TSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプー 成分解析

TSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプー 成分解析

今回は、最近新しく発売されたTSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプーの成分解析です。

「健康的な色気あふれるツヤ髪」というのがこのシャンプーのキャッチコピーのようですね。

 

CMはこちら↓↓

 

それでは成分解析をしていきます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

TSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプーの成分

【成分】
水,ラウレス硫酸Na,コカミドプロピルベタイン,ソルビトール,DPG,ラウリルグリコール酢酸Na,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,PEG-60水添ヒマシ油,アルギニン,塩化Na,ポリクオタニウム-7,ツバキ種子油,レシチン,ユキノシタエキス,ツバキ葉エキスカミツレ花エキス,硫酸Na,ラウリン酸PEG-2,ココイルメチルタウリンタウリンNa,イソステアリルアルコール,サリチル酸,クエン酸,EDTA-2Na,PPG-70ポリグリセリル-10,BG,エタノール,BHT,オトギリソウ花/葉/茎エキス,トコフェロール,フェノキシエタノール安息香酸Na,香料

【コンディショナー】水,イソペンチルジオール,ジメチコン,ベヘントリウムクロリド,グリセリン,ベヘニルアルコール,DPG,ステアリルアルコール,ソルビトール,アミノプロピルジメチコン,水添ポリイソブテン,ステアルトリモニウムクロリド,アルギニン,ポリシリコーン-13,PEG-90M乳酸,レシチン,ユキノシタエキス,ツバキ葉エキス,アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液,カミツレ花エキス,セタノール,イソプロパノール,合成ワックス,ミリスチン酸イソプロピル,サリチル酸,メチルタウリンNa,アモジメチコン,PPG-2-デセス-12,セトリモニウムクロリド,BG,エタノール,シリカ,BHT,トコフェロール,オトギリソウ花/葉/茎エキス,安息香酸Na,フェノキシエタノール

 

TSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプーの解析

まず感想としては、いつもの「tsubaki(ツバキ)」の感じだなぁ・・・ということです。

 

シャンプーで一番大事な洗浄成分は順番にラウレス硫酸Na・コカミドプロピルベタインと続きます。一昔前によく見かけたラウレス硫酸Na+コカミドプロピルベタインという市販シャンプーでは鉄板だった作りですね。

 

洗浄力も刺激性も強いラウレス硫酸Na+それらを緩和する目的で配合されるコカミドプロピルベタインで昔からよく見かける市販シャンプーです。

 

この2つの洗浄剤に続き、ソルビトール,DPGという保湿剤。

そのあとに、シリコンなどの除去に強い洗浄剤のラウリルグリコール酢酸Na

 

洗浄力の部分をまとめると、比較的脱脂力の強い作りだからこのままだとパサパサ、ごわごわになりやすいですので、ソルビトール,DPGなどの保湿剤の配合量を多めに入れてあるって感じですかね。

 

さらに、次がグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドという俗にいうリンス剤(毛髪表面に吸着して毛髪柔軟作用を有する)が配合されていますので、リンスインシャンプーという作りになると思います。(悪いモノではありません)

 

その他成分に、僕の考えるような毛髪補修成分は配合されていません。

各種エキス・ツバキ種子油やアルギニンなどのアミノ酸成分が保湿力を待たせてくれる感じです。

「毛髪補修成分とは??」

 

僕の解析の基準から言うと、おすすめはしません!!

 

洗浄力の強さとコンディショナーのあまーい(にがーい?)関係

市販のこういう高洗浄力シャンプーの時にいつも思うことがあります。

 

こちらのtsubakiのコンディショナーは毛髪表面をコーティングするものがとても多く配合されています。

シリコーン:ジメチコン,アミノプロピルジメチコン,ポリシリコーン-13,アモジメチコン

それに、似たような成分の水添ポリイソブテン等

 

他にもありますが、これらは毛髪表面のコーティング成分(被膜)です。

 

この作りだとかなり重めというか、確かに髪質と合う方には仕上がりはツヤツヤ♪日中の持ちもいいと思います・・・。

 

それくらい強くコーティングされているということですので。

 

で、「洗浄力の強さとコンディショナーのあまーい(にがーい?)関係」についてなのですが、つまりこれだけ被膜成分がコンディショナーに配合されているということは、それらをすべてはがせるくらいの強力な洗浄力がシャンプーに必要!!ということです(>_<)

 

つまりツバキシャンプーの洗浄力はとても強いよ。ということがここでわかるというか・・・。

 

逆にこれだけのコンディショナーの被膜力に対して、シャンプーが優しい洗浄剤だとしたら、これらの被膜成分は取れることなく毎日の積み重ねでビルドアップし、「髪の毛ベタベタになっちゃた問題」に発展することでしょう。
「毛髪の根元がベタベタする原因と対策は?」

 

いつも僕はシリコンが配合されている製品を使用しても基本的にはパーマにもカラーにも悪影響はないといっていますが、ここまでの症状になってしまったときは話は別です。
「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

で、このtsubakiは強力な洗浄力のシャンプー+強力な被膜力のコンディショナーという作りなのですが、、、、当然強力な洗浄力ではがされるのはシリコンなどの被膜成分だけではないですよね?

そうなると毛髪がダメージを負ってしまいます(>_<)

 

だけど毎回仕上げのコンディショナーでまたコーティングされてしまうので、ダメージしていることがわからなくなってしまいます。

 

もちろんそれでも、先ほど書いたようにシャンプー&コンディショナー後の仕上がりは、合う人には結構サラサラツヤツヤのいい感じになると思います。

でも、それは本来の良い毛髪コンディションになったわけではありません。

僕が言うところのストロー毛になってしまっている人もいると思いますが、そうなるとカットやパーマ・カラーなどに影響が出ます(>_<)

(シリコン配合製品だからではなく、ストロー毛になってしまっているからです)

「注文した髪型と違う髪型になる原因はダメージにある?」
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

つまり何が言いたいかというと、今美容院に通われていて特に不満なく過ごされている方がtsubakiオイルエクストラシャンプーのような市販のシャンプーでツヤツヤで満足しているのであれば、それでもかまわないのですが・・・

(美容師的にはそれでも、もっといいシャンプーを使用することで今以上に満足度は上がると思うんですけどね・・。)

美容院ジプシーの方がこっち系の市販のシャンプーを使われている場合は、ちょっとシャンプー&トリートメントを変えてみてほしいなぁ・・・と思います。

 

美容院ジプシーになっている原因が、美容師の技術の問題じゃなく、毛髪がストロー毛になってしまっているから。という可能性もありますので。(言い訳半分ですが(;^ω^))

「注文した髪型と違う髪型になる原因はダメージにある?」
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

【スポンサーリンク】

 

いつも書いていますが、シャンプーで一番大事なのは洗浄成分です。なぜなら毛髪は死んだ細胞です。死んでいるんですから、一度受けたダメージが治ることはありません。

そして「シャンプーは基本的には髪が傷みます」

 

Tシャツを想像していただければわかると思いますが、どんなにやさしい洗剤であろうが洗っただけ傷みますよね。洗っているうちにプリントされた絵?文字?は薄くなっていきますよね。

それと同じです。

 

ですので、いかに良質な洗浄剤を使用して、汚れは落ちつつも極力ダメージがないように洗えるかが本当の意味での良いシャンプーの基準だと思っています。

向上された髪質は扱いが容易になりますので、美容院での施術に満足することも増えてくると思いますし(美容院ジプシーの脱局)、”あなた”自身の毎日のお手入れも簡単になると思います。

 

ただ難しいのはこういうのは即効性がありませんので(即効性があるのがシリコンですから)、高濃度シリコン処方に慣れている人が違うのに変えるとに日中のまとまりの良さは一時的に劣りますので「全然ダメじゃん!!」ってなる方もいます。

でも、長く使用していただくことで、だんだんとシリコンに頼ってではなく、ご自分の毛髪の自然の力でまとまりが出てきて扱いやすくなりますので、そこまで使い続けて頂けると嬉しいなぁ・・・と思います(>_<)

 

まあ僕のシャンプー解析の基準がこれなので、それに照らし合わせるとTSUBAKI オイルエクストラ (スムースダメージケア) シャンプー&コンディショナーはお勧めいたしません。

 

個人的に今現在一番おすすめしているのはこの辺です。
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」
「アプルセルマスクシャンプー」

 

★その他おすすめシャンプー一覧

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ