髪が染まる仕組み

髪が染まる仕組み

今回は今度いろいろ話になるであろうカラーの話をより理解しやすくするために、

 

髪が染まる仕組み

をレクチャーしていきたいと思います。

 

チョーわかりやすく?

 

専門用語を使わずに話していきますので、すごい正確な話にはなりませんがイメージはしやすくなると思いますので<m(__)m>

 

頭の右上で「ぽわわーん」っとイメージしながら読んでくださいね(笑)

 

 

【スポンサーリンク】

 

脱色って?

では、想像してください・・・

 海苔巻きを。

 

まぁ髪の毛を例えるときに海苔巻きの話するのは「あるある」なのですが

髪の毛に例えると、表面の海苔がキューティクルで透明。で、中身のお米が黒い。

 その結果、髪の毛は黒く見える。

(ざくっと話していますので美容師はここで突っ込まないようにww)

 

もっというとキューティクルである海苔は1枚がくるっと巻き付いているのではなく、切り絵みたいな感じで、”ぺたぺたぺた”っと張り付いています。

 

まあキューティクルのイメージ図とかはCMとかでも見かけるので何となく想像はつくと思うのですが・・。

 

イメージつきましたか?

まだの方はもう1度読み直してくださいね。

じゃないとこの先の話が分からなくなりますので。

 

 

では、まずは脱色のお話。つまりブリーチの事ですね。

 

脱色剤(ブリーチ剤)を髪の毛に塗ります。

そうすると脱色剤はまずキューティクルを膨潤させて(開いて)、髪の内部に薬液が浸透できるように隙間を作ります。

 

(さっきの海苔巻きを想像しながら聞いてくださいね)

 

つまり、切り絵的にくっついているキューティクルを開くと中に黒いお米が入っています。

 

で、色つきのTシャツをブリーチすると色が薄くなっていくように、脱色剤が黒いお米をブリーチして「色を薄く=茶色く」していきます。

 

例えば10%くらいブリーチしたらダークブラウン。

50%くらいなら、結構明るめのブラウン。

80%くらいブリーチすると金髪。

みたいな。

 

 

この作業をして、

毛髪内の黒いお米をブリーチしていくと、髪の毛は明るくなっていきます。これを脱色とかブリーチとかって言います

 

そしてこの脱色力に比例して毛髪ダメージが進むんですね。

(10%脱色するなら10%毛髪内のダメージが進行するし、50%脱色するなら50%毛髪内のダメージが進行する)

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ヘアカラー剤の仕組み

今までのとこOKですか?

・・・。

じゃあ次行きます。これが本題。

 

例えば9/Rっていうカラー剤があったとします。

これは黒髪から染めた場合、9レベルの明るさのR(レッド)ブラウンになるって意味です。

 

このカラー剤を塗布すると何が起こるかというと

まず最初に、先ほどの話のように9レベルまで脱色できる強さの脱色剤が配合されているので、9レベルまで脱色されます。

で、カラー剤というのはこの脱色剤(ブリーチ剤)に、人工色素が配合されている薬のことを言います。

つまり、このカラー剤には9レベルに脱色される薬にプラスして、赤い人工的なお米(ジアミン)も配合されていて、毛髪内部に浸透していくんです。

 

そうすると9レベルまで茶色くなった毛髪に赤いお米が混ざるので、その結果レッドブラウンになるってのがカラーの原理です。

 

どうですか?

 

意味わかりましたか?

 

これをご理解いただけると、「オーガニックカラーとかハーブカラーって意味あると思います??」みたいな話の時に分かりやすいですので、わからなかったって方いたら読み直してみてください。

 

よろしくお願いします。

 

※更新しました

●「オーガニックカラーとは。普通のカラーとの違いは?」

●「ボタニカルカラーとは?オーガニックカラーとの違いは?

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


2 件のコメント “髪が染まる仕組み”

  1. Y・T より:

    TAKAさん、こんにちは。

    すごいわかりやすかったですよぉ!(^^)!

    たまにうんちくのすごい美容師さん(´ι _`  )

    に、色々説明されますけど、

    専門用語ばっかでわかんないッつうのヽ(`Д´)ノ

    フフッ

    みんなこれくらいわかりやすく説明してくれればいのに。

    オーガニックカラーの記事も楽しみにしていますね♫

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ