騙されないで!定価は高いけどクーポンで安い美容院

騙されないで、クーポン価格の罠

美容師側から怒りのクレームが来るかもしれない様なお話。 

でも、この話は美容院ジプシーの方にとっては すごい大事な

美容院を見分ける方法

ですよ。  

美容院は5つに分類出来ると思っています。

  1. 高価格なこだわりサロン
  2. 地域の平均価格と同じ価格帯のサロン
  3. 地域の平均価格より価格帯が安いサロン(低価格サロン)
  4. 見た目はおしゃれで定価は高いが、実際はクーポンなどにより低価格になるサロン
  5. 見た目はおしゃれで定価は高いが、実際は地域の平均価格くらいのサロン

美容院ジプシーになりたくないなら「1」の地域一番店な高単価のこだわりサロンに行くことが解決方法としては一番

なんですが、ここでクセものになるのが「4」のサロンの存在。

 

【スポンサーリンク】

 

ラグジュアリーな定価が高い美容院を作って、

でも40%、50%、60%offはあたりまえって感じで

ホントは安いサロンっていう。

 

「一般の方が見ると見た目もいいし定価も高いし、
でもこんな安くしてくれるの?ラッキー」って

 

もともと高い美容院が安くしてくれると錯覚を起しちゃうんですね。

 

※最近は表示法の問題で?あからさまに何十%offってのはなくなってきてますね。元々安く書いてあってさらに500円ほどoffってのが最近の手法でしょうか?見た目がおしゃれで安いお店全般の話と解釈くださいm(__)m 

 

たまにポータルサイトによっては、「このお店の平均単価」って言う欄が

あったりするのですが、そこにいくら高い平均単価が書いてあっても、

それって僕たち美容院側で勝手に書いてる数字ですから、

ちょっと平均単価安いと安売りサロンに見られちゃうかなとか思ったら

高めの平均単価書いておいて、

「ご新規様は」とか「既存のお客様でもこのクーポン使うと・・・」

40%、50%、60%offですってなってますよね(;一_一)

 

見方によっては、平均単価こんな高いお店が、

こんなに特別なことしてくれてるって思っちゃいますよね。  

こういう美容院に引っかかっていると美容院ジプシーになりやすいですよ。

 

だって、

クーポン価格が通常の価格設定で、
お得感出すために定価を高く書いているだけ

なんですから

 

 

【スポンサーリンク】

 

 クーポンで割引される美容院の美容師は下手なの?

一応フォローをしておくと、「4」のようなサロンでもうまい人はいっぱいいます。

「4」のようなサロンはスタッフ募集等も「来るもの拒まず、去るもの追わず」

技術チェックをするとこは少ないので、面接時の自己申告で

ホントはまだアシスタントでカットの勉強中の美容師でも、 うそついて

「以前のサロンではスタイリストでした」って言っちゃえば、

「いきなりスタイリストデビュー」出来ちゃったりもします(・_・;)

 

逆に「4」のようなサロンは歩合が良かったりするので、

独立したい腕のいい美容師がお金稼ぎの為に働いていたり、

元々高級サロンでバリバリ働いていたが、

ひょんなことから「4」のようなサロンで働いています。

って美容師もいっぱいいますので、そんな美容師に当たったら ちょーラッキー。  

 

ただね。ジプシーの方にはお勧めしませんよ

当たる確率なんてわかりませんからね。

 

安い美容院で腕のいい美容師を見つけるべき?

いくら腕が良いと言ったって、それこそ、 安い値段で腕のいい美容師なんて

ちょー忙しいと思いませんか?

3人も4人も同時に抱えて施術するなんてこともざらですよ。

すごーく施術の合間に待たされちゃったり、

カウンセリングの時間も短くなるでしょうから、

うまく要領を得て希望の説明しないと

「はいはい、じゃ後はこっちのセンスでやっちゃうねぇ」

ってことにもなりかねないですよ(;一_一)  

 

まぁホント最近は「4」のようなサロンも腕のいい美容師は

増えてきてると思うんですけど、それでもまだまだ少ないですよね。  

というか「4」のサロンの派生形なのが

「5」の高級層に見せて町の平均単価のお店。

このタイプのサロンは結構レベルが高いとこも増えてきていますので

ジプシーってほどの方じゃなく、ちょっと違う店行ってみようかなぁ

くらいのノリの方ならこちらがいいのではないでしょうか?  

美容院ジプシー

で、よく僕はお寿司屋さんに例えるのですが

昔ながらのカウンターのあるお店が美容院だと「1」の高級サロン

ある時代から回転ずしという安いお寿司屋さんが出来て

そんな時、カウンターのお寿司屋さんは

「回転寿司で働くなんてプロとしての心を捨てたようなもんだ」的な感じで

言ってましたよね。

 

僕たちも申し訳ないのですが、「3」「4」のような安売り美容院で働くなんて、

プロとしてどうなのかな?自分は働きたくないな、と思っていました。

 

その後 時は立ち、回転寿司屋さんでもより低価格な100円の回転寿司屋さんと

回転寿司屋さんでもぼちぼち高めな、カウンターのすし屋よりは 全然安く、

でも結構うまい回転寿司屋さんが出来ましたよね。

 

100円寿司で握っている人は学生バイトみたいな子が

お客さんに見えないところで握っていたりしますが、

ちょっと高めな回転寿司屋はお客さんの前で”板前さん”的な人が

カウンターのすし屋さんと同じようなノリで握ってくれたりしますよね。

 

「5」のサロンってのはこれにあたると思います。 で、「4」が100円寿司。

って言うとわかりやすいですかね? 逆に混乱させちゃいましたか(-_-;)

 

今、美容院の世界では「4」のサロンには安いけど少数ながらうまい美容師もいて、 「5」のサロンはもう少し高確率でいい美容師と出会えます。 なのでジプシーな方じゃないなら「5」のサロン狙いで十分。 ジプシーな方は「1」のこだわりサロンが1番いいと思います。  

次回はそんなこだわってそうな高めのサロンの見分け方でも書いてみましょうか・・・。

更新しました↓
「こだわっている美容院の探し方」

「安くて上手いチェーンの美容院はあるか?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ