シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」

過去にもシリコンについていろいろ書いてきましたが、
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」 
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」 
「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」

で、この中でもどこかで触れていた気もしますが・・・。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

今回はタイトルのように、

シリコンのせいで

  • 「カラー染まらない?」
  • 「パーマかからない?」

という事が起きるのかについて書いていきたいと思います。

 

まずは結論ですが、

シリコンに関係なく、カラーは染まるし、パーマはかかります。

だって、カラー剤にもパーマ液にも

シリコンって配合されていること多いですからねww

 

最近は、一昔前のノンシリコンブームに乗って

ノンシリコンのカラー剤とか出しているメーカーもありますが、

今までシリコン配合されていて普通に染まっていたではないですか??

とか思ってしまうんですよね。

 

ですので、

シリコンインの製品を使用していても

「基本的には」パーマやカラーの施術に影響はありません。

 

※シャンプーにシリコンが配合されている場合は、シリコンの問題ではなく、単純に「市販のシャンプー=粗悪なシャンプーが多い」という問題で、お客様は感じていなくても美容師目線では毛髪ダメージが強く起きててストロー毛になっているから計算したようなウェーブがつかないという問題もあるのですが・・・⇒「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」 

 

ですので、

シリコンイン製品は問題ない=市販のシリコンインシャンプーが問題ない。

という話ではないことはご理解ください。

 

僕がここでいうシリコンは

どちらかというと市販のシリコンインシャンプーの話ではなく、

コンディショナーやトリートメント、アウトバストリートメントに

シリコンが配合されている場合をイメージしています。

 

で、話は戻りますが

上記で

「シリコンインの製品を使用していても「基本的には」パーマやカラーの施術に影響はありません。」

「基本的には」と言っているのは

 

シリコンであろうが

オーガニックオイルであろうが

それ以外の油脂であろうが

 

毛髪表面に吸着して皮膜を作ってくれる成分は

ビルドアップ(積み重なる)されることでベタベタになりすぎると、

カラーやパーマのウェーブが思うように計算しづらくなる。

という事はありえます。

 

つまりこれは、「シリコンだからダメ。」

というオーガニックメーカーのネガティブキャンペーンなだけで、

オーガニックオイルだって高濃度で配合されていればリスクはあるんですよね。

 

でも、最初に書いているようにいづれにしても

「基本的には」気にせず使用して問題ありません。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

問題になる時は、毛髪がドライ時でもしっとりを通り越してベタつきがみられる。

とか、毛髪が束になって固まっちゃってる。

という皮膜系成分がビルドアップされすぎると起こる弊害に置いてです。

 

ですので、

そのような感触になっていないのであれば

シリコンインの商品を使用していても

問題なく「カラーは染まるし」「パーマはかかります」

 

だって繰り返しますが、

カラー剤にもパーマ液にももともと配合されている成分なのですからww

 

この辺を踏まえて、

次回はシャンプーやコンディショナー・アウトバストリートメントと

シリコンの関係性について考察してみようと思います。

 

つまり、

全ての製品にシリコンが配合されていてもいいの?

それともどれかにだけ配合されていればいい?

等々の事について考えてみます。

(つまり次回は僕の妄想記事になりますm(__)m)

 

記事になるまで、過去のシリコン記事を読んでお待ちください。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」 
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」 
「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ