薄毛治療(発毛/育毛)は副作用のない時代へ~

薄毛治療(発毛/育毛)は副作用のない時代へ~

薄毛治療(発毛/育毛)副作用のより少ないもので、大きな効果を出していく

時代になってきたのかなと感じています。

 

過去の薄毛の原因や薄毛治療などをまとめた記事はこちら
「美容師takaのおすすめ育毛方法や副作用の話のまとめ」 

 

【スポンサーリンク】

 

今まで、一番の薄毛対策はお医者さんでのプロペシアなどの服用

って話をしてきました。

「AGA(男性型脱毛症)治療。初めは病院のフィナステリドがおすすめ」

 

でも、副作用が気になりますよね

「プロペシアの後遺症。ポストフィナステリド症候群の恐怖」

 

もちろん副作用などはごく稀に起こる事。

ロキソニンのような有名な痛み止めでも、よくよく副作用について確認すると

血を吐いたり、消化管穿孔(消化管に穴があくこと)、意識の混濁等や

肝機能障害が起こる可能性があると記載されてるんですよ(゜レ゜)

 

そこだけ切り取れば、どの薬も怖い薬に思えてきちゃいますが、

実際は、ロキソニンに限らず皆さん傷み止めは何度も飲んだことあると思いますが

いかがですか?副作用の恐怖におびえながら飲む方なんて

ほとんどいないと思うんですよ。

「フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用の考え方」

 

ですので、プロペシアなどの副作用も当然それくらいのリスク。

 

とか言いながらそれでも僕はプロペシアの服用は最終手段・・・。

もちろん自分が実際に薄毛になった時に

どんな心の変化が起こるかはわかりませんが・・・(>_<)

 

今の僕の考えは、副作用が滅多に起こらないにしても、

薄毛の為の治療で重篤な副作用の可能性が1%でもあれば利用しないかなぁ。

だって、薬飲まなかったら死ぬわけでもないですしね。

 

薄毛の治療をするために1%でもリスク背負う気にはなれないんですよね。

 

そして、今は副作用のない育毛・発毛方法が出てきています。

育毛治療もどんどん進化している時代なんですね。

 

【スポンサーリンク】

 

病院で治療を受けるのであれば、HARG療法/育毛メソセラピー薄毛治療(発毛/育毛)は副作用のない時代へという

成長因子(グロースファクター)を直接頭皮に注射することで発毛させる方法や

「病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?」
「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

 

外用薬でも【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 薄毛治療(発毛/育毛)は副作用のない時代へ等のミノキシジルの3倍の

育毛効果があると言われている成分配合の育毛ローションもあります。

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

 

ですので、まず僕が今の時代で薄毛治療をすることになったら、

まずは副作用のないものから試していくと思います。

 

確かに人によっては

「そんな悠長なこと言ってられない。最初に試したのが効果が無くて、その間に薄くなっていったらどうするんだ!!」

って思う方もいると思いますが、

 

僕の考えでは、今の時代にホントに只の嘘商品や嘘治療が行われるとは

思えないんですよね

 

ネット社会ですから、あまりにもやらかした商品だと、すぐに噂になって

すぐに会社がつぶれたり、商品が売られなくなったりすると思うので

そういう意味では、今ある程度人気の治療方法は一定の人には

間違いなく効果があるものだと思います。

 

言い古された売り文句みたいで嫌ですが・・・・

「効果には個人差。相性がある」と思うんです。

 

誰かにはホントに効いて発毛する治療も、

ほかの誰かには効果がないなんてことは

特に薄毛治療の中ではよくある事です。

 

だから、まずは自分の薄毛に一番効く方法が

どれかを試してみないといけないと思います。

 

確かに待ってられないという意見もわかりますが

その場合はどうにかシャンプーの仕方やマッサージで

なるべく進行を遅らせていただければ・・・。

「育毛は自宅で!ハゲないシャンプーの仕方」

 

そして相性が合わなくてその方には効かないとしても、

全く効果が0ってことはないと思うんですよね。

 

劇的な効果がないと「効果がない」と判断されることが多いだけであって、

先ほども言ったように、

今ある程度話題・人気の商品や育毛方法であれば

誰にでもちょっとは効果があると思うんです。

 

ですので半年くらい?ずつ試しながら、自分にとってちょっとだけではなく

劇的に効果がある方法を探していけばいいのかなと。

 

で、その時に最初にいきなり副作用のあるものに手を出す必要もなくて、

まずはノーリスクのものから試していくのがいいかなぁと思っています。

 

もちろんプロペシアは多くの場合、脱毛のリスクを止められますので、

初めからプロペシアで脱毛を抑えながら、育毛剤で発毛を目指すことを

止めるわけではなく、人それぞれの考え方なのですが・・・・。

 

プロペシアについてはこちらを読んでくださいね
「ジェネリックはキリンイエローフリーのフィンペシアがおすすめ」 
「2015日本初/ファイザーがジェネリック薬フィナステリド錠を発売」

 

次回から、そんな副作用がないと言われている育毛方法を

個別に書いていこうと思いますm(__)m

 

「病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?」

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ