ドライヤーで髪が傷む理由

以前も似たような記事は書いたことがありますので、

そちらと合わせてお読みくださいね
「ドライヤーは使わず自然乾燥の方が髪に良い?

※タオルドライで毛髪を傷めてないですか?
「傷まないタオルドライの方法」

※マイナスイオンドライヤーについて
「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」

 

【スポンサーリンク】

 

 

ドライヤーで髪が傷む一番の原因は当然、「熱」です。

でも、じゃあドライヤーを使わずに自然乾燥が良いのか?

というと、そういうわけではありません。

 

毛髪が濡れている状態というのは

髪の毛が一番デリケートな傷みやすい状態です。

 

新人の頃、先輩から言い伝えられた言い方で言うとw

「髪が濡れたまま寝るというのは、お豆腐を枕にして寝ているのと同じ状態。お豆腐を枕にして寝れば当然起きたころにはお豆腐はぐちゃぐちゃ。アレと同じ状態になっちゃうくらい毛髪は傷みます。」

という事なんです(゜レ゜)

 

と言ってもこれはかなり大げさな言い方ですよね。

一回濡れたまま寝たくらいでこんな状態になる事はないと思います。

でも、そういう言い伝えがあるくらい

濡れた状態というのはデリケートな状態なんだという事ですね。

 

それくらい「濡れた状態で寝るのはダメージを起こすから止めてほしい」

と訴えたかったという事ですね。

 

ですので、なるべくドライヤーを使って素早く乾かす方が

毛髪にとっては負担がありません。

 

で、この時も勘違いが起きやすいのが、

半乾きまで乾かして(80%くらい)お終いにして、

あとは自然乾燥が良い。と思っている方が多いことですね。

 

これは間違いで毛髪は100%乾かすことが良いです。

いけないのは乾かし過ぎて、過乾燥になってしまう事です。

つまり100%乾燥でなく、110%乾燥などになってしまう事です。

 

ですので少し濡れているくらいでドライヤーを終わらせるのが良い。

という間違いが起きたのは、丁度100%乾燥にするのが難しい

(タイミングがわからない)

ので、それならやりすぎて過乾燥になるくらいなら、

ちょっと濡れているくらいで終わらせた方がいいのでは?っと、

誰かが思ってブログとかで発信してしまったのが原因なのかもしれませんね。

 

ちなみに、半乾きから自然乾燥で毛髪を乾かしてしまうと、

毛髪はパサつきやすいです(-_-;)

 

なぜなら新聞紙を想像してほしいのですが、

新聞紙は一度濡れてしまうと、乾いても元の新聞紙の状態ではなく

パサパサ?ぱりぱり?な状態になりますよね?

 

こうなってしまう理由って、

新聞紙自体が元々保持している水分があるわけですが

表面に水滴がついて、それが乾燥するときに、

一緒に新聞紙自体が持つ水分も

吸収して乾燥してしまうからなんです(>_<)

 

水って水滴と水滴が近づくと一個の大きい水滴になるのは

想像つくと思いますが、

あの感覚で新聞紙表面の水滴と新聞紙の中の水分が

ひとつになって一緒に乾燥してしまうんですよね。

 

これが毛髪でも起こると想像してください。

・・・

まずいでしょ(^_^.)

 

毛髪表面に残っている水分が乾燥するときに

一緒に毛髪内部の水分を吸収して乾燥してしまうんですよ

(゜レ゜)

 

パサパサになりますよね(>_<)

 

これはビチョビチョの状態の時ではなく、

最後の乾ききる直前の時に起こるのです。

 

ですので、このタイミングこそ、過乾燥にならないように気を付けながらも

素早くドライヤーを使用して乾かさないといけないタイミングなんです!!

 

新聞紙と違って毛髪は、

キューティクルやその間に含まれる脂質(セラミドなど)のおかげで

毛髪表面と内部が隔離されています。

 

ですので、素早く表面の湿り気をドライヤーでとってしまえば、

毛髪内部の水分を吸収されずに乾かすことが出来るんですね。

 

そしてもう一つ、半乾きではダメな理由があります。

これはダメージとは違う話で、スタイル持ちの話です。

半乾きで、最後は自然乾燥の方法だと

セットした髪型が崩れるのが早くなります。

 

なぜなら、毛髪は半乾きから100%ドライになる間。

このタイミングの時に形が決まるんです!!

 

ですので、ビチョビチョの時から頑張ってブローしても

何の意味もありません(>_<)

この状態では形はセットされないんですよね。

 

ですので、半乾きになるまではほとんど最終的な形の事は気にせず

乾かせばいいんです。

 

で、そろそろ乾くなぁというタイミングから、

仕上げとして、したい形になる様に乾かしていくんですよね。

 

ですので、この髪型を作る一番大事なタイミングで

ドライヤーで乾かすのを止めて自然乾燥にしてしまうというのは

勿体ないし、いくら80%ドライの状態で「よし!!」とセットをしたとしても

その後100%に自然乾燥される過程でどんどんスタイルは崩れるし、

さらに、最初に書いた理由でパサパサにもなっていく(>_<)

という事なんですよね。

 

ですので、あんまり良いことがない(>_<)

 

僕がお店でよく言うのは、

●半乾き(80%)から100%乾燥になる過程のあるタイミングの状態(97%)

●100%ドライの状態から湿気(梅雨など)を吸収してしまう状態(97%)って

 

結果として同じコンディションの毛髪の状態(97%)になっていますよね?

 

雨の日や梅雨の日など、毛髪が湿気を多く含んでしまう時に

ヘアスタイルが決まらなくなる経験ってあると思います。

つまり、半乾き~100%乾燥にする行為って、

あれと同じ状態を自分から作りに行っている行為

ともいえると思うんですよね。

 

ですので、結論としては半乾きもダメだし過乾燥もダメなんです。

丁度100%に乾かすのがベストなんです!!

でも、100%に乾かすって難しいですよね(>_<)

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ドライヤーで傷めずに丁度100%で乾かす方法

これは実は簡単。

ずーっとクールモード(冷乾燥)で乾かせばいいんです。

忍耐力されあれば(^_^.)

 

30分後くらいには?ちょうど100%ドライになっていると思いますよ。

ずっと低温で乾かせれば熱のダメージもないし、

過乾燥が起こる事もありませんので。

※乾かす時間が長くなりすぎると、毛髪同士の摩擦ダメージの問題が出てきますのでそこは問題になってくるのですが、今回はそこはスルーしますm(__)m

 

いずれにせよずーっとクールモードで乾かすのは現実的ではないですよね(-_-;)

 

という事で、

提案としては80%までは普通に乾かして、そろそろ仕上げ。

って時にドライヤーをクールモード?(冷乾燥)で乾かしていただくと、

過乾燥にならず、ちょうど良い感じで乾かせると思いますよ!!

 

それでも少しめんどくさいとは思いますが、

タオルドライの仕方と一緒で、

日々の積み重ねでダメージは蓄積されていきますので

是非していただきたいなと思います。

「傷まないタオルドライの方法」

 

 

で、この辺の問題をいろいろクリアしているドライヤーっていうのが

今はあるんですよね(゜レ゜)

 

1年程前?くらいにすごい評判だと

材料屋さんに勧められたことがあるドライヤーがあるのですが

ぶっちゃけ価格が高いし(25000円ほど)(^_^.)

正直美容師的には、普通のドライヤーでも傷めずに

100%ドライにする技術があると思っていますので

僕には必要ないかな。と思って取り入れなかったのですが、

(1週間ほどレンタルで借りて使用していましたが、確かにいい感じでした。材料屋さん的には美容院で使用しながら勧めてもらって、販売に持っていきませんか?という事だったのですが、25000円ですからね(>_<)ちょっと何個か仕入れて販売するにしてもリスクがあるし、そもそも僕はあんまり商品のおすすめとか提案はしない主義なので・・・(^_^;))

 

で、その時と同じメーカーなのかはわかりませんが

その当時のドライヤーとほぼ同じコンセプトの、

元々プロ用で使われていたドライヤーが一般販売されたみたいですね。

一般の方的には簡単に100%ドライに出来るアイテムだと思いますので

今度紹介してみようと思いますm(__)m

 

お先に興味のある方は

こちらがメーカー説明ページですのでそちらをご覧になってみてください↓

↓ 

低温トリートメントドライヤー ドライヤーで髪が傷む理由

ドライヤーで髪が傷む理由

※更新しました
「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」

 

取りあえず普通のドライヤーでも

80%ドライからはクールモードで100%まで乾かす

という方法でかなり改善していきますので

試してみてくださいねm(__)

「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


6 件のコメント “ドライヤーで髪が傷む理由”

  1. コサケ より:

    とあるサイトで、クロリド系の成分は頭皮につくと、頭皮のたんぱく質を変質させてしまう恐れがあると書いてあったんですが、本当なんでしょうか?

    • taka より:

      コサケさん

      コメントありがとうございます。
      第4級カチオン界面活性剤のことですね。本当ですよ。

      昔、「リンスは頭皮につけない」「リンスはしっかり流さないとダメ」と言われていた理由が、この第4級カチオン界面活性剤が配合されていたからですね。

      ただ、
      これはリンス・コンディショナー・トリートメントや柔軟剤で使用されるものですので、今までコサケさんも多くのコンディショナー等を使用されたことがあるのであれば、その中にも配合されていたと思います。その結果いかがですか?頭皮が荒れたり・かゆみが出ていたりしていないですか?
      特に心当たりがないようであれば、そんなに心配されなくて大丈夫ですよ。

      実際、僕も美容師をしていて、リンスがダメという方は一人にしかお会いしたことがありません。その方はあからさまにリンスが皮膚につくと赤くなってかゆみが出るんですよね

      ただ、そういう方もいらっしゃいますので、コサケさんに思い当たる節があれば気を付けられた方がいいと思います。

      あとはシャンプーに配合されている場合は(滅多にありませんが)頭皮につくので注意がより必要ですが、コンディショナーやアウトバス系であれば頭皮には基本つけないと思いますのでそこまで神経質になる必要もないと思いますよ。

      • コサケ より:

        返信ありがとうございます。
        本当だったんですね。
        ただ今使っているトリートメントが、
        エヌエーバイヌーディオーラスカルプノンシリコンなんですが、
        トリートメントのボトルにかいてある説明には、髪と頭皮につけてパックするみたいなことがかいてあるのですが、髪だけにつけたほうがいいのでしょうか?

        トリートメントをするときに髪だけにつけるようにはしているのですが、つけている最中や流すときに頭皮にもついてる気はします。それほど気にする必要はないのでしょうか?

        • taka より:

          んーどうでしょうね?

          でも、もうコサケさんは気になってしまっているようですのでw
          精神衛生上付けなくてもいいのではないかなと思いますよ。

          >>トリートメントをするときに髪だけにつけるようにはしているのですが、つけている最中や流すときに頭皮にもついてる気はします。それほど気にする必要はないのでしょうか?
          これくらいは全く気にする必要がないと思います。気になるなら多めにすすぐくらいの対策で十分ではないですかね。前回のコメントでも書いているようにコサケさんが今までトリートメントを使用していて問題が起きたことがあるなら注意が必要だとは思いますが。

          • コサケ より:

            わかりました!特にかゆみなどなければ髪だけにつけるようにして、流すのを入念にやるようにしたいと思います!
            ありがとうございました!

          • taka より:

            コサケさま

            コメントありがとうございました(^^)

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ