「すこやか地肌」で頭皮のフケ・かゆみ改善?薬用処方その後で~

すこやか地肌2

「頭皮のかゆみなどのトラブルには、薬用のアイテムを使用した方が良い。」

という記事を以前書いたことがありますが、
「薬用シャンプーとは?フケかゆみに効く?医薬部外品について」

 

その中で、「薬用は常用でずーーと使い続けるモノではないと思っています。」という話をしました。

 

頭皮のかゆみが薬用アイテムで改善されれば、その後もずっと使用し続けるものではなく、薬用ではないアイテムに切り替えていった方が良いです。

 

頭痛が治ったのに、頭痛薬を飲み続けたりはしないですよね。

 

 

そうすると

「かゆみが治ったら、何を使えばいいの?元に戻してまたあの”かゆみ”に悩ませれるのは嫌なんだけど(>_<)」

って思う方も多くいらっしゃいますよね。

 

実際お問い合わせでそういう質問も来ますので。

 

今回は、「そんな時にピッタリではないかな?」と思うアイテムを紹介させていただきますm(__)m

 

 

「すこやか地肌」はかゆみ改善後の頭皮のコンディション維持に最適!!

まずは、製品から紹介すると「すこやか地肌」という頭皮用美容液がそれに当たります。

すこやか地肌2

頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」 頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

 

メーカー説明では

「頭皮のかゆみ・フケなどのトラブル時に使用する。」

というものですが、僕個人としては、より向いているのは「トラブル改善後のケア・維持のために使用する」のがよりベストなのでは、と思っています。

※頭皮用美容液というモノですので、トラブルが無くてもアンチエイジングの為に常用で利用するのもおすすめです。⇒「アンチエイジングは頭皮から始めないと意味ないですよ。」

 

 

理由は簡単で、こちらの商品は抗炎症作用(ソメイヨシノ葉エキス・グリチルリチン酸2K)や抗菌作用(乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス)で頭皮環境を整え、かゆみを抑えることもさることながら、一番の特徴は肌バリアを正常な状態に戻し、肌を保湿させるということだと思っています。

 

肌が乾燥しているとかゆみやフケに繋がりますからね。

その原因となる乾燥から肌を守りましょう!!

ということですね。

 

さらにかゆみやフケなどのトラブルも、元を正せば、頭皮のバリア機能などが壊れて頭皮が乾燥したり、皮膚刺激を起こしやすい状態になる事から「炎症を起こす」「菌の繁殖を許す」ようになる。

その結果「かゆみ・フケ」という症状が出るんです。

 

すこやか地肌

 

ですので、

「トラブルの根本である頭皮環境」を良い状態にする=皮膚バリア機能の復元・頭皮の保湿

という事が重要になります。

 

が・・・

もうすでに、かゆみやフケなどの症状が進んでいるのであれば、まずするべきは、速やかに症状を抑える事だと思うんです。

 

仮にかゆみが深刻なのであれば、かゆみという症状に効く薬的なモノを使用するという事です。

 

で、その場合グリチルリチン酸2Kという成分がそれに当たります。

(他にもありますが、今回はこちらにスポットライトを当てます)

 

グリチルリチン酸2Kが配合されている製品は、国の定める濃度で配合されていれば効果効能を謳える医薬部外品(薬用)製品になります。

つまり「効く」ってことです。

 

逆にグリチルリチン酸が配合されていても、基準値より少ない量であれば「効果効能を謳ってはいけない」”化粧品”という扱いとなります。

 

で、「すこやか地肌」の場合は、グリチルリチン酸2Kは配合されていますが、化粧品登録ですので効果効能を謳える量ではないです。

(だからダメということではなく、より優しさを追求すればこういうことになるんだと思います。「薬効成分」=「配合量が決まっているということは、副作用が起きる可能性がある」というモノですので。)

「すこやか地肌」で頭皮のかゆみ改善?薬用処方その後で~

 

上記でも記載のように、僕の考えでは、まずは「トラブルがあればそれを素早く治す!!」

つまり薬用アイテムを使用する。

 

で、治ってからは「良好な状態(頭皮のバリア機能や、うるおい)を維持できるような成分が配合されているアイテムを使用する」(つまりこの「すこやか地肌」 「すこやか地肌」で頭皮のかゆみ改善?薬用処方その後で~等)というのが良いと思っています。

 

初めから、「すこやか地肌」 「すこやか地肌」で頭皮のかゆみ改善?薬用処方その後で~のようなアイテムを使用して時間をかけて治そうとすると、途中で強いかゆみが発作的に出て、寝ているときなどに無意識に掻いちゃたりして(>_<)

で、結果的にどんどん悪化していく・・・みたいな(;^ω^)

 

そういうことって結構起こり得るかなぁなんて思うので、それなら初めは「スカッ」と薬用アイテムで治しちゃって(皮膚科でもいいですが)、それから頭皮バリア・うるおい維持していくという方が、「ストレスなく治せるのではないかなぁ」と思うんです。

 

ですので、

薬用でない(効果効能を謳ってはいけない製品)を使用するよりも、薬用である(効果効能を謳える製品)を使用した方が治りは早い、と思っています。

 

 

ですので、「すこやか地肌」では治らない。

 

なんていうネガティブキャンペーンをしたいわけではなくて、より向いている使い道はこういう方法かなぁと感じている。

ということです。

 

 

勿論かゆみやフケの症状が軽いのであれば、初めから「すこやか地肌」で治す方法で十分!!

 

或いは、

 

元々皮膚が弱い方場合は、初めから穏やかな「すこやか地肌」の方が良い場合もあるとは思います。

 

 

あくまでもケースバイケースということですね。

 

 

と、今回は前置きが長くなりましたので(-_-;)

 

「すこやか地肌」の成分に関しての解析は次回にいたしますm(__)m、

 

※記事を更新しました
「頭皮用美容液「すこやか地肌」の成分解析」

「すこやか地肌」で頭皮のかゆみ改善?薬用処方その後で~

頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」 「すこやか地肌」で頭皮のかゆみ改善?薬用処方その後で~

 

●フケかゆみの悩みへのファーストチョイスシャンプーはこちら
「髪美力シャンプーの成分解析。フケかゆみにおすすめシャンプー♪」

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ