シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」

オーガニックカラーとは

過去にもシリコンについていろいろ書いてきましたが、今回はシリコンが配合されているシャンプーやコンディショナーを使用すると「カラーの染まり」や「パーマのかかり」に影響が出るのかについて記事にしていきます。

 

◆シリコン話については以下もお読みください。
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」 
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」 
「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」

 

 

【スポンサーリンク】

 

シリコン配合製品を使用していてもカラー・パーマにあまり影響はない?

まずは結論ですが、シリコン配合のシャンプーやコンディショナーを使用していたとしても基本的には

  • カラーは染まる
  • パーマはかかる

だって、カラー剤にもパーマ液にもシリコンって配合されていること多いですからね(笑)

 

自分の美容院のカラー剤にシリコンが配合されていることを知らずに、「シリコン製品を使用するとカラーの染まりが悪くなるんですよ」と説明している美容師さんって結構多いです( ゚Д゚)

 

最近は、ノンシリコンブームに乗ってノンシリコンのカラー剤とか出しているメーカーもありますが、シリコン入りのカラー剤で普通に染まっていたではないですか??最近のノンシリコンブームに乗ってみたの???

とか思ってしまうんですよね。

 

 

ですので、シリコンインの製品を使用していても「基本的には」パーマやカラーの施術に影響はありません。

 

で、ここまでは「基本的には」という話ですm(_ _)m

 

で、ここからは「基本的ではない場合もある」というお話。

 

シリコンのせいでカラー・パーマがうまくできない理由

過去に何度も記事にしている話ですが、シリコンやオーガニックオイルなどのオイル成分が毎日のシャンプーで取り切れずに積み重なると毛髪表面に強力な被膜が形成されてしまうことがあります(>_<)

 

そうなってしまうと確かにパーマやカラーの施術に影響が出ることもあるんです。

 

このような事例が起こってしまうケースはいろいろあるのですが、例えば、トリートメントからアウトバストリートメントまでヘアケア剤のすべてにシリコン配合の製品を使用している場合などに、シリコンなどのコーティング成分が過剰に毛髪に付着している人がいます。

 

このような場合は、さすがにシリコンなどのコーティング成分が施術の邪魔をしますので、パーマのかかり・カラーの染まりに影響が出る時もあります。

 

毛髪の感触としてはシャンプー&トリートメント直後にべたつくなどの症状があると、過剰なコーティング成分の使用で施術に影響が出る状態です。

 

※ダメージが気になっていろいろなヘアケアアイテムを使用しているのにきしむなどの症状が出ている場合は、逆にオイル成分過多のせいで出ている症状の可能性も結構ありますので、その場合はシリコンなどが配合されている製品を1週間ほどやめていただければ「サラサラ」の良いコンディションの状態に戻っていくと思いますよ。

 

 

シャンプーのせいでパーマがかからない??

もう一つは、「強洗浄力+強力コーティング」という作りのシャンプー&トリートメントのシリーズを使用することでパーマがかかりづらくなるという話。

まあそれでぱっと思いつくのは「P&G」や「ユニリーバ」の製品です。

ラックスとかパンテーンなどのことですね。

 

これらのシャンプー&トリートメントは、確かに仕上がりはツルツルです♪

でもそれは顔でいうと厚塗りファンデーションをしたからです(それがコーティング成分)。

厚塗りファンデーションをしたときは、それをはがすためにしっかりと洗顔で落とさなければいけません。だから強力な洗浄力が必要です。

でもそうすると肌に負担になるのは想像がつくと思います。

 

まだお肌の場合は生きた細胞ですので、洗顔で顔に負担があってもその後のケアで復活させることは可能ですよね。

 

でも髪の毛の場合は死んだ細胞。

ですので強洗浄力で強力なコーティングをはがす時の毛髪への負担は蓄積されていきます(>_<)

 

そうなると、例えばパーマは髪の毛の内部成分に働きかけてウェーブが付くものですが、その内部成分が毎日の強力なシャンプーの影響で流出しまっている場合、パーマのかかりは悪くなります。

「パーマ失敗の原因は毛髪コンディションにあり?」
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

オーガニックオイルでもパーマはかかりづらくなる

で、ここで勘違いしていただきたくないのは、シリコンは悪いものだからビルドアップしちゃうしダメな成分というわけではありません。

 

確かにシリコンよりコーティング力は強くありませんが、オーガニックオイルも要は被膜成分。

ですので、シリコンイン製品を避けて代わりにオーガニックオイルをたっぷりと使用している場合も毛髪表面は油で固められパーマなどのかかりに影響が起きます(>_<)

 

ですので何事もほどほどが良いということですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ

ということで、基本的にはシリコンなどが「パーマ」「カラー」に影響することはありません。

 

ですが市販の中でも特に強洗浄力+強力コーティング成分の作りのものは

  • シリコンでコーティングされすぎてパーマに悪影響。
  • 或いは単純に強洗浄力のものは毛髪に負荷がかかりダメージ進行に

 

このようなことはあると思います。

 

この辺のことも踏まえて、次回はシャンプーやコンディショナー・アウトバストリートメントとシリコンの関係性について考察してみようと思います。

 

つまり、

  • 全ての製品にシリコンが配合されていてもいいの?
  • それともどれかにだけ配合されていればいい?

などについて考えてみます。

(つまり次回は僕の妄想記事になりますm(__)m)

◆更新しました。
「結局シリコンは必要なのか?」

 

記事になるまで、過去のシリコン記事を読んでお待ちください。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」 
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」 
「ボタニカルシャンプー?オーガニック?ノンシリコンの違いは?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」

 

◆更新しました。
「結局シリコンは必要なのか?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ