ヘアカラー/白髪染め/おしゃれ染め/ファッションカラーの違いとは?

たまに美容院でお客様と話していて

「えっ!?」って思うことがあります。

 

「他の美容院で白髪染めしてたんだけど、ちょっと明るくしたいからヘアカラーに変えたいのよね。」

とか、

「今までカラーリングしてたんだけど、カラーリングを止めて白髪染めに変更したい」

とか・・・。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

言いたいことはわかりますし、

特にトラブルになるわけではなく問題ないのですが

ちょっと勘違いしている方もたまにいらっしゃるようですので

説明いたしますね。

 

ヘアカラー(カラーリング)と言うのが全ての総称になります。

で、ヘアカラーのジャンルの中に

おしゃれ染め白髪染めがある。

 

と言う関係性ですね。

 

ですので、

「今までカラーリングしていたんだけど白髪染めに変更したい!!」

って言われると

一瞬「えっ!?」ってなるんです(^^;)

 

 

おしゃれ染めと白髪染めの違い

単純な違いは、

  • おしゃれ染めは明るくできるけど白髪が染まらない
  • 白髪染めは明るくなりづらいが(出来ないことはないが限界はある)白髪も染まる

と言うことです。

 

これは、配合比率の違いなんですね。

入っているものは基本的には同じです。

 

白髪染めは白髪がちゃんと染まるくらい

色素をいっぱい配合しなくてはいけません。

そうすると明るくする為の脱色剤の配合量が少なくなってしまいます。

だから明るくなりづらい。

 

おしゃれ染めは明るくする為の脱色剤が多く配合されている分

色素の量が少なくなります。

そうすると、その少ない色素量では、

真っ白のモノに色がつかないので

白髪は染まらない。

と言うことになります。

 

一応、白髪染めとおしゃれ染めをブレンドすることで

明るい白髪染めもできるなんて方法もありますが

基本的にはこういうことですね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ヘアカラーとマニキュアは違います

ヘアカラーとマニキュアは違うものです。

 

ヘアカラーは中の色素を壊すなどして明るくしますが、

マニキュアは髪の表面に色をコーティングするだけ。

ですのでマニキュアの方が髪にも頭皮にも優しいです。

(黒髪は黒のままです。白髪の髪にだけ染まって見えます)

 

ですのでこの2種類は全く別のものです。

 

ちなみにマニキュアで毛髪表面をコーティングしてしまうと

次回、カラーリングに戻したくても、毛髪表面がコーティングされていて

カラー剤が中には入れませんので、色を染めることが出来なくなります。

 

ですので、マニキュアをする時は色々後のことも考えないとダメですよ。

この辺はヘナと同じ感覚ですね
「ヘナの白髪染めの効果は?」

 

 

ちなみに

シャンプーやトリートメントをしながらちょっとづつ毛髪が染まる

と言う商品はマニキュアやそれに似た成分が少し配合されていて、

それで染まるんです。

 

よーく説明読んでみてください。

小さく「この商品は毛髪の表面に色を付けます」って大概書いてありますww

 

かの有名な利尻昆布ヘアカラートリートメントもこの部類です。

利尻昆布に染色能力なんてありませんww

 

あれは利尻昆布の成分が配合されているだけの

うすくしたマニキュアのようなもので色を付けるだけの商品ですww

 

ネーミングと説明の妙ですね。

 

しかも、アルカリ成分と大変相性が悪いですので

普通のカラー剤(美容院カラー・ホームカラー剤含む)や

パーマ液のアルカリと反応して

毛髪が黒緑のような汚い色に変色します(>_<)

 

まさにコンブのような色ですね・・・(゜o゜)

 

ですので、利尻昆布ヘアカラートリートメント

ただのマニキュアタイプの製品ですので

悪いわけではないですが、

使うならもうずーっと家で自分で染めるという覚悟の元で

やって頂く製品になります。

 

その間はパーマもしない方が良いですよ。

やはりパーマのアルカリと反応して緑っぽく髪がなりますのでm(__)m

 

と、最後は話が脱線しましたが\(◎o◎)/!

 

利尻昆布の話はその内より詳しく説明いたしますm(__)m

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ