン酸・・・etc)が保湿・しっとり成分として作用したり・・・。

 

さらに、ステアルトリモニウムクロリドというカチオン界面活性剤(毛髪表面の吸着成分)や皆さんご存知「シリコン」が毛髪表面に吸着してつるつるさらさら感を演出してくれます。

 

仕上がりのさらさら感はかなりいいと思いますよ。

(1本/700ml使用したことあります)

 

 

しかし、ムコタアイレデューンには、おすすめの人や注意点が何点かあります。

このシャンプーに興味がある人は、以下をお読みください

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

コンディショナーでかゆみが出たことがある人にはお勧めしません

過去に、リンスやコンディショナー・トリートメントを使用してかゆみが出たことがある人にはお勧めしません。

 

ムコタ アイレ デューン EX シャンプーには、ステアルトリモニウムクロリドという「リンス剤」といわれるカチオン界面活性剤が配合されています。

毛髪表面に吸着して帯電防止や毛髪柔軟作用などを髪に付与してくれる成分なのですが、旧表示指定成分でもあります。

「旧表示指定成分とは」

 

まあ僕は「旧表示指定成分だからダメ!!」なんていう気は毛頭ありませんが、一部の方にかゆみが出る成分であることも事実。

 

通常、ステアルトリモニウムクロリドは、リンス剤と言われているようにリンス・コンディショナー・トリートメントに配合されていることはありますが、シャンプーに配合されていることは珍しいです。

ですので、「同じシリーズでシャンプーは大丈夫なのに、コンディショナー系でかゆみが出る人」は、このステアルトリモニウムクロリドが影響している可能性が結構高いです。

 

ということで、

過去に、リンスやコンディショナー・トリートメントを使用してかゆみが出たことがある人にはお勧めしません。

 

かゆみが出ない人でも、ステアルトリモニウムクロリドは頭皮の刺激成分で、「リンスは頭皮につけない」と言われている所以になっている成分ですが、かゆみやトラブルが起きなければそこまで気にしなくていい成分です。

(少なくとも僕は700ml1本使用しても問題はなかったですよ♪)

 

※リンス剤で、過去に表示指定成分に分類されていたものは、ステアルトリモニウムクロリド以外にも、ベヘントリモニウムクロリドやセトリモニウムブロミドなどがあります。

 

シリコン入りでおすすめシャンプー??

このシャンプーはシリコンが配合されているけど、お勧めできるシャンプーです。もちろん全員にではないのですが(;^ω^)

 

通常シリコンが配合されていると、それに呼応するかのように洗浄成分がとても強いものが多いです(>_<)

 

以前も記事で書いたことがありますが、シリコンインシャンプーの問題はシリコンがダメなのではなく、洗浄剤がとても強いものが多いことが問題でした。

その洗浄力の強さによって毛髪がダメージを追ってしまいますので(>_<)

・・・

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」

「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?」

 

 

まあ簡単に言うと、シリコンがダメだから、シリコンインシャンプーはダメなわけではないということです。

 

そう考えると、このシャンプーは洗浄成分は、通常のシリコンインシャンプーと違って優秀。そのうえでシリコンが配合されていますので、ハイダメージ毛過ぎて良い洗浄成分のシャンプーを使用してもごわついてダメ(>_<)

などの方々に、おすすめできるシャンプーだと思います。

 

 

美容院ジプシー

 

ムコタ アイレ デューン EX シャンプーがおすすめなタイプ

ムコタ アイレ デューン EX シャンプーがおすすめなタイプの人は、何通りかあります。

 

1、===============

ハイダメージ毛で、一般的な洗浄成分が優秀なだけのシャンプーだと、傷みすぎてて絡まっちゃうようなとき。

いくら優秀な洗浄成分で洗っても、絡まってしまったり、ごわごわになってしまうとその時にキューティクルに負担がかかり髪質が改善されていきません。

そのようなときは、ムコタ アイレ デューン EX シャンプーのように洗浄成分が優れているうえでシリコンインのものを使用することで絡まるようなトラブルを改善しながら洗うことができます。

「シャンプーを評価するときに考慮していること」

 

2、===============

シリコンインシャンプーに依存し続けてきた毛髪から、急にノンシリコンの優れたシャンプーに変更したときに、ごわつきなど今までよりも質感・仕上がりが低下して悩んでいるとき。

 

ムコタアイレデューンシャンプーはシリコンに加えて、既述のリンス剤も配合されていますので、長ーく使うことはお勧めしません。

しかし、市販のシリコン入りシャンプーに慣れている毛髪は、突然ノンシリコンの優れた洗浄剤のシャンプーに変更すると、質感の低下が起きることがあります。

 

これは、ノンシリコンシャンプーが悪いというよりは、シリコンコーティングがはがれていくことで、本来の毛髪ダメージが顔を出したからというのが大きな原因として考えられます。

 

その点でいうとこのシャンプーは優れた洗浄剤の上で、シリコンが少量追加されていますので、いきなり優れた洗浄剤のノンシリコンシャンプーに変更するよりも、すんなりと受け入れられるのかなぁと思います。

===============

 

ただ、これらの場合の注意点は既述のように、ステアルトリモニウムクロリドは頭皮の刺激成分であり、アレルギー持ちの方が一定数いるかゆみ成分でもありますので、長ーくの使用をおすすめするものではありません。

※もちろんムコタほどの会社なので、その辺は承知の上で問題ないと判断しての配合なんだと思いますが。

 

ですので、市販のシャンプーから、僕のおすすめしているシャンプーなどに切り替えようと思ったときは、いきなりムコタでワンクッション置くのではなく、まずはおすすめシャンプーを試してみてください(1週間ほど連続使用で)。

その結果仕上がりが気に入らないときはムコタを間で挟み直していただいて、、、その後またおすすめシャンプーに変えてみる。

 

なんてのはどうかなぁ・・・というのが個人的にムコタアイレデューンの賢い利用方法かなぁと思います!!

 

【楽天】

【11/5 P3倍】ムコタ アイレ デューン EX シャンプー 700ml(レフィル)【MUCOTA】【shampoo】

価格:2,330円
(2016/11/6 11:30時点)
感想(3件)

ムコタ アイレ デューン EX シャンプー

【アマゾン】

ムコタ アイレデューンEXシャンプー 700ml

新品価格
¥1,970から
(2016/11/6 13:17時点)

 

べたついたときの対処法は?

ムコタアイレデューンは、シリコンやその他コーティング剤が配合ながら洗浄成分は優しめですので、シリコンが残留してビルドアップしてしまわないか?(べたべた・ごわごわしてこないか?)という疑問をお持ちになる方もいると思います。

 

実際、人によっては、「べたついた(>_<)」という話を少しながら聞きます・・・。

 

これに関しては、試してみないとわからないというか・・・。

 

僕が700mlを1本使用した感想では、全くそのようなことは感じず、むしろ「さらさらタイプだなぁ」と感じましたが、そこは髪質や今までのシャンプーの履歴・カラー・パーマの有無など人それぞれで違いが出ます。

 

仮にごわつき、べたつきが出た場合は、シリコンを含むコーティング剤過多が考えられますので、いったんノンシリコンで脱シリコンをした方がいですので、1週間ほどはノンシリコンのものを使用してください。

その後改めて使用してみてください。

 

美容院で相談すべきシャンプー?

まあ要は、一部の人にはおすすめではあるけど、場合によっては・・・って注意事項もいろいろあるのでちょっと難しめのシャンプーです。

だから美容院専売品というか・・・。

過去の履歴、今の毛髪コンディションを考慮して、美容師にお勧めしてもらえるのが一番いいんですけどね・・・。

そもそもムコタを取扱いしている美容院じゃなきゃそもそもおすすめしてもらえませんしね(>_<)

 

などなどなど。

 

なので、おすすめしているシャンプーだと、どうしても仕上がり的に満足できない(>_<)

でも、今さら洗浄力が強いシャンプーには戻りたくはない!!

 

そうなってしまったときに試していただきたいシャンプーです<m(__)m>

 

※当サイトのおすすめシャンプー一覧&その他のシャンプー解析はこちら
「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


8 件のコメント “ムコタ アイレ デューン EX シャンプー成分解析”

  1. tachu より:

    シャンプー解析をお願いしたいのですが、どこにコメントしたらいいのか分からなかったんで、シャンプー解析の一番新しいこちらにコメントさせて頂きました。どちらにコメント記入したらいいですか?それともリクエストは受け付け出来ないですか?

    • taka より:

      tachuさん

      シャンプー名と、できれば成分表を記載いただければ、コメント欄で簡単に評価はさせていただいていますよ。個人的に興味がある時だけ記事にして詳しく書いたりすることもあります。

      • tachu より:

        遅くなりました。
        二つ目のフィヨーレFプロテクトの全成分です。
        解析サイトでは、かなり評価がいいのですが、どうでしょうか?

        シャンプー、リッチタイプ成分
        水、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、DPG、コカミドメチルMEA、ココイル加水分解コラーゲンK、メドウフォーム-δ-ラクトン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、キシリチルグルコシド、無水キシリトール、キシリトール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ジラウリン酸セラミドNS、ダイズステロール、ガゴメエキス、α-グルカンオリゴサッカリド、カキタンニン、サトウキビエキス、ヘマチン、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、PCA-Na、乳酸Na、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PEG-1ラウリルグリコール、ラウリルスルホ酢酸Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-47、カチオン化デキストラン-2、クオタニオウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、グルタミン酸ジ酢酸4Na、クエン酸、クエン酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、安息香酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、カラメル、硫酸亜鉛、トコフェロール、イソプロパノール、エタノール、BG、メントール、香料

        シャンプー、ベーシックタイプ成分
        水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-4酢酸Na、ココイルアラニンTEA、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、DPG、コカミドメチルMEA、メドウフォーム-δ-ラクトン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クレアチン、ゼイン、ジラウリン酸セラミドNS、ダイズステロール、ガゴメエキス、α-グルカンオリゴサッカリド、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、カキタンニン、サトウキビエキス、ヘマチン、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、PCA-Na、乳酸Na、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PEG-1ラウリルグリコール、ラウリルスルホ酢酸Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-47、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、グルタミン酸ジ酢酸4Na、クエン酸、クエン酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、安息香酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、カラメル、硫酸亜鉛、トコフェロール、イソプロパノール、エタノール、BG、メントール、香料

        ヘアマスク、リッチタイプ成分
        水、グリセリン、ジメチコン、ベヘニルアルコール、エチルヘキサン酸セチル、アモジメチコン、セタノール、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ジラウリン酸セラミドNS、ダイズステロール、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、PCA-Na、乳酸、乳酸Na、カキタンニン、サトウキビエキス、ヘマチン、カラメル、α-グルカンオリゴサッカリド、ガゴメエキス、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、トリイソステアリン、ヒマシ油、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムブロミド、フェノキシエタノール、PEG-1ラウリルグリコール、ポリクオタニウム-10、クエン酸Na、硫酸亜鉛、イソプロパノール、BG、エタノール、香料

        ヘアマスク、ベーシックタイプ成分
        水、グリセリン、セタノール、ジメチコン、ベヘニルアルコール、アモジメチコン、ホホバ油、オレンジラフィー油、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ジラウリン酸セラミドNS、ダイズステロール、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、、PCA-Na、乳酸Na、カキタンニン、サトウキビエキス、ヘマチン、α-グルカンオリゴサッカリド、ガゴメエキス、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリルトリモニウムブロミド、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、PEG-1ラウリルグリコール、ポリクオタニウム-10、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、カラメル、硫酸亜鉛、BG、フェノキシエタノール、乳酸、イソプロパノール、エタノール、香料

        フォルムキーパー成分
        水、エタノール、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、安息香酸アルキル(C12-15)、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ジラウリン酸セラミドNS、メドフォームーδーラクトン、γードコサラクトン、カキタンニン、サトウキビエキス、グルコシルルチン、ガゴメエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ポリアクリルアミド、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ダイズステロール、カプリル酸ヤシ油アルキル、ポリクオタニウム−10、ヘマチン、グリセリン、ポリクオタニウム−6、(ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸エチルトリモニウムクロリド)コポリマー、ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG、PPG-1トリデセス−6、オレイン酸ソルビタン、(C10,11)イソパラフィン、クオタニウム−18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、オレイン酸ポリグリセリル−10、イソプロパノール、BG、PCA-Na、乳酸Na、トコフェロール、セトリモニウムクロリド、PEG-12、PG、DPG、イソプロパノールアミン、クエン酸、安息香酸Na、PEG-1ラウリルグリコール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、クエン酸Na、硫酸亜鉛、香料

        宜しくお願いします。

        • taka より:

          量が多いので簡単にあります。ご了承ください。

          シャンプーはどちらも悪くないと思いますよ。リッチタイプの方がメインの洗浄剤がアミノ酸系で作られている分リッチな感じなんでしょうね。ただ、ベーシックタイプも悪くありません。ベタイン系がメインで次が酸性石鹸ですので、洗浄力も刺激性に関してもバランスよく作られていると思います。
          どちらも毛髪補修成分もメドウフォーム-δ-ラクトンやペリセアが配合されています。へま陳が配合されているのでハリコシも少し出ると思います。
          少し気になるのは、この作りだともしかしたらヘマチン配合で起こることがある軋みが出るのかもなぁ・・・と思います。(使用したことがないのでもしかしたらなだけですが・PPTコラーゲン~シャンプーにもヘマチンは配合されていますが、こちらはそれ以外はかなりの保湿力がある気がしますので大丈夫ではないかと思います。)
          頭皮ケアも悪くないですし、良いシャンプーだと思いますよ。

          トリートメントに関しては、どちらもシリコン系ですので感触はとてもいいと思います。
          毛髪補修系もペリセア・リピジュア。メドフォームーδーラクトン、γードコサラクトン、と良い成分が配合されています。
          良い商品ではないでしょうか。

          アウトバスはよりシリコンに依った作りですが、やはり毛髪補修系も配合されていますので悪いものではないと思いますよ。

  2. tachu より:

    どうもありがとうございます。

    2種類、解析して頂きたいメーカーがあって。
    それぞれシャンプーとアウトバスを解析して頂きたいんですが、大丈夫ですか?

    一つ目は、PPT コラーゲン&シルクシャンプーとPPTヘアエマルジョン5.5

    シャンプーのほうの成分は、
    水、ココイル加水分解コラーゲンK、ラウロイル加水分解シルクNa、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、BG、コカミドMEA、ラウロイルメチルアラニンNa、デシルグルコシド、加水分解コラーゲン、ヘマチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、加水分解ケラチン(羽毛)、ザクロ果皮エキス、センブリエキス、グリチルリチン酸2K、アラントイン、PCA-Na、ポリクオタニウム-10、酸化銀、フィチン酸、ペンテト酸5Na、デキストラン、海シルト、ポリクオタニウム-7、エタノール、クエン酸、ベルガモット果実油、ティーツリー葉油

    アウトバスの成分は、
    全成分 水、ミリスチルアルコール、加水分解ケラチン(羽毛)、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セラミド3、セラミド6II、セラミド1、フィトスフィンゴシン、ポリク オタニウム-61、ヘマチン、オレンジラフィー油、イソステアロイル加水分解シルク、ヒドロキシプロピルキトサン、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、カルボマー、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ス テアリル/ベヘニル)、BG、グリセリン、酸化銀、ペンテト酸5Na、ベヘニルアルコール、パルミチン酸イソプロピル、ヘキシルデカノール、ミリスチン酸、イソステアリン酸、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、キサンタンガム、乳酸、オレンジ油、テ ィーツリー葉油、グリチルリチン酸2K、ステアラミドプロピルジメチルアミン、アルギニン、エタノール

    二つ目は、フィヨーレFプロテクトヘアシャンプー&ヘアマスクとアウトバスのフォルムキーパー
    全成分調べたら載せます。

    • taka より:

      簡単な評価になりますが、ご了承ください。

      PPT コラーゲン&シルクシャンプーは洗浄成分はとても優れています。(少しだけ洗浄力が弱いかもしれません)
      毛髪補修・頭皮ケア・ハリコシとバランスよく作られていると思いますよ。

      使用されてみて満足いく仕上がりであれば、継続しようされて良いものだと思います。

      アウトバスも非常に良い作りだと思います。ただ、シリコンやそれに近いものをあまり配合せずに作られていますので、成分的に優れているけど仕上がり的に満足されるかは髪質・ダメージレベル次第だと思いますよ。

      • tachu より:

        丁寧に答えて頂いてありがとうございました。
        良いシャンプーみたいでよかったです。
        フィヨーレかPPTか使用を考えていたけど、迷っていたので。
        どちらも悪くはないみたいなので、使ってみます。
        フィヨーレはリッチ、ベーシックと2通りあって、どちらがどう違うかも分からなかったので。
        どちらも悪くないみたいで、仕上がりで決めたらよさげなので、リッチ使ってみてしっとりが重すぎたらベーシックにしてみるとか試してみます。
        PPTのほうが成分が良さそうなので、PPTを先に使用してみようかなと思います。
        洗浄力が弱いかもとゆうのが気になりますが、使用してみて痒みやベタつきなど起きなければ継続してみて大丈夫ですかね?
        PPTのアウトバスに仕上がりが満足いかなかった時、アウトバスを例えばフィヨーレのほうを使ってみるとか、他のシリコンインのものを使うと、PPTはシャンプーが洗浄力弱いかもしれないからシリコンなどの成分が落ち切らないかもしれませんか?

        • taka より:

          >>洗浄力が弱いかもとゆうのが気になりますが、使用してみて痒みやベタつきなど起きなければ継続してみて大丈夫ですかね?
          はい、問題ないと思いますよ。

          >>PPTのアウトバスに仕上がりが満足いかなかった時、アウトバスを例えばフィヨーレのほうを使ってみるとか、他のシリコンインのものを使うと、PPTはシャンプーが洗浄力弱いかもしれないからシリコンなどの成分が落ち切らないかもしれませんか?
          これは試してみないとわからないのですが、シリコンが落ち切らなければ、そのうち髪が硬化したりベタベタしてきたりと感じてくると思いますので、その場合はあっていないと判断されるといいと思いますよ。

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ