FGF-7(KGF)に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

FGF-7(KGF)に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

ここ最近は成長因子=グロースファクター(GF)の話が中心になっていますが「実際のところGFが配合されることでどんだけ発毛効果があるの?」ってことが気になりますよね?

 

今回はGFの発毛効果FGF-7(KGF)を例に挙げて説明してみようと思います。

というかFGF-7は特に発毛に重要なGFだと個人的に思っているからなんですが。

「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

 

【スポンサーリンク】

 

FGF-7(KGF)配合?促進だけ?

別名「発毛促進因子」とも呼ばれるKGFの発毛薬理作用を謳ったり、説明した育毛剤が販売されていますが、多くの場合KGFを促進すると考えられる成分が配合されているだけで、 KGF自体は配合されていない育毛剤がほとんどです。

※配合されている育毛剤はこの記事の最後でご紹介しますので、最後まで読み進んでくださいねm(__)m

 

FGF-7(KGF)配合の育毛剤がない理由

もともとKGFの発毛効果の臨床実験のデータはほとんどありませんでした。

なぜかというと・・・価格!!

 

KGFの正確な検証結果を得るためには、最低「男性10名」「女性10名」の被験者が必要で、その一人一人に1日400IUを90日間投与し続けなくてはいけません。

しかしながら、一昔前のKGFの価格は、2μg(200IU)=0.002mgで2万4千円(゜レ゜)

つまり被験者一人に1日400IUを90日間投与し続けると432万円のコストがかかります。

最低でも、「男性10名」「女性10名」の被験者が必要なわけですので、トータルコストは少なく見積もっても8640万円にもなってしまいます(>_<)

 

ですのでKGFを配合すると育毛剤の価格はとてつもない価格になり、しかもはっきりとした実証データがなかったのがKGF配合育毛剤がなかった理由でした。

 

FGF-7(KGF)の発毛臨床実験の結果は?

元々、通常の水溶液にKGFを配合しただけのモノを頭皮に塗布するだけで発毛の効果が期待できると考えられていたので、日本EGF協会(NPO法人)が、高額な費用をかけて発毛実験を行いました。

 

【検証方法】

男性グループと女性グループに分けて検証

使用方法は、1日1回2mL(FGF-7としては400IU)を清潔にした頭皮に直接塗布し、 軽くマッサージする。

合計3本使用で、使用前と3ヶ月後の頭皮の状態をチェックした。

つまりFGF-7を 1日400IUを90日間 投与し続けたことになる。

 

【検証結果】

男性の場合FGF-7を塗布したAグループでは「毛量で70%」「毛髪の太さで80%」が改善し、

女性の場合FGF-7を塗布したCグループでは「毛量で90%」「毛髪の太さでも90%」が改善した。

特に女性はどちらかの効果があったのは100%となり、効果の高さが証明された。

FGF-7男性7結果

FGF-77女性結果

 すごくないですか?

これがKGFの発毛検証結果です。

 

しかも・・・。こんなうれしい副作用も♫

FGF-7はKGF(角質細胞増殖因子)でもあるため、頭皮に使用し続けることで、薄くなってたるんだ
頭皮の角質細胞自体を作り出し、頭皮自体を引き締めることで、お顔全体の見た目のたるみを改善するのではないかと思われ、「顔の印象が若返ったか」「顎のラインがシャープになったか」という質問を女性グループにのみ行ったところ、結果は発毛効果とほぼ重なるが、100%が顔の印象が若返ったと実感している。

これにより、FGF-7を頭皮に使用することで、発毛だけでなく、顔全体のたるみを改善し、顔の印象が
若返るということも立証された。

FGF-7

参照元【FGFとは】http://egf-association.jp/fgf-7.htm

 

これはまさに僕が以前書いた記事を化学が実証してくれた感じですね。僕の考えが間違いじゃなかったんですね、うんうん♪

「アンチエイジングは頭皮から始めないと意味ないですよ。」

 

【スポンサーリンク】

 

FGF-7(KGF)配合の育毛剤

今現在はKGF自体の価格もだいぶこなれてきました、そのため、育毛剤にも配合されるになってきました。

以下は、FGF-7が配合されている育毛剤で最もおすすめだと思うのものです。

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper 

FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

同じメーカーの上位種のdeeper3Ddeeperですね。

 

この2つ、一番大きな違いはキャピシキルが配合されているかどうか?

 

キャピキシルとは・・・リアップの発毛成分であるミノキシジルの約3倍の育毛効果のある新成分。

 

これが3Dには配合されていますので、より発毛力がパワーアップされています。

「キャピキシルの育毛効果と副作用」

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

 

一方deeperは成長因子をメインにした育毛剤でキャピシキルは入りませんが、上記説明のFGF-7IGFプラセンタエキス水溶性プロテオグリカン等の成長因子も配合されていて発毛が期待できる育毛剤です。
「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

 

この2つはキャピキシルの配合の有り無しの他に価格にも大きな違いがあります。

●モンゴ流スカルプエッセンスDeeper®3D 
60ml×1本×今だけプレゼント「Deeper®3Dミニボトル 10ml×1本」 

14590円(税込) ⇒ 現在キャンペーン中5%off 13860円(税込)

 

●モンゴ流スカルプエッセンスDeeper® 60ml×1本

4980円(税込)

 

どうですか?結構違いますね(-_-;)

 

どちらも60mlで1ヶ月から1か月半くらいの分量です。

 

●本気の薄毛対策/発毛対策はモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

●気になり始めたから予防の為ならモンゴ流スカルプエッセンスDeeper FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

って感じでしょうか。

 

Deeper3Dは、3本セットだと43770円(税込)が今だけのキャンペーンで

  • Deeper®3Dミニボトル 10ml×2本付き
  • 15%offの37200円(税込)

つまり37200円÷3か月で1ヶ月12400円。

 

Deeper3Dは、6本セットだと87540円(税込)が今だけのキャンペーンで

  •  Deeper®3Dミニボトル 10ml×3本
  • 30%offの61270円(税込)

つまり61270÷6か月で1ヶ月10212円。

 

さらに薄毛が限定的の場合は塗布量が減りますので1本で1か月半ほどもちますので、その場合はさらに安くなりますね。

 

過去にも何度も書いていますが、育毛剤の効果は6ヵ月スパンで見ていただくことになりますので、いづれにせよ利用する場合は6本利用することになると思いますので本気の発毛対策をされるのであれば、初めからDeeper3Dをご利用した方がいいと思いますよ 。FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

 

deeper3Dを購入する⇒モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D公式サイトへ FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力

 

次回記事はDeeper3Dにも配合されている「ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われる育毛成分キャピキシル」についてです

「キャピキシルの育毛効果と副作用」

 

※成長因子プラセンタエキスがかなり高濃度で処方されているシャンプーはこちら
「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

※キャピキシル配合のシャンプーはこちら
「口コミで評判のharu黒髪スカルププロを解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ