薄毛治療の2トップと言ったら、有効成分「ミノキシジル」と「フィナステリド(デュタステリド)」です。

そのうち今回の記事は、ミノキシジルについてです。

 

ミノキシジル配合の育毛剤には

  • 一般の人にも有名な「リアップ」
  • かなり調べた玄人さんに有名な海外個人輸入輸入品「ロゲイン・ポラリス・カークランド」
  • スカルプDで有名なアンファーが発売した超最新育毛剤「メディカルミノキ」

などがあります。

 

特にポラリスはミノキシジル濃度が一番濃く配合されていたので、海外個人輸入を駆使した本気の育毛を目指している人に人気の製品でしたが、販売中止になったようです。

 

海外個人輸入の仲介業者であるオオサカ堂やアイドラッグストア(僕の知る限り海外個人輸入ならこの2サイト経由での注文は安全です。)でも、2017年夏ころから順次ポラリスの販売が終了し、後継育毛剤としてフォリックスが発売されています。

ポラリスの代わりを探している場合は「フォリックス」がおすすめです。

 

それでは、それぞれの配合濃度などをチェックして「おすすめミノキシジル配合育毛剤」を探していきますね!

 

さらに、ミノキシジルの副作用が不安な方のために、副作用のないミノキシジル様作用のある類似成分が配合された育毛剤も紹介していきますね!!

 

◆フィナステリドについてはこちら◆
「フィナステリド(プロペシア/プロスカー)の育毛効果と副作用は?」)

 

ミノキシジルの発毛効果はどれくらい?

まずは「ミノキシジル配合育毛剤の発毛効果はどれくらいなのか」紹介していきます!

 

「ミノキシジルには発毛効果がある」

 

これは日本皮膚科学会も認めている「科学的根拠」のある事実です。

(フィナステリドもそうですね。だからこそ2トップ!!)

脱毛症ガイドライン

(2017年のデータです。)

 

表の見方

  • A:行うよう強く勧められる
  • B:行うよう勧められる
  • C1: 行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がな い
  • C2: 根拠がないので勧められない
  • D:行わないよう勧められる(無効あるいは有害で ある

【日本皮膚科学会】とは
1900年に東京帝國大學教授の土肥慶蔵博士により創立され、最近ではカネボウの白斑問題の時に所管の官庁と連携したりと信用性の高い団体です。

 

このデータ、メーカーではない外部の機関がしている実験ですので、信ぴょう性があります。

僕の記事「協会の作り方」で書いたような理由で出来た団体ではありませんので、そこも信用できるところですね。

 

上記ガイドラインの中で発毛に効果的「A」という評価を受けているのはミノキシジルフィナステリドとデゥタステリドだけ。

デゥタステリドとフィナステリドは、同じ薬効のある成分です。インフルエンザのタミフルとリレンザというような関係性です。

そのため、以下記事では基本的にフィナステリドを書いていることが多いですが、そこをデュタステリドに読み替えても同じことです。

 

ミノキシジルとフィナステリドは、併用できることから

最強の薄毛治療は「ミノキシジル×フィナステリド(デュタステリド)」だ!!という声はよく聞きます。

 

もちろん育毛の「基本のキ」、正しいシャンプーの仕方と、正しい育毛シャンプーを利用して、頭皮環境を良好な状態にすることは非常に重要です。

「育毛は自宅で!ハゲないシャンプーの仕方」
「美容師おすすめ育毛シャンプー(スカルプシャンプー)市販込みランキング!ハゲたくない人必見!!」

 

 

それではミノキシジル配合育毛について見ていきましょう!!

ミノキシジルが配合された育毛剤の種類

ミノキシジルが配合されている育毛剤は 、外用薬(頭皮に塗布)

 や、飲み薬 「ミノキシジルタブレット」があります。

 

このうち日本製なのは「メディカルミノキ」と「リアップ×5」です。

 

他の商品は全て個人輸入代行業者を利用して海外から購入することになります。

 

その場合は「オオサカ堂」より購入することになると思います。

(一番老舗で実績がある個人輸入代行業者ですので)

 


★ちなみに、ミノキシジル育毛剤の発売の流れは以下です。

アメリカで「ロゲイン」が発売されて、その後、ロゲインの製造元のアップジョン社から製造法を譲り受けてリアップが日本で製造されたので、リアップロゲインはほぼ同じもの。

そして「カークランド」とポラリス・フォリックスFR12ローション[ミノキシジル12%]」はロゲインのジェネリック。

そして2018年、満を持して「スカルプD」で有名なアンファーが日本で2製品目のミノキシジル配合育毛剤「メディカルミノキ」を販売しました。

 

「リアップ×5を1日1回で育毛効果はある?」

 

ミノキシジル配合育毛剤を選ぶ基準は?

ミノキシジル配合育毛剤の発売の流れを見ると、結局中身はほとんど同じだということがわかります。

 

まあ強いていうと

そんな感じですかね。

 

ちなみにフォリックス以外はすべてミノキシジル濃度は5%と一緒です。

 

一昔前ですと、リアップはミノキシジルが1%の配合でした。

その時すでにロゲインは5%配合だったことから、一昔前は「リアップは効かない。アメリカには5倍の効果のあるロゲインがある」という話が広まり、本気の人は個人輸入でロゲインを使用していました。

その当時のイメージで「今でもリアップよりロゲインの方が効果が高い」と思っている人もいますが、現在は同じです。

 

そんな中、「フォリックスFR12ローション[ミノキシジル12%]」だけはミノキシジルが12%や15%、16%など高濃度で且つ、フィナステリドまで配合されているのでかなり発毛効果を期待できるのでかなり人気のようです。

 

ただ、5%と12%で、「そこまで大きな発毛効果の違いはない」とも言われてはいます。

しかも日本人の皮膚に合う製品作りをしているのは日本製の製品であることは間違いないので、安心安全を第一に考えると、日本製の「メディカルミノキ」・「リアップ×5 リアップ×5」がおすすめです。

 

【まとめ】

ということで、まとめると

◆高濃度ミノキシジル配合育毛剤が欲しいなら「フォリックスFR12ローション[ミノキシジル12%]

◆日本製の安心感で「メディカルミノキ」・「リアップ×5 リアップ×5

がおすすめです。

 

さらにメディカルミノキとリアップどちらが良いかと言われればどちらでもいいです。

 

強いて言えば使っている芸能人を見ればターゲットがわかります。

◆「メディカルミノキ」:広告塔「香取慎吾・草彅剛」:30代~40代

◆「リアップ×5 リアップ×5」:広告塔「水谷豊」:50代から上の世代

という形で選択されるといいのではないでしょうか。

 

※ミノキシジルはごくまれに副作用の症状もありますので気になる人は以下もご一読ください。
「ミノキシジルとプロペシアどっちの方が副作用が強い?」
「フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用の考え方」

 

【スポンサーリンク】

 

ミノキシジルタブレットは危険!?

今まで説明してきたのは、頭皮に塗布する育毛剤です。

それとは別に内服薬の  「ミノキシジルタブレット」というモノがありますが、これはいきなり手を出すにはリスキーですので止めてくださいね。

 

外用薬(塗薬)よりも格段に発毛効果が高いみたいですが、それだけ副作用のリスクもあるということです。

 

元々ミノキシジルは高血圧症のお薬の有効成分です。

後々、発毛効果がわかって育毛剤に使われるようになった経緯がありますが、血管拡張作用がありますので、血圧を下げたり、心臓や血管に負担をかけるので、それぞれの体質によっては低血圧症や心臓の疾患が出ることがあります。

あと、多毛症になるというのもよく言われていますね。

 

もちろん副作用を発症する人の方が断然少ないのは事実ですが、育毛のために、そのリスクを背負わなくてもいいのかなと思います。

 

それこそ、外用薬のミノキシジルの12%や15%を試しても効果が控えめで、でも副作用が全然ないならミノキシジルタブレットに変更してもいいかもしれませんが・・・それはなかなか僕がおすすめできるものではありません(>_<)

 

その辺は自己責任になりますので、ご自分の体と相談してお決めくださいね。 

 「ミノキシジルタブレット

 

◆一番確実に発毛が出来るのは

  • 内服薬「フィナステリド錠」×「ミノキシジルタブレット」

です。

この組み合わせで薄毛対策をする場合は安全を買ってAGA治療病院を受診するのが一番いいですよ!


◆おすすめAGA治療院「AGAスキンクリニック

実際に「薄毛の医師」が自分で試した実験結果なども公開しているので信ぴょう性は高いです。

知る限り最も規模の大きいAGA治療院で、経験・実績レベルが段違いに高いので最も安心できる病院だと思います。

治療では知識もさることながら、経験値が非常に大事になるでしょうからね。


 

ミノキシジルの副作用が怖い(実際は極小です)。

でも、AGA治療院に行くのは恥ずかしい。

 

このような人は実際かなり多いですよね。

うちの美容院に来店される方もこのタイプの方がほとんどです。

 

ということで、ミノキシジルに似ているけど副作用のない安全な成分で作られた育毛剤も紹介しておきますね。

 

ミノキシジルじゃない!お勧め育毛剤

それでは「ミノキシジルに似ているけど、副作用がなくて安全」という成分がいくつかありますので、それらが配合されている育毛剤を紹介していきますね!

その成分は以下です。

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • リデンシル
  • ペブプロミンα

 

キャピキシル

キャピキシルは、ミノキシジルの約3倍の育毛成長力を示すデータのある成分です。

イギリスのAGA治療病院では実際にミノキシジルの代わりにキャピキシルを薄毛治療に利用している病院もあるんですよ。

「キャピキシルの育毛効果と副作用」

 

ピディオキシジル

ピディオキシジルは、ミノキシジルの誘導体です。

ここに文誘導体とは・・・
化合物の分子内の一部分が変化してできる化合物を、もとの化合物に対して言う語。

別名も「副作用のないミノキシジル」と言われています。

ということで、薄毛対策の育毛成分として超注目の成分です!!

 

リデンシル

リデンシルは、ミノキシジルの2倍の毛髪成長力があると言われていて、キャピキシルと同じように薄毛治療の病院(アメリカ)でも実際に使われているので、育毛成分としてはかなり信ぴょう性の高い成分です、

 

ペブプロミンα

こちらもキャピキシルと同じように3倍の育毛成長力のある成分です。

 

◆ミノキシジル様成分の配合されているおすすめ育毛剤◆

フィンジア

◆定価:12800円

◆定期コース:9980円
(定期コースに回数縛りはなく、1回だけの利用で中止・休止OKです)

 
【配合成分】
■キャピキシル
■ピディオキシジル
上記2つの成分が頭皮深部に浸透しやすいように処方されています。

かなり評判の育毛剤です。個人的にはミノキシジル配合育毛剤ではファーストチョイスにできる育毛剤だと思っています。


 

薬用プランテルEX

■定価:13800円

■定期コース:9700円
(定期コースに回数縛りはなく、1回だけの利用で中止・休止OKです)

 
【配合成分】
■リデンシル
■ペブプロミンα

抗炎症作用のあるジフェンヒドラミン塩酸塩が配合されているので、頭皮の炎症・ふけ・かゆみなどの頭皮トラブルがある薄毛の改善に期待大です!


 

モンゴ流deeper3D

■定価:14850円

■定期コース:
1回目:14100円(5%off)から段階的に割引率がアップし、9回目で最終的に40%offの10390円、その後は10390円固定。

 
【配合成分】
■キャピキシル
■リデンシル
上記2つの成分が頭皮深部に浸透しやすいように処方されています。

さらに病院で利用させる成長因子と同じ成分が8つも配合されています。

育毛成分の豊富さでは1番です。そのため期待値も非常に高いですが、それだけに一番価格も高いです。

9回目のお届け(9本目)から10390円になり、その後はこの価格で固定されるので、それくらい長いスパンでご利用いただける人にはとてもお勧めですよ!


 

いずれの育毛剤も最低でも半年は続けるつもりでご利用くださいね。

 

 

いつか僕が薄毛になった時、ミノキシジルを使うのはおそらく最終手段。

だって「副作用が起きるのはごくまれです」と言われても、命に別状ない薄毛対策の為にごくわずかでも副作用のリスクがあるのなら、そのような心配の全くない成分で作られている安全な育毛剤を利用しようかなと思いますよね?

 

ということでまずは「ミノキシジルの配合のない育毛剤の中で良いものを探そうかな」と思います。