薬用シャンプーとは?フケかゆみに効く?医薬部外品について

AGA遺伝子検査

どのシャンプーを選ぼうかな?

なんてシャンプーをいろいろ探していると薬用とか医薬部外品と書かれている商品を見かけることがありますよね?

 

今回はこの薬用シャンプーとはどういうものか?

そして何に効くのか?

等について書いていこうと思います。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

薬用シャンプーとは

薬用=医薬部外品です。

 

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の間の扱いというか、医薬品ほど効果がないが、化粧品とは違って謳っていい効果がある。

 

ちなみに化粧品登録の場合、効果を謳ってはいけません。

 

 

医薬部外品とは、厚生省が「医薬部外品有効成分」として認定した成分のうち、効果を謳っていい配合量以上配合されている商品のことを言います。

 

ですので、シャンプーに配合されている医薬部外品有効成分で有名な「グリチルリチン酸2k」の場合は、0.1%以上配合することで、医薬部外品として承認されます。

 

この成分は普通のシャンプー(化粧品登録のシャンプー)でも配合されていることもあります。

つまり0.1%以上配合して、医薬部外品として承認されれば薬用シャンプー。

0.1%未満の配合量の場合は普通のシャンプーという事になります。

(普通のシャンプーだからダメという話ではないですよ)

 

ちなみにグリチルリチン酸2kが有効成分の薬用シャンプーの場合は、抗炎症、抗アレルギー効果があると言えます。

普通の化粧品登録シャンプーにグリチルリチン酸2kが配合されている場合、頭皮環境の改善に期待できる。

という言い方になりますかね。

 

 

薬用シャンプーにおける効果効能

毛髪や頭皮に対して薬用の場合に謳われる効果のほとんどは薄毛・ふけ・かゆみに対しての有効性ですよね。

 

医薬部外品有効成分として有名なものと言えば、

ピロクトンオラミン(フケ)、グリチルリチン酸2K(肌荒れ/抗炎症)、サリチル酸(フケ)、ジンクピリチオン(フケ)、ミノキシジル(薄毛)、フィナステリド(薄毛)

等です。

 

この辺の成分が決められた量以上、配合されるとフケやかゆみ・薄毛に効果があると謳えるという事になります。

 

※更新しました
●フケかゆみの悩みへのファーストチョイスにおすすめはこちらの薬用シャンプー
「髪美力シャンプーの成分解析。フケかゆみにおすすめシャンプー♪」

 

薬用シャンプーは良いシャンプー?

薬用シャンプーであることと、良いシャンプーであることはイコールではありません。

 

僕が言うところの良いシャンプーというのは、シャンプーで一番大事な洗浄成分が優れているかどうかです。

そりゃそうですよね。シャンプーの本来の目的は「頭皮・毛髪の汚れを落とすことなんですから」

そのために必要な洗浄成分が優れていることが一番大事ですよね。

 

上記でも書いているように、例えば「グリチルリチン酸2k」は、0.1%以上配合しないと薬用を謳えませんが、逆に配合上限も決められています

(シャンプー・洗顔などの皮膚に残らない商品は0.8%まで。化粧品などの皮膚に残る商品は0.3%まで)

 

ですので、薬用シャンプーでグリチルリチン酸2kが配合されている場合、どんなに多く配合されているとしても0.8%までしか配合されていないという事になります。

 

という事は、シャンプーとして優れているかどうかの判断は、薬用成分以外の99.2%以上の成分で決まります。

 

どんなに洗浄成分が粗悪でも、薬用成分が決められた基準値以内で配合されていれば薬用シャンプーになります。

 

ですのでシャンプーの質と薬用シャンプーかどうかは別問題です。

 

【スポンサーリンク】

 

薬用シャンプーの成分解析の難しさ

薬用シャンプー成分解析が難しいです。

 

なぜなら、化粧品登録のシャンプーと違い(通常のシャンプーの事)、配合量順に成分を記載しないといけない決まりがないからです。

「シャンプーのおすすめを見極める方法」

 

ですので、成分が表示されていても、それが正しい成分量順であるかわからないんですよね(>_<)

 

さらに、化粧品登録のシャンプーと同じ成分でも呼び方が違います。

 

例えば、「ラウレス硫酸na」は、「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩」と名前を変えます(゜レ゜)

 

こんな感じで呼び方が変わるので、結構どの成分なのかややこしくて大変なんですよね(>_<)

 

とはいっても、最近は「恐らく成分配合量順だろうな・・・」という表記をしてくれている薬用シャンプーも結構ありますので、助かります(^^)/

逆にあまりにもメチャクチャな配合順っぽく記載されていると、隠したいことがあるのかなぁ・・・と勘繰ってしまったりします(笑)

 

まとめ

薬用シャンプー(医薬部外品)は、”あなた”の頭皮の悩みに、効果効能がドンピシャであれば試す価値があります。

しかし、特別頭皮の悩みがないのであればあえて使用するものではないと思います。

 

◆薬用シャンプーの育毛・発毛効果については長くなってきたので次回の記事に書きますね。
⇒「薬用シャンプーで薄毛改善。育毛できる?

 

※更新しました
●フケかゆみの悩みへのファーストチョイスにおすすめはこちら
「髪美力シャンプーの成分解析。フケかゆみにおすすめシャンプー♪」

●フケかゆみの為の、頭皮用美容液はこちら
「すこやか地肌」で頭皮のフケ・かゆみ改善?薬用処方その後で~
「頭皮用美容液「すこやか地肌」の成分解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ