オクトシャンプーはフケかゆみに効果あり?成分解析

オクト シャンプーの成分解析

フケ・かゆみを防止する薬用シャンプー&リンスの「オクトシャンプー&リンス」の成分解析です。

 

※オクトシャンプーの低刺激タイプはこちら
「オクトセラピエ(serapie)薬用スキンケアシャンプーの成分解析」

 

その他フケかゆみ・頭皮トラブル用シャンプー一覧

 

【スポンサーリンク】

 

オクトシャンプーの成分

【シャンプー】

●有効成分:ピロクトン オラミン
●その他の成分:ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、POEラウリン酸エタノールアミド、ヘキシレングリコール、POE水添ヒマシ油、ジステアリン酸グリコール、ラウリルジメチルアミンオキシド液、クエン酸、香料、無水硫酸Na、モノラウリン酸ポリグリセリル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、メタクリロイルエチルベタイン・メタクリル酸エステル共重合体液、甘草抽出末、安息香酸Na、黄203、緑3

 

【リンス】

●有効成分:ピロクトン オラミン
●その他の成分:PG、ステアリルアルコール、ジメチコン、ヤシ油脂肪酸ソルビタン、高重合ジメチコン-1、ステアルトリモニウムクロリド、無水エタノール、ヒドロキシエチルセルロース、香料、ステアリン酸ソルビタン、POE(30)ラウリルエーテル、リン酸、甘草抽出末、メチルパラベン、黄203、青403

 

オクトシャンプーの解析

「ふけかゆみに効くシャンプーの中で最も低価格帯のシャンプー」がオクトシャンプー。

 

まずは結論から言うと、

シャンプーとしての評価は強洗浄力&毛髪補修剤の配合がない作りで、一昔前の市販シャンプーという作りですが、そこに「有効成分」が配合されることで医薬部外品、つまり効果効能を謳って良いシャンプーになりました。

 

ですので、「ふけかゆみに悩んでいて、特に低価格で抑えたい」という人は試してみても良いと思いますが、フケかゆみの悩みがない人がチョイスするシャンプーではありません。

 

では解析を<m(__)m>

※医薬部外品登録の製品は、配合順に記載しないといけない義務がありませんので、正確な配合順はわかりませんが、メーカーサイトの成分表を確認すると、配合順に近い形で記載されている風だったので、そのまま解析していきます。この辺は良心的ですね♪

 

まずはいつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分がラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液。

強洗浄力のラウレス硫酸Naに低刺激・低洗浄のラウリン酸アミドプロピルベタイン液という、市販でよくある組み合わせですね。

それ以外には、特に毛髪補修剤も配合されていません。

 

ということで、結構しっかり洗浄できるきしみやすい作りのシャンプーという印象です。

まあかなり低価格の商品ですので、こんなもんかと思います。

で、そこに抗フケかゆみ成分である「プロクトンオラミン」が加わっている作りですね。

ピロクトンオラミンは多くのフケかゆみ対策シャンプーや育毛剤に配合されている実績のある成分です。

 

ということでフケかゆみの悩みがある健康毛の人にはいいかもしれないけど、ダメージ毛の人にはお勧めはしないかな・・・と。

 

ということで

  • 健康毛
  • フケかゆみの悩みがある
  • なるべく低価格帯のもので

という場合は試してみてもいいかもしれませんね。

オクト シャンプー 320ml

新品価格
¥300から
(2018/1/21 17:22時点)

リンスの成分解析

一応リンスの解析もしておきます。

こちらも有効成分として「ピロクトンオラミン」が配合されています。

 

で、それ以外の成分としては、

●表面コーティング成分のシリコン「ジメチコン、高重合ジメチコン-1」

●毛髪表面に吸着して「帯電防止・軋み緩和」等の効果がある第4級カチオン界面活性剤「ステアルトリモニウムクロリド」

●さらに各種保湿成分が配合。

という感じで、毛髪表面のコンディションを改善するのに特化したまさにリンスという感じです。

「トリートメント・コンディショナー・リンスの違いは?」

 

毛髪補修剤などの配合はありません。

 

リンスはそもそも、シャンプーで軋んでしまった毛髪のきしみ緩和などの目的で作られているので、まさにオクトリンスもシャンプーで軋んだ毛髪のきしみ緩和のためのアイテムということですかね。

 

オクト リンス 320ml

新品価格
¥300から
(2018/1/21 17:24時点)

一旦まとめ

ということでオクトシャンプー&リンスは、普通のシャンプーとして考えると市販シャンプーの中でもあまりお勧めはしない部類のものになると思いますが、オクトシャンプーの目的はフケかゆみの改善です。

そこへのアプローチとしては、有効成分「ピロクトンオラミン」が配合されていますので、確実に市販シャンプーの中ではおすすめです。

しかもかなりの低価格ですので、「まずは試しに・・・」という感じで手を出しやすいシャンプーだとは思います。

 

【スポンサーリンク】

 

オクトシャンプーでフケかゆみが改善しなかったときは?

基本的にはフケかゆみの改善には、薬用シャンプーが良いです。

※正確には、「効果効能」が「フケかゆみの改善」などである薬用シャンプー。

 

で、オクトシャンプーの場合は「ピロクトンオラミン」がそれにあたります。

じゃあ、「これで治らなかった場合の原因は?対処法は?」となると一概に断定できるものではありませんが2つの要因が大きく関係していると思います。

 

洗浄成分や保湿剤などシャンプー自体の質

まず一つ目は

  • ピロクトンオラミン自体は効いているんだけど、洗浄成分が強すぎるなど頭皮への負担があり、それによる過乾燥でかゆみが止まらない。

或いは

  • 頭皮への保湿成分が足りなくて、やはり頭皮の過乾燥が起きることによるかゆみ。

これらの場合は「低刺激な洗浄成分+保湿成分」という組み合わせの処方に「ピロクトンオラミン」が有効成分で配合されているようなシャンプーを利用すると良いです。

この時に気を付けないといけないのはオーガニックオイルなどはかゆみ等を引き起こす可能性がありますので、オイル系の保湿はお勧めしません。

===========

※これはオクトシャンプーで改善しなかった場合に考えられる一要因として上げています。人によっては皮脂分泌過多による酸化した皮脂が原因でかゆみを起こしている場合もあると思いますので、そういう場合は強洗浄力でしっかり洗うという処方が良いと思います。

===========

 

ピロクトンオラミンが効かない!?

で、もう一つは、

  • 「ピロクトンオラミンが効かない」
  • 「ピロクトンオラミンだけでは効かない」

という可能性。

 

オクトシャンプーの場合は、有効成分はピロクトンオラミンだけです。

 

フケかゆみに効くシャンプーには、オクトシャンプーのように「ピロクトンオラミンだけの配合」のものから「ピロクトンオラミン+ほかの有効成分」や「ピロクトンオラミン以外の有効成分」が配合されているシャンプーもあります。

ですので、オクトシャンプーが効かない場合は、「ピロクトンオラミン+ほかの有効成分」や「ピロクトンオラミン以外の有効成分」が配合されているシャンプーを選択されると良いです。

 

オクトシャンプーが効かなかったときにおすすめのシャンプーは?

ということでオクトシャンプーが効かなかった場合は

  • 低刺激な洗浄成分
  • 保湿成分
  • 「ピロクトンオラミン+ほかの有効成分」や「ピロクトンオラミン以外の有効成分」

の組み合わせのシャンプーを試されるといいです。

 

で、これに当てはまるのが

です。

 

この2つは、このブログでも「フケかゆみ」におすすめの2トップです<m(__)m>

 

これ以外に、「有効成分」の配合はないけど、しっかりと保湿することで頭皮トラブルを改善することに定評のあるシャンプーは以下です。

 

フケかゆみなどの悩める頭皮トラブルが少しでも改善されることを祈っております<m(__)m>

 

 

※オクトシャンプーの低刺激タイプはこちら
「オクトセラピエ(serapie)薬用スキンケアシャンプーの成分解析」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


4 件のコメント “オクトシャンプーはフケかゆみに効果あり?成分解析”

  1. MINA より:

    はじめまして
    いつもブログ拝見させていただいています

    ココパームというシャンプーが気になっているのですがよろしければブログ書いていただけると参考になります!

    • taka より:

      MINAさん

      ブログで書くかわかりませんのでここで簡単に

      成分をパッと見た感じラックスなどのシャンプーと同じような解析結果になると思いますよ。

      ラウレス硫酸Naベースの洗浄力の強いシャンプー。
      当ブログでいうところの毛髪補修成分は配合されていません。
      各種エキス類は保湿程度ではないでしょうか。いつも書きますが、シャンプーの2~3分の間で各種エキスの効果効能を感じるのは無理があるのではないかと思います。洗い流さない製品ならまだわかるんですけどね。
      トリートメントは若干シリコンが配合されていますので、ラックスなどの高濃度シリコン処方によるツルツルサラサラ感はないが、シリコンがないと質感がかなり低下すると思いますので、若干配合してある感じではないでしょうか。

      まとめると当ブログのおすすめ製品欄に記載することはないと思います。

      • MINA より:

        返信ありがとうございます
        そうなのですね

        ラウリン酸が下の方に書いてあるので少しは大丈夫だと思っていました

        さくらの森シャンプーがよさそうなので購入したいと思います
        ありがとうございます!

        • taka より:

          MINAさん

          ラウリン酸??
          私が見た成分表ではそのような記載はなかったのですが、ココパームで何種類かあるのでしょうか?
          成分表を掲載していただければ確認してみますよ。

コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング