ベタベタの原因はシリコン?天然オイル?

ここ最近アウトバストリートメント関係の記事を多く書いていますが

自分で書いていても「これ読んでいる人混乱するだろうなぁ(>_<)」

と思っていることがありまして、

一度整理しておこうと思っています。

「洗い流さない(アウトバス)トリートメントの必要性」
「おすすめのアウトバストリートメントの種類とは?」
「アウトバスオイルトリートメントについて考察すると」
「美容院で使用中の洗い流さない(アウトバス)トリートメント一覧」

 

【スポンサーリンク】

 

 

何のことかと言うと、

僕の記事を見ていると

「アウトバスとして天然オイル系を使用すると、使用量を間違えるとべたべたするけど、シリコンオイルはベタつきづらいから扱いやすい」

とか、逆に全く別の話で

「シリコンオイルはビルドアップ(積み重なる)されやすいので、しっかり毎日シャンプーで剥がしてあげないと毛髪がベタベタしてくる。天然オイルの方がビルドアップはするもののシリコンほどではない」

みたいな・・・。

 

これ意味わかります(^_^;)

全く逆のことを言っているように聞こえちゃいますよね(-_-)

 

ってことでこの辺の事を整理しておきますね。

 

 

【シリコンの場合】

シリコンオイルは、通常のアウトバストリートメントの使用では、

ある程度塗布量が多くなってもベタつくことはないのですが、

毎日のシャンプーでちゃんと剥がせていないと、

ビルドアップされていき、

そうすると、ある日シャンプーしたすぐの状態が

ベタベタになっていたり、毛髪がドライ後束になっていたり、

硬くなっていたりという現象が起きるんです。

 

つまり、

通常のアウトバストリートメントとしての使用中にはトラブルは起きづらく、

代わりに日々のお手入れによっては、

ある日、毛髪の根元側がベタベタしてくる

という事が起きます。

 

 

【天然オイル系のアウトバストリートメント】

天然オイル系の場合は、

通常のアウトバスの使用の時に塗布量を間違えるとベタベタ

 

そうなるともうそのベタつきは洗い落とさないと取れませんので、

もう一度シャンプーをすることになってしまいます。

でも、逆にシリコンほどのビルドアップは有りませんので、

シリコンほど毛髪の根元側が日々の積み重ねで

ベタつく事はありません。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

シリコンのベタベタと天然オイルのベタベタにはこういう違いがあります。

 

お分かりいただけたでしょうか?

ここ最近記事書きながらいつも気になっていた部分なんですよね。

あ―スッキリしました♪

 

今回は以上ですm(__)m

 

「リシリッチ利尻ヘアクリームを美容師が解析すると」
「スプリナージュ セラムスパオイルの成分解析」
「アミノシールドCMCLEOの成分解析」
⇒「BOTANISTボタニストボタニカルヘアオイルの成分解析。おすすめ?」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


4 件のコメント “ベタベタの原因はシリコン?天然オイル?”

  1. ちょう より:

    最近洗顔について色々調べていたところ、洗浄成分が弱アルカリ性である石鹸がいいとありました。肌をアルカリ性に傾けることで肌が酸性に戻ろうとし、肌本来の力が発揮できるみたいな?のです。また、合成界面活性剤を使っていないので肌に優しいとか?
    では、シャンプーも石鹸シャンプーの方が(頭皮には?)いいのかなって疑問に思いました。
    でも石鹸シャンプーは洗浄力強いし、髪はごわつく(酸性のトリートメントで戻せる?)し、たぶんよくないのですよね?
    なんか色々本とかネットで見てても何が真実なのかよくわかんないので(笑)
    takaさんの記事は納得できて信用できるので質問してみました!

    • taka より:

      ちょう様

      コメントありがとうございます。

      こういうのって難しいですよね。
      メーカーによって言うことが全然違うことって多いですもんね。

      自分にとって都合の良いように・・・て(。-_-。)

      僕個人の考えでは、石鹸は「安全だけど優しくはない」と思っています。
      合成界面活性剤=肌にやさしくない
      という図式がまさに石鹸を売りたい側の「いつもの手ですので・・・。」
      この記事の話ですね⇒「ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク」

      で、石鹸が安全というのは、「アレルギーリスクが少ない」という意味です。小さい子供でも大人でも気を付けなくてはいけないのはアレルギーリスクですよね?重篤な症状が起きるかもしれませんので。そういったことでは石鹸は非常に安全だと思います。でも、かなりの高脱脂力を持ち合わせていますので、ちょうさんのおっしゃられているように毛髪にはかなりの負担ですし、お肌に負担はあると思います。

      乾燥肌の人なんかが石鹸で洗顔したらカッサカサになりますよね(>_< ) ちなみに僕は肌が強いので普通の接見で洗顔しても何ともありません。と、これは個人差ですよね。 ですので、どれ使ってもアレルギーを起こさないような方なら、あえて石鹸を使用する必要はない気がしますし、いろいろアレルギーを持っている方なら、安全面を考えて石鹸を使用する。といった分け方で考えればいいのかなと思います。 安全=「優しい・成分が優れている」
      という図式に持って行って商品を売る手法って多いから混乱しますよね(>_< ) 優しい・優れた成分=安全かはわからない
      ということもあるのですけどね。

      卵は体にいいけど、アレルギーを持っている人には危険な食べ物である。ということです。
      卵にアレルギーがないなら、食べた方がいいですよね?

      ちなみに
      >>洗浄成分が弱アルカリ性である石鹸がいいとありました。肌をアルカリ性に傾けることで肌が酸性に戻ろうとし、肌本来の力が発揮できるみたいな?

      僕も聞いたことあります。でも、真実かはわかりません。こういうのは言ったもん勝ちですのでwこれはご自分で試してみて実感するか、しないかで判断するしかないように思います。

      ※同じ成分でも各メーカーによって全然違う評価になることがありますよね。そのメーカーの都合に合わせて。ですので「どの考え方を支持するか」だと思っています。僕の場合は、実戦で得た経験と各メーカーの意見を照らし合わせて、取捨選択して自分が納得いく考えをまとめている。といった感じです。ですので、僕が完全に正しいとは思っていませんが、各メーカーも完全に正しいことを言っているところはないのではないかと思っています。
      ですので最終的には、ちょうさんが納得した上で使用されれば、そして結果が付いてくるのであれば、ちょうさんにとってはそれが真実。ってことで良いと思いますよ。

      • ちょう より:

        参考になる意見、ありがとうございます!
        石鹸の洗浄成分は、アレルギー的なメリットでしたか…
        色々自分で見極めていきたいと思います。

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ