ボタニカルカラーとは?オーガニックカラーとの違いは?

ボタニカルカラーとは?オーガニックカラーとの違いは?

最近はハーブカラー・オーガニックカラーに続いて

ボタニカルカラーというのも出てきましたね。

 

実際のところ髪に良いのか?

検証していきます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボタニカルカラーという名の普通のカラー剤

まずはコレ。

ボタニカルカラーという名の普通のカラー剤の場合。

 

これに関しては髪が染まる仕組みをまずは読んでみて下さい。

これでいうところの色素が

人工色素=ジアミンではなく、

ボタニカル=植物染料というだけです。

 

髪が染まる仕組みで書いているように

毛髪を茶色く明るくする過程でダメージするので

色素がボタニカル染料であろうが、ジアミンであろうが

明るくするということは、もうすでにその時点で

普通のカラー剤と同じようにダメージを負っているのです。

 

この場合にボタニカルカラー剤を使うメリットは、

人工色素ジアミンにアレルギーがあって普通のカラー剤を使用できない時に

こちらを使えば明るいカラーをすることが出来る。

 

というメリットのみです。

 

もちろんアレルギーがある方には大変ありがたいメリットですね♫

でもアレルギーがない方には大したメリットはありませんね(・_・;)

 

オーガニックカラー剤と同じで、印象操作ですね。
「オーガニックカラーとは。普通のカラーとの違いは?」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボタニカルカラー剤という名のノンダメージカラー剤

もう1つはこちら。

ノンダメージのボタニカルカラー剤です。

 

なぜノンダメージなのか?

それは髪の毛を茶色くする力が0だからです。

 

ただただ、植物の染料だけを混ぜ合わせて調合して作られていますので

茶色くはなりません。

 

使用方法は既染毛で退色している部分に

綺麗にブラウンを入れ直す場合等に使用します。

 

このボタニカル染料自体がトリートメントの代わりにもなりますので、

根本リタッチ&既染毛ボタニカルカラーをすることで、

ダメージは根本のリタッチ時の一回だけで済みます。

 

そして毛先のボタニカル染料も通常のツヤツヤサラサラトリートメントよりも

効果の高い(持続力のある)トリートメントとしての機能も期待できます。

「美容院でトリートメントってオススメ?」

 

こちらのイメージが一般の方が想像するボタニカルカラーだと思うのですが

こちらの場合は、ボタニカルカラーを使用しただけでは

黒髪は茶色くはならないということです。

 

だって・・・植物で染めるのにブリーチされて

茶色くなるわけないと思いませんか?

 

 

ボタニカルカラーの注意点

ボタニカルカラーというものには決まった定義はありません。

 

カラー剤の中に植物がどういう理由であれ、

そしてほんの一滴でも配合されていれば

ボタニカルと謳っても間違いはありませんし、

 

ボタニカル=植物のみを粉末にしたもので染めるボタニカルカラーもあります。

 

ですので上記2種類の話だけでは

話しきれないほどいろいろなタイプのモノがあります・・・。

 

いや・・・これからいろいろなタイプのボタニカルカラーというものが出てくるでしょう。

ボタニカルというワードは2015年の注目ワードですからね、

 

メーカーさんによってはどうにかこのワードを使えるようにと

普通の商品にほんの少しのボタニカルを垂らし・・・ww

なんてことが起こってくるでしょうねww

「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」

 

話は戻りますが、

ボタニカル=植物ですから、

ヘナカラーのことをボタニカルカラーと言うところもあります。

 

そしてヘナだけでも少なくとも何種類かの意味を持つヘナがあります。

「ヘナの白髪染めの効果は?」

 

オーガニックカラーだって

ボタニカルカラーと言っても間違いはありませんが

ほぼ普通のカラー剤と同じものだとは以前記事にしましたね

「オーガニックカラーとは。普通のカラーとの違いは? 
「オーガニックって意味あると思います?」

 

香草カラーもハーブカラーもボタニカルと謳えます

「ハーブカラー/香草カラーとは」

 

ボタニカルとは何とも都合のいい言葉です。

 

だってボタニカル=植物って意味ですから、

本当にこだわったボタニカルもあれば、

一滴だけ植物エキスを入れてボタニカルと謳うこともできるわけです。

 

ですので、くれぐれも騙されないようにして下さいねm(__)m

 

ただ、茶色くならないボタニカルカラーであれば

(つまり既染毛の退色を整える)

かなりオススメです。

 

僕も既染毛にヘナや香草を使用しますが、

普通のカラー剤で既染毛に色を入れ直す場合よりも

圧倒的に毛先のダメージが少ないし、退色もしないですので。

 

ですので、これから髪を伸ばしていきたいって方で

カラーをされている方には、

この既染毛に使う用の本当のボタニカル?

はオススメです♫

※デメリットとして、カラーチェンジが出来なくなりますのでお気を付けください<m(__)m>

 

カラー剤などのケミカル施術において大事なことはこっちです

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

「美容院ですすめられたら断るメニュー・やるべきメニューは?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ