美容院で”カラーだけ”が安い時の注意点

美容院カラーだけが安い時の注意点

よくある話。

「この美容院カラーリングが3000円だ!!」

で、実際行ったらあれやこれよと5000円・・・。

 

ちーん(>_<)

 

よく聞きますよね。

 

もうホントこれは注意していただくしかない。

 

そして、これが高い美容院と安い美容院の違いでもあるのですが
→「価格が高い美容院と安い美容院の違いは?

 

【スポンサーリンク】

 

美容院の”カラーだけ”のメニューが安い時に疑うこと

上記の経験がある方は、もうお分かりですよね(-_-;)

 

そう。

 

安い場合シャンプー代とブロー代が書いてないってパターンが多いんですよね(゜レ゜)

 

普通はカラーリング3000円って書いてあったら、カラーしてシャンプーして乾かす。

これ全部ひっくるめて3000円だと思いますよね??

 

でもね、安いお店だとカラーリングが3000円なんですよ!!カラーだけが。

塗布代&材料費+放置時間代で3000円なんですよ。

 

だからその後のシャンプー代1000円。

さらに・・・ドライ代1000円

で、カラー代と含めて5000円(-_-;)

 

 

よく聞く話ですよね。

僕の知り合いなんて、美容院で塗布中にシャンプーが別途1000円だって聞かされて「はぁ??」ってなるじゃないですか?

 

そしたら

「このままお帰りになってもいいですけど、そういうわけにもいかないでしょ?シャンプー1000円でやりますねぇ」って・・・。

 

ホントごめんなさい<m(__)m>

 

そんな美容師が世の中に少なくないことを・・・恥じます(>_<)

 

こんなんだから美容師嫌いな人が増えていくんですよね<(`^´)>

 

方針として別途料金がかかるのはしょうがないと思うんですよ。商売ですからね、餌を巻くのは常套手段だと思うんです。

でも、、、せめて施術前にきちんと伝えておかないと、、、塗布始めてから伝えるとかズルすぎですよね(‘Д’)

 

 

あとは安い場合は、施術前などに髪の保護剤を使用しない分だけ安い。でも、美容院に行くと勧められて、それもやると結局高くなっちゃうってこともあります。

 

例えばカラー3000円+シャンプー1000円+ドライ1000円+処理剤1000円=6000円

って感じで、3000円でカラーして帰れると思ったら、結局6000円(‘Д’)・・・・・・・・・。

 

でもこの保護剤の場合は絶対にやるべきだと思いますので、こちらも含めて料金を確認しないといけませんね。

少しお高めのお店では、もともと保護剤が入っている料金を提示していることが多いです

「美容室の前処理トリートメントってした方がいいの?おすすめ?」

 

ですので、ホットペッパービューティー 美容院でカラーだけをするときの注意点等で料金の確認をするときはカラーにシャンプー&ブローが入っているかをどうかを絶対確認してくださいね。

大体書いてあるはずです。

 

【スポンサーリンク】

 

 美容院で料金が上がる理由

「なんでこんなわかりづらい料金表示になっているの」って思いますよね?

これは、価格で皆様を引き付けるためですよ!!

 

3000円と5000円の美容院があったら、集客力は断然安い方が高いですので。

 

これが答え。

 

で、3000円のお店に行くじゃないですか。

その後、髪の毛がカラーまみれという人質状態の時に(笑)

シャンプーするか強いられたら、してもらうしかないじゃないですか?

 

で、髪の毛がびちょびちょの時に、「このまま帰るならタダですが・・・。乾かしましょうか?1000円で」って言われたら、よっぽど近所でもう帰るだけってことじゃなければ、やってもらうしかないですよね(@_@;)

 

こういうお店はカットにはシャンプー&ブローがついていることが多いので、カット&カラーで頼むとカットにシャンプー&ブローがついているので、その場合はプラス料金とられないんですね。

 

つまりこういう安いお店ではカラーだけのお客様は招かれざるお客様ってことが多いんです。

 

元々の設定が安いのでせめてカット&カラーで単価上げないとやってらんないんですよね。

 

逆に、元々の価格設定でカットもカラーもシャンプー&ブローがセットで入っている場合は、カット&カラーメニューをすると、シャンプー&ブローが重複しているのでその分1000円ほど割引ってところもあります。

当然割り引かないところもありますが。

 

 

ただ美容院側がどっちのスタイルで行くか考えるときに、「掴みはOK」を狙うのであれば「表示は安く書いて、来店してからどんどん上がっていくってやり方の方が集客力が上がりますよね。」

 

だから安いお店ほどこのパターンは多いです。

 

まぁ僕は反対派なんですけどね。

どんどんお金がつりあがっていくのってお客さん的に嫌な気しかしないと思うので、美容院嫌いの一因になっているのではないかと思うんですよね(>_<)

 

しかもこれで嫌な思いしたら2度と来ないじゃないですか?

でも、2度と来ない人のことを気にするよりも、3000円って書いて新規ガンガン呼んだ方が効率がいいってことなんでしょうね

 

「美容院ですすめられたら断るメニュー・やるべきメニューは?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


2 件のコメント “美容院で”カラーだけ”が安い時の注意点”

  1. ・・・ より:

    すごい思い当たることがあるかも・・・。
    カラー3980円って書いてあったのに、お会計は4980円でした。
    シャンプーブローでプラス1000円ですって言われて文句言いたかったけど、言えなかった!

    もう2度と行きません

    takaさんのブログ読んでるといろいろ美容院にも裏があるのね。
    勉強させてもらいますね。

    • taka より:

      ・・・さん

      コメントありがとうございます。

      それはご愁傷様でした(笑)

      ホントよくありますからね。

      ホームページやホットペッパー等のポータルサイト見るときは

      しっかり確認してくださいねm(__)m

      これからも美容院関係で参考になるような記事書こうと思いますので、

      これからもよろしくお願いします)^o^(

      あっ他にも体験談あったら聞かせてくださいね!!

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ