「リアップの有効成分「ミノキシジル」に発毛効果がある理由は、血管拡張作用によって毛が生える」とよく耳にしますが、それは本当でしょうか?

 

個人的には疑問に思っています。

 

だってミノキシジル以外の血管拡張作用のある成分を利用しても発毛はしません。

 

ということは、「ミノキシジルの発毛効果は血管拡張作用によるものではなく、ほかのメカニズムによって毛が生えるのかな??」と思いませんか?

 

この記事では

等についてまとめています。

 

ミノキシジルの発毛メカニズムを知って、薄毛から脱却しましょう!!

 

【スポンサーリンク】

 

ミノキシジル配合育毛剤が出来るまで!内服薬はないの??

フィナステリド錠の副作用

もともとミノキシジルは血管拡張薬として、高血圧症の治療に内服薬「商品名:ロニテン」の有効成分として配合されていました。

しかし、この薬の副作用として脱毛が改善したり、毛髪が太くなる事が発見されました!

それをきっかけに、1980年代に米国アップジョン社が、ミノキシジル配合の育毛剤「ロゲイン」を製造し、FDA(アメリカの政府機関:アメリカ食品医薬品局 )から販売の認可を得ました。

その後、日本でも大正製薬がミノキシジル配合育毛剤「リアップ」を発売して今日に至る。

 

というのがミノキシジルが発毛に効果があるとわかってから育毛剤「リアップ」が販売されるまでの流れです。

⇒「リアップ×5 リアップ×5

⇒「ロゲイン

「ミノキシジル配合のおすすめ育毛剤を選ぶ基準は?」

 

 

では、なぜミノキシジルで発毛するのでしょうか?

血管拡張作用が発毛効果ではない理由を以下では説明していきますね!

 

 ミノキシジルは血管拡張作用で生えるわけではない?

モテ髪師義永大悟

一般的に言われている?ネットでよく書かれている?「ミノキシジルの毛が生えるメカニズム」は、

ミノキシジルは血管を拡張させるので、血流が上がって髪に栄養が届きやすくなることで髪がよみがえる。発毛する。

ですよね。

 

僕はこの説明は

全く納得がいかない

んですよね。

 

 

だって、ミノキシジル以外にも血管拡張作用があるものなんて世の中いくらでもありますよ!

カプサイシンとかいろいろ・・・。

 

でも、発毛効果が認められているのはミノキシジルだけなんです。

 

そして、高血圧の方が飲む降圧剤の中でも発毛効果があったのはミノキシジルだけなんですよ。

 

ということは、血管拡張作用がミノキシジルの発毛メカニズムではないですよね?

 

とある病院の先生が、ミノキシジルについて説明をしているサイトで

「ミノキシジルは血管拡張作用により栄養が行き渡って発毛します。しかしAGA以外の薄毛には効果がありません。」

 と書いてあるのを見かけたのですが、これは「???」ですよね。

 

「血管拡張作用で毛が生えると言っているのに、AGAにしか効果がない」ってどういうこと??

と思いませんか?

 

「血管拡張作用で毛が生えるとしたら、AGA(男性型脱毛症)であろうがなかろうが、毛は生えるはずですよね」

 

皆さんそう思いませんか???

「言われてみれば変だなぁ・・・」と。

 

まあお金をもらって、どこかのメーカーに都合のいいように書かれた医者の説明って感じですよね( 一一)

 

 

 

では、実際のミノキシジルの発毛メカニズムはどのようなものなのでしょうか?

 

以下、調べてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

ミノキシジル発毛メカニズムとは

髪の毛が早く伸びるシャンプーはある??

僕は医者でも研究者でもないので詳しいことは分かりませんが、ある程度信用できるソースを調べてみました。

 

その結果わかってきたことは、

ミノキシジルによる毛髪成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているが、詳細は未だ分かっていない。
「wiki ミノキシジル」

 

そう。はっきりは分かっていないんですね。

ただ、はっきりとわかっていない中でも、「毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化」ということは書かれていても、血管拡張作用については特に触れられていません。

 

※「血管拡張作用によって、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化が起きて発毛される。」と考えることも出来ますが、そうなるとほかの血管拡張作用のある成分でも発毛するはずですが、冒頭でも書いているようにほかに発毛が認められている成分はないんですよね。

 

ただ「わかっていません」で終わるわけにはいかないので、国内で唯一ミノキシジル配合育毛剤を販売している大正製薬「リアップ×5 リアップ×5」のホームページを調べてみました。

 

そうすると、大正製薬では「ミノキシジルの発毛効果をディープグロース効果」と呼んでいました。

 

ディープグロース効果とは

大正製薬ではミノキシジルの発毛のメカニズムをこのように説明しています。

リアップX5の主成分ミノキシジルは毛包に直接作用して、小さくなった毛包を大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。この毛髪の成長をつかさどる毛包を大きく、深くする作用をディープグロース効果と呼んでいます。

ミノキシジルの効果

つまり、毛髪の成長に直接影響している毛包が、薄毛・細毛の人だと小さくなっているところ、ミノキシジル配合育毛剤を塗布すると毛包が大きく成長(ディープグロース効果)して、その結果太い毛髪が育つ。

ということですね。

 

 

他にもミノキシジルの発毛メカニズムを説明しているサイトは何個か見かけましたが、基本的には同じメカニズムが書かれていました。

 

ということで、今のところ、「ディープグロース効果(毛包を大きく成長させる効果)」がミノキシジルの発毛メカニズムの謎に一番近づいている答えなんだと思います。

 

つまり、「血管拡張作用によるわけではない」ということですね。

 

※最後にお断りしておきますが、血管拡張作用が全く意味がないと考えているわけではありません。もちろん血流がいい方が頭皮・毛髪にとっていいことは間違いありません。

でも、血流が改善されるくらいで発毛するわけない!!と考えています。。

 

だって何度でも繰り返しますが、「血管拡張作用で発毛されるのならミノキシジル以外の血管拡張剤でも発毛するはず」ですが、そのような報告は今のところありません。

 

ですので、今現在の僕の導き出した答えは以下です。

 

ミノキシジルの発毛メカニズムは、毛包を大きく成長させるミノキシジルの効果によって、細毛だった毛髪が太い毛髪に育つ

 

今後より詳しく「ミノキシジルの発毛メカニズム」がわかってきたら、記事を更新していきますね。

 

ミノキシジル様作用で期待できる育毛剤がある?

ミノキシジル配合育毛剤は、お薬ですので人によって副作用のリスクはあります。

「ミノキシジルとプロペシアどっちの方が副作用が強い?」

もちろんその分、発毛にも期待できるのですが・・・。

 

そこまで心配するほどの副作用ではありませんが、「命に関わらない薄毛の悩みで、副作用のリスクまで負わなくてもいいかな」と僕は思ってしまいます。

 

そこで、ミノキシジルのような発毛効果を期待できるて副作用のない成分があるのか調べてみると、実はあるんです。

 

その成分は以下の4つ

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • リデンシル
  • ペブプロミンα

 

これらの成分は男性・女性共にOKの成分です。

 

キャピキシル

キャピキシルは、ミノキシジルの3倍の毛髪成長力のデータのある化粧品成分です。

イギリスの育毛病院の治療では、ミノキシジルの代わりにキャピキシルを実際に利用している病院もあるほど期待値が高い成分です。

「キャピキシルの育毛効果と副作用」

 

ピディオキシジル

ピディオキシジルは、ミノキシジルの誘導体です。

誘導体とは・・・
化合物の分子内の一部分が変化してできる化合物を、もとの化合物に対して言う語。

 

つまり、ミノキシジルの分子内の一部分を変化させただけで「ほぼミノキシジル」ということです。

 

そのため、ピディオキシジルは「副作用のないミノキシジル」と言われています。

 

リデンシル

リデンシルは、ミノキシジルの2倍の毛髪成長力があると言われています。

こちらはアメリカの薄毛治療院で実際に薄毛治療に利用されています。

実際の実験データでも「毛髪成長力がある」ことが認められています。

 

ペブプロミンα

ペブプロミンαは、製薬会社の実験により、ミノキシジルの約3倍もの高い毛髪成長力が証明された成分です。

 

キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシル・ペブプロミンαが配合されている育毛剤一覧

調べたところキャピキシル・ピディオキシジル・リデンシル・ペブプロミンαの4つすべてが配合されている育毛剤は見つかりませんでしたが、上記のうちの2つが配合されている育毛剤を見つけました!!

お勧めの育毛剤3つをこの記事の最後にご案内しておきますね!

 

フィンジア

◆定価:12800円

◆定期コース:9980円
(定期コースに回数縛りはなく、1回だけの利用で中止・休止OKです)

【配合成分】
■キャピキシル
■ピディオキシジル
上記2つの成分が頭皮深部に浸透しやすいように処方されています。

かなり評判の育毛剤です。個人的にはミノキシジル配合育毛剤ではファーストチョイスにできる育毛剤だと思っています。


 

薬用プランテルEX

■定価:13800円

■定期コース:9700円
(定期コースに回数縛りはなく、1回だけの利用で中止・休止OKです)

【配合成分】
■リデンシル
■ペブプロミンα

抗炎症作用のあるジフェンヒドラミン塩酸塩が配合されているので、頭皮の炎症・ふけ・かゆみなどの頭皮トラブルがある薄毛の改善に期待大です!


 

モンゴ流deeper3D

■定価:14850円

■定期コース:
1回目:14100円(5%off)から段階的に割引率がアップし、9回目で最終的に40%offの10390円、その後は10390円固定。

【配合成分】
■キャピキシル
■リデンシル
上記2つの成分が頭皮深部に浸透しやすいように処方されています。

さらに病院で利用させる成長因子と同じ成分が8つも配合されています。

育毛成分の豊富さでは1番です。そのため期待値も非常に高いですが、それだけに一番価格も高いです。

9回目のお届け(9本目)から10390円になり、その後はこの価格で固定されるので、それくらい長いスパンでご利用いただける人にはとてもお勧めですよ!


 

いずれの育毛剤も最低でも半年は続けるつもりでご利用くださいね。

 

◆育毛剤とセットで使いたいおすすめ育毛シャンプー♪
「口コミで評判のharu黒髪スカルププロを解析」
「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

「美容師おすすめ育毛シャンプー(スカルプシャンプー)市販込みランキング!ハゲたくない人必見!!」

 

◆育毛剤とセットで使用したいフィナステリド薬
「AGA(男性型脱毛症)治療。初めは病院のフィナステリドがおすすめ」
「ファイザーフィナステリドよりも安いプロペシア?」

 

◆そのほかの育毛対策記事もチェック!

「ミノキシジル配合のおすすめ育毛剤を選ぶ基準は?」
「美容師がおすすめする育毛シャンプー(スキャルプシャンプー)は?」
「リアップ×5を1日1回で育毛効果はある?」